富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

ファウファウ物語あとがき

2008/08/25 00:03|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:1
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ファウファウ物語あとがき
ちょっと仕事のストレス溜まったので更新をサボりたいけど、
がくとんさんのコメントをいただいたので、頑張って更新します。
今回はファウファウ物語のあとがきです。


あとがき

あるかも知れぬ話なれば、あるかも知れぬと思い、繰り返す物語とした……

                                               富野由悠季

 『とんとある話。あったか無かったかは知られども、昔のことなれば無かったこともあったにして聞かねばならぬ。よいか?』
 大江健三郎氏の『M/Tと森のフシギの物語』で、おばあさんが、『僕』に昔話を聞かせる時に、なんどもなんども口にした言葉です。
 その枕言葉は、『M/T』を支配し、伝承と『僕』が体験した過去と現在の現実まで支配します。
 そのディテールを知りたい方は、その作品を読むことをおすすめしますが……
 ここでは、『M/T』の所感を語るつもりはありません。しかし、ぼくは、ファウファウ物語の執筆を終了した後に、この『M/T』に接して、『昔のことなれば……』の語り口が持つ摩訶不思議さに圧倒されて、涙を流しました。
 なぜなら、ぼくがファウファウ物語を書き始めた本当の理由は、『M/T』に示されているような構造に触れたかったからだと分かったからです。
 しかし、曖昧な意識では、虚構を現実まで引き上げさせる力など持たせられるはずがありません。
 ぼくには背後に森がなく、ぼくは根なし草なのだという痛烈な事実を思い起こさせるだけなのですから……
             (もちろん、読者はそれだけでない別の理由も御承知でしょうが……)
 しかし。ひらき直って『M/T』は『M/T』で、ぼくには、こうしか書けなかったという現実を直視するしかないのです、と言い切りましょう。
 ぼくは、自分の本能のどこかにある指向と、ぼくの能力のギャップを感じながらも、昔から人を支配したであろうなにかに迫りたい、という欲望を捨てきれないのです。
 ぼくにとって、ファウ・ファウ物語は、ロボット・アニメのある代表かもしれないガンダムと無縁のものではないのです。
 ガンダムを書き始めた時に意識したことは、ロボットが活躍しなければならない疑似SFの世界に、人の記憶(別の言い方をすれば、恣意)を投入することはできないだろうか、と夢想したことに始まります。
  そして、その時、ようやく思い至ったことは、人の意思は、孤立して存るものではないということでした。
 当たり前のことなのです。
 が、そうだろうか? と、疑問に思わざるを得ない賢しさを、人は一杯もっているのではないか、とも思いました。
 それは、なにも、自由主義に代表されるような思潮の中に現われる誤解にとどまらない、と気がついたことです。
 企業、国家、官僚、民族、宗教、専門職主義等々の背景にあるものは、独立性に名を借りるか、真実に名を借りた独善的志向があると気づかざるを得なかったのです。勿論、利益追求の真理というものもありますが……
 それは、一般に言われる、例えば、企業が個人を抹殺する、と言った程度の認識ではなく、もっと根深いものなのです。
 危険を恐れずに言うなれば、人は、本来、庇護されたいという修正を持ち、孤立できず、独自の個の存立などはあり得ないという事実なのです。
 こう断定することは危険かも知れないというぼくの感覚が、すでに、個性とか独立性とか創造性という言葉のマヤカシに乗せられているのでしょう。
 当たり前でしょ?
 生物が、個として存在したことがありましたか?
 みんな助け合って、共存したではありませんか? 肩を寄せ合い、群れて暮らしてきたではありませんか?
 大人になって、どれだけ賢くなりましたか?
 賢くなってはいけないのです。共存するためには、その群の意思に従って、妥協する知恵がなければ、村八分になって、暮らしていけなくなるのです。
 だからこそ、人は、夢と希望という名前でもって、個人の独立性、自由を語るのです。
 そうなのです。
 なのに、なんで、夢を先にして、暮らそうとするのでしょう>
 希望を持たないと、堪らないからでしょう。
 ですから、ズーッと昔から、自然への畏敬と感謝がないまぜになった夢物語が、口から耳へ、耳から口へと語り継がれたのです。
 そして、それは、いつか、現実の中に紛れ込んで、現実を支配とする力ともなってしまったのです。
 たとえば、古事記に書かれたことが、現実の国家の源として作動するように……
 それは、いけないことなのでしょうか?
 いえ、それがおくびょうで、脆さを持つ人の夢なのです。それがなければ、たとえば、日本人は寂しいのです。
 その寂しさ故に、神話さえも現実を構築する要素として利用し、現実の苦しさを回避する手段として利用してしまうのです。
 昔から、人が語った物語は、口先だけのものではなく、文字の中だけのものでもなく、まして、意識の中に封じ込められただけのものでもないのです。
 現実を支えるものなのです。
 それが、ぼくにとっては、バイストン・ウェルでした。
 勿論、ぼくは、ロボット・アニメの監督ですから、一度は、バイストン・ウェルの世界をロボットを動かすための世界として利用しました。
 つまりは、ビジネスをする上でのど道具として、描写するところから始めたのです。
 ところが、『あるかも知れぬ事なれば、あるかも知れぬとして聴くのだぞ!』と言うに似た言葉を聞いた時から、それは、個人の創作物以上に、現実のものになったのです。
 『M/T』の森の世界では、人々は暮しの中に、やすやすと、しかも、巧妙に物語を取り込んで暮らし来ました。
 それは、人にとってやんごとないことのように感じられます。
 であればこそ、我々は意思して物語を創出して、昔ならば、森が残しておいてくれた物語を、今、語り継がれなければならないと夢想するのです。
 勿論、ひょっとしたら、海の物語かも知れないのですが、ともかく、それらのものが蓄えてくれた激しさを決して忘れてはならないと思うのです。
 それが、おおげさに言えば、ビビットな心を温存させて、現代的な危機を回避する唯一の方法となりましょう。
 現代、社会の表面に現れていて、一見、社会全体を支えているように見える各種のスペシャリストたちは、それぞれがマニアークな世界に陥って、世界を大観することを忘れてしまっているのではないかという想像は、本当に恐ろしいものです。
 なにもそれは、アニメとかコミックスとかパソコンとか、ホビーの世界だけのことではなく、政治や金融や科学技術の研究開発の世界やセックスやペットの考え方まで含めた、全ての分野に言えることなのです。
 それらのことごとが、それぞれの壁を作って、その中に閉じこもって、しかも、一番怖いことは、それが現代の真実なのです、流行なのです、正義なのです、と語り継ぐ癖を持ってしまう社会の恐ろしさなのです。
 その現実を『あることなれば、あることとして、認めなさい』『ウン!』とは、答えられないボクの直感なのです。
 人は、一人では生きていけません。
 人は、この世に存るもの全て関係の中で、生かされているのです。
 そんな語りかけを、森に変わってしなければならない現代という時代は、本当に危険なのです。
 ですから、ファウ・ファウ物語には、繰り返す物語という意味で、リ・ストリーというルビを振ったりもしました。
 それは、今、現在、ぼくがいかされている現実のひとつでも覗いて見たいという欲望の現れなのです。
 繰り返さなければならない。繰り返さなければ、きっと、ぼくは、死んでも、根なし草で終わるのだろうという恐怖に取り付かれているのです。
 ですから、書くのです。
 今度は、ファウ・ファウと森に行ってみたいものです。
 もし、酸性雨に犯されていない森があるのならばの話のですが……

このあとがきはいわゆる比較的マイナーな作品のものですが、
今改めて見ると、ここで書かれた内容は、ひょっとしたら
富野由悠季思想の集大成ではないのかと思えるほど語り尽くしたものだと思います。
ガンダムシリーズだけでなく、バイストンウェルワールドだけでなく、
人(ひと)、群(むれ)、命(いのち)、時(とき)、現実、世界…など、
これらすべてを言及したこの話は、今の社会像やアニメの恣意を予言しただけでなく、
のちの富野が鬱から復活する予告をも含んでいる。
「人との繋がりを感じる」。
それが富野作品の深意。そして、僕が富野監督から学んだもっとも重要なことでもある。


コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2008/12/12(金) 23:28 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/136-791db1f8

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.