富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野由悠季監督完全新作ガンダム「Gレコ」正式発表 2014年公開

2013/07/02 16:35|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:15
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季監督完全新作ガンダム「Gレコ」正式発表 2014年公開
 富野由悠季監督の「Gレコ」企画は、今日の新アニメ「ビルドファイターズ」の披露式に合わせて、正式に発表されました。今まで富野監督は何度かそれらしき発言をしたものの、公式で「ガンダム」だと発表されたのは今回が初めてのことになります。

 そして情報が来ましたので、今回の記事でまとめて紹介します。とはいえ、全部貼ると大変なボリュームになりますので、ここは重要な情報だけを紹介して、副次的な記事は「続きを読む」で紹介します。



富野由悠季監督の新作と『ガンダム THE ORIGIN』は2014年以降に随時発表 | ホビー | マイナビニュース

 人気アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの新作映像発表会が2日、東京・お台場の「ガンダムフロント東京」にて行われ、新作TVアニメーションとして『ガンダムビルドファイターズ』が発表されたが、その中で富野由悠季監督の新作と、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』が2014年以降に随時発表されることが明らかになった。

(中略)サンライズの取締役副社長・宮河恭夫氏は「この『ガンダムビルドファイターズ』を皮切りに、ガンダム、ガンプラ35周年の期間中には、いよいよ最終回を迎えます『機動戦士ガンダムUC episode 7』の公開、待望の富野由悠季監督による新作の公開、そして『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のお披露目をしたいと思っております。この3作品を2014年~2015年の中で随時発表をしてまいります」と話している。

(中略)待望の富野由悠季監督の新作は、漫画誌『ニュータイプエース』(角川書店刊)の中で最新プロジェクトとして2011年に明かされており、タイトルは不明だが「Gレコ」というコードネームが判明している


SKE48の松井玲奈も駆け付けた『ガンダムビルドファイターズ』発表会リポート - ファミ通.com

また、宮河氏は、ガンプラ35周年期間中には、最終回を迎える『機動戦士ガンダムUC』エピソード7の公開、富野由悠季監督による新作の公開、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のお披露目をしたい、と今後の『ガンダム』作品の展開について、注目の発言をした。


富野由悠季監督:ガンダム新作を14~15年に発表 「劇場版Z」以来8年ぶり - MANTANWEB(まんたんウェブ)

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親として知られる富野由悠季監督が同シリーズの新作を制作中であることが明らかになった。2014年にアニメ放送35周年を迎えることを記念したプロジェクトの一環で、14~15年の発表を予定しており、タイトルなどは今後、発表される。富野監督がガンダムシリーズの長編作品を制作するのは、05~06年に3部作として公開された劇場版アニメ「機動戦士Zガンダム」以来となる。



 で、今回公開された画像は残念ながら1枚のみですが、ここで紹介します。

Greco01.png



 今回の主役はあくまでガンダムビルドファイターズなので、Gレコの情報は決して多くではありませんが、とりあえずこの二つの記事をまとめると、こうなります。

今回の公開で得た新事実
1、富野新作Gレコはガンダム
 今まで富野監督も何度か匂わせる発言をしましたが、サンライズ側からの発表は今回で初めて。

2、順番はユニコーンの後
 上の話はあやふやですが、よく読めばいろいろ分かるはずです。待望な新作『Gレコ』、まだまだ終らない『ユニコーン』、そしてやっさんの『オリジン』ですが、宮河氏の発言のニュアンスを汲みますと、「ユニコーンの『公開』」→「Gレコの『公開』」→「オリジンの『お披露』」ということになります。

 で、ユニコーンは現時点の公式アナウンスによりますと、来年3月くらいになりますので、Gレコはさらにその後ということです。なので、1月放送は間に合わないけど、春の4月放送以降になるということです。

3、公開は2014年。発表は?
 「富野由悠季監督の新作と『ガンダム THE ORIGIN』は2014年以降に随時発表」という話なので、公開も発表も2014年のように読めます。

 しかし、あえて深読みするならば、上のファミ通記事を読めば分かるとおり、「ガンプラ35周年期間中」ってのはあくまで「Gレコの公開」なので、発表は考えようでは今年もありえるのではないかという話になります。こればかりはまだ分かりようがありませんので、とりあえず見守るしかありませんが、ガンダムとは別に、富野を軸に連動するイベントが控えているならば、公開は今回みたいに3ヶ月前ってのはさすがにちょっと遅れている気配がします

4、宇宙エレベーターが舞台で確定。『はじめたいG』つながりか
 今まで、富野監督は「リアルG」だったり、「リングオブガンダム(ROG)」だったり、色んな原案を出しました。しかしそれらは後では未実現の企画になりました。宇宙エレベーターを舞台にする点において、『はじめたいキャピタルGの物語』も「Gレコ」と同じだったんですが、これもただの一構想で終る可能性もありました。
 しかし、今回の発表では、宇宙エレベーターはやはり舞台となっていますので、そうなると『はじめたいG』の延長線にいる物語になってもおかしくないはずです。

前よりの変更点
1、発表時期が2014年にずれ込む可能性があり
 今まで安田朗氏の情報によりますと、Gレコの発表は秋になる模様でした。それで、上ではあのような読み方をあえてしました。しかし素直に記事通りに鵜呑みすると、今回のアナウンスに変更がない限り、発表時期はさらに後にずれ込んだことが分かります。これについて二つの可能性はあります。

 一、発表が延期、公開が予定通り:今回の例で分かるとおり、放送3ヶ月前公開も決してありえない話ではないのです。Gレコがガンダムと宣言した以上、BFさんとの共食いは懸念でしょう。秋だとBFさん始まるばかりですし、さすがにあの時点で観客の関心をそっちに移すわけにもかないですから、共食いを避けるための公開延期だと仮定すれば、前の「秋発表、春公開」にも整合性があります。

 二、発表が延期、公開も延期:Gレコはサンライズの第1スタジオで制作しているそうです。しかしスタジオ現行のユニコーンは延期の嵐なので、もしかしたらユニコーンがスケジュールを食いつぶして、Gレコの制作にまで支障を与えている可能性も捨てられません。となると今回の公開延期は、そのまま放送の延期にも繋がっています。

 二の場合はなんとしても避けたいですが、こればかりは視聴者にはどうしょうもないことですので、静かに見守るしかなささそうです。

 なお、「公開」と「発表」の意味は混同されやすいですが、上の宮河氏がユニコーン7話を「公開」と言ったことから分かるとおり、ここでの「公開」は「放送・放映」に近いニュアンスです

2、宇宙エレベーターのデザイン変更
 前公開された富野親筆のデザイン画と見比べると、今回公開されたデザインに変更があったのは一目瞭然。

 2011年公開されたデザイン画はこうなります。

Greco02.png

 一方、今日公開されたのはこれです。

Greco01.png

 基地のデザイン変更以外、ケーブルやコンドラも気になるところです。あと基地が浮いているように見えますが、果たしては…?



 以上は今回の情報の紹介と今までの情報の分析です。本当はもう一つ気づいたこと(可能性)がありますが、ここであえて説明しません。情報はこれからも入るのでしょうから、それに合わせてまた紹介させていただきます。どのみち、「正真正銘の新作」という意味では、本命は間違いなく富野由悠季のGレコでしょう。みなで応援しましょう。



 ちなみに、前回吉田健一氏が書いたガンダムはこうなります。まあ本職のデザイナーも参加するであろうから、あくまでコンセプトイメージでしょうね。

Greco03.jpg


 7月2日追記:重要性が副次的な記事、もしくは古い情報はここにおいておきます。

【速報】『ガンダム』テレビアニメ最新作『ガンダムビルドファイターズ』が2013年10月より放送開始 - ファミ通.com

●ガンプラバトルで頂点を目指す

 バンダイナムコグループは、サンライズが企画・製作した『機動戦士ガンダム』シリーズ最新作『ガンダムビルドファイターズ』の放映を2013年10月よりテレビ東京系列にて開始する。

 本作は、現在のガンダムファンには“自身が熱くなったあのガンダム”がまったく新しい戦いをくり広げ、また、これからファンになる人に向けてはガンプラを通じて、ガンダムの世界を楽しむことを提案する、新しいコンセプトのガンダム作品。

 「ほぼ、すべてのガンダムが登場する作品」(バンダイ 代表取締役社長 チーフガンダムオフィサー 上野和典氏)とのことだ。

 また、2014年以降は富野由悠季監督のガンダム作品や『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の展開も随時発表されるとのこと。


ガンダム&ガンプラ35周年企画始動!まずは新作アニメを10月放送 ― UCep7や富野監督新作も | インサイド

発表会では非常に重要な告知もされた。2014年から2015年にかけて、「機動戦士ガンダムUC episode 7」、「富野由悠季監督による新作」、「ガンダム THE ORIGIN」の公開が決定しているのだという。特に富野監督の新作は2006年以降発表されていないだけに大きな話題を呼びそうだ

コメント
情報太少了還以為這個計畫沒了qq
和田うらら #kHmSEWWs|2013/07/02(火) 16:43 [ 編集 ]
ついに正式発表!富野監督の新作が見られる日がやって来ると思うと、泣ける。ありがとう。
ビルドファイターズは、オールガンダムHG化企画だけで価値がある。
VガンダムとホワイトドールはぜひHGで欲しかったので、とてもありがたいです。
エヌ #-|2013/07/02(火) 17:08 [ 編集 ]
ビルドファイターズが手書きロボットってことはGレコも手書きかな
バセットハウンド #-|2013/07/02(火) 17:21 [ 編集 ]
和田うららさん、コメントありがとうございます。
不不不,富野導演說話是很謹慎的,所以他說出口的話,就表示一定有,而不單是他自己的妄想。
更何況雖然情報少,不過本站還是有詳細追蹤,所以只要您有注意,應該還是可以觀察到蛛絲馬跡。

エヌさん、コメントありがとうございます。
そうですね、とてもよかったと思います。せめて主役機全機HG化だけでも、プラモファンとしてはものすごくありがたいことですね。

バセットハウンドさん、コメントありがとうございます。
それはまだ分かりませんが、手書きになるのかな。相性的にも。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/07/03(水) 00:28 [ 編集 ]
本命のGレコがあるから、今回のガンプラアニメを挑戦できたのかなぁ?
たま #-|2013/07/03(水) 01:02 [ 編集 ]
逆にオリジンが控えているから、Gレコとガンプラアニメをやれるという発想も…。
まあ、仰る意味は分かりますよ。
今回は各プロジェクトがまったく違う方向性を示しているのは、ものすごくいいことだと思います。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/07/03(水) 01:19 [ 編集 ]
以前から楽しく拝見させていただいております。
富野監督の最新作発表を記念して書き込みさせていただきます。
僕も今、おめでたい気持ちでいっぱいです。
富野監督の新作はもう見られないのかとなかば諦めていましたから。

いい作品になることはもちろんのこと、
大勢の人の目に触れられるような放映形態であってほしいですね。
カルル・アジバ #-|2013/07/03(水) 19:13 [ 編集 ]
哭了...
結束了漫長的八年的等待 TAT

#-|2013/07/03(水) 22:27 [ 編集 ]
ついに待ちに待ったときがくるのですね
もう待ちきれません

カルル・アジバさんの仰るように
>いい作品になることはもちろんのこと、
>大勢の人の目に触れられるような放映形態であってほしいですね
これを切に願います
nikov #wYaJT29I|2013/07/03(水) 22:29 [ 編集 ]
はじめまして、カルル・アジバさん。いつもご愛顧でありがとうございます。これからよろしくお願いします。
放映形態はテレビになると思いますが、どこのどの枠はまだ知りません。
確かに色んな意味で大勢の人の目に触れられてほしいものですね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/07/04(木) 02:06 [ 編集 ]
您好,是台灣的朋友嗎?
能知道台灣有這麼熱衷的愛好者,真是令人十分高興。
以後還請您多多指教。

在五月的某一天,我也哭了...。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/07/04(木) 02:09 [ 編集 ]
nikovさん、コメントありがとうございます。突然TWITTERが消されて、ビックリしましたよ。
はい、私も来年が待ち遠しいです。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/07/04(木) 02:11 [ 編集 ]
カイトさんこんにちは。
やはり“映画”としての顔を持った富野さんの作品があってこそガンダム本来の格が戻って来る気がします。あとは僕個人の叶いそうにない夢ですがやはり永野デザインのガンダムを観たい。永野ラインのモビルスーツを観たい・・・・・。富野さんと湖川キャラがマッチしてたのと同様、永野氏の先鋭的でありながら俯瞰で見ると非常に安定したデザインは富野映画を飾るにふさわしいと思えます。まあファイブスターもデザインから名称からリブートしてしまった今では永野氏も「今更・・・・・。」かも知れませんが。
Shuzo #.56ou876|2013/07/05(金) 15:06 [ 編集 ]
Shuzoさん、お久しぶりです。そうですね、今回の新作に期待です。
永野氏についてですが、確かに見たい気持ちもありますが、GTMで全快した氏はおっしゃるとおり、バンダイと仕事しなければならない富野作品に戻ることはもうないでしょう。それでも別の形で組んでほしいですけどね…。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/07/06(土) 01:40 [ 編集 ]
Gレコ=ガンダム+レコードブレイカー=光の翼(ミノフスキードライブ)の話?!
NEPUTENVⅡU #-|2014/03/19(水) 18:05 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1309-0d93be37

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.