富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

最近の雑談

2013/05/19 19:32|未分類TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 最近の雑談
 4月から5月中旬のtwitterでの散発な話題をまとめました。31の話がありますが、どれも短いなので、適当に読んでください。うち13と20は特に読んでもらいたい。ありがとうございます。


1、リーンの翼の話

ふたばより「アマルガンに刺された後リンレイと一緒に浄化したのが旧版だけど、浄化の際ガーゼィの翼みたいに、妄執サコミズと浄化サコミズに分離しちゃって、浄化サコミズはリンレイとどっかとんでちゃって、妄執サコミズがサコミズ王化したっていう説があるね」この説は私が提唱したものだ!感動だ。

 おそらく同じ意見を持っている人も他にいますが、2009年の時点これを記事にしたのは私でした。


2、ガンダムさんのアニメはありか?

富野のGレコが始まるし、安彦のオリジンも始まる。同時に両方を宣伝する方法はないかな……という思考のもとで導いた結論はたった一つ。「ガンダムさん ガンダム創世」のアニメ化だ。ということで、13年後半~14年前半にガンダムさんのアニメ化は来るという仮説を取り上げたい。

 まあ、仮にアニメ化されても、結局実在人物を描く「ガンダム創生」のパートは難しいだろうな。

機動戦士ガンダムさん ここのつめの巻 (カドカワコミックス・エース)機動戦士ガンダムさん ここのつめの巻 (カドカワコミックス・エース)
大和田 秀樹

角川書店(角川グループパブリッシング)

Amazonで詳しく見る by AZlink


3、予測の話

ブログではごくたまに未知なる新作を知ったような口で語る記事を書くが、それはあくまでも自分の知識と経験に基づく「予測」であって、間違っても「バレ」だととっちゃいけませんよ。また、そのような記事では他の方に迷惑をかけるような書き方にしないことを、いつも心がけているつもりです。

 信義は守っているつもりです。


4、772球はいけない

772球を美談にする一部の日本人は狂ってる。

 こういう考え方はいい加減直してほしいと思います。


5、ズバリ言うと、クールジャパンはクールな作品を作れるのに、クールなプロデュースをさせてもらえなかった富野監督に金を出すべきだと思う

クールジャパンの資金は1%くらい富野監督に回すべきだ。そうすればせめて2作分の新作くらい確保できる。30年以上国内、海外へ発信続けるコンテンツを作れるくせに、宣伝の仕方が分からなく、満足なプロデュースもさせてもらえない富野こそ一番支援されるすべき人だし、政府が一番支援すべき人だ。

なぜならば、アニメ業界の大御所のなかでは富野はほぼ唯一新作さえ満足に作ってもらえない人だ。クールジャパンがアニメ関係に支援する資金の1/10くらいを富野監督に回しても罰はあたらないはずだ。2~30年経っても、ガンダム以外の「生きているコンテンツ」を沢山作ってた実績があるんだから。

 まあ、でも偉い人も所詮見た目でしか判断しないもんね。


6、永遠のジャスティス

ドン・ザウサー=父・破嵐創造、コロス=母、ダイターン3=試作型メガ・ボーグ=兄・破嵐大胆っていう仮説のは私の永遠のジャスティスだ。

 こんな大胆な想像を許してくれる作品は素敵。


7、正史じゃないため?

ガノタ研究家のたちによる「はじめたいキャピタルGの物語」の研究は見かけない。なぜ? あれが見せた断片的な話でも相当面白いと思うが。

知っている人はほとんどいないが、富野監督の小説「はじめたいキャピタルGの物語」に登場されているマンマシーン(まあ、MSだが)は普通のアーム二本と作業用アーム二本、あわせて四本手の代物だよ。

Gレコのイメージボードを再見。うーん、やはりいまいちよくわからないな。

つか始めたいGの女性型マンマシーンのほうが気になるな。あれ結局ただのパイロットヘルメットって可能性が微レ存?

クンタラの語源つーか元ネタは「ぐーたら」かな?

 ちなみにシャア専用ブログさんはネットで唯一イメージボードを検証した方らしい。


8、素敵な文章

「あ奴のチンポ……伸びて来た……危険だな……」くらいの文章は、今のラベノ屋さんにも書いてほしいな。つか女性の方から見れば下品な文かもしれないが、男性から見れば、こういう感覚は死ぬほど分かる。

ちょっと解説すると、オーラバトラー戦記という小説の第1巻、突然異世界に落ちた主人公は、さらに巨体を持つ蛮族に囚われて、下半身裸のままで見世物に晒されてる。あまりの緊張と恐怖で、主人公のあそこがミニマムになり、蛮族どもに「Xンポねえのかよww」と笑いものをされる。主人公涙目。(続)

でも、主人公がだんだん立て直し、生き延びるために無我夢中に戦うと、緊張も恐怖もだんだん忘れて、リラックスしていく。その姿を見て、蛮族のボスが一言を発した。「あ奴のチンポ……伸びて来た……危険だな……」まさにセンスオブワンダーだ富野さん。

 富野さん、新作小説書かないかな。


9、閃光のハサウェイの話

ウィキでは「本作は、アニメ『逆襲のシャア』とは一部描写が異なる小説『ベルトーチカ・チルドレン』の続編となっており、映像作品から直接続く物語ではないとされている」と書いてるが、「されてる」ってお前らがそう思っているだけだろうが。ウィキ捏造とは言わないが、その程度の理解力しかないか。

 ちなみに公式云々の話に関心ありません。


10、ジャンヌ2が出る!?

姫騎士ジャンヌ2…だと!? これは絶対買わねばいけない!!!

え…原画亀井じゃないの…? がっかりさせるにも程がある。

 「1」は普通に私のベストエロゲートップ20に入る出来です。


11、偉大なる商売の仕方

オリジンOVA→TV→映画くらいの使いまわしはサンライズが考えているはずだと思う。

 実際はいつかやると思います。

機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス
古谷徹,鈴置洋孝,飯塚昭三,富野喜幸(現:富野由悠季)

バンダイビジュアル 2013-08-28
売り上げランキング : 70

Amazonで詳しく見る by AZlink


12、三国志の史料

日本人つーかふたばの連中の諸葛亮に対する過小評価はホントにいやらしい。

「趙雲別伝」を疑うのは別にいいけど、まったく信憑性がないという意見はまったく話にならないと思う。なぜならば、裴松之が集める段階では、すでに一度史料を取捨選択を経てからだ。まったくの捏造なら、そもそも選ばれないのだよ。なので、それなりの信憑性があるのは自明のことだ。

 普通にふたばを覗いていますよ私は。書き込みは海外じゃ無理なので一度もしたことありませんけれども。

 つか、いつかブログで三国志の話をやり始めるかもしれません。


13、10人目募集中

1手塚2若尾3りん4宮崎5高畑6鳥海7阿久8出崎9長浜。あともう一人か二人くらいほしいね。

 そうしたら記事になります。ちなみに何の人選かは賢明な方ならば、すぐには分かるはずです。


14、サンライズさんお願い

ネット上のヴァルヴレイヴに対する好評価が「富野みたいな言い回しだな」であることと、ガルガンティアに対する感想のかなりの部分が「富野作品の∀かキンゲみたいな展開だな」であることを考えると、現在のアニメファンが何をほしがっているのは自明なことだ。マジ考えてください、サンライズさん。

 ちなみにこれが先月の感想なので、今とはちょっと違うかもしれません。とはいえ、ヴァルヴレイヴの松尾監督が富野さんに影響されてたといいました。それに、ガルガンティアの村田監督が富野弟子・森邦宏氏の「絢爛舞踏祭」を経てこの作品にたどり着いただけでなく、スタッフも昔のアニメ作品を意識したり黒白のことを言ったりしてますから、こう言ってもつき上がることは無いはずだと思います。


15、自慢してもいい?

自慢じゃないけど、世界中でもっともリーンの翼の挿入歌である「はじめてのおっぱい」(作詞・富野由悠季)を語れる人は私である。いや、これに関しては自慢してもいいと思う。

富野由悠季のロリコン力は宮崎駿よりも凌駕している、と確信を持っている。というかこういう記事をいつか書く。

 まあ、結局井荻麟作詞論の一部になりますので、ひょっとしたら年末くらいになるかも。


16、不機嫌な少女と頑張るおじさん

「崖の上のポニョ」コンビの歌唱映像はいつ見ても感動する。が年を取るのにつれて死んだ目で歌うようになってた大橋のぞみに対して、あのおじさんは何年経っても手に半魚人ぬいぐるみを装着したままで一生懸命に歌ってた。これぞプロ意識。おじさんの必死な姿を見せられては、涙なしで見れないよ。

 仕事で死ぬほど聞かされましたよ。茶化しているけど、それなり好きな曲だ。ロリ力は足りないけど。


17、作品名は絶対言わない

某知事のニュースを見て、どうせなら某大人気同人アニメも原作のとおりに作ってくれれば面白いことになるのに(鼻をほじながら

正直一部の日本人(某知事と彼のボスとか)は無自覚な分、相当たちが悪い。無意識的に「日本こそ最高。欧米など毛唐にすぎない」と思ってるのに、欧米の他文化に対するステレオタイプ的偏見をそのまま受け入れるとする。欧米とイスラムの歴史的関係もよく分からないのに、なんで変に上から目線なんだ?

 これも半ヵ月前のことでしたので、今読んでもなーって感じがありますが、そういう「私が日本人の代表だ」という人は、普通にいますよね。


18、「教えてください。富野です」の連載版は生っぽい雰囲気があるから面白い

はあ…「教えて富野」前期はまだ本格的なではなかった為買わなかったし(あと単行本出たし)、中期は資金が足りなかった為やはり買わなかった(台湾で購入すると日本の二倍価格)。後期はさすがに購入していたが、やはり漏れたりする。後発単行本のがっかり仕様を見て、やはり連載版読みたかったな…。

 日本に行くたびに探していて、いつか連載版を全部集めたいですが、ダムエーはあの厚さのために、日本の古本屋でもあまり見かけることができないのは問題ですな。一部だけだけど、自分がスキャンしてデジタルアーカイブ化した回数を持っていますので、どこかで交流できないものかな。


19、台湾におけるガンダム書籍

必要ないかもしれないのであまり書かないが、一応台湾版のガンダムコミックや小説についてのネタも多少持っている。ガンダム小説の他社出版時代と台湾角川時代の版型の差異とか、バンダイ・サンライズ・角川が翻訳名詞をコントロールする時代の変遷とか。

 興味ある方は少ないかもしれませんが。


20、漁火参り?

漁火参りの意味は知りたい。

 これは富野さんが鈴置さんのために作った作詞のタイトルですが、墓参りの代りに漁火参り、という話です。正直いまいちよく分かりません。どなたがそのような習俗か、もしくは鈴置さんの背景に関する話をご存知でしたら、どうか教えてください。


21、∀いろいろ話

∀ガンダムの挿入歌「宵越しの祭り」の歌手は「ホワイトドールの祭りの会一同」がクレジットされてるが、実はこれが富野監督を含めて出演者全員による歌であることを分かっている人はあまりにも少ない(嘘)。

うーん、菅野よう子氏の「Moon」って音楽においてはやはり「月の繭」に劣らずに素晴らしいのだが(つか後者は後発)、ぶっちゃけ詞的に関してはまったく価値がないものなんじゃないのかな。あの詞って結局「音楽」として使われているし、そもそも意味ないしな。(富野

しかし、月の繭を語るほどの技量はおそらく自分には無いと思うな。つかブレン以降の井荻作詞の語りにくさはガチ。

 あくまで「詞」という意味ではの話です。


22、「天神さんの子守唄」自分メモ

「てんじんさん おねむ」=「天神さん 御眠」=「天神さん 御合歓」。

融けあうような感じ。

 ちなみにこの曲が劇中に出てくるとき、結局ヒメちゃんのアカペラだったのですが、そういう意味では、この曲はいったい詞先か曲先かを知りたいですな。


23、ちょっとだけツッコミ

GUNDAM SONG 145の表記を見て気付いたが、「お嬢さん、内緒話です」は収録されてないね。確かに歌詞としては「月下美人」のほうが完全版だが、編曲は二曲とも違うし、「お嬢さん、内緒話です」のほうこそ挿入歌なので、表記も収録もされていないのはおかしい。

 実際「∀ガンダム」全曲を選んだのはありがたいですが、結構不満の声があるのも頷けます。


24、燃燈道人許さん

封神演義の漫画に冷めた瞬間は、盤古旛が竜吉公主から燃燈に譲った瞬間だったな…。竜吉公主が戦線離脱なんてありえないよ!!!

 ありえないよ。


25、車田先生許さん

今でも一輝が乙女座、瞬が魚座の聖衣を着るほうは筋であると思っている。

 「生年月日のためだよー」という話は受け付けません。劇中での因縁重視すべきだろう、どう考えても。


26、プラモの話

3.0…だと!? オリジンか、1stブルーレイボックスか!? http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00CRSXK4Q/kaito21980b-22/ref=nosim/ … MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 (機動戦士ガンダム)

あの、アメリカ大統領のプラモはまだですか。

個人的はRX-78-2ガンダムver3.0よりも、リングガンダムのプラモがほしいんだけどね。コンセプトはなんとなく共通しているところもあるが。

えっと、1stのmsはモノコックという設定なんじゃなかったっけ。設定面どうすんの(いまさらだけど)?

 リングガンダムは4.0になるかな。

MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 (機動戦士ガンダム)MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 (機動戦士ガンダム)


バンダイ 2013-08-31
売り上げランキング : 1252

Amazonで詳しく見る by AZlink


27、今こそフジ+富野のときだ!

亀山千広氏がフジテレビの社長を継ぐそうだ。本広克行と懇意し、ガンダム実写版を作りたいと公言してた亀山氏のことだから、フジテレビ起死回生の対策の一環として、もちろん富野由悠季監督の新作へのバックアップもしてくれるのね(ニコニコッ)。ということで、Gレコの次回作をよろしくね。

 日本テレビはすでに他のアニメ監督を囲っている以上、突破をしたいならもうてこ入れしかないだろう。ということで、ガンダム実写版でリングオブガンダムを三部作くらいでやろう! もしくはアニメで。


28、ニワカです

「キングゲイナーEncyclopedia」も読んだことないニワカです。いや、キンゲDVD付録はまったく読んだことないです…。

 というかDVDボックス付録関係の資料はほぼ持っていません。ザンボットとダイターンのは持っていますけど。

オーバーマン キングゲイナー BDメモリアルBOX [Blu-ray]オーバーマン キングゲイナー BDメモリアルBOX [Blu-ray]
野島裕史,かわのをとや,小林愛,富野由悠季

バンダイビジュアル
売り上げランキング : 7989

Amazonで詳しく見る by AZlink


29、政治ネタじゃない

某大阪市長発言の全文を読んだ。言っていることはおおむね間違ってないと思うけど、まさに日本の政府側がいままで適切な「理解」「配慮」を示してくれなかったから、市長の発言も誤解されるのでは? それをきちんと認識せず、ただ正論を言えば良いと思っているほうの負けだよ、結局は。

 あと同じ技は日本人に通用できても、アメリカ人には通じない場合もあります。それも認識しない限り、いつも負け側になりますよ市長さん。


30、ぜひやってもらいたい

この前、井荻麟もとい富野監督の作詞を「自分の番組で、作詞家として発注したいくらい好き」と仰ったアニメ関係者がありましたが、ぜひそうしてもらいたい。

 ちなみにそのO氏が関わっている作品は今でもテレビで好評放送中です。将来的にプロデューサー的な方向性を行きたいおつもりでしたら、こういう話題作り的な起用も一度お試しになってはいかがでしょうかね、XX内さん。

革命機ヴァルヴレイヴ 1【イベントチケット優先販売申込券封入】(完全生産限定版) [Blu-ray]革命機ヴァルヴレイヴ 1【イベントチケット優先販売申込券封入】(完全生産限定版) [Blu-ray]
逢坂良太,木村良平,松尾衡

アニプレックス 2013-06-26
売り上げランキング : 59

Amazonで詳しく見る by AZlink


31、シャアザクの色に対する感想

「サンライズで"ピンクの絵の具が余っていた」という話は、ちょっと誤解されていると思う。余ったことは「絵の具(の量)が余った」というのではなく、実際は「ピンクの色が(他のところに)使われなかった」というニュアンスだと思う。そうでなければ、後世との検証に辻褄合わないから。

 いろいろな証言を読みましたが、当然自分はこの発言を検証しません。
コメント
日本人というのは、何事につけても自分視点に偏りがちなところがありますね。
某市長の発言もそうですが、自分たちがそれを正しいと思うことと、周囲がそれをどう思うかは全く別の事柄のはずなんですが、その辺の想像力が欠如してるというか。
なので、必要以上に図に乗ったり、逆に過剰に卑下したりするんですよね。


ところでロリ力についてですが、宮崎の場合はファンタジーとしてのロリというか、鑑賞する対象みたいな感じがするのに対して、富野はもっと生々しいというか、本当にアナ姫に跪きたい・叱られたいと思ってるだろうなという感じがします。
心の奥底で実際どう思ってるかは分かりませんが、少なくとも表現として出てきている部分からはそういう印象です。
それこそ「うかつにパンツ描いちゃって、失礼じゃないか」ということなのかも知れませんが。

まあ、これは完全に個人的な感覚でしかないので、しっかりとした根拠をお持ちであろうkaitoさんのロリ力記事には期待せざるを得ません。
グリーン #JUGsyThY|2013/05/20(月) 00:05 [ 編集 ]
某市長に関する話はまったく同意ですので、これ以上控えさせていただきます。

個人の感想だと、宮崎は女の子の無垢と若さに憧れているように感じ取れます。
一方、富野監督は口には出せませんが、女子供に対しても「小さい女」と見ている節があります。
その想像力の違いは私が着眼しているところなんです。

あと、この記事はアナ姫を言及しますが、わずか一部でしかありません。
ポイントは別のところになりますから、どうぞお楽しみです。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/05/21(火) 22:14 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1286-d2907329

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.