富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

機動戦士ガンダムBDボックス8月28日登場! この発売が意味しているのは?

2013/03/21 16:30|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 機動戦士ガンダムBDボックス8月28日登場! この発売が意味しているのは?
 ついに出ました。

機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス
古谷徹,鈴置洋孝,飯塚昭三,富野喜幸(現:富野由悠季)

バンダイビジュアル 2013-08-28

Amazonで詳しく見る by AZlink


 機動戦士ガンダムのBlu-rayメモリアルボックスです。ついに来た、と同じ思いを抱いている人も少なくないでしょう。

 中身、は以下である。

◎仕様◎
【初回封入特典】
■第1話「ガンダム大地に立つ!!」シナリオ・絵コンテ・台本
■設定解説集(仮)[作品企画書、原画、各設定の決定稿・ラフ稿など貴重な制作資料を発掘収録]
■機動戦士ガンダム メモリアルアルバム(仮)[放送当時に起こった出来事・事件や雑誌記事、LD-BOXの解説書までも網羅した歴史記述集]
【初回映像特典】
■BIG4スペシャルインタビュー
[総監督:富野由悠季、キャラクター・デザイン:安彦良和、メカニカル・デザイン:大河原邦男、美術設定:中村光毅]
※2010年7月発売の「機動戦士ガンダム30周年ドキュメンタリー メモリアルボックス」に収録された30周年記念時の貴重なインタビューを再収録。
■秘蔵映像集(仮)
[過去のPV・CMなどレトロ映像を発掘収録]
【他、仕様】
■描き下ろし収納ボックス
■安彦良和、大河原邦男描き下ろしインナージャケット

 個人の目当ては、なんといっても第1話のシナリオ・絵コンテ・台本、それから設定解説集とメモリアルアルバムです。特に第1話のシナリオと絵コンテが収録されることによって、世間に富野演出のすごさを知らせる千載一遇の絶好なチャンスだと思います。もちろん、富野作品のシナリオライターの功績を否定するつもりはないですけど、それでもシナリオと絵コンテを比較する機会が一度あれば、きっと驚愕するほど感嘆すると思います。

 まあそんなのどうでもいいですけど、それよりもこのBDBOXの発売に思わず考えてしまうことがあります。

 今までLDBOXにしても、DVDBOXにしても、ファーストガンダムはいつもガンダムシリーズの「トリ」として出されました。さらにいうと、新しい記憶媒体が世に出て、現在のフォーマットがすでに廃れつつある時期に出たことがほとんどです(98年にLD、07年にDVD)。

 しかし、今回発売のガンダムBDBOXは上二つのどちらにも当てはまりませんでした。

 なので、今回の発売には何か意味があるはずです。以下は完全に自分の推測に基づくものですが、もし気が向いたら読んでみてください。もしかしたら当たった部分もあるかもしれません。



 まず、ズバリいいますと、この「機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス」は、つまり『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』の前座として発売されることです。もっとぶっちゃけて言えば、オリジン開始以前、最後の一儲けです。

 言い方が悪いですけど、現在の技術と作画で作られるであろうオリジンが世に出た瞬間、ファーストガンダムの映像としての価値は産業廃棄物なみになりかねません。将来は古典、原典として語られることがあっても、見られる機会はもうほとんど無いと思ってかまいません。

 たとえ安彦原作は非常にアレだとしても、たとえファーストガンダムの中身はどんなに豊かだとしても、ユニコーンで見られるように、そもそも美麗な「画」だけで売れるのが現状なので、はっきり言ってオリジンは将来ファーストを上書きします。

 だから、この発売は実際は間接的に「THE ORIGIN」アニメはまもなく開始すると宣言したようなものです。



 それから、発売時期から考えると、おそらくオリジンの発表は秋くらいになるんじゃないかと思います。

 しかし、発売してすぐのリメイク宣言の是非はどうであれ、一部不満の声も上がっているでしょう。そこで、そのときの救済策(?)として考えられるのは、同時に「Gレコ」を合わせて発表することです(まあ、これは推測でさえない、私個人の期待ですが)。

 そして、これにより富野のGレコはアナザー、オリジンは宇宙世紀という並行戦略が継続されているわけです。



 さらに、今回の「機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス」はなぜかユニコーンのイベントでアナウンスされると考えると、もちろん同じ会社の同じターゲット層なので、ファンを喜ばせるリップサービスという可能性もありますが、あえて邪推すると、「THE ORIGIN」はユニコーン制作陣と何か関連があると思われます。

 とはいえ、映像などで確認できる限り、第1スタジオの次回作はおそらくすでに富野由悠季監督の『Gレコ』を中心に動いていますので、いまさらGレコを蹴ってオリジンをやるのもあまり現実的じゃない。

 ということで、オリジンはスタジオこそ違うけど、ユニコーン作画陣もしくは制作陣を受け継ぐ推測もできます。もっとぶっちゃけ言いますと、おそらくユニコーンみたいなOVAフォーマットになるのではないかと考えられます。ストーリーの長さでいえばTVも可能ですが、上の状況ととりあえずの現実を鑑みると、長めのOVAになるのではないかと思います。



 そして、上のとおり発表およびユニコーンとの関連性を考えると、放送は最速でも2014年春以降になるのではないかと考えられます(制作スケジュールを考えると、来年後半になる可能性も?)。

 OVAにするためには、どれくらいの話数と制作時間が必要なのは知りませんが、単純にユニコーンの最初の「半年1巻」という制作状況を考えると、宇宙世紀のガンダム作品は最低これから3、4年の時間でオリジン以外に無いと覚悟するほうがいいと思います。



 さらに、完全に根拠ないのですが、オリジンという宇宙世紀の原点をリメイクする、という鉄板の企画に対して、破格な規格で挑むのではないかと考えられます。その場合、スタッフはもっとも評判の良い人たちと、旧作のスタッフを中心に集めるものになるのでしょう

 まあ、こちらは待ちガイルならぬ、ひたすら待ちGレコなのですから、ある意味私と無関係な話です。それにしても、これからガンダムにまつわる状況と環境の変化を思うと、思わず嘆かわしく思うところもなくもない…かな?

コメント
また、はじめましては勘弁して下さい!
ところで、
LD-BOXを所持している私は、DVD-BOXも買わずに、
我慢して折りましたが正直、
「Blu-rayメモリアルボックス」はまだしも、
「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」の映像化、
は勘弁して欲しいです。
と言いつつ、
UC同様、懲りずに視てしまう自分がいたりして、
非常に困っています。
飢えているのです‥欲するのです…
富野作品に、。
陰僕 #-|2013/03/22(金) 21:50 [ 編集 ]
陰僕さん、コメントありがとうございます。
うーん、今回のボックスは映像自体あまりほしくないのが事実です。しかし、値段は比較的に安いものですし、付録は魅力的なので、正直どうしょうかと考えています。

オリジンは…まあ、サンライズにとっては富野作品と別路線として扱う気もします。
欲しいかどうか以前、そもそも「別物」でしかないですからね。
もちろん、気持的にそう簡単に割り切れるものじゃないとも知ってますが…。

ユニコーンは私も1話だけ見ましたよ。
まあアレは見たところで、富野に対する欲求を解消できっこないので、2話以降はどうでもよくなりましたが。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/03/22(金) 22:26 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1264-38d7012d

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.