富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

失望しました

2013/03/09 14:02|日常話TRACKBACK:0COMMENT:85
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 失望しました
 大勢の日本野球ファンが称賛をくれましたが、残念ながら日本選手から「勝ってよかった」「あのプレイはしてよかった」くらいのコメントしかなく、相手を讃えるコメントは一切ありませんでした。特に監督とか。たぶん「格下に負けなくてよかった」としか思っていないんだろう。

 台湾の選手はごく一部を除いて、皆大健闘しました。そして負けても、そんな自分たちに勝った日本チームへの称賛を惜しまないでいました。しかしまだオランダとの試合が控えてるとはいえ、なんで日本の選手に相手の選手を讃える考えは無いんでしょうか。

 台湾は負けました。しかし負けたこと自体よりも、相手は実はスポーツマンシップの無い相手であることに落胆しました。言い訳だらけの韓国チームでさえ相手を讃えるコメントを出せるのに、なぜでしょうか。負け犬の遠吠えだと受け取ってかまいません。しかし日本のプロ野球をこれまでも見てきたが、はっきり言って今回ほど失望したことはありませんでした。

3/10追記:
WBC感想記事に対する説明

3/11追記
ご指摘がありましたので、追記させていただきます。井端弘和選手は当日6回を投げた王建民選手について「日本にはいない選手でした」というコメントをちゃんとくださいました。元の記事は「無い」と言いましたが、今更古い記事を変更してもアレなので、ここで追記。

コメント
こんにちは。
これはまさに指摘のとおりだと思います。

そういう余裕がWBC日本代表には無いという事なのでしょう。
勝って当たり前であるという重圧にさらされていて、かつ、これまでの試合内容は良くない。その中で対戦相手を考える余裕がないというのはありえます。

しかしながら、どのような試合をしていても対戦する相手がいてはじめて試合が成り立つという事は基本的な事ですから、そこに考えが行かないというのは、おっしゃられるようにスポーツマンシップに欠けるものであると指摘されても、WBC日本代表の彼らには反論する余地はないでしょうね。

台湾代表チームとは共にアメリカに渡りたいというのは、わたし個人の思いではあります。
/// #-|2013/03/09(土) 14:18 [ 編集 ]
また戦うかもしれないのに勝った方がそんなん言う必要ないだろ
名無しさん #-|2013/03/09(土) 15:26 [ 編集 ]
井端が王投手を称えてたのは無視ですか?てか代表のコメント一字一句全部チェックしましたか?
やい #-|2013/03/09(土) 15:29 [ 編集 ]
こういう奴を日本では難癖野郎と言う
ゆう #-|2013/03/09(土) 15:33 [ 編集 ]
でもまだ何回も戦うかもしれへんやろ?
称えるのは大会が終わった後でも遅くないで。
J #-|2013/03/09(土) 15:35 [ 編集 ]
いちいち言葉に表さないと文句言うとか幼稚だな
ドジョウ #-|2013/03/09(土) 15:38 [ 編集 ]
せやな
なんJ #-|2013/03/09(土) 15:44 [ 編集 ]
自分が今まで書いたことも見直せタコが
さかな #-|2013/03/09(土) 15:45 [ 編集 ]
全ての選手の声がメディアに上がってくるわけではありません。相手の台湾に対して、いいチームだったという感想を持ったとしても、それをはっきりというと「コメント亅という形にすろかどうかは別です。
スポーツマンシップというのは、試合後のコメントだけではなく、ひとつひとつのプレーも見て判断すべきものではないでしょうか。昨日の日本チームに台湾チームを見下すようなプレーは、私のみるところではありませんでした。
あなたの個人がどのような感想を抱こうともちろん自由ですが、少なくとも私には是認し難いものがあります。
唐澤 #-|2013/03/09(土) 15:52 [ 編集 ]
おっそうだな
お兄ちゃん #-|2013/03/09(土) 15:54 [ 編集 ]
監督 無能
野獣の眼光 #-|2013/03/09(土) 15:59 [ 編集 ]
「台湾の戦いはまだ終わってないぞ」
日ハム小笠原 #-|2013/03/09(土) 16:00 [ 編集 ]
日本では「勝者が敗者を讃える」という行為は嫌味や皮肉と捉えられがちです
ですから決して日本が台湾を軽視していたからではありません
何より昨日のあの白熱した一進一退の名勝負を繰り広げた当事者達がそのように台湾を下に見る考えを持つはずがありません
ハラデイ #-|2013/03/09(土) 16:03 [ 編集 ]
むしろ延長まで接待してくれてありがとうやろ??
こちら聖域区弱肩暴投前露出所 #-|2013/03/09(土) 16:07 [ 編集 ]
日本このことを恥、WBC辞退を申し出るべきですね。
そうしなければ日本国民も台湾国民も日本代表を許すことはないでしょう。
名無しさん@ニュース2ちゃん #wLMIWoss|2013/03/09(土) 16:10 [ 編集 ]
>特に監督とか。たぶん「格下に負けなくてよかった」としか思っていないんだろう。
全くその通りで昔から日本の野球を観てるファンもそう思ってます。
台湾みたいな野球後進国相手に接戦に持ち込まれる日本チームを恥じるべきで
相手を褒める点なんてそれ以前の問題です。
#-|2013/03/09(土) 16:14 [ 編集 ]
全く仰る通り。
日本は辞退して韓国に譲るべきだとおもう。
スポーツマンシップのない侍JAPより
礼儀正しい韓国代表が第二ラウンド進むべきだった。
韓J民 #ImT/p7JM|2013/03/09(土) 16:18 [ 編集 ]
原とか王はなんだかんだコメントしてた
山本浩二はゴネてないで謝罪した方がいい
しっかりコメントすることを認識しなさい。
五反田の神 #-|2013/03/09(土) 16:22 [ 編集 ]
まぁ日本は相手を讃えるコメントは自発的にあまり多くは出さないよ
メジャーなんかは喋る度に相手を讃えるし(良く知らない相手でもw)
そういうのが当たり前の人から見ればそう感じるかもね
でもコメントが出ない=相手をリスペクトしてないって訳じゃなく
凄いと思っててもその事を直に質問されないと中々言わない人が多い
これは日本人の性格に由来する部分が大きいと思う
それと今回キューバに大勝したオランダに大勝した台湾を格下に見てる人なんて殆ど居ないと思う
なので格下に思われてる+讃えるコメントが無いって事でスポーツマンシップが無いと感じられたみたいだけど
実際は手強いと思ってたチームに辛勝して流石に台湾は凄いと思ったけど
気が利かない+辛勝すぎて余裕も無いので自分からコメントすることも無くまた聞かれる事も無かったので解散になったって所だろう
スポーツマンシップが無いって言われるとちょっと待ってって言いたくなるけど誤解されないようにした方がいいよってんならその通りだと思う
よろしくニキー #-|2013/03/09(土) 17:09 [ 編集 ]
皆さんのご意見ありがたく読ませていただきました。以下まとめて返事させていただきます。

>///さん
ありがとうございます。そういう考えもあるかもしれません。そのようなプレッシャーは十二分承知しております。
しかし敗者でさえそのようなコメント出せるならば、勝者が敗者より余裕があることを当たり前だと考えていた自分の思慮が不足なのかもしれません。

台湾代表チームはおそらく今日のキューバ戦止まりだと思いますが、日本の勝ち上げを期待します。

>名無しさん
一戦一戦尽力したのちに、目の前の相手を全力に褒めるのはスポーツマンシップだと認識しております。
少なく台湾は1ラウンドに勝利したチームにそうしました。
まあ、自分に日本の方には紳士でありたいというエゴが先行したのかもしれません。

>やいさん
井端さんのは読みました。王のピッチングに対する話ですね。
記事を書く時点はあらゆる記事を読みましたが、どうしてもチェック漏れがあるようです。
ちゃんとそういう方もあって、とりあえず一安心しました。

>ゆうさん
どう思われてもかまいません。あくまで個人の感想だと受け取っていただければ嬉しいです。

>Jさん
wbcって一期一会的なところはあると思います。
ルール上、変則的な対戦は起きるかもしれませんが、一度勝敗出たらもうそこまでの可能性が高いです。
ですからあのような死闘を経て、やはりなんらか声が聞きたいのは本音です。

>ドジョウさん
どう思われてもかまいません。あくまで個人の感想だと受け取っていただければ嬉しいです。

>なんJさん
そうですね、残念です。

>唐澤さん
理性的なご意見ありがとうございます。
確かにご指摘とおり、プレイの内容もスポーツマンシップの一部だと思います。そのへんに関しては日本代表の方々はスポーツマンシップがあると思います。しかし、だからこそゲームセット後のコメントなどでもそれを見てほしいです。
もちろん、今回自分が書いた記事に感情先行したところはあると思います。それで異論を招くこともあることも承知しております。ですので、あくまで個人の感慨だと受け取っていただければありがたいです。

>お兄ちゃんさん
そうです、残念です。

>野獣の眼光さん
監督は有能か無能かはひょっとしたら今回の件とちょっと関係ないかもしれませんが、
こちらの監督さんや王貞治氏などちゃんと相手を認めるコメントを出したことのに比べると、正直哀れだと感じます。

>日ハム小笠原さん
暖かい応援ありがとうございます。
まあ相手はキューバさんだと…王という切り札を使い切ったんですし。

>ハラデイさん
ご説明ありがとうございます。
ほとんどの日本の方にそのような意がないのは十二分承知しております。
だからこそ国際試合のなかで文化の異なる相手に自分たちの思いを伝えるためにも、あらゆる相手に称賛を惜しまないのが粋だと思います。スポーツはそのために存在していると信じております。

>こちら聖域区弱肩暴投前露出所さん
こめんなさい。ちょっとそのような話をする意味分かりかねます。
しかし他の方への返事を読んでいただければ、私の仰りたいこともお分かりでしょう。

>韓J民 #ImT/p7JMさん
>名無しさん@ニュース2ちゃん #wLMIWoss
ごめんなさい。そういう意味ではありません。
このような受け取り方をされては迷惑です。

>#-さん
おっしゃることは事実だと思います。
ただ本件とは関係ありあせんので、コメント控えさせていただきます。

>五反田の神さん
そうですね、台湾においても日本においても、王さんみたいなコメント読んで、嬉しくない人はきっといないと思います。
山本監督はおそらくオールドファッションの人だろうと思いますが、ワールドワイド的な視点から見れば、実力に見合わない尊くない態度に見られてもおかしくありません。そのような対応は惜しいと思います。

>よろしくニキーさん
ご説明ありがとうございます。思えばサッカーやバスケット、MLBなどの海外スポーツにおいてはそれが当たり前ですので、今回のWBCの日本代表からでもそれが見たかったんです。
ただご指摘のとおり、疲れてる試合であるのに加えて、コメントというものは性質上方向性があるので、コメント出されていない≠リスペクトしないという話はごもっともです。

以下は自分の感想ですが、
アジアシリーズのときも感じましたが、やはり日本チームは「日本人だけのためにプレイ」という思いが先行するあまり、相手を思うことはあまりしないという感じがあります。それによって、「日本の輝く勝利」にとっての当て馬にされてる感じが、正直しないでもありませんでした。
誤解だといえばそこまでですが、そこらへんに対する意識の差はやはり文化的なものだと思わざるを得ません。一試合一試合で相手を褒めることが当たり前だと考えているのは、ひょっとしたら間違いかもしれません。

ただ、決して感謝を強要したいわけじゃありませんが、やはり相手に褒められては嬉しいです。日本の方々は世界中においてはいつも褒められている立場にいるから分からないかもしれませんが、「褒められて当たり前じゃない側」の人達にとって、認められていることのありがたさは、言葉にしがたいものです。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/03/09(土) 18:48 [ 編集 ]
まぁいまの日本人選手がスポーツマンシップがとか紳士的かっていうと
そうとも言い切れないというのは間違いないんですけど、
(杉内のこともありますし…)

>特に監督とか。たぶん「格下に負けなくてよかった」としか思っていないんだろう。

日本の選手ははっきりいって今回「まったく余裕がなかった」。
逆にはっきりと実力以下と感じていたならば、
横綱相撲をとれていたならばそういう称賛のコメントを出していたと思います。
(または自分が敗者であったならばなおさら)

ある意味完全にライバルというレベルだと無意識のうちに感じているからこそ
褒められなかったと思います。
そのくらいギリギリだったのは間違いありません。

それでも相手を称えるのがスポーツマンシップだろ?とおっしゃるのは
わかります。間違っていませんというより、正しくあるべき姿だと思います。

ですが人間的な感情の話なのか、私の日本人的な文化の話なのかはわかりませんが
これが切羽詰まった、焦りに焦っている人間の性であったように私は感じています。
(重圧がかかっているというのもあるでしょう。もちろん国を代表しているわけですから
 どの国の選手も多かれ少なかれあるでしょうが。
 あのイチローですら、前回大会後体に異変をきたすくらいですからと察して頂ければ
 幸いです。このあたりは特に日本的かもしれませんね)

「言わなくてもわかってくれる」は、非常に日本的であるし、
よく海外から非難されたりする部分ではありますが。
こういうところを「わかってくれ」というのはあまりにもこちらの虫が良すぎるとは
思いますが、誤解だけは少なくとも解いておきたいと思いました。

一番はトップである監督がそういうことをいわなければならないんですけど
一番余裕がないのがこの人なんで…。大変困ったモノです。

しかし、コメント数すごいですね。
まそきぃ〜 #-|2013/03/09(土) 19:12 [ 編集 ]
ナイスゲームを繰り広げた
台湾と日本選手団に感謝!
それでよしとしましょう。



ヨルダ #-|2013/03/09(土) 19:39 [ 編集 ]
まだ大会終わってないですからね。
台湾も勝ち上がって、再び敵になるやもしれませんし。
そのような意見は大会終了以降で。時期尚早かと思われます。
dausu #-|2013/03/09(土) 22:12 [ 編集 ]
先ほど自軍を擁護するようなことを
ついつい書いてしましましたが、

よくよく考えてみると
日本にはkaitoさんが言われるようなスポーツマンシップは
ないかもしれません。

あるのは「道」の考え方です。

行き着くところは、すべて自己鍛錬、自己研鑽ということです。
先ほどは負けた時には相手を褒めると自分も書きましたが
その褒め方も他の文化圏とは少し違い
多くの国では
「自分は十分ベストを尽くしたが相手の方がさらに上だった。アッパレ」
となるところが
「相手が上であった、
それは自分の努力が(相手より)足りなかったからだ。」
(準備不足とかを言ってるわけではありません)
となるのが日本です。

すべて自己に帰結してしまうんです。

野球に限らず日本のスポーツはこの求道的な側面が
強い、というよりもそれに支配されているというのが
今回のことにもつながっているように思えます。

ただなにしろ、部外者であるファンはわかっています。
それだけはわかっていただきたい。
日本のファンのこの試合の位置はものすごく高いのです。

蛇足ではありますが、今回そのようなコメントがでないのは
あまり日本のマスコミの質は高くはないので
そのせいもあるかな〜とも思われます。
身内のことばかりであったり、他のある国に遠慮したり、とか。
まそきぃ〜 #-|2013/03/09(土) 22:56 [ 編集 ]
>ヨルダさん
そうですね。プレイ自体に対して私もまったくそう感じます。

>dausuさん
次回にそのような機会があるとお祈りします。

>まそきぃ〜さん
コメントありがとうございます。メールにて返信させていただきます。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/03/09(土) 23:49 [ 編集 ]
日本と台湾ではスポーツへの考え方も違うし試合相手への賞賛の考えかたも違います。
>特に監督とか。たぶん「格下に負けなくてよかった」としか思っていないんだろう。

賞賛は無かったからといって 見下しているなどと思うなんて短絡的で卑屈では?

>相手は実はスポーツマンシップの無い相手であることに落胆しました

スポーツマンシップの決まりってあるのでしょうか?
国が違えば受け取り方も表現の仕方も違うでしょう。
自分がそう感じられないから『スポーツマンシップが無い』などというのはkaitoさんの固執した台湾式スポーツマンシップの押しつけと決めつけではないでしょうか?
kaitoさんは言い訳と弁解だらけだけど賞賛してくれる韓国がお好きみたいですけど。

個々の感じ方や思いはそれぞれですのでどう思うと勝手ですが多くの日本の野球ファンは日台戦を通じて感動を得たのですがkaitoさんのようにスポーツマンシップの押しつけでせっかくの感動にケチをつけられ不快になる人もいると思ってください。

ところで日本と全力で戦ってくださった台湾代表に批判的なコメントをわざわざつける輩は日本人なのでしょうかね?
もし日本人でしたら本当に申し訳なく思います。
ひねくれ者 #.TdP4WeM|2013/03/10(日) 01:17 [ 編集 ]
そういうのは心で思うだけにしとくべきだったね
あんたの勝手な思い込みで日本の選手に悪態ついて台湾の心象が悪くなるとは考えなかったのかな?
#-|2013/03/10(日) 01:20 [ 編集 ]
日本代表の余裕の無さは感じたなあ。

なでしこがアメリカにPKで勝って優勝したとき、ほとんどの選手が喜びを大爆発していたときに、宮間選手が一人、アメリカの選手に駆け寄ったという話がある
そういう様子は今回の日本選手団には全く見られなかった
snt #-|2013/03/10(日) 01:46 [ 編集 ]
このコメント欄見ていると、日本代表以前に、今の日本の社会自体に余裕がないんだなー、、と寂しく思います。
少しでも自分たちが批判されたと感じると過剰に反応してしまう幼児性は見ていて恥ずかしいです。
同じ日本に住む人間として、非礼をお詫びします。
ほげお #-|2013/03/10(日) 01:55 [ 編集 ]
>ひねくれ者さん
コメントありがとうございます。
押し付けだと受け取ってもかまいません。仰るとおり決まりはないですし、表現も違います。偉そうに言うつもりはありませんが、少なく世界的に見れば相手をちゃんと讃えるほうがむしろ一般的だとお見受けします。
私という一個人の感想ですので、ケチをつけられるなんてもったいないお言葉です。

あと、別に韓国が好きではありませんが、韓国の選手たちは今回よくやったと思います。

>ななしさん
コメントありがとうございます。
私がもし台湾をちゃんと代表する立場ならば言わないようにしますが、
そういう立場ではないので、心象が悪くなるとかは心外です。
しかし自分のブログで自分の感想を書く以上では、今回の話は残念だと思います。
もちろんどう受け取ってもかまいません。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/03/10(日) 01:55 [ 編集 ]
>sntさん
いい話を教えてくださってありがとうございます。
それは私も今回見て、感じました。選手たちが自分のチームメイトと喜び合うのはいいですが、仰られたような光景が見られないのはすごく残念でした。

ついでに私も一つお話しをします。
今回1ラウンドの台湾x韓国戦では、結果的は韓国が勝ちましたが、TQB制度のために勝った瞬間と同時にリタイアを宣告されたようなものでした。
で、そんな球場で落胆している韓国ファンに対して、多くの台湾選手は手を振りましたが、一人だけが、彼らに頭を下げてちゃんとお辞儀をしました。
それが陽岱鋼選手でした。

韓国のファンは台湾の球場では、ほんの一握りしかありませんでした。しかし陽選手は彼らに対しても、ちゃんとお礼をしました。
これを知ったとき、私は彼が本当の紳士だと感じたと同時に、日本の教育にも感服いたしました。彼自身の性格によるところもあるんでしょうが、国際試合においてもそれを発揮させたのはほかでもなく、彼が長年日本にいるための賜物だと感じています。

>ほげおさん
コメントありがとうございます。
意外なところに取り上げられているためか、どうも私が日本の方々を批判するような誤解はあるようですが心外です。
日本のファンの方々の野球に対する熱意と暖かい応援は心から感謝しております。
ちゃんと理解してくださっている方がいて、本当に嬉しいです。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/03/10(日) 02:12 [ 編集 ]
ああー
そう言われて考えてみたけど
サッカーでもオリンピックでも、日本人選手が国際試合で
敵チームを絶賛してるコメントってあんまり見ないわ。
取材とかで聞かれればちゃんと答えるんだろうけど、自発的にそういう発現しないね、日本人って。
なんでだろう?文化的なものかなあ

でも相手に対してリスペクトがないわけじゃないと思うんだよ。
勝っても相手を褒めないけど
負けたとしも自分のせいにして言い訳はしないからさ。

少なくとも、ギリギリでようやく勝てた相手を、私たちは見下したりしない。
百の美辞麗句を並べるよりも、これから先ずっと態度で示すから。
今回のように、これからも何度もいい戦いをしましょう。ってね。
だからあなたがそんなに失望する必要はないと思うよ!
佐藤山本 #-|2013/03/10(日) 02:37 [ 編集 ]
今回の件に関して100%kaitoさんに賛同します。
台湾は、本当に強かったし、心のこもったプレーをしていました。私は、試合の流れから考えて、
日本が台湾に逆転で勝てるとは、思っていなかったです。
幸運に幸運が重なって、日本が勝つことができましたが、
試合の流れは終始台湾が握っていました。
とにかく台湾は賞賛にあたいするプレーをしていました。
日本は運がよかった。

 私は、試合終了後に、山本監督が台湾の健闘を称えるだろう、と思っていたのですが、山本監督は
それをしなかった。私は監督に失望しました。
あんなに両チームが死力を尽くして戦い、良いゲームを
したのに、相手のへの労いの言葉の一つもかけないというのは
やっぱりおかしい。

 ツイッターや掲示板では、台湾の健闘を称えなかった山本監督に対して失望の声はたくさんあったんですよ。
ネット上では、多くの人が、台湾を賞賛していたし、
台湾の健闘を称えていたんですよ。
しかし当の日本代表にはどうもそれができない、みたいです。
本当にガッカリです。

 しかし上の日本人のコメントを読んでも????な意見ばかり
ですね。みんな日本擁護ばかりだし。
日本の「道の考え方?」だとか、「行き着くところは
自己研鑽、自己鍛錬?」だとかピンとがまったくズレているし、
その主張も日本人として全く共感できない。
何を言っているんだろうか、まそきぃーさんは。
ただただ単純な、「良い戦いをした相手をの健闘を称えるべきだって」って話だし、日本人だってそれくらいの事は
できるし、ずっとしてきたハズです。
その他の日本人のコメントのクオリティも低くすぎるよ。
勘弁してほしいよ 本当に。

 個人的には、今回のwbcの山本監督を始め、メンバーの
資質やモチベーションには疑問を感じています。
山本監督には正直監督になる資格さえないと思っている。
試合中の態度、挙動、采配、そして相手チームへの配慮の無さ
どれをとっても日本代表失格です。
日本代表が、今回のwbcで大きな結果を残すことは
絶対にないでしょう。

 kaitoさんのおっしゃっている事は、「負け犬の遠吠え」
でもなんでもなく100%正しい主張です。
台湾は明らかに素晴らしいチームで素晴らしいプレーをしていた。あれだけの素晴らしい試合を、お互いに繰り広げて、
もの凄く良い試合をしたのだから、
日本は台湾チームの健闘を称えるべきだった。
やはりそう思います。
台湾は、本当に素晴らしかった。

 台湾の方々は、日本に対して世界一の支援をしてくれました。でもそれを知っている日本人は、悲しいかな実は
それほど多くないのが現実なんです。日本の大手のメディアは、あれだけの素晴らしい台湾の支援を、大きく報道することは
ありませんでした。報道するにしても、チョロッと良い訳程度にしか報道していません。だからインターネットをやらない人は
台湾の支援をほとんど知らないんです。
日本のメディアは、本当に腐りきっています。
山本監督も、選手たちもおそらく台湾の支援のことは
知らないのでしょう。知っていたら、このような態度を
取ることは決してしなかったでしょうから。
あれだけの支援をしてくださったのに、kaitoさんはじめ
台湾の方々に申し訳ない気持ちで一杯です。
コウ #a2H6GHBU|2013/03/10(日) 02:40 [ 編集 ]
佐藤山本さん、コメントありがとうございます。
失望したのはあくまで一瞬間のことでしたので、今はもうそれほど失望していません(笑)。
見下ろす云々は選手ではなく、あの監督に対する感想ですが、それもあくまで個人の意見ですので気にしないでください。

正直を言いますと、多くの方から余裕が無いというご意見を伺いましたが、最初のときは勝利者が敗北者より余裕がない?と戸惑いもしました。しかし決勝まで日本が挑むべき試合はいっぱいあるという意味の「余裕がない」なら、こっちもすんなり納得できました。

ですので、日本の三連覇に祈ります(ちょっと難しいかもしれませんが)。なんだかんだ二番目応援しているチームですから。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/03/10(日) 02:47 [ 編集 ]
 一応ネット上の台湾チームへの賞賛を載せていただきます。
山本監督や選手たちはできなくても、
多くの日本人は台湾チームの素晴らしさをわかっていますよ。
ツイッターで「台湾 wbc」と検索してみてください。
台湾への賞賛ばかりです。
コメントを寄せている日本人にも見てもらいたいですね。

http://nyliberty.exblog.jp/20128301/
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/auc-clicksurf/diary/detail/201303090000/
http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/53909207.html
http://nyliberty.exblog.jp/20128301/
コウ #a2H6GHBU|2013/03/10(日) 03:12 [ 編集 ]
コメント失礼します。

確かに選手は礼儀のプロではなかったですね。
そこは残念な限りです。その点台湾はプロでした!

管理人さんの台湾を心から誇らしく思っている様子が文脈のそこかしこから感じ取れました。
そりゃ~あれだけ頑張ったのだから相手からもコメント欲しいんですけどってなりますわ。

台湾強かったです。






ななしの巨人なOL #-|2013/03/10(日) 03:54 [ 編集 ]
日本人には、勝者が敗者を称えるのは失礼にあたると考える場合があります。
とくに、どちらが勝ってもおかしくない、実力が拮抗している場合はなおさらです。

「負けることの許されぬこの身なれど、勝つばかりとは限らぬ」

ですから、古来、戦におもむく武士は紅を引いて取られた首が見苦しく
無いように備えたといいます。
圧倒的な勝ちならともかく、(それでもどうかと思いますが)ここまで拮抗した勝負
をしておいて、えらそうに「誰々がすばらしかった」などとは皮肉でもいってるようなイヤミに
聞こえてしまう、、。と日本人は考えてしまうんですね。
勝者が敗者にかける慰めや賞賛は、身の程を知らぬ行いになってしまうのです。
見ていた観客、マスコミが評価するのはともかく、
勝ったチームにはほめるより何よりこれからやらなければいけないことがあります。
1つでも勝って駒を進めることです。なぜならば、勝った日本代表には負かした、台湾代表の分も勝つ責任があります。
そして、出来れば優勝して台湾は優勝した我々と互角以上の勝負をしていたということを、
間接的に証明しなくてはなりません。
本来、勝負事というのはこういう心構えで行いたいものですね。
Alto #-|2013/03/10(日) 06:23 [ 編集 ]
確かに相手国にきちんと健闘を称えるコメントを出すのは大事ですよね。

普段のペナントレースの試合終了後のヒーローインタビューみたいに淡々と半ば事務的に試合の感想だけに言及してしまったのでしょう。試合後マウンドに一列にならんで礼をした台湾選手の礼儀正しさを見ただけに私も残念だと思います。




名無しさん #-|2013/03/10(日) 07:11 [ 編集 ]
私も「Alto」さんの意見に賛成です。
日本代表は言葉に表さずとも、この先勝ち進んで
日本と対等に又は、それ以上の力を含んでいる台湾チームに恥じない結果を出す事で、賞賛の言葉よりも何倍ものご恩返しになるのではないでしょうか?
勿論、こういう日本独自の持論は国際の場では役に立たない、無能となるのかも知れません。
しかし、日本の高校野球でも他のスポーツでも同じなんです。
自分達が負けた相手には、優勝してほしい。
そう望むのです。言葉ではなく、態度で行動で示して欲しい…
お分かり頂けないかも知れません。でも、日本人は言葉ではなく、その後の行動で示すべき!と、大多数の日本人は当事者ならばそう思う事でしょう。
言葉ではいくらでも、取り繕う事が出来ます。
まぁ、日本人も少しは2面性の部分を理解すべき時ではありますけどね。
行動だけではなく、言葉の上でも示す事がより大きな成果を持つ。と、言うことをね。
長くなってますが、もう一言。
日本のマスコミのコメントの誘導と言うのもあります。
聞かれもしない事を話す人は殆ど居ません。
マスコミの質問の仕方にもよります。
質問方法によって、導きたい言葉を貰える事をマスコミは知っています。
素直に「台湾チームはどうでしたか?」と、聞かれれば間髪入れず「強かったね~○○選手の守備や○○選手の打撃」等々、延々と話していたのではないかと推測します。
憶測でしかありませんが、それだけ台湾チームの実力は誰の目にも明らかに際立っていました。きっと、監督も同じだったと信じたいですね!
最後に、日台戦は見ていて凄く手応えがありスポーツを純粋に楽しめました。どちらの選手にも拍手をTV前で送っていました。それこそが、WBCの醍醐味であり本来の国際試合だと思えました。この感動を与えてくれた日台両国選手に今一度拍手を!
みゃ~ #tqm9JkMU|2013/03/10(日) 07:20 [ 編集 ]
逆パターンを余り見ません。それは日本を褒めないと対戦相手監督に文句を言い称賛を求めるブログ。

でも会見の全てが放送に乗ったわけではありません。質問も出なかったのかどうかご存知ではないの?
全文記事があらますからご覧ください。

台湾のプラス放送が少なく、韓国のプラス放送ばかりなのは、日本のマスコミがコリアン・ジャパニーズ(帰化3世など)に支配されているから仕方ないです。
震災の時も、韓国人の良いニュースばかりで、韓国の何十倍も義援金くれた台湾は殆ど放送されませんでした。ネットでこれはおかしいと声が上がり、多少取り上げられました。

外交において、言挙げしない民族性は弱点になりますね。言葉にして、弁明したりしないと伝わらないんですよね。謝罪したら事実になってしまったりね。

私は台湾の北投と三重に2年住んでいて国語日報に通っていました。。台湾のTVは日本より酷かったですし、先生も他国生徒への日本ネガキャン酷かったです。日本のNHKとTBSとテレビ朝日は中国シンパがまだ残っているので、台湾は中国として捉え、良いニュースを伝えたがらない。三民~主義~と始まる局は共産党系列でしたね。
台湾が韓国のように、求めるばかりであったり、責任転嫁したり、マイナス要素だけを拡大解釈して印象誘導する国になって欲しくないです。
あい #-|2013/03/10(日) 08:50 [ 編集 ]
ガノタか富野信者がみるブログだとおもってたけど、
愛国者やスポーツマンも読んでんだねww
#-|2013/03/10(日) 09:15 [ 編集 ]
追伸です
台湾が韓国に勝った際も、残念がる暗い雰囲気で伝えるのが多かった。
「勝ったのに進めないとは…」とか、槇原も「でも韓国は意地を見せてくれましたよ」と台湾称賛より韓国残念でした。
そしてネットであった、韓国の言い訳(風、寒さ、食事濃い、台湾観客の野次や悪口プラカード)について、日本はそういうのはあまり伝えたがりません。
でもWBCで多くの選手や元選手の解説者やキャスターが台湾を称賛していますよ。
監督はふう~っとため息ついたり、時計みたら12時で試合明日かと思ったとかそういう状態で田舎者のいいオジサンなんです。
ずる賢さや媚びたり駆け引きもしないのです。
記者会見ではよく外国人記者が上手いなあと思います。
日本の記者はビビりでチキンだし、例えばフィギュアでもルール改正や買収疑惑など本質を抉る質問は避けます。
このブログはツイッターで拡散され、それを見て、あなたが失望したのと同様に、「台湾人も韓国人と同じなのか!?ガッカリしたよ、選手は素晴らしかったのに」と失望した日本人が出て来ています。
是非新聞にも目を通していただき、監督やコーチ、選手の台湾各選手への分析コメントをご覧ください。
あい #-|2013/03/10(日) 09:15 [ 編集 ]
欧米人なんかはようやるがパフォーマンス的なんと、敗者に敵意を持たせない恨ませない意味があんねんで。要領いいんやって。取り敢えず言っとったら満足すんなら言っときゃいいのにやらんのは悪意ちゃうねんで。不器用なんや。
名無し #-|2013/03/10(日) 09:22 [ 編集 ]
今回WBCで自分も同じようなことを思っています
大勢の方が先におっしゃっているように、日本はWBC連覇し続けて勝って当たり前になっているんですね

つい最近スポーツ界での体罰問題も浮き出てきましたが
日本の悪習と言わざるを得ない『一度勝つと勝って当たり前、負けたら引責』という風土があります
kaitoさんは監督に特に見下している感を覚えているようですが
歴代の侍Japanの監督と比較され、先のキューバ戦でも采配ミスが目立ち既に叩かれているだけあって
監督には本当に余裕がありません

また、日本という国の特性というべきか
戦っている間に相手を褒めるということは基本的にはしない民族です
戦国時代などにも同様で、戦っていないが強いと聞いた相手や、戦いが終わった後相手を処刑してから強い相手だったと漏らすことはあれど
戦の最中に「相手武将は強いな!」と相手をたたえることはできません

なぜかといわれてもそれが日本人だからとしか言いようがないのですが
日本が正式に交戦相手に対してのコメントを出すのは基本的に終わってからだと思っていただければ幸いです
(もっとも、その時には結構初めの方で戦った相手のことを忘れていることも多々ありますが・・・)

また、スポーツマンシップがない、という点ですが
日本人のスポーツマンにあまり爽やかな印象を覚えないのは確かですね
特に野球やサッカーの選手はどこか増長している感すら同じ日本人の自分でも思います
ただ、日本人の特性である寡黙さからそう思われてしまう点もあるのだと思います
正々堂々と戦うことに関しては日本はスポーツマンシップに則っているのではないか、と自分は思いますが
kaitoさんはいかがでしょうか?
#-|2013/03/10(日) 09:57 [ 編集 ]
>>また、日本という国の特性というべきか
>>戦っている間に相手を褒めるということは基本的にはしない民族です
>>戦国時代などにも同様で、戦っていないが強いと聞いた相手や、戦いが終わった後相手を処刑してから強い相手だったと漏らすことはあれど
>>戦の最中に「相手武将は強いな!」と相手をたたえることはできません

>>なぜかといわれてもそれが日本人だからとしか言いようがないのですが

なぜかというと、戦いが続いているこれからもまだ続くというときに
冷静な分析反省はともかく勝った事に気をよくして反芻していては
次の敗北を招くと考えるからですね。
つまり「勝って兜の緒を締めよ」
次の戦いがまだ待っているということですね。
#-|2013/03/10(日) 11:32 [ 編集 ]
>言い訳だらけの韓国チームでさえ相手を讃えるコメントを出せるのに
この記事の言いたいこと自体はとてもよくわかりますし自分も前々から思っていましたが
この一文をつけくわえてるところにかなり残念な気持ちになります。
その“言い訳”自体は韓国の自国メディアにしろそれをネットで“オチ”する人がまとめブログで煽るために書き立てていたり
“とにかく韓国を叩きたい”という人たちのために過剰表現にしている場合もあるので
さすがにそれを戦った選手や監督の公式コメントとごっちゃにするのは違うと思います。
“あの○○でさえ”というのは今自分が批判するもののためにあてこすりで持ち出し
“それ以下”であることを皮肉るにしてもその○○に元々もってるkaito2198さんの
“偏見、本音”が出てしまっているのはこの記事で訴えたいことの効果を半減させています。

話の趣旨に戻しますと日本は個人戦にしろ団体戦にしろ試合前も試合後も勝っても負けても
「自分」だけに言及しているような自意識過剰なイメージがありますね。
擁護するわけではないですが日本代表(に限らず)で結果が期待される種目の場合
メディアも国民も「勝って当たり前、じゃなきゃ叩く。」みたいなプレッシャーがあるので
自分に集中すること以外に余裕がないのかもしれませんが。
柔道で今回結果があまり芳しくなく「あれは柔道じゃない、JUDOなんだ。」という負け惜しみが多くて
「世界的に普及し色んな国が強くなってる」事実に着目しないのも似たようなものかと思います。
北京五輪の際の野球のメダルなしで終わったのも相手どうこうより自分がどうかの精神論バッシングが多かったですし。
逆に調子がいいときは「ベースボール」に対して「これが“野球”だ」みたいなことを言うのは大好きなんですけど苦笑。
詳しいわけではないですがサッカーの場合は選手も監督も国際試合の一発勝負の恐ろしさを熟知しているのもあり
相手に対して敬意を表するマナーが浸透しているイメージがあります。

いわゆる誰の目にも明らかな強豪国や互角という下馬評の場合は勝っても負けても
「やっぱり強かった」みたいなわかりきったことをただ何にも考えず喋ってるイメージがあります。
戦う前から“格下”と思われている相手に対しては悪い意味で「この勝負は自分次第」という意識を
メディアもファンも、監督も選手も共有している空気がありみんな相手が目の前から消えているんです。
それこそその“格下”相手に言い訳もしようがないほどボロ負けしたときだけ相手が具体的な形として表れ
相手を讃えるのでなく他にする言い訳がないので「相手も強かった」と評するだけのような。
たらればの話ですがもし今回台湾に負けていたら「アジアの野球も発展している」みたいなことを
その事実を讃えるのではなくあくまで言い訳としてそこらかしこで言われてたと思いますよ。
「“この日本”と接戦を繰り広げ最終的に勝利をおさめた台湾」みたいな形で。

それこそ今回だってすばらしい接戦を繰り広げたので讃えてもいいはずなのですが
“予想外”の苦戦だと思っていて試合後も「本当はこんなはずじゃない」という意識と
「なんとか勝った!」で余裕がないのでやっぱり戦っている相手のことがまるで頭にないんだと思います。
百歩譲って内面でどう思っていようと形式上言うマナーが定着してないのはまずいですね。
もうこの国際大会も第3回目ですが二連覇していてメディアも三連覇を煽るので
まだまだ“この辺”じゃ「勝って当たり前」という意識しかないんでしょう。
えいじ #-|2013/03/10(日) 12:16 [ 編集 ]
>コウさん
暖かいコメントありがとうございます。
皆さんに誤解を招くような言い方をしてしまった自分が悪いと思いますが、日本のファンの方々あるいは日本選手たちの奮戦を否定するつもりはまったくありません。ほかの方にも指摘されたとおり、国際試合においてそのようなコメントは一種の「マナー」です。ですが、私は特に日本代表チームの選手にマナーが欠けているとは思っていません。今回監督を初めとした選手たちからそういった声が聞こえないのは残念ですが、「失望」という言葉はひょっとしたら強烈すぎたかもしれません。「落胆」くらいの程度が適切なのかもしれません。

ですから選手やメディアの反応にやや落胆しても、それ以上の日本の方々が分かってくれるのはとても嬉しいですし、もうそれだけで感激もします。

余談ですが、日本への支援は自分は難に陥った隣人に対する当たり前のことで、特筆に値するものではないと思います。もし日本人にそう思われてもらえても、それは日本の方々が日頃の行いによって得た、当たり前の良き報いみたいなものだと思います。

>ななしの巨人なOLさん
コメントありがとうございます。
選手たちに礼儀がないとは思っていません。もう少し思いやりがあればいいなぁと思ってたくらいです。卑屈なのかもしれませんが、あれだけの熱戦を経てば、やはり負けても相手の声が聞きたいです。極端に言えばたとえそれが「台湾よ、これが日本の野球だ」だとしてもかまいません。

ですから、称賛の言葉は聞かなかったというよりも、ちょっと自己完結的なコメントには落胆したのかもしれません。

>Altoさん
仰ることはとてもわかりますし、今回日本の選手たちの対応も極めて日本的というか一般的だと思います。
台湾が負けた以上、もちろん日本には勝ってほしいです。

>名無しさん
コメントありがとうございます。
ペナントレースは私も時折見ますが、確かにそのような感じですね。選手たちがあくまで通常運行だと思います。そこもまさにちょっと残念だと思ったところですが。

ただ私としては、たとえば今回の話が日本代表のイメージに対してプラスがなくても、マイナスにもなっていません。「やっぱりか…」という落胆はあるにしても。

>みゃ~さん
コメントありがとうございます。ご指摘の部分は私にも理解できます。ありがとうございます。
今回の試合はホントに良かったと思います。前回と第1回の日本vs韓国やキューバ以上の感動でした。

>あいさん
性質上、日本はまだまだ苦戦を強いられることになるのは分かりますので、それを特に強要していませんし、理解もしています。今回の話が日本代表のイメージに対してプラスがなくても、マイナスにもなっていません。「やっぱりか…」くらいの落胆はありますが。
おっしゃるとおり台湾にもいろんな問題があります。それを考えながらやっていきたいと思います。

>名無しさん
コメントありがとうございます。私もまったくそう思います。ただ今回の話でも別に日本の選手たちを恨んだりしません。たとえば形だけから入るにしても、ちゃんと相手に伝えるならば、きっといつか本音になると思います。

>#-さん
コメントありがとうございます。確かに最近柔道界などを含めて、嘆かわしいことが多くて悲しいです。
日本の選手たちがいつも全力を尽くしているのは疑いないことです。私も尊敬しています。だからこそ、それさえあればな、というのが本音です。前記の陽選手の話もそうですが、ああいう選手を培った日本ですから、ああいう紳士的なところにも見せてほしいですね。

>(二番目の)#-さん
そうですね、私もそんなところかと思います。

>えいじさん
ご指摘ありがとうございます。私としては別に皮肉ではなく、同じ接戦を演じてきた相手として韓国を思い出しただけで、それについての感慨でした。ただご指摘のような読み方を招きかねませんので、それについて私も反省しなければならないと痛感しています。
あと詳しい解説ありがとうございます。相手に直接こういう話を言うと強要に見られても仕方ないかもしれませんが、やはり個人的なスタンスは日本のスポーツマンたちには紳士でありたい思いですね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/03/10(日) 15:07 [ 編集 ]
あまり人様のブログでああだこうだ申し上げるのは気が引けますが
名指しでいただきましたのでちょっと弁解させていただきたいと思います。

>コウ様
そんなにコウ様の意見と中身は違わないつもりだったのにどうして
そのように思われたのだろうと考えてみました。

まぁ唐突でピンぼけと言えばそうなのでしょうが、
一応前コメント残している上で別の?話題というか気付いたことを書いたのですが…。
私としては最初のコメントで母国の日本をどうしてもかばってしまいましたが
(といっても監督のことはかばってませんけど)
後のは「日本のスポーツ界ってこんな感じじゃないの?」という
一般的な日本人論の(そんな偉そうなモンじゃないですが)お話でしかないつもりだったのです。
(こちらのブログにコメントするのも今回が初めてというわけではないので
 kaitoさんなら分かってくれるだろうと(甘え?)普段の調子でかなり
 はしょっているところはありますけど)

実際多くの方が書かれているように「武士の…」というのを引き合いに出すのは
やはり「道」の思想ってのが根強いあらわれじゃないかと思うんです。
なんといってもサムライ・ジャパンですし。(言っててちょっと恥ずかしい)

日本的なその考えと、今回のスポーツマンシップやマナーの話がごちゃごちゃになった結果が
今回の賛否ではないかと思っています。
コメントされてる方だけでなく日本的にその辺が混同されているのではないかと。
(そうとう酷い感情論は論外ですが)

「なんとか道」として礼に始まって礼に終わるって言うときに
今回のことが礼かどうかといわれても、
実際、真っ二つにわかれちゃうんでしょう。
(態度のみで表すのが礼って言う意見もあると思います。)

とまぁ一生懸命こちらもいろいろと思うわけですが、
今回の日本チームは「浮かれすぎてそういう次元ではなかった」気がしますけど。
情けないことに。とほほ。

私の文章が拙いというのが誤解頂いた大部分だとは思いますが、
もうすこし前後を読んで頂ければ私が今回の件で選手や監督の態度をそんなに「良し」として
ないことは分かっていただけたのでは、とも思っています。
もちろんそれでもご理解いただけないかもしれないとも思えますが。

最後にkaitoさま 再三の板汚しどうかどうかご容赦くださいませ。
まそきぃ〜 #-|2013/03/10(日) 17:41 [ 編集 ]
最初にブログの文章だけ読んだ限りだと韓国以下とバカにされているように感じて憤りを感じましたが、コメントを読んでいくうちに言いたいことは伝わってきました

民族なんて関係なしに褒められれば嬉しいのは誰だって一緒のはず
多少面映い気持ちになったりもするでしょうけれど
褒められるというのはとても嬉しいことですよね

台湾の選手陣はそういった意味で監督も含め皆精神的な面で清廉さを感じました
負けても相手を讃えるというのは簡単なようで凄く難しい、それが出来る台湾の人は本当に素晴らしい友人だと思います
お互い良い勝負だったと互いの健闘を讃えるという面は日本も見習うべきところだと思いますね
日本人の寡黙さや口下手さは割とどの面でも出ていて、サッカー選手などもコメントを求められても自己完結のコメントばかりで相手を讃えることはやはりヘタです
政治家なども同様なのでもう少しその辺りの主張などははっきりとしてくれればなぁという思いです

今回のWBCは選手よりファン同士の方が心温まる交流をしていたように思います
見ていただけのファンですが、台湾の方々の優しさや暖かさは心に沁みました
凄く分かる #-|2013/03/10(日) 17:45 [ 編集 ]
言われたいことはよくわかります。自分も機になっていた部分ではあったので。
ただ…… 他の方も指摘されているように日本チームには台湾チームに対して強敵だったという思いはあっても、見下すような事はなかったと思います。
個人的には勝利が決まったあと、ベンチに戻って日本チームの仲間と勝利を喜び合うだけではなく、その後、スタジアム中央に出てきてくれた台湾チームとお互いの健闘をたたえるような場面があってもよかったのではと思いましたね。
ここは私の憶測ですが、国内のプロリーグでばかり活躍している野球選手にとっては国際試合の多いサッカーの選手のような上記の交流は意識になかったのでは? と考えます。

しかし、いくらそういった習慣がないとは言っても、相手チームがグランド中央で礼をしているのだから、日本チームもそれに答えるべきだったのでは? と思いますね。
少なくとも、高校野球まではそれ(試合終了後に中央でお互いに礼)をしているわけですから……

最後に台湾チームは強く、清々しかった。すばらしい試合と感動をありがとう。
匿名希望 #XLfmuhFY|2013/03/10(日) 20:39 [ 編集 ]
「哀しいです」とした方が善かったですね。
「哀しいです」の方が「失望しました」よりも貴公の心情を汲み取る表現です。

遅蒔きながら初めまして。
たまたまネットサーフィンしてて貴サイトに辿り着きました。
(^-^)/
オレは台湾に親近感を抱いています。
2年前の明日に起こった悲劇。
台湾の人々は親身に日本(ニッポン)を助けてくれた。
日本(ニッポン)は台湾の友達になりたい。
ありがとう。
(^-^)/

年収250万円 #qYouaUTw|2013/03/10(日) 20:57 [ 編集 ]
選手達の発言全てを聞けるわけではないですし、TVやネット記事でも
一言一句全てを伝えてくれるわけではないのですから。
「選手達から相手をリスペクトする気持ちが伝わらなかった」と嘆くよりは
「もし真剣勝負した相手を称えるコメントがあったなら、伝えてほしかった」
と考えた方が。
名無しる@ふわさん #-|2013/03/10(日) 21:03 [ 編集 ]
ttp://kaito2198.blog43.fc2.com/blog-entry-1249.html
>台湾チーム不甲斐なさ過ぎる。こんなチームはWBCに (゚⊿゚)イラネ
>これなら韓国に予選突破させるほうがいいじゃね? そのほうが興行にいいし。

僕もあなたに失望しました。
以上
名無しの丼兵衛 #bUOqhcfc|2013/03/10(日) 21:31 [ 編集 ]
初めまして。
投稿された本文だけ拝見したので、もし見当違いなこと言ってたらとは思いますが、
私が監督のインタビュー発言で思ったのは、
監督はやっと勝った事で緊張がとけてホッとしているのと、
次の試合をどうしようかと考えているのと、
それで精一杯な感じがしました。
9回まで負けていましたし、相当気力を使った気がしました。

確か前に台湾にも負けてもおかしくないと監督が言ってたような気が…
そう言う意味では全然同等にしか考えていないと思います。
前回2連勝しているので、今度の監督には相当プレッシャーがあると思いますよ。
あの時の監督に相手を讃える余裕があったでしょうかね。

あと、どのような場面でもそうですが、
日本と他の国では習慣が違うし、個人個人も違います。
それにインタビュー全部が放送されているかも疑問です。
それでなくても、日本の放送、特に朝日とNHK、フジは相当中韓よりなので、
台湾を賞賛する放送をするかどうか?
大体、台湾に関する放映など、殆ど見た事がありません。
それくらい、彼らは中韓に気を使っていて、
例えば中国との間では、中国に不利な報道はできない協定にもなっていますよ。
だから発言があっても、カットされていてもおかしくありません。
また、インタビュアーがいても、そういう発言を招く質問はしないかもしれません。
これはWBCに限らず、全てにおいてそうなんで、
それだけはいつも考慮においておいてもらいたいと思います。
テレビでは、カットされている部分が多く、
発言においてはそれだけで判断されると間違える危険が多々あります。
私はそれを痛感してから、ネットで色々確認するようになりました。
日本の台湾チームへの感想はネットなど、ツイッターfacebookなどで見てもらえれば
よくお分かりかと思います。

いずれにしても、台湾チームの力量はすごいと私は思います。
だから、他の試合でも胸糞悪い試合などと言われるのは、
台湾チームがかわいそうな気がしますね。

日本人には台湾の、特に年配の方が昔の日本を話されたり日本統治時代の事を懐かしく思ってくださったり(東日本大震災の寄付もその方々が大変熱心に行ってくださったと伺っています。人口2300万で200億というのは、普通の善意だけではできないと思うからこそ、そこに台湾の方の思いを感じ、日本人はとても感謝しているのです。)してくださる事にとても感謝している人も多いのです。そしてそこに絆を感じるからこそ、台湾に対しては好意を持っている人が非常に多いですし、台湾の独立を応援している人も多いです。例え台湾政府の尖閣に対する主張があっても、日本人の多くは李登輝さんなどの発言から政府と民間では意見が違うこともきちんと踏まえています。
だから、私達は台湾の人を暖かくお迎えしたいと思うし、誤解があってはいけないからと思って、コメントさせていただきました。





kako #ThM.G0yY|2013/03/10(日) 21:51 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2013/03/10(日) 21:52 [ 編集 ]
>>まるで「底力でなんとかなる」「(ああいうのが)日本の底力」という能天気さ
>>能天気さ
>>能天気さ
>>能天気さ

本当にそうんな風に感じたんですか?
ちょっと信じられない感覚ですね…
これじゃあ何言っても無駄なんでしょうね
#-|2013/03/10(日) 22:00 [ 編集 ]
何回も指摘されているがすべてのインタビューが報道されるわけではないし
きちんと言及している選手もいるのにぐだぐだ言い訳をかましている貴方は見苦しい
な #-|2013/03/10(日) 22:01 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2013/03/10(日) 22:08 [ 編集 ]
>本当にそうんな風に感じたんですか?
>ちょっと信じられない感覚ですね…
>これじゃあ何言っても無駄なんでしょうね

君は韓国人か何か?
管理人は日本代表がベストメンバーじゃない寄せ集め状態なのに底力で何とかできると思っている
ベースボール雑誌者の能天気さに呆れたと言ってるんだよ

正直今の日本代表がベストメンバーだなんて俺ですら思わんし
日本対キューバ戦のふがいなさを見れば底力ってのを一笑に付したくなる気持ちも分かるわ
名無し@もちつけよ #-|2013/03/10(日) 23:34 [ 編集 ]
日本だと相手を称えるとまずいよ
マスコミにコメントを誘導されるんで苦渋の選択をする場合があるけど
それでも相撲界のインタヴューではなるべく言及を避けるなど文化の古いところが残ってるけど
台湾でももしかしたら年配の方なら理解してくださるかもやむ、、
#-|2013/03/10(日) 23:51 [ 編集 ]
井端のコメントを確認されたのなら、せめて記事の最後に付け加えて頂けませんでしょうか?
これでは、ただ日本に対するネガティブキャンペーンを行っているようにしか見えないのですが…。
奈々 #5XrOZ5hQ|2013/03/10(日) 23:54 [ 編集 ]
外国の方には理解が難しいかもしれませんが、日本人で部活などで対戦スポーツを経験された方はわかるでしょう。
鎬を削り、死闘を尽くして戦った相手が負けた時、直接もしくは間接的にでも声は掛けにくいものです。
逆に、自分が負けて落胆している時の相手の言葉はとても辛く感じるもの。
相手を思い計る「武士の情け」です。
口には出しませんが、戦ったもの同士にしか分からない尊敬の念はしっかりと持っていると思いますよ。
でも、国際試合で「武士道」は通じません。
礼節を重んじる日本人なのですから、国際的な礼儀も身につけなければいけませんね。
春弥 #.//Hucbg|2013/03/11(月) 01:12 [ 編集 ]
ブログ主は金があり安全な日本は好きだけど日本人嫌いなだけだよ。
過去のブログ見ればわかる。日本は特異な文化だから外人が馴染めないのは仕方ない。
#-|2013/03/11(月) 02:04 [ 編集 ]
そもそもそれはそういう部分を流さないマスコミに苦言を呈するべきでは?

#-|2013/03/11(月) 03:08 [ 編集 ]
>まそきぃ〜さん
ありがとうございます。後日にメールにてまとめて返信します。

>凄く分かるさん
ご理解ありがとうございます。私も日本の方々の優しさや暖かさにとても感激です。
一部のインターネットメディアが「日本メディアが台湾と呼んでくれた」と報道したそうですが、それについて私個人もとても感謝です。

>匿名希望さん
ご理解ありがとうございます。
よく考えてみたら、台湾とあのような熱戦を演じてくれた日本の選手たちにそのような言葉で形容したのは実は不適切なんじゃない?とも思いました。確かにそのように感じた方もいますので、この場を借りて謝ります。
ただ、多少残念というか心残りがあるのは事実でした。

>年収250万円さん
ありがとうございます。そうですね、自分でも言葉が走ってしまった感触があります。ただ私として、決して日本の方々を否定するような言い方はしませんでした。震災の件に関してはすでに別の方に対する返事で言及しましたので、ここで省略させていただきますが、私個人としても台湾と日本が良い隣人だと思い、これからもそうありたいと願ってやまないのです。

>名無しる@ふわさんさん
ご指摘ありがとうございます。そうですね、まったくそう思います。

>名無しの丼兵衛さん
そうですか、残念です。
あの試合でのある人に対して憤慨で発したものですが、確かにチーム全体に対する暴言だと認めます。
ただそちらがどう受け取ってもかまいません。

>kakoさん
暖かい言葉ありがとうございます。再三言いますが、日本の皆さんには感激ですし、今回東京ドームでの熱戦を目撃できてよかったと思います。ほかの方にも解説してくれましたので、別に変なわだかまりが残すわけではありませんのでご安心ください。
むしろこのような私にこんな親身になってくれる皆さん方々に感激です。この場を借りて感謝の意を述べます。

韓国戦の台湾チームに対する暴言は、確かに失言でした。あれだけ国を挙げて「韓国に勝ちたいよ」という悲願の連呼ばかりの挙句、疑問のある采配、負けても精神論で擁護一色の言葉しか言わないコメンテーターやファンなどに、とても嫌気が差したのです。
だからといって、もちろん暴言を言ったのは100%自分のせいですが。

>なさん
追記を読んでください。

>名無し@もちつけよさん
代りに説明してくださってありがとうございます。

>#さん
相撲は私も見ますが、まあ日本のスポーツ界ではそうですね。

>奈々さん
ご指摘ありがとうございます。両方の記事に追加しました。

>春弥さん
私は別に日本の選手は礼儀がないと思っていません。ただ仰るとおり、せっかく日本の選手たちがこれだけ素晴らしいプレイをしてくれました以上、相手に対する気持ちをちゃんと伝えないととてももったいないところもあるかと思います。それこそ台湾相手に対してじゃなくても、そうあってほしいですね。

>#さん
残念です。そうではありませんでした。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/03/11(月) 03:21 [ 編集 ]
kaitoさんの言っていることは、
日本球界が知るべきことだと思います。

他の競技であれば日本人も、
相手を褒めていますから、
野球だけは褒める習慣が無いというのは、
詭弁かも知れません。

WBCの性質上、
思いを言葉で表すのが難しければ、
台湾代表がなされたように、
一礼するとかあればと思います。

関係ない話になりますが、
日本対台湾、
あえて僕は見ませんでした。

一緒に見るはずだった台湾人が、
残業することになったから、
僕も残業したため見ませんでした。
台湾人が他人だとは考えられない、
無給でも一緒に残業した日本人です。

僕は試合を見ませんでしたが、
今回のWBCで日台関係は、
更に強くなったと思います。

台湾人から日本人の印象を聞いたら、
お辞儀が好きそうと言われました。

日本代表は、
台湾代表のように、
お辞儀=一礼、
これをやるべきだったと僕は思います。

試合を見なかったくせに、
偉そうなことを言っていたら、
許して下さいm(__)m
嬰臨 #kwn6jd/6|2013/03/11(月) 03:58 [ 編集 ]
台湾に対するリスペクトが無かったのは残念ですね。
結局、かつて日本が台湾を植民地支配して、台湾の人々を苦しめた時と何も変わっていないのだと思います。
傲慢で上から目線。それが日本人の本質なのだと思います。
かなこ #3Wj3j3b2|2013/03/11(月) 09:05 [ 編集 ]
うーん、言葉で表す事がすべてではないのではないでしょうか。
「勝ってよかった」これはギリギリの戦いだったからこそ、安堵から出た本音なんじゃないですかね?
そこからいかに相手の強さと勝利の辛さがあったか推し量る事ができると思いますよ。

あなたの仰ってる事、わからなくもないです
賛辞を送る事はそれはそれで素晴らしい事だとも思いますし
でも、これはあくまで国際試合における真剣勝負なのですから
勝者と敗者の明暗は分かれるものです、そうでなければ真剣勝負など無意味です。

私からするとあなたの論調は、リップサービスをしろと言ってるように聞こえます。
彼ら(両チーム選手&監督)はトップアスリートです、プロフェッショナルです、そして交流試合ではありません
ならば彼らの役目は一つしかありませんよ。

私も台湾とは友好的でありたいと思っています
が、あなたの発言は残念ながら、私には真剣勝負の場に馴れ合いを求めているようにしか見えないのです。
匿名希望 #-|2013/03/11(月) 09:12 [ 編集 ]
全部を通してみればいいたいことがきちんと伝わる内容ですが、
どうも最初の「日本に失望した台湾人」と言う印象を広めようと、
日台の友好に嫉妬した方々が2ちゃんねるのあちこちのスレにココのURLを張り付けているようです。
それに乗せられてしまった幼い日本人(少し上の方にあるコメントの日本帝国さんとか)などもいる様子。

何らかの対処をされたほうが良いかと。

最後に一言。
今後、若い第二・第三の王建民が育って、日本野球とお互いを磨き合う交流ができて、また今回のような熱い試合を観戦できる事を一野球ファンとして願います。
いちげん #-|2013/03/11(月) 10:17 [ 編集 ]
今回のWBC日本代表はかなりのプレッシャーを受けていたようなので勝った時にホッとした気持ちが強く相手を讃える余裕が無かったのかも知れませんね、既に書いてありますが試合後はちゃんとコメントしてましたし。
#JalddpaA|2013/03/11(月) 11:01 [ 編集 ]
確かにこの発言は一理有るが、多少は日本の事情も察して欲しい。

まず、一つには日本のマスコミは偏向しているという事。在日朝鮮人が多く紛れ込む現状では、韓国が勝ち上がれなかった事に不満を持ち、その責任が台湾に有るとする機運が有る。台湾を讃える発言が有ったとしても、「報道しない自由」を行使して、視聴者からその発言を隔離している場合も有る。

二つ目は、日本のチームは、純粋な日本人だけでは無いという事。増して、「唯の野球馬鹿」だけで社会的な常識さえない選手も居るという。

試合後に台湾チームがグランドに出て日本の観客に応援の感謝をしたにも関わらず、日本チームは全くなし。むしろ日本チームこそ、終電間近まで必死で応援してくれた観客に感謝すべきと思ったけどね。

まぁ、選手の発言はともかく、多くの日本人は台湾チームの強さとスポーツ精神溢れる行動に感激したのは間違いない。

そういう観点から今回の試合を見てはいかがでしょうか?。
( ´Д`)yー~~~煙草ウマー #B/Co7ykw|2013/03/11(月) 11:27 [ 編集 ]
監督や選手が台湾にたいする台湾を称える気持ちがなかったてことはないと思います。実際には言っていてもメディアにカットされてる可能性もありますし、お気持ちは分かりますが、目に見えるものだけで判断しないでいただけると嬉しいです。事実として、昨日日本代表はオランダに16点の大差でコールド勝ちをしましたが、そのとき監督もそうですし皆が「台湾戦のおかげ」といっていました。本当に台湾が強く、そのおかげで日本人選手が影響を受けたと考えるべきだとおもいます。台湾戦により、多くの日本人がいままでより台湾のことが好きになったと思います。台湾の強さも台湾の相手を敬う気持ちも心より素晴らしいものだと思っています。ご理解していただければ幸いです。

名無しさん@ニュース2ch #-|2013/03/11(月) 11:47 [ 編集 ]
あなたの記事が韓国の人たちに利用され、台湾人を日本人が嫌いになるように台湾人が日本人を嫌いになるように誘導されています。このブログのurlをあちらこちらに貼られ、日本人の感情を煽るように使われています。日本人は、台湾人のことが好きです。こないだの試合でほんとうに台湾はすばらしい国だと実感した日本人は多いと思います。あなた個人が不満におもったことは多々あるとはおもいますが、まずはそこだけを信じてはいただけないでしょうか。不快な思いをさせてしまったら申し訳ありませんでした。ただあなたが利用されているのが辛かったのです。
なお #BFJTYZbE|2013/03/11(月) 12:48 [ 編集 ]
深夜と同じで、
日本の選手は少年野球なり高校野球で、
試合が終わったら一礼をやるから、
当時のようなにやるべきだと思います。
ただ他の方も言っているけれど、
日本の野球は全体が古いためか、
紳士的な選手=紳士的な日本人は、
あまり居ない気がします。


あと台湾の方々には難しいかと思い、
記載しないでおいたのですが、
このスレだけを見ても、
韓国人や朝鮮人がkaitoさんに、
文句を言っている箇所があります。

日本人には台湾人に並々ならぬ感謝があり、
kaitoさんを含む、
台湾人に文句を言う人の中には、
韓国人なり朝鮮人がいると、
疑って下さいませ。

義援金のことを知らない日本人、
という可能性もありますが、
この件は日本人として御免なさい。
嬰臨 #-|2013/03/11(月) 13:18 [ 編集 ]
連続投稿でスミマセン。
以下は長くなりますが、
野球を超えた範囲内で役立てば幸です。

先ず在日韓国人と在日朝鮮人について、
念のためにフォローさせて下さい。

日本で生まれて日本で育った、
在日韓国人や在日朝鮮人は、
国籍は違っても考え方は日本人です。
変なことを言ったりするような、
在日韓国人や在日朝鮮人を嫌って、
日本人に帰化する方々が居ます。

ヤフーとかを見ると、
台湾人に対して英語で文句を言っている人が、
居ますが彼らは在日ではない、
現地の韓国人と見なして間違いありません。

しかし、
ネットで文句を言う韓国人=ネチズンは、
一般の韓国人ではありません。
一般の韓国人は極めて礼儀正しく、
変なことを言ったりしたりしません。
これは日本人にも当てはまります。
ネットで文句を言う日本人=ネトウヨ
と言います。

現地の韓国人の中には、
台湾人のように、
日本人のお蔭で韓国があるのだと、
深く認識している韓国人も居ます。

変なことを言ったりしたりする、
現地の韓国人は韓国政府に騙されている、
つまり犠牲者です。
日本を恨むことによって国力を上げる、
こういった狙いがあることは、
韓国の大学教授や新聞記者が語っています。
しかし彼らのうち何名かは海外に、
行かれません。
真実を世界に暴露されるのを恐れ、
海外に出られない現実が韓国にはあります。

そうは言っても解決は困難です。
現地の朝鮮人は分かりませんが、
現地の韓国人と在日韓国人と在日朝鮮人は、
日本人どころか台湾人にとっても、
迷惑な存在になりかねません。
彼らのことは放っておいて下さい。
彼らは韓国政府の犠牲者です。
日本人と台湾人の敵は韓国政府です。

僕は大学院を終えて、
現在は日本人を含む、
台湾人や韓国人に講義しています。
だからkaitoさんには、
一般の日本人より新鮮な声を、
届けられると思います。

日本の野球選手の中には無礼者が居る、
韓国は真実を暴露されるのを恐れている、
海外に出られない韓国人が居る、
現地の韓国人は韓国政府の犠牲者である、
日本と台湾の敵は韓国政府である。

困った話です(>_<)
嬰臨 #-|2013/03/11(月) 15:17 [ 編集 ]
日本vs台湾戦 とてもいい試合でしたが
反日精神は忘れてないということはちゃんと伝わりました
次回大会もあなたの大好きな韓国を力一杯応援してあげてください
ASUSいいよー #-|2013/03/11(月) 15:47 [ 編集 ]

>かなこさん
お言葉ですが、それはごく一部の人だと思います。ほとんどの人は根は良い人だと思います。

>匿名希望さん
ご意見ありがとうございます。
アスリート的から見ても興行的から見ても、せめて相手の一礼を見たいのはおかしいことなのでしょうね。馴れ合いとしか見えなかったのは残念です。

>いちげんさん
コメントありがとうございます。今回の経緯は私も多少知っていますが、こちらが誠実に対応するまでのことです。
対応は正直自分も困ってますが、とりあえずブログは数日後通常運行に戻るつもりです。

>( ´Д`)yー~~~煙草ウマー さん
コメントありがとうございます。今回の試合自体はすばらしかったと私も思います。
ご指摘の件は私も薄々と感じました。上の陽選手の話もあって、私としては自国や相手国のファンに対してもそれが当たり前だと思いましたが、勝利のあまりの喜びにちょっと配慮が足りなかったことに残念だと思いました。

>名無しさん@ニュース2ch さん
ありがとうございます。日本のファンの方々の称賛にとても感激ですし、日本のあまりの高得点に笑いましたが、やはりとても嬉しかったんです。

>なおさん
コメントありがとうございます。まあ経緯さえ知れば平気です。数日後には平常運行に戻るつもりです。

>嬰臨さん
貴重な話ありがとうございます。「一礼するとかあれば」というお言葉は、こちらの言いたいことをすべて代弁してくれました。これについて、まずお礼をさせてただきます。また上の( ´Д`)yー~~~煙草ウマー さんの話に合わせて、まさにそこにいささか失望を隠せなかったところでもあります。
日本の国民的英雄である王貞治氏はまさに古き良き時代の野球人ですが、彼のような振る舞いはまさに野球人の手本です。あれには憧れてますし、ああになりたいとおそらく台湾の野球選手は皆そう思っています。そして彼が台湾の日本野球に対する理想的なイメージのように捉えています。
私個人も韓国の友人がありますので、わかってるつもりです。ネットは性質上こういうものだと理解していますので、特に気にしていません。

>ASUSいいよーさん
そのような読み方しかできないことに残念です。あと、確かにASUSが良いですね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/03/11(月) 16:04 [ 編集 ]
ご理解を頂き嬉しいです。

コメントを投稿する時に、
まさしく王貞治さんのことを思いながら、
文章を作っていました。

今回のことは、
明らかに日本代表の欠陥です。
他の方は言葉に出すことが全てではない、
と言っていますが、
これは、
『言わぬが華』
という日本人のための教訓に過ぎません。
台湾人や諸外国人に理解を求めるのは、
筋違いでしかありません。
武士の情けという話もありますが、
野球に武士の情けが介入できるのは、
日本国内に限られるでしょう。
WBCで通用する話ではありません。

しかも僕が上で言ったままですが、
他の競技で日本人は敗者に、
言葉で敬意を表しています。

改めてWBCの性質上、
言葉で敬意を表すのが難しければ、
一礼したら如何かと考えるばかりです。
武士の情けがあれば、
一礼くらいせよと僕は思います。
反日の張芸謀監督による『英雄』、
互いに果たし合いでありながらも、
一礼から始まる姿を見て、
一礼こそ美しい姿だと教わった気分でした。

僕の知り合いにはスポーツ記者も居るので、
近日中に報告いたします。
嬰臨 #-|2013/03/11(月) 18:03 [ 編集 ]
これはホントに一理どころか百理ある
まだ勝ち残って再戦もあるから、という考え方もあるみたいだけど、
相手に対して礼を尽くさないのはスポーツやってる人間としてあるまじき行動ですね
その分台湾の選手の僅差で負けても最大限の礼を尽くした行動がかなり引き立ってましたが・・・(苦笑)
国際試合での礼もわきまえられないならいっそ勝ち上がってきた台湾に今度はコールドでボッコボコにヤラれて身の程弁えて欲しいとすら思います

台湾も勝ち上がってこれるといいですね
もう一度あの手に汗握るような試合を見れる事を楽しみにしてます
名無しさん@ニュース2ch #-|2013/03/11(月) 18:44 [ 編集 ]
>嬰臨さん
いろいろ問題も抱えていますが、野球は日本にとっては胸を張って誇れるものだと思いますので、試合に通じて日本の素晴らしさを伝えられると信じています。

張芸謀監督のその映画は残念ながら見たことありません。昔はとてもいい映画を撮りましたが、近年の映画はイデオロギーまみれで、さすがに見るに耐えないと感じました。

>名無しさん@ニュース2chさん
コメントありがとうございます。特にこの件で日本や日本チームを嫌いになりませんが、上の方も言ったとおり、せめて一礼がほしかったんです。日本をボコボコできる相手としてキューバさんは最有力でしたが、二度もオランダに破られましたから、おそらく今回はもうそんな相手はいないでしょうね(苦笑)。それにしてもびっくりですね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/03/12(火) 03:39 [ 編集 ]
千里走單騎の次の映画、
滿城盡帶黃金甲から、
副題にflowerを多用するようになり、
つまり中華思想を訴える映画が、
増えたと痛感しました。
そのためか日本人も張芸謀監督から離れ、
台湾の李安監督の映画だけを見る人が、
増えたと感じます。

金陵十三釵は張芸謀監督が、
過去と現在において最も力を入れた、
その割に中国人でも分かる間違いはあれ、
渾身の力作だと考えられます。

日本では公開されなかったから、
僕はyoutubeで見ました。
現在の僕は単なる娯楽だと思うことで、
精神的な苦痛を受けずに見られますが、
これは僕が変わり者だからでしょう。

ただ、
僕の強烈で一方的な我儘ではありますが、
台湾の方々にこそ大きな心で、
様々な物事を見聞して頂きたいのです。

日本人が日本人らしさを失い始め、
特に中国と韓国を目の敵にして、
的外れな理由によるデモを起したり、
ネット上で騒いでいます。
今回の日本代表だけでなく日本人さえも、
変わって行っていると思います。

尖閣問題で馬英九総統は、
日本を徹底的に否定しますが、
別に馬英九政権下で日台の関係は、
悪くはならなくとも善くもならない、
日台関係の更なる発展は、
蔡英文氏に期待しているから、
馬英九総統に対して、
僕は言いたいように言えば結構です。
しかし最近の日本人は、
友好国であれ日本を否定したら、
一気に態度を変えてしまいます。
台湾にさえ喧嘩腰になってしまいます。

李登輝氏の言葉だからかも知れませんが、
台湾保釣協会は友好的な態度に変わった、
しかし常に情報を受信する日本人は、
減ってしまったのか、
こういった堅い話には耳を塞ぎます。
野球とかサッカーの方が分かり易く、
楽しいのは確かですが、
このスレにも居るように、
とにかく文句を言いたい輩が増えました。

台湾人こそ大人の態度を示して、
日本人を含む諸外国人に、
現代的な侍の姿を教えてやって頂きたい、
そう思って頓珍漢な野球と関係ない話を、
長々と続けてしまいました。

さて午飯の時間がやって参りました。



嬰臨 #-|2013/03/12(火) 12:21 [ 編集 ]
食事を終えて、
日本プロ野球機構その他に、
試合後の一礼はさせるよう伝えました。
真摯な対応で配慮が足りず、
申し訳ありませんとのことでした。
嬰臨 #pwhI1KcU|2013/03/12(火) 13:53 [ 編集 ]
>嬰臨さん
コメントありがとうございます。
>様々な物事を見聞して頂きたいのです。
肝に銘じます。

国の話に対しては私も同じスタンスです。
いろいろと残念なところもあるかもしれませんが、これからもご指導よろしくお願いします。
それからいろいろお気を配っていただいて、誠に感激でございます。

>Tさん
コメントありがとうございます。
わざわざ作品の言葉まで待ちこんで恐縮ですが、削除させていただきました。
申し訳ございません。アドバイスとして受け取ります。



それから秘密コメントで送ってくださった方々、ありがとうございます。多大な励みになりました。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/03/12(火) 14:05 [ 編集 ]
韓国が台湾を賞賛記事なんて1つも見なかったけどなー。

台湾が寒かったからダメだ、台湾の球場の設備が悪い、台湾の料理が悪い、開催国だったから勝てただけだ。とかの韓国メディアの記事しかみなかった。

そういう韓国を絶賛したいんだったら、それでいいけどさ。
名無しさん #mQop/nM.|2013/03/13(水) 02:29 [ 編集 ]
別に絶賛していませんけど?
ごく一部ですが、台湾のメディアはちゃんと韓国チームの声を伝えましたよ。
韓国メディアはそりゃもう苦笑しかできませんが。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/03/13(水) 03:19 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1252-1c291f96

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.