富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

最近の富野情報

2013/02/22 01:29|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 最近の富野情報
 なんか最近の富野由悠季監督に関する情報の流れが速くて、なかなかついていけませんので、もう最速報を諦めて、大人しくリンクや記事の保存を徹します。



1、デジモノステーションで細田守監督と対談

 これで「本気度がイデオンに匹敵する作品を作った監督」は細田氏で確定ですよな。個人の知っている限り、富野監督が年下の演出家にこれほどの評価を下したのは細田氏ほか、原恵一氏しかありませんでした(、と思う)。

『ガンダム』富野監督、細田監督『おおかみこども』を絶賛「アニメの枠を超えた」 (細田守) ニュース-ORICON STYLE-

「もはやアニメの枠を超えた」と絶賛

「作者であり監督は、そこまで意識していたかどうか。手法を追求していったらこうなったのかも知れない」と、細田監督に対しても関心を寄せていたことから、同作のBlu-ray&DVD化(発売中)を機に今回の対談が実現した。

「誰でも経験するようなごく当たり前の話を、上手にアニメのメタファーを使うことで、とても見やすい長さでまとめている」と話し、「悔しいけど、細田監督はものすごくできるようになったなと思いました」と評価。本作のモチーフが普遍的であることや、“映画の公共性”についても触れ、「『おおかみこども~』はこれから10 年、20 年後の評価や認知は、今よりもはるかに高くなると信じています」と太鼓判を押した。

 「できるようになったな」はポイントですね。

富野由悠季監督、細田守監督と初対談! 『おおかみこどもの雨と雪』を絶賛 | ホビー | マイナビニュース

富野由悠季:細田守と初対談 「アニメの枠超えた」と改めて大絶賛 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

デジモノステーション 2013年 04月号 [雑誌]デジモノステーション 2013年 04月号 [雑誌]


エムオン・エンタテインメント 2013-02-25

Amazonで詳しく見る by AZlink

おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]
宮崎あおい,大沢たかお,菅原文太,細田守

バップ
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る by AZlink



2、3月31日明治大学「宇宙社会学への入門」「未来社会構造シンポジウム 『進歩時宇夢』」で講演

 「2013年3月31日(日)に、明治大学駿河台キャンパスリバティタワー1Fのリバティホールにてシンポジウム『未来社会構造』を開催いたします。『宇宙』をテーマに、それに関わる動向をゲストの方々に議論して頂きます。入場は無料です。」とのことです。

Symposium | Constructing The Future Society

「未来社会構造シンポジウム 『進歩時宇夢』」は、2013年3月31日(日)に、明治大学駿河台キャンパスリバティータワー1Fのリバティーホールにて開催されます。入場無料です。
詳しいプログラムは2月中、こちらに掲載いたします。

趣旨:
最近の若者に欠けているとされているもの、それは「夢」、「希望」、「モチベーション」と、無関心社会と見なされた日本を新たに作り直すために は、そのキーフレーズは「復興」ではなく、「再構築」でありたい。Social Entrepreneurshipの出発点から若者が自ら新しい日本を開拓できるように、あらゆる分野の専門家を集め、日本が再び輝かせる、これまで前例のなかった宇 宙関連のビジネスやベンチャー、または社会活動を紹介していただく。最近数多くの出版物や報道で取り上げてきた宇宙ビジネスのポテンシャルを景気に、もは や「宇宙」を遠い領域ではなく、社会と親密に結びついている新たな可能性の場であること、そして今の若者がもたらす未来の鍵を握っていることを、「個」を未来に 向けて育てる明治大学を舞台に、多くの方に理解していただきたい。
当日は、幅広い専門家が集まることによって、新たな参加型の議論の場を作りたい。学生も含め、文理問わず、異なる背景の人々が意見を交わしてこそ共通の応えが目に見えてくるであろう。私たちの未来はどうあるべきかは、皆で考えましょう。

講演者(予定):
James R. Bowers (明治大学商学部)
蛭川立 (明治大学情報コミュニケーション学部)
岡田浩樹 (神戸大学国際文化学研究科)
磯部洋明 (京都大学宇宙ユニット)
Jim Pass, Ph.D. (Astrosociology Research Institute 宇宙社会学研究会(米))
Christopher Hearsey (Astrosociology Research Institute 宇宙社会学研究会(米))
富野由悠季 (アニメーション監督、京都精華大学客員教授)
松本零士 (漫画家、宇宙少年団理事)
斎藤紀男 (JAXAきぼう利用フォーラム)
吉岡奈沙 (SDF:宇宙開発フォーラム)

 入場は自由で無料だそうです。詳しい情報は上のリンクにある公式サイトをご覧下さい。

 あと、公式twitterアカウントもありますが、こちらも時々ツィートするそうです。

宇宙社会学 明治大学 (Astro_sociology)さんはTwitterを使っています

当日は、ゲストで、明大の蛭川立さん、京大宇宙ユニットの磯部洋明さん、神戸大学の岡部浩樹さん、京都精華大の富野由悠季さん、JAXAきぼう利用フォーラムの斎藤紀男さん、学生団体SDF(宇宙開発フォーラム)の吉岡奈沙さん、そして漫画界の巨匠、松本零士さんなどをお招きいたします。

 なんで富野は京都精華大教授で、松本は漫画界の巨匠になるのですかね。



3、2月20日読売夕刊対談のこぼれ話

本棚7

 公式ブログで紹介された対談以外のこぼれ話ですが、正直紙面に掲載されてる対談自体よりオススメな内容です。

豪華ガンダム鼎談を開催! : popstyleブログ : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

こんにちは!寒い日が続きますね~。そんな寒い中、ホットな鼎談を開催いたしました。
その名も「ガンダム鼎談」であります。
ファーストガンダムと呼ばれる「機動戦士ガンダム」シリーズの富野由悠季総監督、「ガンダムUC」のストーリー担当をされておられる作家の福井晴敏さん、そして、ビジネス本「僕たちはガンダムのジムである」で注目を集める常見陽平さんの豪華お三方です。
同じ部のガンダムファンも「よくぞ実現できた!」と感動してくれた鼎談なのですが、
実は藍ママ、どちらかというと「Zガンダム世代」でして、今回の鼎談にはびくびくでした。
「そんなんでよくできたね」と周囲のガンダムファンから呆れられたのも事実。
しかし! 記者がそんな情けないことを言っていてはいけないのであります。
(中略)
「ALL ABOUT」はとても大きなコーナーなのですが、それでもとても収まりませんでした。ブログでは紙面に書けなかったお話なども載せたいと思っております。


僕たちはガンダムのジムである僕たちはガンダムのジムである
常見陽平

ヴィレッジブックス
売り上げランキング : 13031

Amazonで詳しく見る by AZlink


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1245-1da65f30

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.