富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野由悠季と挿入歌(1)

2008/08/08 23:03|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季と挿入歌(1)
今人気のアニメといえばタイアップですが、昔はそうではなかった。
アニメは完全に子供商売と見なされ、大した注目にも集められませんでした。
藤原誠みたい二足のわらじを履く人もいるけど、
やはりアニメで宣伝のような売り方はいなかった。
が、一つのアニメがすべてを変わった。
それが『機動戦士ガンダムⅠ』です。
(注:かなり乱暴なまとめ方です。文句をしないでください)

詳しい状況は省略するが、
とにかくサンライズと名古屋テレビと松竹とキングレコードがいい連携プレイをして、
レコードをバカ売れさせた。
それ以来、レコード会社もアニメ視聴層潜在の消費力を気づいて、
だんだんアニメのオープニング、エンディングや挿入歌に手を伸ばすようになってた。
つまり、そのビジネスモデルを作った『ガンダム』の監督、
富野由悠季もまたそういう状況に作った一人なんです。
おかげさまで、糞タイアップ作品に合わない気がしないでもないタイアップも増えていて、
正直時々ちょっと嫌な気分をします。
が、今日の話題はタイアップとかじゃなくて、富野と劇中歌の関係に絞りたいと思います。


ご存知の通り、富野アニメにはいろんな劇中歌が出てきます。
ファーストの『いまはおやすみ』やZの『銀色ドレス』はもちろん、
Vにも『ひなげしの向こうに』や『いくつもの愛を重ねて』などもあり、
最近だと∀の『宵越しの祭り』やキンゲの『ミイヤの歌』などが印象深いです。
大変音楽に恵まれてる富野作品ですが、劇中歌にもまた例外がありません。
コスモスに君と』、『カンタータ・オルビス』、『MOON』、『月の繭』など、
優れる作曲家の歌に劇中な神懸かりな使い方を加えて、
それらによって心動かされる人もかなり多いはずです。
が、富野は果たしてこんなに劇中歌をうまく使いこなしたのか、
ここでもう一度検証しよう。


まずは名曲で迷曲の『シャアが来る!』。
これの使い方はまさに滑稽としかいいようがない。
何せシャアが散々アムロにやられてるのに、「シャア!シャア!シャア!」って、
シャアをバカにしてもいいかげんな使い方でした。最悪です。
少なく伝えたいものが完全に伝えなかったような気がする。


次は『いまはおやすみ』。これはもう完璧としか言えません。
36話終盤はもちろん、アムロとララァの交感などは演出と相まって、
まさにアニメ史上もっとも美しいシーンだといえます。
ここの使い方はいい。


次は『イデオン』の『コスモスに君と』。これも完璧。
べスと両親の別れ、キッチンの死といったシーンに完璧ハマって、
もう美しくて美しくて、言葉などもいりません。


次は『カンタータ・オルビス』。
これもアニメ史上もっともすごいシーンの一つです。
説明など要らないのです。


微妙に順番ズレですが、気にしない。
風にひとりで』。
これは砂漠の風景と一緒に視聴者のなかに入って、
アムロの辛さを伝えてきたのです。
これもいい。


哀戦士』。
ほとんど褒めるところしか聞いたことがないこの曲ですが、実は使い方に大いに不満です。
なるほどジャブロー降下に不可欠な曲ですが、途中で何度も途切って、
正直いって、そんなにいいとは思いませんでした。
ここの使い方を聞いて、ひょっとしたら富野は歌曲を単に
BGMとしか見えないじゃないの?とも思ったりします。


次は『Believe』と『めぐりあい』。
これもまたいい使い方をした。
どの曲も2回ずつ、しかもクライマックスで使う。完璧。


次は『ザブングル』の『HEY YOU』と『わすれ草』ですが、
どっちも無理やり尺を切って、かなり悪い使い方をしました。
この人はひょっとしたら挿入歌を使うのが下手かな?とさえ思う。
でも、最終話の『HEY YOU』はよかったと記憶するが…難しいな。
GET IT!』。これもいい。『わすれ草』とのコンボはかなり効くです。


次は『ダンバイン』の『水色の輝き』。
この曲は確か2回か3回しか使わなかったが、どれもシュールで、
無理やり入れさせた感じが感じられます。
一回はシーラ様との出会い。一回はバーンの男泣き(笑)。
どうでもいいけど、あのバーンの姿に惚れたな。


青のスピーチ・バルーン』。この曲は4クール以降の冒頭で使われたのですが、
やはり尻切れで、曲を堪能することができませんでした。



思ったより長くなったので、二回分けをします。
なお、エルガイムはまた見終わってないので、ここで飛ばします。


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/122-612275f1

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.