富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

井荻麟作詞論 第1回「行け!ザンボット3」

2012/12/30 03:38|井荻麟関連TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 井荻麟作詞論 第1回「行け!ザンボット3」
 突然ですが、今日から「井荻麟作詞論」という富野由悠季監督の作詞について評論する記事を始めたいと思います。何年をかけて100回くらい書く予定です。よろしくお願いします。

 ひとこと作詞と言っても、結局アニメ映像や音楽などの要素に絡むものですが、ここではそれらの要素を極力抑えて、できるだけ作詞そのものにフォーカスしたいと思います。まぁ、どのみち初めての試みなので、書きながら模索したいと思います。



 それでは、今回は第1回としてテレビアニメ『無敵超人ザンボット3』のオープニングテーマ「行け!ザンボット3」を語りたいと思います。

 まずは、歌詞の紹介から始めたいと思います。あの団体からの請求を避けるために、歌詞の全文引用は控えます。どうかご自分で見つけてください。ネット上ではいくらでも探せるものと思います。

行け!ザンボット3
作詞:日本サンライズ企画室/作曲:渡辺岳夫/編曲:松山祐士/
歌:堀光一路、ザ・ブレッスンフォー、ザ・チャープス

 ザザンザーザザン ザザンザーザザン
 ザザンザーザザン ザザンザーザザン
 ザンボット3 ザンボット3
 ザンボット3 ザンボット3 ゴー

 巨大ロボットアニメの全盛期で作られた作品の主題歌だけあって、非常に正統なロボットアニメソング的な歌詞とはいえる。

 当時のロボットアニメが販促アニメと言われたように、絶対不可欠なのはちびっ子視聴者に対して「子供が憧れそうな強いロボット」というセールスポイントを絶えずアピールすることだ。

正義の姿 巨大ロボット
その名も 我れらの ザンボット3
戦え 我れらの 我れらの 仲間


 そしてこの至上命題が、歌詞にも現れている。Bメロに出てくる「巨大ロボット」「我れらの」「仲間」などの言葉や、サビの主役メカの名前連呼が、これまでのロボットアニメのセオリーを踏まえていると言える。



 次は、主役メカのザンボット3が三体合体のため、Aメロでは「愛と勇気と力」や「海と山と大空」で見かけたように、歌詞には3つの単語の並列がよく出てくる。

 また、「3つのメカがひとつになって」という詞には、メカの特徴を表しながら、主人公たちパイロットは三人が力を合わすイメージを視聴者に伝える意図も感じられる。

愛と 勇気と 力とが
静かに 眠る 海の底
飛び立て 飛び立て 飛び立て
3つの メカが ひとつに なって


 これらの歌詞は同じく3体合体の『ゲッターロボ』に比べれば、非常に似たような構造を持っており、三体合体ロボットのセオリーを踏まえていることは自明のことだ。

三つの心がひとつになれば
一つの正義は百万パワー

三つの心がひとつになれば
一つの勇気は百万パワー

三つの心が一つになれば
一つの理想は百万パワー

(永井豪作詞『ゲッターロボ!』)

 ただし、これらの単語自体には特別な意味を持てず、あくまで格式を揃うためのものであって、作品中の実際のキャラやストーリーを象徴する意図が薄いと思われる。



 以上を読めばわかるとおり、「行け!ザンボット3」という作詞はほとんどセオリーを踏まえて作られているが、一つ興味深いのは、「宇宙」という言葉に対する捉え方だ。

 今でこそ「ロボット→宇宙」という発想が非常に当たり前なものになっている、この歌詞が作られた当時では、ロボットアニメの主題歌は意外にも「宇宙」を言及するものが少なかった。たまに見かけても、大抵特に意味がないフレーズとして書かれたことがほとんどで、本格的なものでいえば、『惑星ロボ ダンガードA』の主題歌くらいだった。

 しかし、「行け!ザンボット3」の歌詞のなかでは、「広い宇宙へ翔いて行け」という簡単ながらも具体的描写が出てくる。オープニングのアニメ映像に相まって、単に一フレーズとして処理するのではなく、宇宙そのものを描きたい意図が感じられる。

広い 宇宙へ 翔(はばた)いて 行け


 『ザンボット3』という作品は実際8.5割以上の話が地球を舞台にする点を考えれば、実に興味深い話だ。

 もちろん、歌詞ではラスト3話の舞台は宇宙であることを意識しているであろう。また、海・山・大空と来れば、最後は「宇宙」になるのが当たり前であることも考慮に入れたい。

 しかし、のちの監督作品に見られたように、監督の富野喜幸が「宇宙」に対するただならぬ興味や憧れを考えれば、この曲に「宇宙」というフレーズが出てくるのも、ひょっとしたら偶然ではないかもしれない。



 ところで、この詞の作者が井荻麟であるかどうかについては異論があります

 実際のクレジットを見れば、2012年の現在では「日本サンライズ企画室」という名義となっています。このブログおよびこの記事では富野由悠季監督作という説を採っていますが、実際の状況および別の説については、近いうちに別の記事で語りたいと思います。

2016年3月23日追記:この曲の作詞者について二説がありましたが、現時点、富野由悠季監督によるものではないという可能性のほうが大きいです。詳しくは井荻麟作詞論 第4回「日本サンライズ企画室」クレジットについて を参照されたい。




 この曲を実際に聞けるアルバムは以下で紹介します。

無敵超人ザンボット3/無敵鋼人ダイターン3 究極BGM集無敵超人ザンボット3/無敵鋼人ダイターン3 究極BGM集
TVサントラ,堀光一路,藤原誠,こおろぎ’73,ザ・ブレッスン・フォー,鈴置洋孝,間嶋里美

キングレコード
売り上げランキング : 157589

Amazonで詳しく見る by AZlink

サンライズ ロボットアニメ大鑑サンライズ ロボットアニメ大鑑
Windows,アニメ主題歌

キングレコード
売り上げランキング : 14197

Amazonで詳しく見る by AZlink

One Man's Music -作曲家 渡辺岳夫の世界-アニメ 特撮編One Man's Music -作曲家 渡辺岳夫の世界-アニメ 特撮編
渡辺岳夫

キングレコード
売り上げランキング : 109995

Amazonで詳しく見る by AZlink

コメント
御大将
お体いかがですか?
すごい企画が始まったもんです・・・

手短に・・・
僕も宇宙という言葉がひっかかったのですが・・・
まだ、宇宙を「そら」とよばせてないなあ等とぼんやり思って・・・

では、よい新年を!!
あっ、そちらは旧暦か??

だからぼくは・・・ #-|2012/12/30(日) 11:15 [ 編集 ]
だからぼくは・・・さん、コメントありがとうございます。
こちらはどちらも過ごしますよ。ただし「年越し」「おおみそか」は体感的にいえば、
こちらの人間にとっては旧暦の新年になりますね。

「宇宙」については、これからも語るつもりですので、どうかお楽しみを。
kaito2198 #-|2012/12/30(日) 11:55 [ 編集 ]
この曲は富野監督が複数回にあたって、自分の作詞ではないと言っていますし、
富野由悠季監督作という説を強く押すのはいかがなもんかと思うんですが。

富野監督はザンボット3の歌詞は、企画室の女性スタッフのもので、
ダイターン3は自分の歌詞という風に語っていて、
自分がダイターン3の歌詞を書くときに連続性を考えて、
参考にしたから似ているだけ、という風に答えていますけど、
これは富野監督のミスリード説でしょうか?
おりた #-|2013/01/03(木) 18:27 [ 編集 ]
はい、それは存じております。ですから第1回も単に作詞の解説に留まって、
作詞者の作風などの言及を極力に避けているつもりです。

サンライズ企画室問題に関しては、第6回あたりで取り上げる予定です。
そのときはまたご意見をくだされれば嬉しいです。
kaito2198 #-|2013/01/03(木) 18:51 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1209-d8090d13

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.