富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

ガンダム世界における宇宙エレベーター設定

2012/09/05 01:42|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ガンダム世界における宇宙エレベーター設定
 2chの富野スレの話を受けて、twitterで書いた話です。次回はこの話に基いて、富野およびガンダム作品から出てくる宇宙エレベーターの話を洗いざらし紹介をしたいと思います。


∀の宇宙エレベーターはGレコに設定的に繋がらないと私も思う。まず、∀のは宇宙世紀末期に作られたものとされてるが、Gレコの前身的企画リアルGの宇宙エレベーターは、西暦末期のとされていた。ここ数年富野の発言から察すると、SEなしではスペースコロニーがそもそも有り得ないと分かる。


なので、富野にはSEの導入で宇宙世紀の成立を補完する意図があると考えられている(映像や作劇的にはちと無理かもしれないが、設定上では可能)。はじめたいGでは「前の世紀に三基建設されていた」としか書いていなかったが、次の文に「宇宙世紀」が出てきたから、前の世紀は西暦と指す可能性アリ。


つまり、少なく今の富野にとって成立する順番は「西暦→宇宙エレベーター→宇宙世紀→Gレコ(はじめたいG)→∀」のはずだ。これに沿って考えれば、∀の設定は忘れたか、上書きされたと考えるほうが妥当。


映像や作劇的には無理があると書いたが、∀だってディアナに指摘されるまで、ザックトレーガーが話のなかに出てこなかったどころか、その存在を認識できる登場人物すら無いから、やろうと思えば可能だ。要はアムロだってカミーユだってSEの存在知ってるけど、行ってないし口もしていないということ。


ではGレコは00と繋がっているか?という話に関して、以下発言引用。「『ガンダム00』で三基の宇宙エレベータを設定したものの延長にあります。歴史的にガンダム・ワールドを踏襲することで、宇宙エレベータ規模のものが、ひとつの物語世界だけで建設できるものではない、としたかったのです。」


GレコのSEデザインにおいては00モデルの踏襲だろうが、個人は黒歴史的に「それも含まれているかもしれない」というニュアンスとして捉えている。SEはすでに富野のいくつかの構想中世界に存在していたが(∀、リアルG、ROG、はじめたいG)、公式Gにおいては、今のところ00にしかいない。


どのみちGレコはまだ作品にさえなってないので憶測も早計だが、富野が言ったからといって00と(直接的に)繋がっていると言うのは、「シャイニングフィンガーと言ったからターンXは~」というのは同じ程度の話だと思う。


では何故か富野はそこで00を言及したのというと、宇宙エレベーター協会の人やイベントにも面と向かって00の話を言われたからな。どのみち繋がるも何も、ガンダムにおける宇宙エレベーターの話をするとき、00のことを避けられないよ、いくら富野でも(作劇上には完全に無視できるけど)。


2年前書いた、富野の構想を紹介する一連の記事。∀、リアルG、リングG、はじめたいGと新作の関係を紹介した話だが、宇宙エレベーターにフォーカスしてなかったな。改めて記事にしようか。いま自分の判読力の無さで恥をかいた真っ最中なんだが…。 http://kaito2198.blog43.fc2.com/blog-entry-870.html


 あくまで自分の考え方で、間違いや誤判もあるかと思いますが、次回はこれをベースに、さらに話を膨らませたいと思います。もし何かご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントしてください。よろしくお願いします。





コメント
富野監督が出席された宇宙エレベーター協会の講演で、宇宙エレベーターを設置するなら地球のこの場所というのがありました。
当然ガンダムOOとは違う場所でした。
ガンダムOO云々と語ったのは講演者の方に配慮したのでは・・と自分は思います。
理想の場所より、政治的な配慮で選ばれたという方が、ありそうな事ですし。
おおた #mQop/nM.|2012/09/07(金) 04:50 [ 編集 ]
そういう意味では、ちょっとだけ影響されていた、と言えなくもないですね。
このへんを含めて近いうちに記事にしたいですね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2012/09/08(土) 12:02 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1160-bf77caa3

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.