富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

大河原邦男「何このメカデザイン。富野って人、宇宙から来たんじゃないのか?」

2012/07/19 00:21|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:8
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 大河原邦男「何このメカデザイン。富野って人、宇宙から来たんじゃないのか?」
 今月のガンダムエースには安彦良和と大河原邦男両氏の対談が載っていて、そのなかに大河原さんの富野由悠季監督に対する面白い見方がありましたので、ここでちょっとだけ紹介します。

「格好いい」。それだけがメカのデザインではないはずだ。

大河原 (前略)工業デザイナーの方は本当に優秀なんですよ。機能も考えた上でのデザインだから。私の場合、言ってしまえばそれをぶっ壊して、機能より遊びに目を向けているんです。要するに私のメカデザインというのは、メカじゃなくて、キャラのデザインなんですよ。今のメカデザイナーのデザインは確かに格好いいけど、意識が工業製品に傾きすぎだと思う。リアルや複雑さというものが効果を出しているのは認めるけど、私はもっとワクワクさせる遊び心がほしいんです。遊び心=キャラクタライズというつもりでデザインしているんですよ。格好いいものばかりでは、絶対に頭打ちになる。『ヤッターマン』をやって来いとは言わないけど、若い人には魅力的なメカキャラクターを作れるようになってほしいですね。

安彦 でも、格好いいメカにしてもキャラクター的なものにしても、見た目だけで引きつけるんだから、デザインの役割は大きいよね。

大河原 ことデザインに関して言うと、富野さんのメカ観は、「この人、宇宙から来たんじゃないのか?」という感じですごく面白かった。ザクに対する注文なんて、モノアイだけ。あとはこっちの勝手ですよ。忙しかったせいもあって、富野さんも文句を言わなかったから、第二稿が決定稿になったんです。で、1話を観てびっくりした。3機のザクがコロニーに入ってくるシーンを観て、これは絶対ヒットするって直感した。ヒットしなくても、これを観られただけで幸せだって(笑)。衝撃的でしたよ、1話は初号試写は。本当に恵まれない環境でよく作ったと思ったから。


 実際大河原氏のメカデザイン観も興味深いものですが、こちらの専門ではないので、ここで語らないことにします。大河原氏のアニメのメカデザイナーとしての腕や実績は今更疑う人もいないでしょうけれど、逆説的いうと、こういう大御所にデザイン面で褒められた富野さんもマジパネェっす!っていうことですね。

 確かに富野さんはガンダムもイデオンもザブングルもダンバインもキンゲもばんばんメカデザインのラフをやりましたから、本職ではないとはいえ、そういう「遊び心」が溢れるデザインをしてくれますよね。あ、そういや「Gレコ」の螺旋宇宙エレベーターもご本人によるデザインですから、早くそれをアニメで見たいです。




コメント
富野監督が細田守監督最新作を大絶賛したみたいですね
花 #-|2012/07/20(金) 23:37 [ 編集 ]
らしいですね。今記事にしている最中です。
kaito2198 #-|2012/07/21(土) 00:31 [ 編集 ]
 1stガンダムMSのラフ画がいくつかの本に掲載されるようになって、
グラブロやアッグ(1st TV未登場)の原型は大河原氏ではなく
富野氏だったことを知った時の衝撃を改めて思い出しました。
よくよく考えてみればイデオンの有機的な敵メカデザインがあったのですが。

 又、それとは別の話ですが、岡田斗司夫氏が「あの世代(富野監督の世代)は
よくあんな有機的な曲面を思いつくなぁ。」と感心していたこともありました。
・・・ #-|2012/07/21(土) 15:27 [ 編集 ]
アレほどの物量をこなしながらメカデザインもしてほぼそのまま使われているものが多い。
富野氏のメカデザインは天才的と言っていいんでしょうね。

でもホントに思うのは付き合うメカデザインナーさんは大変だろうな~と思います。お仕事として割り切ってやらないと・・かなりのデザイン変更や監督のデザインしたものをクリーンナップのみするような作業を強いられるわけですからね。

大河原氏はその点の割り切りはちゃんと出来てるヒトと富野氏もコメントしてましたっけ。

tinami #t50BOgd.|2012/07/21(土) 23:09 [ 編集 ]
そうですね、日本サンライズに出版されたガンダム記録全集にも掲載されていますが、
具体的いうと、MS・MAに限れば、ドムを含めてそれ以降のメカはすべて富野が描いたものでありました。
そういう意味ではそのラインはZ以降排除されましたが、そういう部分を含めてガンダムの味ですよね。
KAITO2198 #L2WcHO2o|2012/07/22(日) 20:52 [ 編集 ]
そうですね、富野さんもそこで非常に大河原さんを評価していますし、
なにより観客から診れば、やはり大河原メカには不変な魅力を持っていると感じます。
そこが最近のたとえばガンダムからは感じられないものですね。
KAITO2198 #L2WcHO2o|2012/07/22(日) 22:37 [ 編集 ]
初代ガンダムで言えばガンダムの最終決定稿は安彦氏がまとめた筈。
劇中のやさしいガンダムの表情は原画の安彦氏のフィルターがかかっていてナンボだと思う。また幾つかのメカのコンセプトは冨野氏によるものである事は有名で特に水陸両用モビルについては抜群のインスピレーションを発揮していた。
冨野(コンセプト)+大河原(ブラッシュアップ)+安彦(作画)があってこそガンダムはガンダム足り得たんだね。
大日本人 #-|2013/07/02(火) 19:15 [ 編集 ]
大日本人さん、コメントありがとうございます。
私もまったく賛同します。自分の言葉を使うと、デザインにおいて富野さんは「魂」、大河原さんは「骨と肉」、そして安彦さんは「皮膚」みたいなものですね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/07/02(火) 19:32 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1140-1472ed1e

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.