富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野喜幸の絵コンテが宮崎駿に直された件について

2012/06/06 01:38|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野喜幸の絵コンテが宮崎駿に直された件について
 最近あまりブログを更新する時間がないので、思いついた話一つだけをします。

 タイトルにも示しましたが、昔、富野由悠季監督の絵コンテが『未来少年コナン』で宮崎駿監督に直された話はとても有名だそうですね。

 しかし、それを根拠に「富野は宮崎より格下」という話は、どうもよく分かりません。外注の絵コンテなんですから、監督の演出意図にそぐわない場合もありますし、そもそもまったく一寸の修正もされてない絵コンテなんて稀だろう。

 仮に「絵コンテが修正されたら格下」という図式が成立できたら、じゃあ庵野秀明監督が『機動武闘伝Gガンダム』や『宇宙戦艦ヤマト2199』のオープニング絵コンテで、それぞれ今川泰宏監督や出渕裕氏にボツを喰らったのも、庵野氏が彼らより格下という証明になれますか? 少なく私はまったくそう思いません。



 こういっては富野を弁護しているわけではない。なにを隠そう、あくまで噂レベルの話ですが、富野監督は『明日のジョー』で出崎統監督に修正どころか、ゴミ箱行きを喰らったことさえあったそうです(でもクレジットはそのままらしい)。それに比べて、宮崎のほぼ全修正なんてちょろいもんさ。

 そもそもゴミ箱行きと囁かされても、それでも『ジョー』の担当回に、やはり富野演出の色が出てきますので、この話も所詮噂レベルのことでしかないと分かってくれますし、そもそも富野は出崎に肩を並べて代表的なアニメ監督なので、別に気にもしません。

 結論がない話になってしまいましたが、まあスタッフにはスタッフとしての領分があるってことだよね。




コメント
ガンダムΖΖの頃の話ですが富野監督は、普通なら2週間かかる絵コンテを3日から一週間で書かれたらしいです。
納品日をオーバーしていたら修正もできないわけですから、富野監督の手の早さはプロデューサーとかに感謝されたのではないでしょうか。
宮崎駿監督はレイアウトの工夫で枚数を節約する名人で、富野監督とは異なる技術の天才だから比べられるけど上下は無いと自分は認識しています。

庵野監督は
「世間では巨神兵をやってる場合じゃない。『エヴァンゲリオン(の新作)はどうなっているんだ?』との声があがっていますが?」
という特撮ものを軽んじるような発言に怒気を示したように、愛が過剰なひとなので比較として適切かどうかは・・・
おおた #ijpNuvD6|2012/06/06(水) 03:26 [ 編集 ]
おおたさん、コメントありがとうございます。私もまったく同じ思いです。
さすらいのコンテマン時期の話は知ってますけど、ZZの話は聞いたことありませんので、教えてくださってありがとうございます。

いや恥ずかしいことに、「絵コンテ直された」という話を思いついたとき、咄嗟に庵野監督の話しか浮かばない(有名だから)から、庵野さんを例にしました。おっしゃるとおり『Gガン』はともかく、『ヤマト2199』の件はまったく指摘のとおりだと私も思います。
kaito2198 #-|2012/06/06(水) 11:29 [ 編集 ]
コナンの絵コンテは基本宮崎駿氏が全て書き直しに近い形に手を入れていたらしいので富野氏の絵コンテの質が悪かったわけではないんでしょうね~。

前から気になってるんですけど富野氏は宮崎・高畑両氏を非常に高く評価されてますが宮崎氏の富野氏への評価ってどうなんでしょう??
Tinami #t50BOgd.|2012/06/06(水) 12:26 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
スタッフは突き詰めると監督の意向を再現するものなので、シナリオに対しての理解や演出スタイルなども重視されて、固定ではない外注スタッフじゃどうしてもその点にハンデを負うというか、見せ方うんぬん以前修正される宿命ですよね。

宮崎氏の評価は…秘密です(笑)。いや、それほど多くはないので、いずれブログで紹介したいと思います。
kaito2198 #L2WcHO2o|2012/06/06(水) 22:46 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1126-3ef916dd

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.