富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

『ガンダム世代への提言Ⅰ 富野由悠季対談集』対談者紹介

2011/08/13 20:52|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『ガンダム世代への提言Ⅰ 富野由悠季対談集』対談者紹介
 先月書いた記事に重大なミスを起してしまいました。ここでお詫びをする同時に、改めて記事を書き直します。



 これまでこのブログはすでに何回も紹介しましたので、前置きはなしにして、この『ガンダム世代への提言Ⅰ 富野由悠季対談集』に収録されている32人の対談者を、ガンダムエース2010年12月号に付録するガンダムエース0号の資料を借りて紹介したいと思います。



 以下の一覧は以前にも載っていましたが、修正する部分もあります。ご注意書きは一覧の下に書かれています。

回数収録号数対談者ステータス紹介CHECK!
12003年6月号森津純子ホスピス医人が決して避けられない”死”という事象について考える。「幸せに死ぬ」ということ。そこへ至るまでの心構えについて語った。
22003年7月号中村好寿軍事アナリストガンダム等、様々な物語のなかで戦争を題材にしてきた富野監督が、急速に変革を遂げる現実世界の戦争の実態に迫った。『軍事革命(RMA)』
32003年8月号千葉すず水泳インストラクター「大人は敵」。ガンダムではそういう表現がしばしば登場する。一体大人の何が”駄目”なのか? 千葉すずさんが現代大人に物申す!
42003年9月号坂村健ユピキタス・ネットワーク研究所所長次世代情報環境”ユピキタス・ネットワーク”の第一人者、坂村氏に、科学技術の進化とコンピュータ社会が目指す未来を問うた。
52003年10月号上妻宏光津軽三味線奏者邦楽という枠組みを飛び越えて、新しい津軽三味線の可能性を追い続ける上妻氏。朝鮮の日々の先に見える新しい世界とは?
62003年11月号かづきれいこフェイシャルセラピストうまれつきのアザや傷などをカバーする”リハビリメイク”の第一人者、かづきれいこがみた外観重視の日本社会の歪みを考える。
72003年12月号出口恭子Johnson and Johnson, Global Leadership Associate東大法学部を卒業後、華々しい経歴を経て、巨大企業経営のトップ層へ若くして登り詰めた出口氏と富野監督が、日本人の個性を語った。
82004年1月号松井誠劇団誠座長アニメと演劇の違いはあるものの、生身の人間同士がぶつかりあう芝居がルーツにある2人が、CG化が加速する映画界に警鐘を鳴らした。
92004年2月号齋藤孝明治大学教授世の中が便利になるにつれ、体を動かさなくなり、身体感覚が衰えてきた現代人に、体を動かすことの意味と大切さを訴えた。『呼吸入門』
102004年3月号加藤陽子東京大学大学院助教授過去の戦争が起こった原因、その結果が及ぼした影響を確認することで、これからの日本が歩むべき道を富野監督が考える。
112004年4月号米濱和英リンガーハット代表取締役社長常に時代に合わせた変化が必須となる外食産業で成長を続けるリンガーハットの米濱社長と、日本人の食について語りあった。
122004年5月号水谷修『夜回り先生』著者”夜回り”と呼ばれる深夜パトロールやドラッグ問題を通じて、多数の子供たちと向き合ってきた水谷氏と、子供たちの未来を考えた。
132004年6月号石崎晴己青山学院大学教授フランス歴史学者マニュエル・トッド氏の斬新な家族制度研究を用いた各国の分析データから、日本が成長するためのヒントを探る。
142004年7月号野口総一宇宙飛行士宇宙飛行士の野口氏を迎え、宇宙開発の現状を徹底討論。富野監督が思い描く、夢の宇宙開発を実現させるために必要なこととは?
152004年8月号赤星栄志生物資源研究開発ドラッグとして広く知られる”大麻”だが、実は次世代エネルギーに変わるほどの可能性を秘めているという。その実態に迫った。
162004年9月号沖大幹東京大学助教授瑞穂の国と呼ばれた日本には無縁と思われていた水資源問題に、もう一度正面から向き合い、そこから千年先の社会津きり
172004年10月号山崖俊子津田塾大学教授年少者の事件が多発する現代社会の歪みを臨床心理学の専門家に問う。自分を肯定し、楽に生きることの大切さを学んだ。『育つ・育てる』
182004年11月号藤井あけみチャイルド・ライフ・スペシャリスト闘病生活を送る子供たちとその家族の支えとして活躍するチャイルド・ライフ・スペシャリストの藤井さんに精神ケアの大切さを学ぶ。
192004年12月号大月隆寛民俗学者民俗学者である大月氏と富野監督が、急速に便利になっていく世の中の弊害と、肥大を続ける”おたく文化”を考えた。
202005年1月号GEN CORPORATION一人乗りヘリコプター開発長年の技術者の夢、1人乗りヘリコプターの制作に成長した技術者たちに、空への重いとヘリコプターの可能性を聞いた。
212005年2月号三沢直子臨床心理士子供たちへの心理調査で導き出された子供たちの心と日本社会の問題点を考え、子育てを行う母親が抱える心の影の正体に迫った。
222005年3月号大和ミュージアム戦艦大和復元プロジェクト呉市のシンボルとして作られた10分の1スケール戦艦大和。その完成度に、富野監督は日本の確かに技術力とプライドを垣間見た。
232005年4月号セーラ・マリ・カミングス桝一市村酒造場取締役小布施町の作り酒屋を驚くべき企画力と実行力を駆使して、強引に再建したアメリカンガール。その底なしのパワーの秘密に迫った。
242005年5月号山折哲雄国際日本文化研究センター所長かつて日本には、平安時代と江戸時代に長期的な平和な時代があった。その平和維持の秘密を問い、現代の平和への近道を探った。
252005年6月号伊藤比呂美詩人・小説家物語の作り手である2人が、昔のファンタジーと現代ファンタジーの違和感を探り、自分自身のファンタジー世界を模索する。『日本ノ霊異ナ話』
262005年7月号川勝平太国際日本文化研究センター副所長自発的に他国の文化を取り入れて活用することで発展を遂げてきた日本。そんな世界文明の博物館ともいえる日本での生き方を考える。
272005年8月号宮坂宥洪岡谷市照光寺住職意味は知られていないが、存在が万人に知られている”般若心経”への理解を深めるべき宮坂氏と対談。精神の極みへの道は拓けるか?
282005年9月号山崎バニラ活弁士サイレント映画の上映中に、語りや音楽で内容を表現し解説する活弁士。CG映画があふれるこの時代における活弁士の活躍とは?
292005年10月号土屋アンナ女優・モデル親になることをリスクと考える人が多い現代において、キャリア絶頂期に母となった土屋アンナ氏。その心のうちを富野監督が問う。
302005年11月号小菅正夫、坂東元旭川市旭山動物園園長、旭川市旭山動物園副園長・獣医師デジタル化、組織化が進む世の中で冬の時代に突入した動物園で、新しい試みで成果を収める旭山動物園。その挑戦の日々を垣間見た。
312006年1月号日野晃武道家ゲーム、パソコン、携帯等が娯楽の主流となり、体を動かす感覚が喪失した現代人。その感覚の大切さを武道家日野氏に問うた。
322006年2月号石川正俊東京大学理事長・工学博士特化したひとつの分野で進歩するのではなく、複数の特化した分野が融合して科学は進歩する。そこから見えた未来の日本の姿とは?


 これは今回第1巻の対談者の一覧ですが、ここでどうしても伝えておきたいのは、2005年12月号で対談された文京学園の島田子理事長の対談は収録されていませんでした。つまり、この『ガンダム世代への提言 富野由悠季対談集』はすべての対談を収録されるわけではありません。対談がタメになるのは変わりないのですが、それでも「教えてください。富野です」をコンプリートする仕様とは言えません。

レビュー:『ガンダム世代への提言Ⅰ 富野由悠季対談集』

 さて、この第1巻に収録されている対談の相手はどっちかいうと文系的な人間が多かったんですが、第2巻以降は理系の人間も増えてますので、そういうのに興味ある方はぜひ続きも購入してください。


 2巻と3巻もただいま好評予約中。対談者判明次第、収録回と変更箇所をブログでお伝えします。



コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1004-31c4af15

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.