富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

7月10日発売「Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス」表紙公開

2015/06/25 00:48|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 7月10日発売「Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス」表紙公開
 富野由悠季監督の最新作『ガンダム Gのレコンギスタ』のキャラクターデザインを収録するデザインワークスは、7月10日発売です。作画チーフ&キャラクターデザインを勤める吉田健一氏による表紙イラストおよび書籍の詳細は、公開されました。


『ガンダム Gのレコンギスタ』のキャラクターデザインについてを余すところなく掲載したビジュアルムックが、一迅社より7月10日(金)に発売決定!
キャラクターデザイン・作画チーフの吉田健一を中心に、本編クリエイター陣(コヤマシゲト、西村キヌ、倉島亜由美 他)の協力により、デザイン画稿を本人のコメントと共に大ボリュームで掲載!
企画最初期の『フラワー革命』期や『セントフラワー学園』期のキャラクター案、ストーリー変更のためにお蔵入りとなったボツ案などの未公開デザインの数々や、富野由悠季総監督の手によるキャラクター発注時のラフまでも収録!

G-レコのキャラクターデザインのすべてがわかる最高の一冊となっておりますので、ぜひご覧ください!


□ガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス
出版社: 一迅社
発売日: 2015/7/10
ISBN-10: 4758014426
ISBN-13: 978-4758014427
仕様: A4版・112頁
価格: 2,200円(税込)






 このページ数にオールカラー。この仕様で吉田の7年に渡る結晶と美麗な絵を堪能できるのはまさに至福です。アニメーター、吉田健一の渾身の仕事に刮目せよ!!!

ガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークスガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス
ポストメディア編集部

一迅社 2015-07-10
売り上げランキング : 9127

Amazonで詳しく見る by AZlink

2015年はもうすぐ半分が過ぎます! これからのGレコはどう展開するのか

2015/06/22 18:02|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2015年はもうすぐ半分が過ぎます! これからのGレコはどう展開するのか
 富野由悠季監督の最新作『ガンダム Gのレコンギスタ』の動向をお伝えします。



1、続編

 富野監督のいろんなインタビューで読んだとおり、とりあえず総集編映画に近いものが来るのは間違いないでしょう。単純な総集編というより再構成なものなので、総集編にはいえないかもしれませんが、まぁ総集編的なものに違いないのでしょう。

 しかし、それでも過去と違う放送形態になる可能性はあるというのは嬉しい話です。それによって違うケミカルが発生するかもしれませんので、ぜひそれを見守りたいと思っております。反響次第で、OVAか配信ではあるが続編的なものだって不可能ではないですから。



2、ガンプラ&おもちゃ

 GレコのガンプラHGシリーズは現在、7月に「カバカーリー」、8月に「Gセルフ パーフェクトパック」発売という予定です。ヘカテーなど、少なからず弾が残っているはずですので、8月に新規が来るかどうかは、ガンプラと本編の売れ行き次第としか言いようがありません。噂ではバンダイの人も出す予定があると仄めかしていますので、本当のフルドレスを見れるまでは油断はできません。

 一方、ROBOT魂はまさにGセルフ尽くしともいえるべきラインナップで、売れ行き次第だろうけど、なんど全種類のGセルフを出す予定です。ガンプラには到底できないことなので、これもチェックせざるを得ません。さらに、アサルトキングダムなど食玩系のフィギュアも出る予定が控えています。

HG 1/144 カバカーリー (Gのレコンギスタ)HG 1/144 カバカーリー (Gのレコンギスタ)


バンダイ 2015-07-31
売り上げランキング : 1825

Amazonで詳しく見る by AZlink
コスモフリートスペシャル Gのレコンギスタ メガファウナ 約17cm PVC製 塗装済み完成品フィギュアコスモフリートスペシャル Gのレコンギスタ メガファウナ 約17cm PVC製 塗装済み完成品フィギュア


メガハウス 2015-07-31
売り上げランキング : 17782

Amazonで詳しく見る by AZlink
HG 1/144 ガンダム G-セルフ (パーフェクトパック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)HG 1/144 ガンダム G-セルフ (パーフェクトパック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)


バンダイ 2015-08-31
売り上げランキング : 75

Amazonで詳しく見る by AZlink



3、DVD&Blu-ray

 本編のDVD&Blu-rayは月1巻というペースで、8月末に最終巻が発売される予定です。続きがあるかどうかは、とりあえず後続の動きを見るしかありません。

ガンダム Gのレコンギスタ  7(特装限定版) [Blu-ray]ガンダム Gのレコンギスタ 7(特装限定版) [Blu-ray]
石井マーク,嶋村侑,寿美菜子,佐藤拓也,高垣彩陽

バンダイビジュアル 2015-06-26
売り上げランキング : 65

Amazonで詳しく見る by AZlink
ガンダム Gのレコンギスタ  8(特装限定版) [Blu-ray]ガンダム Gのレコンギスタ 8(特装限定版) [Blu-ray]
石井マーク,嶋村侑,寿美菜子,佐藤拓也,高垣彩陽

バンダイビジュアル 2015-07-24
売り上げランキング : 546

Amazonで詳しく見る by AZlink



4、ムック

 現在、吉田健一氏のキャラクターと絵を収録されている「ガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス」は7月10日発売予定です。美麗で血が通っているキャラクターがたくさん収録されていますので、なんとしても買いたい逸品です。

 また、最新のグレートメカニックスによると、「『ガンダム Gのレコンギスタ』メカニックムック(仮)」というムックも今夏?~秋発売予定です。こちらは主に形部一平さんのデザインを収録されているものですので、ぜひチェックしたいものです。さらに、作品全体にフォーカスするような内容のムックも今年後半に出ると思います。ですからGレコロスする暇は無いと思いますよ。

ガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークスガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス
ポストメディア編集部

一迅社 2015-07-10
売り上げランキング : 6129

Amazonで詳しく見る by AZlink



5、そのほか

 もちろん、漫画版はまだ連載していますし、ほかの企画も動いているかもしれません。研究会がこうして毎月開くのも、小形プロデューサーが率いる第1スタジオが所属しているサンライズはやる気のなによりの証拠です。

 それゆえに、もう少し待たなければなりません。その期間に、新しいガンダムは来るかもしれません。それでもGレコの新しい内容を見れるのは幸せなのです。もちろん、富野監督の完全新作を待っている人は大勢います。それでも、富野監督はもう少しGレコの世界観と物語で遊びたがっているし、我々ももう少しゆっくりとそれを付き合ってもいいじゃないのでしょうか。

目を離さないでくれ! 『ガンダム Gのレコンギスタ』の世界はまだまだ盛り上がるぞ

2015/06/10 16:23|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:1
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 目を離さないでくれ! 『ガンダム Gのレコンギスタ』の世界はまだまだ盛り上がるぞ
 『ガンダム Gのレコンギスタ』はガンダムシリーズの最新テレビアニメで、富野由悠季監督の最新作のことです。4月からさっそく再放送が始まっていますが、本放送間の熱気に比べて、ファンの皆さんは今はやや落ち着いている様子です。

 とはいえ、Gレコはまだまだ展開されます。現時点だけでもガンプラのラインナップは8月まで展開されることが決まっていますし(売り上げ次第でさらに拡張するらしい)、ROBOT魂を含めてのおもちゃも出ています。さらに、ムックはキャラクターやメカニック関係の本も準備中で、おそらく年内に発売されます。

 さらに、プロデューサーの小形氏による毎月の研究会と称する配信イベントも行われています。もちろん、取材や雑誌特集だってあります。それらの頻繁な動向を冷静に観察すると、その原因はたった一つしかありません。『Gのレコンギスタ』は劇場版をやるからです。 それも、ごく短期内で決戦するかもしれない体制だと思います。実際の制作には時間が必要なので、おそらく来年あたりになると思いますが、それでも1年内に来るのでしょう。



 ですから、劇場版を待っているファンの皆さんのために、最近のGレコ界隈の動向を紹介したいのです。


1、グレートメカニックGは富野尽くし!

 「関連告知」という書き方に対してもしかしたら…!?と思う人は多いかもしれませんが、たぶん劇場版のことではなく、メカニック関係のムックの予告だと思います。どのみち楽しみではあります。

グレートメカニックG 2015SUMMER (双葉社MOOK)グレートメカニックG 2015SUMMER (双葉社MOOK)


双葉社 2015-06-18
売り上げランキング : 1276

Amazonで詳しく見る by AZlink


2、キャラクターデザインワークスは2週間延期

 それから、十日程度ですが、一応キャラクターデザインワークは延期することになっています。

ガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークスガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス
ポストメディア編集部

一迅社 2015-07-10
売り上げランキング : 4786

Amazonで詳しく見る by AZlink


 延期がクォリティアップにつなげるならば、むしろウェルカムだといいたいですが、それでもこのページにこの値段だとさすがに心配ではあります…。まあどのみちマストバイですから。



 それから、2年ぶり更新されるこの本も今回からGレコの機体を載せるようになりました。

機動戦士ガンダム MS大全集2015 MOBILE SUIT Illustrated 2015 (電撃単行本)機動戦士ガンダム MS大全集2015 MOBILE SUIT Illustrated 2015 (電撃単行本)
電撃ホビーマガジン編集部

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015-06-27
売り上げランキング : 246

Amazonで詳しく見る by AZlink


 Gレコオンリーじゃないとはいえ、発売時期を鑑みるに、これは一番早く書籍になったGレコ資料になりますので、気になる方はチェックを忘れないでください。



 ほかにもいろいろな商品が出てきています。CDを買って音楽を堪能するのもいいですし、大幅リテイクにより分かりやすくなってるブルーレイはぜひ買ってもらいたいです。もちろん、ガンプラを買って飾るのもよし。とにかく皆さんも行動を見せましょう。




あなたの知らない「ガンダム学」 ~歴代TVガンダムの公式サイトの掲載メカ数から学ぶ「ガンダムの秘密」

2015/06/05 19:26|富野作品感想TRACKBACK:0COMMENT:1
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - あなたの知らない「ガンダム学」 ~歴代TVガンダムの公式サイトの掲載メカ数から学ぶ「ガンダムの秘密」
 「機動戦士ガンダム」は、アニメーション監督の富野由悠季が作った一連の作品のことです。1979年の最初の作品以来、富野監督が直に作ったものを含めて、36年も経った今、テレビシリーズだけではすでに15作以上になっています。その作品に魅了されて生まれたファンは数知れず、まさに世界中でもっとも有名なアニメの一つといっても過言ではありません。

 拡張するガンダムシリーズは、当然作品ごとに独自な公式サイトを持っています。それぞれ違う形で、とても賑やかで、眺めるだけでその面白さを感じられます。しかし、実はガンダムのTVシリーズ作品の公式サイトを概括的に見ると、一つ発見があります。

 ものすごく大雑把な計算ですが、1つの作品に関して、公式サイトに掲載されている総メカ数を、総話数で割ると、1話あたりに出てくる新メカの数字が得られますが、この数字をシリーズを跨いで比較してみると、いろいろ意外な発見ができます。

 つまり、以下のとおりです。

公式サイトに掲載されている総メカ数 / 総話数 = 1話あたりに出てくる新メカの数

 もちろん、バリエーション、オプション装備、1話のみの状態などなど、それぞれのシリーズの掲載方針が異なるため、一概には比べられない部分も多いと思います。それでも「公式による掲載数」≒「アピールしたいメカ」という大まかな方向性から考えると、やはり見えてくるものはあると思います。それでは見てみましょう。





歴代TVガンダムの公式サイトの
掲載メカ数から学ぶ「ガンダムの秘密」


 さて、以下の結果である。



1、機動戦士ガンダム(1979-1980)
38種類(うち艦艇が6種類)/43話=0.88

2、機動戦士Zガンダム(1985-1986)
39種類(うち艦艇が7種類)/50話=0.78

3、機動戦士ガンダムZZ(1986-1987)
31種類(※MSのみ掲載)/46話=0.67

4、機動戦士Vガンダム(1993-1994)
51種類(うち艦艇が12種類)/51話=1

5、機動武闘伝Gガンダム(1994-1995)
42種類(※MSのみ掲載)/49話=0.86

6、新機動戦記ガンダムW(1995-1996)
23種類(うち艦艇が2種類)/49話=0.47

7、機動新世紀ガンダムX(1996-1997)
69種類(うち艦艇が9種類)/39話=1.77

8、∀ガンダム(1999-2000)
27種類(うち艦艇が6種類)/50話=0.54

9、機動戦士ガンダムSEED(2002-2003)
47種類(うち艦艇が14種類)/50話=0.94

10、機動戦士ガンダムSEED DESTINY(2004-2005)
63種類(うち艦艇が18種類)/50話=1.26

11、機動戦士ガンダム00(2007-2008、2008-2009)
74種類(うち艦艇が2種類)/25+25話=1.48

12、機動戦士ガンダムAGE(2011-2012)
66種類(※MSのみ掲載)/49話=1.35

13、ガンダムビルドファイターズ(2013-2014)
23種類(※MSのみ)/25話=0.92

14、ガンダムビルドファイターズトライ(2014-2015)
33種類(※MSのみ)/25話=1.32


15、ガンダム Gのレコンギスタ(2014-2015)
52種類(うち艦艇が13種類)/26話=2

 それぞれの数字から考えると、以下のようにいくつかの事実が発見できます。


① 
 1stガンダム
に関して、ブラウ・ブロはともかくとして、なぜかエルメスもありません。しかしそういう誤差を無視するとして、1話ごとに0.88体の新機体が出るガンダムは、当時のロボットアニメとして標準的と言えます。


 Zガンダムはメカのバーゲンセールといわれていますが、1話あたりに0.78体の新機体が出るという計算なので、実はその機体数は1stよりもコンパクトされていますね


 ガンダムZZ登場機体数はZに比べて、さらに下がっています。公式サイトはなぜか艦艇類を記載しませんが、一部のMSが前作からの機体ということを考えれば、実質的にもっと少ない機体しかいません。


 キャラクターの人数も多いVガンダムは、平均的にきっちり1話1新機体という完璧に美しい結果を得られます。ゴッゾーラだのバイクだの、メカが乱発と見られがちですが、実は他のシリーズに比べれば、特にひどいわけでもありません


 ガンダムがバカ多いGガンダムはきっと多いと思われますが、やはり主人公のドモン以外が乗り換えしないためか、1話に0.86体の新機種しか出てきませんでした。


 メカが少ないと思われるターンエーガンダムなのですが、実は機体数に関していえば最下位ではありませんガンダムWのほうが1話あたり0.5新機体未満で、全シリーズのなかでも一番少ないなのですが、そう感じさせないのはある種の演出勝利とは言えるかもしれません。


 今回の統計ではもっとも番狂わせだったのは、なんといってもガンダムXである。バリエーションを除外すると、2000年以前のガンダムシリーズのなかでは、とりわけ機体が多いシリーズではないものの、公式サイトは愛が溢れすぎているため、記載が異常に充実です。今回の基準で見ると、なんと1話ごとに1.77体の新機種が出る結果を得られています。これがX衆か…としか言いようがありませんね。


 こりゃまた乱発のイメージが強いガンダムSEEDガンダムSEED DESTINYですが、単純に上の公式から計算すると、その機体数は実にごく標準的な範囲に留まっています

 あと、なんとなく戦艦をおろそかにしているイメージはありますが、実は艦艇の数のトップ2は何気にSEED-DとSEEDが占めています(3位はGレコ)。もちろん、描写そのものがお粗末なやつは多いですが…。


あらゆるバリエーションも単独記載するガンダム00ガンダムAGEは、その数字も大きく見える。ひょっとしたら、これが近年の掲載方針なのかもしれませんよね。


 ビルドファイターズも0.92という標準的な数字ではありますが、そのヒットを受けてか、トライの機体数はさらに10種類増えています。


 GレコはMS、MA、戦艦全部合わせて52種類が登場しましたが、話数を考えると、なんと1話ごとに2種類の新メカが出るという驚異的な結果で、密度でいえば全シリーズのなかでもダントツの1位になっています

 しかしながら、全シリーズのなかでも随一な密度を持ちながら、ただひたすら上から全部の機体を載せてるGレコの公式サイトは、全シリーズの公式サイトのなかでも一番雑で、多少厳しく言いますと、視聴者に分かりやすく伝えるための努力を放棄しているように見えます。


 以上を読めば、今まで漠然なイメージに縛られているため分からなかった事実を含めて、いろいろ意外なところもあると思います。上も言いましたが、これは精密な統計を経たものではありません。しかし、このような遊びから作品のこと、ビジネスのこと、そして作家のことをいろいろと考えられるのも、まさにガンダムシリーズならではの楽しみ方とは言えますよね。





ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.