富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

キネマ旬報社より高畑勲新作『かぐや姫の物語』ムック発売

2013/10/30 16:17|未分類TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - キネマ旬報社より高畑勲新作『かぐや姫の物語』ムック発売
 宮崎駿と並ぶスタジオジブリの双璧である高畑勲氏の新作『かぐや姫の物語』は、いよいよ11月23日にて公開されますが、それを先駆けに、キネマ旬報社より高畑作品に関するムック「高畑勲 『太陽の王子 ホルスの大冒険』から『かぐや姫の物語』まで」が出版されます。刊行日は11月16日で、値段は1680円(税込み)となっています。



書籍詳細 | キネマ旬報社

キネマ旬報セレクション 高畑勲
「太陽の王子 ホルスの大冒険」から「かぐや姫の物語」まで

定価 1,680円(税込)
刊行 2013年11月16日
判型 A5判
ページ数
発行元 キネマ旬報社
ISBN 978-4-87376-786-4

「ホーホケキョ となりの山田くん」以来14年ぶりの監督作となる「かぐや姫の物語」が公開される高畑勲。
映画ファン待望の新作公開に合わせ、その作品と監督の魅力にせまる最新特集とともに、
長編監督デビュー作「太陽の王子 ホルスの大冒険」から今日に至る高畑勲作品の足跡を、
これまでの『キネマ旬報』や当社刊行のムック・増刊等に掲載された関連記事によって辿ります。


【主な構成内容(予定)】
○「かぐや姫の物語」巻頭カラーグラビア

○作品特集「かぐや姫の物語」
高畑勲監督インタビュー
作品評/作家論 
西村義明プロデューサー インタビュー(岡大)
その他、スタッフインタビューなど

○高畑勲インタビュー・対談・原稿再録
宮崎駿×高畑勲 ぼくたちの30年 ほか

○関係者の証言・インタビュー

○高畑勲監督作品記事再録
「太陽の王子 ホルスの大冒険」
「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻」
「じゃりン子チエ」
「セロ弾きのゴーシュ」
「柳川堀割物語」
「火垂るの墓」
「おもひでぽろぽろ」
「平成狸合戦ぽんぽこ」
「ホーホケキョ となりの山田くん」 

○高畑勲データファイル

 今まで、キネマ旬報社は「全仕事」「PLUS MADHOUSE」「ANIME KINEJUN」などのシリーズでアニメ関係本を刊行しました。しかし今回の高畑本はそれらと違って、「キネマ旬報セレクション」として出版されます。

 路線の違いとはいえ、「キネマ旬報セレクション」として出すことは、実質的に巨匠・黒澤明と同じ扱いにすることになります。それだけに、高畑氏の今回の作品が期待されています。

キネマ旬報セレクション 高畑勲 「太陽の王子 ホルスの大冒険」から「かぐや姫の物語」までキネマ旬報セレクション 高畑勲 「太陽の王子 ホルスの大冒険」から「かぐや姫の物語」まで


キネマ旬報社 2013-11-16
売り上げランキング : 50454

Amazonで詳しく見る by AZlink

キネマ旬報セレクション 黒澤 明キネマ旬報セレクション 黒澤 明


キネマ旬報社
売り上げランキング : 313878

Amazonで詳しく見る by AZlink

 常に自分のなかで表現の可能性に挑戦し続けている高畑勲。今回はどんなものを見せてくれるのかな、今から期待します。

▽続きを読む▽

富野新作ガンダム「Gレコ」に期待しちゃうもの

2013/10/29 13:24|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:17
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野新作ガンダム「Gレコ」に期待しちゃうもの
 もうすぐ11月に入り、富野由悠季監督の新作「Gレコ」こと『Gのレコンギスタ』も水面下で進んでいるようで何よりです。情報も、後1ヶ月半くらいで来るかもしれないことを思うと、どうしても興奮せずにいられません。

 今日は情報が来る前に、そんなGレコのいろいろについて予測…ではなく妄想したいと思います。少しだけ付き合っていただければ嬉しいです。



 まず、富野編です。

富野由悠季が原作・監督の可能性:95%

 いうまでもなく、Gレコは富野さんが原作です。さらに、監督も必然的に富野さんになります。イデオン以降の富野さんは自分の原作しか監督しないので、当たり前でいえば当たり前なんです。

 しかし、となると、100%ではなく95%の意味とはいったい…? それは見てからの楽しみです。うふふ。

富野由悠季が全脚本の可能性:80%

 2クールだろうと4クールだろうと、全脚本は一見過酷です。しかしながら、脚本は比較的に前段階なもので、やろうと思えばスタジオワークに入る前に終えるものなので、企画・製作期間に余裕があるGレコにおいて、別に不可能ではありません。富野さんが自ら宣言した以上、可能性は高いと見ていいと思います。

斧谷稔が全コンテの可能性:70%

 脚本と違って全コンテの可能性が低いのは、コンテは過酷そのものです。脚本を終わってからコンテに取り掛かるのですので、まず時間的余裕はそれほどありません。また、2週1回というペースでも、2クールならば1年かかりますし、4クールならば2年の時間を要するのです。後半が大抵スタジオワークと被ると考えたら、正直70歳の方にとっては不可能に近いです。

 それゆえ、もし今回は本当に全部斧谷稔コンテならば、皆がこぞって富野さんを褒めてあげるべきです。

井荻麟が作詞の可能性:75%

 まず、認めないといけないのは、井荻麟作詞はメジャーなやつほど売れないのです。悲しいけど、これ商売なのよねってやつです。

 一方、近年の富野作品はテレビシリーズだとなんだかんだ井荻麟作詞が入ったりします。たぶんプロデューサーあたりが「富野全開」という方針のもとで、どんどん入れさせてるのでしょうね。こちらは井荻麟の作詞さえあればいいと思いますので、別にオープニングやエンディングに無くてもかまわないと考えています。Gレコは、なんとしてもヒットさせないといけませんので。


 次は、スタッフ編です。ちなみに今確定だったのは吉田健一と安田朗の2人のみです。

西村キヌが参加の可能性:30%

 『リングオブガンダム』では、キャラクターデザインに近い役割として参加していた西村キヌ女史。可愛い女の子を描くので、参加すればきっと華やかになるのだろう。ただし、彼女に関してあきまんは一切言及していませんので、可能性としては低いと思います。

 なにげにこの人の話題に触れるとヤバイ気がしますが、まぁ別に熱望しているわけではないので、よしとするか。

CODE OF PRINCESS 西村キヌ アートワークス+公式設定資料集CODE OF PRINCESS 西村キヌ アートワークス+公式設定資料集
電撃攻略本編集部

アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 222554

Amazonで詳しく見る by AZlink

剛田チーズ(BENGUS)が参加の可能性:70%

 メカデザインとして『リングオブガンダム』に参加した、あきまんのカプコンでの後輩。回数少ないですが、あきまんは現在彼と一緒に仕事をしていることを言ったことがあるらしいので、可能性としては低くないかも。

 ちなみに彼はメカデザインとしてやっていることが多いらしいので、参加にすることならばたぶんメカでしょうね。でもそれだとあきまんは? キャラは吉田さんらしいですし。

ダンジョンズ&ドラゴンズ ーミスタラ英雄戦記ーダンジョンズ&ドラゴンズ ーミスタラ英雄戦記ー
PlayStation 3

カプコン
売り上げランキング : 531

Amazonで詳しく見る by AZlink

音楽担当が菅野よう子の可能性:50%

 同じく音楽として『リングオブガンダム』に参加。音楽は一般的に後で決めるものですし、正直音楽ともなると、前参加したから、というのは根拠としていささか弱いところがあります。とはいえ、「富野作品の音楽にハズレなし」と言われているように、基本的に菅野氏じゃなくても安心できると思います。

 ちなみに、菅野さんはもう『ブレンパワード』『∀ガンダム』『リングオブガンダム』で富野さんと組んでました。短編を除いても2作なので、「同じ人と三回組みたくない」というスタンスならば、組まないかも。まぁ三回ってのは中心スタッフのことですけど。

連続テレビ小説 ごちそうさん オリジナル・サウンドトラック「ゴチソウノォト」連続テレビ小説 ごちそうさん オリジナル・サウンドトラック「ゴチソウノォト」
菅野よう子

ビクターエンタテインメント 2013-12-04
売り上げランキング : 1351

Amazonで詳しく見る by AZlink

美術担当が池田繁美の可能性:60%

 富野作品の常連さんで、『リングオブガンダム』にも参加した、アニメ美術界の重鎮。これも話を聞いたことあまり無いのですが、まぁそれだけ信頼されている人なので、再び組んでもおかしくないだろうね。ちなみに池田さんがどれくらい常連だったというと、もう12作も組んでたくらいの常連さんだったんです。

ファンタジスタドール vol.2 Blu-ray(12/15クリスマスイベント参加抽選応募ハガキ封入)初回生産限定版【CD付き:オーディオドラマ/OP(ささらオンリーver)/サントラ収録】ファンタジスタドール vol.2 Blu-ray(12/15クリスマスイベント参加抽選応募ハガキ封入)初回生産限定版【CD付き:オーディオドラマ/OP(ささらオンリーver)/サントラ収録】
大橋彩香,津田美波,徳井青空,赤崎千夏,長谷川明子,斎藤久

東宝
売り上げランキング : 409

Amazonで詳しく見る by AZlink

山根公利がメカデザインの可能性:50%

 守秘原則の下で、我々が知らないこともたくさんあるのです。そういう意味では、『リングオブガンダム』でも戦艦デザインとして参加した山根氏がスタッフにいても、決しておかしくない話です。ベンガスとあきまんがロボットのデザインだと仮定しても、戦艦デザインはどこか別のスタッフが手がけているはずですし。

機動戦士ガンダム/第08MS小隊 Blu-ray メモリアルボックス機動戦士ガンダム/第08MS小隊 Blu-ray メモリアルボックス
檜山修之,井上喜久子,結城比呂,神田武幸,飯田馬之介,森邦宏,仕舞屋鉄

バンダイビジュアル
売り上げランキング : 3017

Amazonで詳しく見る by AZlink


 以下は、ガンダム編です。

Gレコがガンダムシリーズの可能性:90%

 いくら富野さんが「ガンダムじゃない」と言っても、バンダイさんがガンダム関係のイベントで宣告した以上、Gレコはガンダムです。まぁ、本人としてもそこまでガンダムを拒絶しているわけではないですし、「ガンダムじゃないけどガンダム的な作品」だと言いましたので。ガンダムに特に期待していませんけど、富野新作でもあるのですから、期待せずにいられません。

Gレコが放送後ガンダムシリーズに組まれる可能性:70%

 富野由悠季監督の作品、しかもガンダムに加え、バンダイさんのお墨付きまで貰ったんだから、誰がどう言われようと、ガンダムシリーズの一環です。とはいえ、「ガンダム」そのものとしてアナウンスされていかったことからも分かる通り、基本的にガンダムシリーズと一定の距離に置いている作品だと想像できます。

 将来、設定遊び好きなガンダムファンによって、Gレコもきっとガンダムの「年表」に組み込まれるのでしょう。しかし、『∀ガンダム』以上曖昧な立ち位置にいるかもしれないGレコを上手く処理できるかどうか、いささか疑問を持たないわけではありません。『∀』とリンクする!?と期待しちゃう人は、また失望するかもしれませんね。

 それでも、ガンダムファンの界隈には桁外れ猛者がいるのですから、彼らならばきっとGレコを上手くこめるのでしょう。そういうのも、ある意味見ものかもしれません。



 最近忙しいので、これ以上のネタは思いつきません。ご容赦を。

▽続きを読む▽

The Reason to Called TOMINO's New Work G-RECO as "a GUNDAM Anime without GUNDAM"

2013/10/27 21:50|未分類TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - The Reason to Called TOMINO's New Work G-RECO as
I have introduced the news of YOSHIYUKI TOMINO's new work "Reconquista of G", and said it will be the first GUNDAM animation without "GUNDAM" in the title.

However, it seems some people say "Wait a minute! Mr. Tomino said he wouldn't make GUNDAM anymore, and G-RECO is technically not a GUNDAM."

Yes, I knew TOMINO-san surely said so. Still, I think my explanation is not so ridiculous. It is a little complicated, so today I want to tell about why I called G-RECO as "a GUNDAM Work without GUNDAM".



First, when Tomino-san joined a radio program in May 2010, he said he would make a ”ガンダムじゃないけどガンダム的な作品”, which means "not a GUNDAM but GUNDAM-wise animation." It means that the new story will relative to something about former GUNDAM stories.

Second, according to "はじめたいキャピタルGの物語(The Story of Capital G)", an archetype story of G-RECO written in October 2010, Tomino showed a short story about the space elevator, man machine(=MS), universal century, and a mystery robot called "G". Since G-RECO also has the space elevator, it means that G-RECO is surely a story relative to GUNDAM world, just like the archetype story.

Third, Bandai announced G-RECO in a GUNDAM promotion and said those animations will be a part of GUNPLA's 35th anniversary. TOMINO works for the animation production company Sunrise, and Sunrise is a subsidiary of BANDAI, so we can say that Bandai has much more right than Tomino-san. Since BANDAI said so, it it no doubt that G-RECO will be a story about GUNDAM.



Anyway, according to snippets of information, we can know that "Reconquista of G" is probably a story far into the future but between UNIVERSAL CENTURY (the era of 1st~V, G-Savior) and CORRECT CENTURY (the era of TURN-A GUNDAM). Since BANDAI has prepared GUNDAM-ORIGIN for UC fans, BUILD-FIGHTER for plastic model fans, G-RECO will get more freedom to let TOMINO to make his new animation.

Having no relation to former GUNDAM means G-RECO cannot reach old GUNDAM fans immediately but restart to get its own fans. For sells of DVD/BD and plastic model, it may means that TOMINO will face a new challenge. However, Tomino can become the pioneer of GUNDAM again, and undoubtedly "Reconquista of G" will breath some fresh air into the series. So, just let us wait and see.



Finally, I want to say one more thing. Some people say that TOMINO-san hates GUNDAM, and it is not correct. It is true that TOMINO had a lot of complex of GUNDAM series and BANDAI&SUNRISE. But right now, TOMINO becomes much more positive to GUNDAM and says so. "Since I knew I cannot close down the GUNDAM series, I rather live with GUNDAM in my rest life. GUNDAM brings the money and honor to me, and I can use GUNDAM to send some messages to younger generation, so I have confident to say that I like GUNDAM today." What a tough and cute guy, isn't it?

▽続きを読む▽

『ヒストリエ』岩明均が次回作構想語る

2013/10/26 19:30|未分類TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『ヒストリエ』岩明均が次回作構想語る
 仕事関係で今月号のアフタヌーンをゲットしましたが、今年の「ヒストリエ」の欄外には思わぬ話がありましたので、ここで紹介します。

 なんと、作者の岩明均氏が新作構想をまとめている最中で、しかもこの新作を別の漫画家に譲り、「ヒストリエ」と並行させようとしているつもりだそうです。

 「ヒストリエ」の進行がとても遅い状況なのにこんな話を、とも思いましたが、まあ書いています。
 ちょっと長いけど。今から4年前の2009年8月、私は漫画の原作を1つ完成させました。
 このシナリオは、そのさらに5~6年前に大まかな原型が頭に浮かび、忘れないようにとノートにメモし出したのが始まりです。
 漫画執筆の妨げにならぬように外出時にノートを持ち歩き、外食で料理を待つ間とか、病院で待たされる間にメモを書き続けました。

 結果5~6年で物語が完成したのですが、分量はさほど多くありません。
 ただ、ノートになぐり書き状態なので他人にはよく読めません。
 そこで他人にも読めるように清書を始めました。
 これも「ヒストリエ」の妨げにならぬよう、掲載回の合間の1日2日にわずかづつ。
 そうして4年まだ完成していません。

 大した量ではないのですが。
 「ヒストリエ」が特に手間取っているので、その清書もここ1年近く中断しています。
 ですが、いずれは完了するでしょう。
 そしてどなたか他の漫画家の手に渡れば、私など比較にならぬ速さで作品化してくれると思います。

 その時に、「ヒストリエの進行がこんななのに、同時進行で何やっているのかな?」というお声をいただくかもしれないと思ったのもので、まずは先行してご報告しようと思いました。
 いずれにせよ今しばらく先の話ですけど。

 岩明原作、他人作画の漫画でいえば、『ブラック・ジャック~青き未来~』があります。単行本のクレジットは「山石日月」となっていますが、まぁ岩明氏の遊び心でしょうね。

 恥ずかしいながら、この話は読んだことありません。しかし、察するにシナリオと作画に乖離がある作品でしょう。そしてこの作品「青き未来」の結末を見れば、性質はやや異なりますが、なんとなくこの新作構想の行く末を予測できなくもありません。

ブラック・ジャック~青き未来~ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)ブラック・ジャック~青き未来~ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)
手塚 治虫,中山 昌亮

秋田書店

Amazonで詳しく見る by AZlink


 岩明氏の漫画を読む限り、氏が一番すごいのはシナリオではないと分かります。厳しい話ですが、岩明氏のシナリオは確かに全体でいえば上のクラスですが、最上級ではありません。

 しかし、『寄生獣』や『ヒストリエ』を読んでると、ページをめぐるたびに、その空気感を味わえることになります。氏の筆の下で、あの物語世界は圧倒的に生きている、と認めざるを得ません(いや、もともと認めてますけど)。

 なぜならば、岩明氏の「間」の作り方は、現在の漫画家のなかでも抜群に上手いからです。一つの要素として抜き出して語るのもおかしいですが、それが氏を世界クラスの漫画作家に押し上げたのも、紛れもない事実である。

  ここで「間」の演技を語りだしたらキリがありませんので、省略します。

月刊 アフタヌーン 2013年 12月号 [雑誌]月刊 アフタヌーン 2013年 12月号 [雑誌]


講談社

Amazonで詳しく見る by AZlink


 とにかく、新作について、おそらく岩明氏はシナリオだけの参加になるのでしょう。「ヒストリエ」という現行している傑作があれば、それは仕方ないことです。私個人の望みでいえば、やはり氏の生きている間には完成してほしいと思っています。

 しかし、それでは我々は『雪の峠・剣の舞』『ヘウレーカ』みたいな短編の傑作を読めないのでしょう。岩明氏の濃度でいえば、新作はおそらく「青き未来」を上回るのでしょう。ただ、あの独特の「間」、あのテンポ、あのリズムこそが岩明作品の最大の武器である以上、岩明作品ほどの完成度が見られないでしょう。それはすごく残念だと思います。

 願わくば、岩明氏にはせめてネームのチェックもしてほしいものです。ただ、それも「ヒストリエ」を妨げることになるのでしょう。そう考えると本当にいろいろと難儀である。

ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)
岩明 均

講談社

Amazonで詳しく見る by AZlink

富野新作タイトル確定 サンライズが「Gのレコンギスタ」を商標登録出願

2013/10/24 22:12|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野新作タイトル確定 サンライズが「Gのレコンギスタ」を商標登録出願
 富野由悠季監督が進行中の新作アニメ企画「Gレコ」に関して、サンライズは2013年9月5日の時点ですでに『Gのレコンギスタ』という商標として正式に出願したことが分かりました。

 富野監督が7月15日のラジオ公開収録で、すでに構想中のタイトルが「Gのレコンギスタ」と漏らしましたが、今回アニメ制作会社であるサンライズの商標登録出願は、正式にこれを裏づけることになっています。

 これで、富野由悠季監督の新作の正式タイトルが『Gのレコンギスタ』(読み:「ジーノレコンギスタ」)であることは確定しました



 「Gのレコンギスタ」として商標登録を出願したのは、以下の三項です。 

商願2013-069534
商願2013-069535
商願2013-069536

 Gの読みが「ジー」であることから、「ガンダム」の読みにはなっていませんけれど、それでも別の措置でガンダム系列と関係付けすると予想されます。

 また、日本の版権そのものに詳しいわけではありませんので、細かい説明は省略させていただきますが、とりあえずサンライズが他に取った作品の商標と見比べれば、いろいろ分かると思います。

 とはいえ、今回の出願を見れば、今回の作品はガンダムのタイトルそのものを冠してませんが、「キングゲイナー」パターンではなく、やはり「ガンダム」パターンを辿っていると分かります。この話の意味はあえて説明しませんが、賢明な方ならばきっと分かると思います。

▽続きを読む▽

YOSHIYUKI TOMINO's New GUNDAM Has Applied for the Trademark "Reconquista of G"

2013/10/24 22:11|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - YOSHIYUKI TOMINO's New GUNDAM Has Applied for the Trademark
 The famous Japanese animation director YOSHIYUKI TOMINO, as known as the father of MOBILE SUIT GUNDAM (Kidou Senshi Gundam), is preparing his newest animation "G-RECO" now, and his animation production company SUNRISE has applied a trademark called "Gのレコンギスタ" for this new work, which means TOMINO's new title will be "Gのレコンギスタ". Translate it into English, it probably will be "Reconquista of G".

 Since the toy company Bandai announced Tomino's latest animation will be released after UNICORN GUNDAM in a GUNDAM promotion on July 2nd, we knew that G-RECO is also one of the GUNDAM series. And now we can know the formal title of this newest GUNDAM story is called "Reconquista of G".

 However, according to the trademark application of "Reconquista of G", we can find that the "G" of "Reconquista of G" doesn't call "GUNDAM" but only alphabet "G". It means "Reconquista of G" is much different from any former GUNDAM, which is the first GUNDAM animation without "GUNDAM" in the title.

 Tomino has made a unique Turn-A GUNDAM in 1999. This time, he wants to show us a brand new GUNDAM world with the Space Elevator. Can he accomplish his Reconquista (get back lost territory or glory) for GUNDAM? Just let us wait and see.

 BANDAI and SUNRISE don't say when they officially release "Reconquista of G" yet, however it is believed that TOMINO's new work will be broadcast in Spring 2014.

(Forgive me, I only have poor English as you can see. However if you have any opinion of this article, please send a comment for me, thx. English, Japanese, or Chinese ALL OK!)



FURTHER READING:
YOSHIYUKI TOMINO's New Work "Reconquista of G" Coming Spring 2014!!!(2013/07/16)

▽続きを読む▽

日昇動畫註冊商標「Gのレコンギスタ」(G的復興) 富野監督新作標題正式確定

2013/10/24 13:59|給華文讀者TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日昇動畫註冊商標「Gのレコンギスタ」(G的復興) 富野監督新作標題正式確定
富野由悠季監督的動畫新作企畫「G-RECO」(Gレコ)目前在水面下正進行得如火如荼,
動畫製作公司SUNRISE(日昇動畫)已經於上個月5日申請註冊了「Gのレコンギスタ」作為商標,
正式標題可說已經確定


SUNRISE的母公司BANDAI已於7月2日公開宣佈富野新作正作為鋼彈系列的一環進行中,
而富野監督更曾經於7月15日不小心爆出新作品的標題。
當時的富野尚未做出最後決定,
不過本作SUNRISE正式申請商標,
等於間接證實了最終標題,便是「Gのレコンギスタ」。

關於「Gのレコンギスタ」的中文正式譯名如何,
我們尚無法置喙,不過如果以英文來看,
那麼便會是「G Reconquista」或是「Reconquista of G」,
直譯下來,中文將會是「G的復興」

相信正式標題當然不會那麼「矬」,
但按照前幾作的中文命名法則,
或許「機動復興」「復興戰士」也是不無可能(笑)。

另外還有一個值得一提的是,
「Gのレコンギスタ」的「G」並非如外界一般揣測會冠上「GUNDAM」的讀音,
而是直接以「G」的英文字母來發音。
不過,既然已經作為鋼彈系列一環發表,
那麼可想像會以別的方式與鋼彈進行連結,
同時也合乎富野監督所說「這是一部是鋼彈而非鋼彈的作品」。

(關於Reconquista以及G的說明,請看上一篇中文介紹)
富野由悠季導演2014年新作標題確定――「Gのレコンギスタ」(GUNDAM復興)!!!

「G Reconquista」的正式播放日尚未公佈,但根據片段資訊來源判斷,一般認為會是在2014年4月。
至於作品後續情報公開,則可能會在今冬,最晚大約會落在明年1月。

堺雅人與富野共演CM中出現G-RECO的新鋼彈?

2013/10/24 13:59|給華文讀者TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 堺雅人與富野共演CM中出現G-RECO的新鋼彈?
日本SKY PerfecTV!最近以堺雅人拍了一連串系列廣告,
最新一波介紹了富野的「想創作動畫就不要只看動畫」等發言,
於18日開始在網路及日本電視上播放。

而在30秒的CM裡,竟然出現了很有可能是遙傳富野明年播放新作
「G-RECO」(或G-Reconguista)的各種全新設計圖。

廣告在此。但非日本IP看不見。




以下為本次所揭露的新設計圖。

1 電腦上的彩稿 小型船之類的?
vipper9890.png
vipper9891.png


2 黑白的機械設計圖 在宇宙電梯上移動的基地之類的?
vipper9892.png


3 分鏡稿 內容完全讀不出來...
vipper9894.png


4 新型鋼彈? 該不會就是新作的MS?
vipper9895.png
vipper9896.png


G-RECO遲遲不公開,讓許多人好生著急,
不過看了這個廣告就可以知道,
至少整個企畫的確還順利進行當中,
同時也可以看看這些圖揣測一番,以過過乾癮。

(備註:本文原作於10月18日當天,故與現在情報有所落差,請多加見諒。)

「ラ・セーヌの星」コミカライズ版が復刻 富野監督がラスト1クールを担当

2013/10/23 13:35|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「ラ・セーヌの星」コミカライズ版が復刻 富野監督がラスト1クールを担当
 富野由悠季監督が1975年『勇者ライディーン』降板後、ラスト1クールのみ監督を引き受けた作品『ラ・セーヌの星』のコミカライズ版は復刻されることが分かりました。1巻は来月、2巻は来年1月に発売される予定になります。



富野由悠季監督「ラ・セーヌの星」コミカライズ版が復刻 (コミックナタリー) - Yahoo!ニュース

TVアニメ「ラ・セーヌの星」の、森村あすかによるコミカライズ版が、復刊ドットコムより全2巻の愛蔵版として発売される。1巻は11月下旬、2巻は2014年1月下旬にそれぞれ刊行される予定。

「ラ・セーヌの星」は1975年に放映された、パリを舞台とした大河ドラマ作品。花屋の娘として生まれた主人公が、仮面の剣士「ラ・セーヌの星」として民衆を救うために戦うというストーリーだ。後半の数話では、富野由悠季(当時は富野喜幸)が監督を務めていたことでも知られている。

この愛蔵版には本編のほか、原作を務めた金子満による「『ラ・セーヌの星』にまつわる秘話&コミック未完の真相」を新たに収録。さらに復刊ドットコムの通販ページで全2巻を同時に予約した人の中から抽選で30名には、森村の直筆サイン入りで1巻が届けられる。

 原作者金子氏の秘話とかに興味がないわけではありませんが、ラスト1クールのみ担当した富野監督の話が出てくる可能性はおそらくそれほど高くないでしょう。あればちゃんと読みたいです。

 それにしても、話題性のためにあえて富野監督の名前を前に出したのは分かりますが、それにしてもせめて文中に出崎哲氏(出崎統の実兄)の名前を出してもいいじゃないですかね。

ラ・セーヌの星 愛蔵版 1ラ・セーヌの星 愛蔵版 1
金子満 原作 / 森村あすか 作画

復刊ドットコム 2013-11-20

Amazonで詳しく見る by AZlink


 あと、同時期で似たような題材であっただけに、なにやらこれを『ベルサイユのばら』に混同しちゃう人はいますが、長浜忠夫氏が監督を務めたのは『ベルサイユ』のほうですよ?

フランス革命の肖像 (集英社新書ヴィジュアル版)フランス革命の肖像 (集英社新書ヴィジュアル版)
佐藤 賢一

集英社
売り上げランキング : 93325

Amazonで詳しく見る by AZlink

ラ・セーヌの星 DVD BOX 上巻ラ・セーヌの星 DVD BOX 上巻
二木てるみ,広川太一郎,武藤礼子,阪脩,水池通洋,出崎哲,富野喜幸

メディアファクトリー
売り上げランキング : 47501

Amazonで詳しく見る by AZlink

ラ・セーヌの星 DVD BOX 下巻ラ・セーヌの星 DVD BOX 下巻
二木てるみ,広川太一郎,武藤礼子,阪脩,水池通洋,出崎哲,富野喜幸

メディアファクトリー
売り上げランキング : 58561

Amazonで詳しく見る by AZlink

富野監督と半沢直樹のCMに出てくる絵はもしや新ガンダムだと思った? 残念! どうやらカモフラージュでした!

2013/10/21 23:53|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野監督と半沢直樹のCMに出てくる絵はもしや新ガンダムだと思った? 残念! どうやらカモフラージュでした!
 先日、スカパー!のブランドイメージCMに、富野由悠季監督と堺雅人氏が共演することは、インターネットを中心に大きな話題となりました。いいえ、今でも話題になっているようです。それだけ「富野+半沢直樹」の衝撃が強いことです。

 一方、「富野+半沢」以外のことも、話題になっています。CMに出ている富野監督は仕事をしていますが、その手がけている仕事は、どうやら新作「Gレコ」のものという可能性が大きいと思われます。

 詳しい話は本ブログの記事富野新作『Gレコ』最新デザイン画確認!? 堺雅人とのスカパーTVCM「ココロ動かすアニメ篇」でを読むのがオススメですが、そのなか特に注目されているのは、なんといってもこれです。



vipper9895.png
vipper9896.png

 これです。壁の上に貼り付けている、どう見てもガンダムのアレです。

 これは、もしや新ガンダムの主役MSなのでは…? という期待はさっそくも浮かび上がりましたが、残念ながら、どうやら違うようです



 実は、先日CMの内容を速報したところで、こんな情報を頂いたのです(この場を借りて、再び感謝!)。

あの壁に掲げられている謎ガンダムのラフは、安田朗デザインのものですね
あきまんTVで一瞬だけ見せて、「なんかCMで使うからデザインおこせ言われたんで書きました」と言っていました
そして、「これみたらみんな『あれが新しいガンダムだ!』ってなるからおもろいぞ」とも言っていました
つまりこれはカムフラージュの可能性もあるという事だと思います


 また、別のところからも同じ話が伝えてきました。


 なので、このMSの絵は富野監督の新作と関係ない可能性が大です。

 あきまんは気分屋であり、イタズラ屋の気質を持つお方なので、冗談を言っているとか、カモフラージュのためのカモフラージュとかの可能性も否定できません。それでも、こういう情報が伝えてきた以上、しばらく期待を保留するほうがいいかもしれません。

 もちろん、絵コンテ、デザイン画が本物である以上、富野監督のGレコが今でも進んでいるのは間違いないことです。それでもロボットがいわばロボットアニメの顔ゆえ、とても重視されるのも頷きます。本当の本当のデザインが公開されるのは待ち遠しいものです。

プライドの証明プライドの証明
ヤスダ

安田 朗
売り上げランキング : 61154

Amazonで詳しく見る by AZlink

熱愛だった富野監督はいかにして「非あまちゃんファン」になったのか? -富野由悠季『あまちゃん』発言まとめ-

2013/10/20 12:54|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 熱愛だった富野監督はいかにして「非あまちゃんファン」になったのか? -富野由悠季『あまちゃん』発言まとめ-
 先日、富野由悠季監督はウェブマガジンでいきなり「非あまちゃんファン宣言」をして、多くの人をビックリさせました。

 もともと高人気を誇っていて、有名人を含めてたくさんのファンを持ち、なおかつ先月に終わったばかりの『あまちゃん』なだけに、このあまりにも早い転向宣言に興味を持つ人もいるでしょう。

 もともと話題性抜群の『あまちゃん』ですが、なぜか「富野監督もあまちゃんファン」というネタがいやに各種なメディアに取り上げられていますが、端から見れば実に妙な感触がないわけでもありません。

 まぁそれはいいとして、今日は、そんな富野由悠季監督が『あまちゃん』についての発言をまとめて紹介したいと思います。



1、いきなりガンダムトークショーで「あまちゃんラブ」を告白

 そもそも富野監督が「『あまちゃん』が好き」と発言したのは、7月15日のことでした。NHK渋谷アニメランドの公開録音の席上で、富野監督はいきなり発動しました。

富野新作Gレコの正式?タイトルは「Gのレコンギスタ」--あまちゃん言及部分 - シャア専用ブログ@アクシズ

富野 別にこの番組がNHKだからあまちゃんを持ってきたわけではなくて。この1、2ヶ月、僕にとってそれこそ、今ここで話たような事を、年寄りにとって息をつかせるようなお話だからです。お話だけじゃなくて、テーマ曲も、なるほどツボにはまった時はこれかよー、作り手はコワいところにくるよねー、って見事にハマってるっていう意味で、要するに、ものをつくる・作品を作るって時に一番憧れるところに今あるのが、あまちゃん。
(中略)
公共に向けて語られる・オンエアされるものってものは、こうでなくちゃいけないってことです。どういうことかと言うと、だって陰らないでしょ、あまちゃん観てて。
(中略)
観てない人にもうちょっとお話しなくちゃいけないのは「単純に視聴者に対して元気を与えているから、朝の連ドラとして」だけではないんです。これは宮藤官九郎さんの作劇論が優れているのもあります。
(中略)
このくらい好きな場合ってのは(自分のアニメ作りが)絶対に影響されます。イヤでも影響されます。

 どうでしょうか。以上の話を読んだだけでも、富野監督にしては饒舌だなぁと思っている人はいるかもしれません。全部の話は長いですので、リンク先で読んでください。

 しかし驚くべきなのは、この「あまちゃん」に関する長話自体は、完全に富野監督個人によるアドリブで、まったくの脱線でした。この公開録音は、そもそもガンダムがテーマでした(実際、オンエアではカットされたようです)。

 ここ数年、富野監督はなぜか一部のメディアでは辛口評論家にされていることが多いようですが、このようなイメージに反して、実際の富野監督はあまり他人の作品の良さ悪さを口にしない人です。いいえ、他人の作品を言及すること自体を避けている気配さえあります。

 にも関わらず、他人の作品を評論したがらない富野監督がたった1作のために、ここまでの時間を割ったのは、ひょっとしたらここ10年では「あまちゃん」が唯一でした。これだけでも、富野監督の「あまちゃんラブ」ぶりを分かるはずです。

あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1
能年玲奈

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
売り上げランキング : 58

Amazonで詳しく見る by AZlink



2、いきなり寄稿を寄せる

 しかし、これだけでは物足りないためか、富野監督はいきなり予告なしで、本にも寄稿を書きました。

あまちゃんファンブック  おら、「あまちゃん」が大好きだ!あまちゃんファンブック おら、「あまちゃん」が大好きだ!


扶桑社
売り上げランキング : 185

Amazonで詳しく見る by AZlink

 ラジオではなく書籍であるためか、この寄稿に関しては、メディアにも取り上げられました。

富野由悠季監督:「あまちゃん」を異例の大絶賛 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親で“毒舌”で知られる富野由悠季監督がNHK連続テレビ小説「あまちゃん」を絶賛している。富野監督は、書籍「あまちゃんファンブック おら、『あまちゃん』が大好きだ!」(扶桑社)に寄稿し、「(脚本の)宮藤官九郎の構成の組み立て方も巧妙」「この番組がすごいのは、現代の地方と東京の関係性というものをテーマとして据えているということ」などと異例の絶賛の声を送っている。

 富野監督はさまざまな作品に厳しい意見を持つことでも知られており、「あまちゃん」に対しても「NHKの番組がAKB48をなぞってどうする」と一部、苦言を呈す一方で、「劇の面白さがそのような大人の事情を忘れさせてくれています。このあたりの組み立て方には、さすがテレビドラマの名手の腕の冴えを見ることができます」と制作陣を称賛。また、クリエーターならではの目線で作品の魅力を分析している。

 どうでしょう、このような大絶賛ぶりを得られるのは、おそらく近年では『風立ちぬ』くらいしかないでしょう。というか、『風立ちぬ』でさえ「技術と時代性を描いた点」のみに評価された感触です。

あまちゃん 完全版 Blu-ray BOX 2(Blu-ray Disc)あまちゃん 完全版 Blu-ray BOX 2(Blu-ray Disc)
能年玲奈

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2013-11-08
売り上げランキング : 47

Amazonで詳しく見る by AZlink



3、いきなり「非あまちゃんファンになった」と宣言

 とはいえ、9月放送後の角川「ちょくマガ」配信では、富野監督はいきなりビックリの「非あまちゃんファンになった」と宣言しました。

富野由悠季/トミノ流のトミノ vol.015 非あまちゃんファンになった - ちょくマガ|KADOKAWA

ずっと『あまちゃん』ファンを公言してきましたが、
最終回まで見て考えが変わり、

非あまちゃんファン

になりました。

 上の話自体は有料ウェブマガジンの内容なのでこれ以上紹介できませんが、その理由は、同じく角川の出版物である「東京ウォーカー」では説明されています。

富野由悠季監督が“非あまちゃんファン”に転向? (東京ウォーカー) - Yahoo!ニュース

 発端は、自身のメルマガ「トミノ流のトミノ」(ちょくマガ、KADOKAWA)で公開された「非あまちゃんファンになった」という最新号の配信。「『あまちゃん』ファンを公言してきましたが、最終回まで見て考えが変わり、非あまちゃんファンになりました」と宣言しているのだ。

その中で監督は、ヒロインに加えその母親の青春時代をシンクロさせる『あまちゃん』の展開に言及し、バブルに沸いた“空白の80年代”をあぶりだしつつ、“3・11以後の東北”を描き出す、ことを期待していたことを表明。最終回まで見て、“主人公たちが震災後の現実にどう立ち向かっていくか”の方向性を、抽象的な表現ではなく示してほしかった、と綴っている。

一方で、視聴者の心に強く残る登場人物の描き方や、物語を締めるテクニックへの感動を表明し、「これは年寄りの言い草です」と締めており、期待と愛情が大きいからこその苦言、と言えそうだ。

 なお、ちょくマガでの考察は、まだまだ続きますので、気になる方は「ちょくマガ」を購読するか、このブログの続報を読んでくださいね。

あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX3<完>あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX3<完>
能年玲奈

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2014-01-10
売り上げランキング : 86

Amazonで詳しく見る by AZlink



4、いきなり「ぼくのかんがえた『あまちゃん』最終回」を考え出す。5000字で

 それでも、富野監督はそれでも気が収まらずに、さらに宇野氏編集のファンブックにも寄稿を寄せたのです。

 また、上掲の雑誌記事によりますと、さらにこんな内容まであるようです。

ちなみに富野由悠季監督は、宇野常寛さん編集の『あまちゃんメモリーズ』(文藝春秋社、2013年10月31日発売、税込1365円)に、視聴者がこういうラストを期待していたのでは、という具体例を寄稿しているとのこと。また、メルマガでもさらに『あまちゃん』を考察するとのことなので、期待したい。

 非あまちゃんファンになったと言いつつも、理想的な最終回まで考えたとは微笑ましいものですね。

あまちゃんメモリーズ    文藝春秋×PLANETSあまちゃんメモリーズ 文藝春秋×PLANETS
宇野 常寛,中森 明夫,茂木 健一郎,大友 良英,中川 大地,青木 俊直,シラトリ ユリ

文藝春秋 2013-10-31
売り上げランキング : 101

Amazonで詳しく見る by AZlink



まとめ

 『あまちゃん』の影響力は実に大きいものです。最近の「ごちそうさん」とか見ると、数字で見ればそれほどでもないようですが、「隠れあまちゃんファン」は数多く存在し、『あまちゃん』の続編を望んでいる声も多数あります。事実、それを頼って地域起しをするところもあります。

なるか、三陸鉄道の脱「あまちゃん頼み」 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース

■ 「あまちゃん」効果で観光客は23倍に! 
 今年7~8月、小袖海岸の「海女センター」には7万5700人の観光客が訪れたという。前年同期は3250人というから、実に23倍も増えたことになる。
 小袖海岸では地元のボランティアが、ドラマに使われたあちこちの場所について詳しく説明してくれた。そのにぎわいを楽しんだ後は、バスで再び久慈駅前に戻ってきた。
 今回の旅の目的は、三陸鉄道の「お座敷列車」に乗ることだ。三陸鉄道はドラマでは「北三陸鉄道」という名前で、主人公や主人公の母親が東京へ旅立つシーンをはじめ、数々の重要な場面で登場している。

 一方、富野由悠季監督のように、自分のなかではすでに一区別をついた人もいるようです。富野監督は同じく映像作家で、今でも新作「Gレコ」を作っている最中なので、いつまでも他人の作品に捉われてもしょうがないと理解できます。

 それゆえに、富野監督が考えた「あまちゃんの最終回」にはとても興味あります。東日本大震災を経て、いかにフィクションで乗り越えるのか。本発売されたら、またここで紹介したいと思います。

あまちゃんファンブック2 おら、やっぱり「あまちゃん」が大好きだ!あまちゃんファンブック2 おら、やっぱり「あまちゃん」が大好きだ!


扶桑社 2013-11-30
売り上げランキング : 273

Amazonで詳しく見る by AZlink

富野新作『Gレコ』最新デザイン画確認!? 堺雅人とのスカパーTVCM「ココロ動かすアニメ篇」で

2013/10/18 04:25|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:8
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野新作『Gレコ』最新デザイン画確認!? 堺雅人とのスカパーTVCM「ココロ動かすアニメ篇」で
  連続ドラマ『半沢直樹』で一躍時の人となった堺雅人氏は現在スカパー!のブランドキャラクターを勤めておりますが、その第三弾TVCM「ココロ動かすアニメ篇(30秒)」で、堺氏は『機動戦士ガンダム』などで著名なアニメーション監督・富野由悠季氏と共同出演しました。

 そのCMが日付が18日に変わった瞬間、公式によってアップされましたが、その映像のなかに、なんと富野由悠季監督の最新作『Gのレコンギスタ』らしき画像が確認されています。

 これが件のCMです。




 撮影のためにセットした仕事部屋の再現ですが、CMのなかで、富野監督が手がけている絵は全て旧作に出てこなかったデザインなので、ほぼ最新作「Gレコ」のものだと断言できます。また、公式によれば、「今回のCMの中に登場する原画やコンテは全て富野監督が実際に書かれている大変貴重なものです」とのことです。



 以下は、CMのなかで確認できる画像の一覧です。

1、カラーイラスト

vipper9890.png
vipper9891.png

 見たところ、宇宙で使われる小型艇みたいなものだそうです。宇宙エレベーターとなんらかの関連性があると思われます。



2、デザイン画

vipper9892.png

 1の小型艇に比べたら、やや大きいように見えます。扇形をしているところから見れば、形は前より大きく異なっているけど、宇宙エレベーターに移動するコンドラのように見えます。



3、絵コンテ

vipper9894.png

 紛れも無く絵コンテそのものです。絵ヅラは読み取れませんけれど、たぶん新しいものだと思われますので、実質的にGレコしかありえません。



 これだけでも大興奮する人はいると思いますが、一番衝撃的なのは以下の4です。堺雅人氏の背後に注目してください。

4、新ガンダム…?

vipper9895.png
vipper9896.png

 どうみてもガンダムです。そして、どうみても今まで出たこともないデザインです。もうこれだけで、おそらくこれが富野新作『Gレコ』のデザインだと思います。

 もちろん、記事の冒頭にも書きましたが、この撮影はあくまで「セット」なので、本当に壁に貼り付けているとは限りません。一方、1~3などで見たとおり、新作のデザインを披露したならば、4もその可能性があります。



まとめ

 以上の4つは全貌を表したわけではありませんので、正直いまいち判別できない部分もあります。

 それでも、主役ガンダム?と思われるMSのシルエットについてもっと語りたいし、他のデザインに関してもより詳しい情報が出たら、その変遷を比較したいと思いますので、ぜひご期待を。

 それにしても、なんでスカパーなんでしょうね。これで「富野新作はスカパーか!?」という憶測がさっそく飛び出してるんですけど、まったくありえないこともありません。とはいえ、せっかく8年ぶりのテレビシリーズなので、やはり思い切って地上波で見たいものです。

月刊 スカパー ! 2013年 11月号 [雑誌]月刊 スカパー ! 2013年 11月号 [雑誌]


ぴあ 2013-10-24

Amazonで詳しく見る by AZlink


▽続きを読む▽

スカパー!ブランドTVCMに堺雅人と富野由悠季が夢の競演 10月18日オンエア開始

2013/10/17 22:21|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:3
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スカパー!ブランドTVCMに堺雅人と富野由悠季が夢の競演 10月18日オンエア開始
 連続ドラマ『半沢直樹』で一躍時の人となった堺雅人氏は現在スカパー!のブランドキャラクターを勤めておりますが、その第三弾TVCM「ココロ動かすアニメ篇(30秒)」で、堺氏は『機動戦士ガンダム』などで著名なアニメーション監督・富野由悠季氏と共同出演することが分かりました。放送は10月18日(金)から、一部地域を除き全国オンエア開始とのことです。

 詳しい情報は、以下のスカパー!公式のアナウンスサイトをご覧下さい。ニュースリリースのほか、ストーリーボードや出演者のプロフィールなども掲載されています。



スカパー!ブランドTVCM堺雅人さん出演の最新CM共演はアニメーション監督の富野由悠季さん!~10月18日(金)から一部地域を除き全国オンエア開始

スカパーJSAT株式会社(東京都港区、代表取締役 執行役員社長 高田真治)は、堺雅人さんを起用したブランドCM「ココロ動かす」シリーズの第三弾TVCMを制作しました。最新作「ココロ動かすアニメ篇(30秒)」は、2013年10月18日(金)から、一部地域を除き全国で放送いたします。

昨年9月よりブランドキャラクターを務めていただいている堺雅人さんを起用し、今回で第三弾となる「ココロ動かす」
シリーズ。毎回「ココロを動かすこと」をテーマに、コンテンツの作り手にフォーカスを当て、ココロが動くことの素晴らしさ、ココロを動かす為に作り手は心血を注いでコンテンツを作っていることを、堺雅人さんの語りで紹介します。    このシリーズを通じて、スカパー!のコンテンツに対する想い、様々なジャンルの番組を提供するスカパー!の魅力をお伝えしていきます。

■第三弾の共演者は、アニメ監督の富野由悠季さん                             
「ココロ動かす」シリーズの第三弾は、アニメ監督の富野由悠季さん。日本のテレビアニメの草創期から作品づくりに携わってきたアニメ界の重鎮。機動戦士ガンダムを始め、数多くの人気作を世に送り出しています。
そんな富野監督のアニメーション作りに対する思いを堺雅人さんに語っていただきます。

■TV CMについて(コピーライター橋口幸生のコメント)    
あのガンダムを産み出した日本を代表するアニメーション監督・富野由悠季さんのCM初出演作です。
堺雅人さんと富野由悠季さん、全く異なるジャンルのトップクリエーター2人が醸し出す独特の雰囲気を味わっていただければと思います。
撮影にあたり、富野監督には作品用の設定画やイメージイラストなど、数多くの貴重な資料をご用意いただきました。
ぜひ目を凝らしてCMの隅々までしっかりと見てみてください。アッと驚くようなものが映っているかもしれないですよ。

■CMストーリー                          
「ココロ動かすアニメ篇 (30秒)」
所狭しと本棚やパソコンが並ぶ作業部屋の中で、富野監督はデスクに向かい、紙に絵コンテを書き、時にパソコンを操作し、また参考資料に目を通しながら、これから世に出るであろう作品を制作しています。その様子を、横の棚に腰掛け、富野監督の創作活動を眺めている堺雅人さん。
カメラを見て、堺さんがモノローグを始めます。『富野さんは、アニメを志す若者たちに、こう言っているそうです。「アニメなんて見るな」「アニメばかり見ている人間のつくるアニメはつまらない」と。無茶苦茶なようにも聞こえますが、あらゆる分野から吸収した結晶こそが、富野さんの作品です。自分がたくさんココロ動かされなければ人のココロは動かせない。そういうことなのでしょう・・・ね。』富野監督に語りかけた後、おもむろにデスクにある富野監督が書いていた絵コンテを手にとり、中身を見る堺さん。中身を見て感心しているところで、白バックに「スカパー!」のロゴがカットインします。

■撮影エピソード                          
今回のCMの中に登場する原画やコンテは全て富野監督が実際に書かれている大変貴重なものです。富野監督もクリエーターであり、企画の趣旨をご理解いただき、細部に渡り本物にこだわられ、ご自身が実際に使われているものを使用し、普段の仕事現場を再現して撮影を行いました。富野監督の細かい仕草ひとつひとつに、ご自身が関わる作品に対するこだわりと、気持ちが伝わってきます。
堺雅人さんには、いままでのシリーズ同様、長めのナレーションを語っていただくスタイル。ミスなく、しっかりとした口調でナレーションを読み上げていく堺さんの演技に、その場にいた全員があらためて驚かされました。
撮影の合間には、堺さんと富野監督が談笑する場面もあり、なごやかな撮影現場になりました。このシリーズでしか実現しないであろう、お二人の共演シーンをお楽しみください。

 堺雅人氏と富野由悠季監督。まるで夢のような競演です。そして、これは富野由悠季監督の初CM出演でもあります。映画も出演したことありますので、あとは声優デビューのみですね(?)。

 あと、実物の原画やコンテとかは、夢を膨らませますね。撮影用なのでさすがに新規とは思えませんが、画面がクリアならば、中身を読むこともできますので、早く見たいですね。

 しかし、とはいえ、例のごとく、海外に住んでいる私は当然見ることができません。なんとか見れる方法は無いのかな。というか神様は存在しているのかな…(ボソ)。

スペシャルドラマ「リーガル・ハイ」完全版 Blu-rayスペシャルドラマ「リーガル・ハイ」完全版 Blu-ray
堺雅人,新垣結衣

TCエンタテインメント
売り上げランキング : 275

Amazonで詳しく見る by AZlink

オレたち花のバブル組 (文春文庫)オレたち花のバブル組 (文春文庫)
池井戸 潤

文藝春秋
売り上げランキング : 20

Amazonで詳しく見る by AZlink

オレたちバブル入行組 (文春文庫)オレたちバブル入行組 (文春文庫)
池井戸 潤

文藝春秋
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る by AZlink

ロスジェネの逆襲ロスジェネの逆襲
池井戸 潤

ダイヤモンド社
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る by AZlink


▽続きを読む▽

富野情報更新

2013/10/17 12:53|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野情報更新
 富野由悠季監督の情報まとめを更新しました。



2013年富野由悠季情報まとめ

9月24日 共同通信「あまちゃん」特集 コメント→
9月25日 理研施設「SACLA」特設サイト インタビュー
11月3日 山梨英和大学講演





 また、未公開情報として、10月31日発売の「あまちゃんメモリーズ」にも寄稿を寄せています。

10月31日 「あまちゃんメモリーズ」寄稿

 これは、有料マガジン「ちょくマガ」に載っている情報なのですが、別に記事の価値を損なわないので、ここで紹介しました。

あまちゃんメモリーズ    文藝春秋×PLANETSあまちゃんメモリーズ 文藝春秋×PLANETS
宇野 常寛,中森 明夫,茂木 健一郎,大友 良英,中川 大地,青木 俊直,シラトリ ユリ

文藝春秋 2013-10-31
売り上げランキング : 50

Amazonで詳しく見る by AZlink



 さらに遅れながら、「トミノ流のトミノ」のタイトルを追加しました。

7月2日 「トミノ流のトミノ」1回目/"かわいい"をエンジン・キーにする
7月9日 「トミノ流のトミノ」2回目/卑屈に社会の最下層から這い上がる
7月16日 「トミノ流のトミノ」3回目/子供に向かって作るということ
7月23日 「トミノ流のトミノ」4回目/自分から自由になって初めて、モノは作れる
8月6日 「トミノ流のトミノ」5回目/『風立ちぬ』私記その1
8月13日 「トミノ流のトミノ」6回目/『風立ちぬ』私記その2
8月20日 「トミノ流のトミノ」7回目/『風立ちぬ』私記その3
8月27日 「トミノ流のトミノ」8回目/『風立ちぬ』私記その4
9月3日 「トミノ流のトミノ」9回目/『風立ちぬ』私記その5
9月10日 「トミノ流のトミノ」10回目/失われた日本文明~『逝きし世の面影』を読む
9月17日 「トミノ流のトミノ」11回目/失われた日本文明~『逝きし世の面影』を読む2
9月24日 「トミノ流のトミノ」12回目/失われた日本文明~『逝きし世の面影』を読む3
10月1日 「トミノ流のトミノ」13回目/失われた日本文明~『逝きし世の面影』を読む4
10月8日 「トミノ流のトミノ」14回目/失われた日本文明~『逝きし世の面影』を読む5
10月15日 「トミノ流のトミノ」15回目/非あまちゃんファンになった

 「トミノ流のトミノ」に関して、明日くらいレビューをやりたいと思いますので、よろしくお願いします。

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)
渡辺 京二

平凡社
売り上げランキング : 909

Amazonで詳しく見る by AZlink

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [マスターグレード版] <初回限定生産>ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [マスターグレード版] <初回限定生産>
小松未可子,國立幸,石川由依,長崎健司

バンダイビジュアル 2014-03-26
売り上げランキング : 198

Amazonで詳しく見る by AZlink

富野由悠季監督、11月3日山梨英和大学にて講演 お題は「今、受け継ぐべきガンダムスピリッツ」

2013/10/16 18:46|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季監督、11月3日山梨英和大学にて講演 お題は「今、受け継ぐべきガンダムスピリッツ」
 来月の11月3日、富野由悠季監督は山梨英和大学の学園祭「紅楓祭」にて講演を開くことが決めました。お題は「今、受け継ぐべきガンダムスピリッツ」というものです。時間は11月3日の13時30分です(開場は13時)。

 定員は300人ということで、葉書で申し込む必要はあります。詳しくは以下のページをご覧下さい。



山梨英和大学|人間文化学部

富野由悠季監督講演会
「今、受け継ぐべきガンダムスピリッツ」
・日時 2013年11月3日(日)
    13:00開場/13:30開演
・場所 山梨英和大学グリンバンクホール
・定員 300名
・申込み方法
下記の記入例を参考に、往復はがきに必要事項と返信用宛先をご記入のうえ、山梨英和大学紅楓祭実行委員会までお申し込みください。
・締切 10月24日(木)当日消印有効

※申し込みは、往復はがき1枚につき2名までとさせていただきます。
※応募者多数の場合は抽選になります。
※申し込みはがきにて受付後、返信はがきが到着するまで数日を要することがあります。あらかじめご了承ください。

【往信】
〈表面〉
 申込先として下記のとおりお書きください。
〒400-8555 山梨県甲府市横根町888番地
    山梨英和大学紅楓祭実行委員会
            特別講演 係

〈裏面〉
1.講演会名「第12回紅楓祭特別講演会」とお書きください。
2.お名前(ふりがな)・性別
3.申込み希望人数
 (※往復はがき1枚につき2名までとさせていただきます。)
4.郵便番号・住所
5.ご自宅または携帯の電話番号

【返信】
〈表面〉
あなたの郵便番号・ご住所・氏名

〈裏面〉
何も記入しないでください。

※駐車場に限りがありますので、できるだけお乗りあわせまたは公共機関をご利用の上、お越しいただきますようお願いします。

 記憶覚えている限り、富野監督がかつて山梨で講演を開くことなどはほぼ無いため、今回のようなイベントは非常に珍しいと言えます。山梨県民および関東住民はこの好機を逃さないように。

山梨原人山梨原人
渡邊允規,Neguse Group / Big Ben / MMM / Young-G

原人舎出版
売り上げランキング : 392721

Amazonで詳しく見る by AZlink


 ガンダムということで、ビルドファイターズもユニコーンもオリジンもあるのですが、やはり期待してるのはアレです。「Gレコ」関連の話もポロッと出てくるかもしれませんが、それでも絵コンテの最中ならば、もっと真剣に取り組んでほしいものですね、富野監督。まぁ、たまに気分転換はいいかもしれませんよね、山梨はわりと近いですし。

山梨県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)山梨県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)
萩原 三雄

新人物往来社
売り上げランキング : 249597

Amazonで詳しく見る by AZlink

山梨銘醸 七賢 塩麹 140g山梨銘醸 七賢 塩麹 140g


山梨銘醸
売り上げランキング : 43548

Amazonで詳しく見る by AZlink

2013年10月現在、富野由悠季の新企画Gレコはいったいどうなっているの?

2013/10/15 13:58|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2013年10月現在、富野由悠季の新企画Gレコはいったいどうなっているの?
 先日、富野由悠季監督の新企画「Gレコ」に参加濃厚のアニメーター吉田健一氏がこんな話をしました。


 公式発表が一向来ないので、「まもなく実作業に入ります」というのは、まさに現時点Gレコの製作状況を示す最新・最有力のものでしょう。

 2010年のアタックストーリー掲載、2011年のイメージボード掲載(&小説連載宣告)、2012年の「全脚本・コンテ宣言」など途中の道程を考えると、いよいよ来るべきが来ると、思わず感慨千万です。

 とはいえ、現在のGレコはいったいどういう状況なのでしょう。実は、懸念材料も少なからずあるのです。以下で見てみましょう。

HG 1/144 ビルドストライクガンダム フルパッケージ (ガンダムビルドファイターズ)HG 1/144 ビルドストライクガンダム フルパッケージ (ガンダムビルドファイターズ)


バンダイ
売り上げランキング : 9

Amazonで詳しく見る by AZlink


1、発表は延期?

 まず、「2013年秋発表」という話について。

 これはそもそも安田朗ことあきまんが去年あたりに言った話だったので、正確にいえば「あくまで予定」ということになります。

 しかし、そこから逆算(語弊が…)すると、通常の作品は半年前くらい情報を公開するものなので、2014年放送を本命にするからこそ、「2013年秋くらい発表するだろう」という話になったと思われます。つまり、順調に行けば、今頃すでに発表してもおかくしないはずです。

 にも関わらず、未だに発表してないのは、ひょっとしたらなんらかの問題があるのでは…? という懸念も生じるのです。

 加えて、新作「ガンダムビルドファイターズ」があります。

 初めてのオールガンダム、ガンプラアニメ、前作より比較的に面白いという評判などを一身を受けた「ガンダムビルドファイターズ」は放送開始ばかりですが、今のところすごぶる好評らしいです。そうなると企業にとっても、せっかく集めた注目を逸らすのももったいない気がします。

 ただ、これは別にGレコが冷遇を喰らったことを意味していません。

 「ビルドファイターズ」は同じくガンダムシリーズでありながら、Gレコと異なるジャンルに属していますので、バンダイ・サンライズにしても、リアルにガンダムvsガンダム--つまりガンダム作品同士のぶつかり合いを演じることは無いでしょうから、そうなると「Gレコ」がたとえ現在制作状況順調だとしても、10月くらいで情報を公開しないはずです。

 なので、確信はないけれど、情報公開はおそらく1クールくらい延期すると思います。Gレコのメインビジュアルや作品概要などの発表は、おそらく12月もしくは来年1月くらいになると思います。

HG 1/144 ガンダムX 魔王 (ガンダムビルドファイターズ)HG 1/144 ガンダムX 魔王 (ガンダムビルドファイターズ)


バンダイ 2013-11-30
売り上げランキング : 597

Amazonで詳しく見る by AZlink


2、放送はいつ?

 前も言いましたが、「Gレコ」も結局ガンダムになったらしいということを見れば、最速でも「ビルドファイターズ」の放送後になるのでしょう。

 そしてガンプラアニメといういささか特殊な作りから見れば、1年アニメになることはおそらくほぼ無いと思われます。2期があるにしても、そのまま放送延長はたぶんしないはずです。

 で、「Gレコ」をガンダムの一環として見るならば、スケジュールはそうそう変わるものではないはずです。制作が遅れたなどどうしょうもない場合を除くと、Gレコはやはり「2014年4月放送」が大本命でしょう。

 この時期がちょうど「ビルドファイターズ」が終わり、「ユニコーン」も終わるので(予定)、バンダイ・サンライズにしても宣伝などのソースを注力できるのでしょう。

HG 1/144 ザクアメイジング (ガンダムビルドファイターズ)HG 1/144 ザクアメイジング (ガンダムビルドファイターズ)


バンダイ
売り上げランキング : 90

Amazonで詳しく見る by AZlink


3、制作は間に合うのか

 とはいえ、以上の話はすでに「制作状況が順調」という仮定の話です。

 実は、吉田氏のTWITTERに散見されるツィートを読む限り、キャラクターの仕上げはあまり順調じゃないようです。先週の時点でも、未だに「キャラを書いている」と言っているのです。

 富野監督がなかなかOKを出せないためか、吉田氏が遅れているためかは知りませんけれど(もちろん、どちらか一方的な責任ってことはないんだけれど)、2014年4月放送予定のアニメにとって、これは明らかに芳しくない話です。

 また、「まもなく実作業に入る」というのは、前の11月作画インというツィートにはおおよそ合致していますが、本当ならば半年前作画開始が望ましいですが、まぁこれはよしとしよう。

 しかし問題は、この1年あたりはここ数年珍しいロボットアニメラッシュという時期なので、メカ系のアニメーターはどこもひっぱりだこの模様です。ビルドファイターズはもちろん、サンライズのなかだけでもユニコーン、ヴァルヴレイヴなどがあります。

 加えて、吉田氏がボンズ関係の助け手をほしがっているようですが、そのボンズも今は「スペースダンディ」というアニメに全社のソースを注ぐ真っ最中なので、人手集めはそもそもあまり順調じゃないようです。

 富野8年ぶりの新作なのに、まさに人材難とも言えるこの時期にぶつけてしまったのは、もはや不幸としか言いようがありません

HGUC 1/144 YMS-15 ギャン (機動戦士ガンダム)HGUC 1/144 YMS-15 ギャン (機動戦士ガンダム)


バンダイ
売り上げランキング : 318

Amazonで詳しく見る by AZlink


結論:富野の底力とチームワークを期待するしかない

 情報がなくて、毎週定期に更新されるのは富野監督の読書感想文のみの状況では、誰もか焦っているのは分かります。世間がギャンだのラルおじさんだのなのに、自分は植物みたいな心を持って静かに待つしかないのは、しんどいし訳も無く悲しくなるものです。

 加えて、富野監督は全コンテを切りたいと仰られています。2クールの場合、コンテが仮に2週強1本だとしても、半年くらいの時間が必要で、70歳の方にとっては過酷なスケジュールです。別の形で他の仕事を負担してくれる人がいれば良いのですが、それでもコンテなど富野本人の力が要するものは、他人ではどうしょうもありません。

 と、このように心配する材料がないわけではありません。それでも、ファンならば富野監督とチームを信じるしかありません。

 まだ公開してませんし、公開できませんけれど、今回の「Gレコ」はスタッフを含めていろいろサプライズがあると聞き及んでいます。公式の動きはごらんのとおり鈍いのです。それでもワクワク期待することを含めて、一つの楽しみ方なのではないでしょうかね。

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [マスターグレード版] <初回限定生産>ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [マスターグレード版] <初回限定生産>
小松未可子,國立幸,石川由依,長崎健司

バンダイビジュアル 2014-03-26
売り上げランキング : 154

Amazonで詳しく見る by AZlink

1991年、富野由悠季が香港に立った--ある香港映画会社スタッフの思い出話

2013/10/13 23:39|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 1991年、富野由悠季が香港に立った--ある香港映画会社スタッフの思い出話
 何故だかよく知りませんが、一昔前の日本のアニメーションはよく香港を舞台にしていました。そしてその傾向が『機動戦士ガンダム』シリーズにおいても例外ではありません。富野由悠季監督の全作品でいえば、さらに『ガイア・ギア』にもありました。

 一方、富野およびガンダムシリーズと香港にまつわる因縁を伝える話があまりにも少ないのは現状です。そのため、せっかくなので、今日の記事はその断片を紹介したいと思います。ある香港映画会社スタッフが、1991年富野監督が『機動戦士ガンダムF91』の宣伝のために香港に行ったときのエピソードです。ほとんどの日本人は知らないと思いますので、かなり貴重な話だと思います。

 もとの話香港の「Headlines Magazine」というフリーマガジンに載っている「我與高達之父-富野由悠季」という文章で、この記事はあくまでブログ主による勝手な翻訳です。いま体調はそんなに優れていないゆえ、文章に支障を与える恐れがあり、さらに一部意訳入っている部分もあるかもしれません。ミスがあれば、大いに指摘してください。



ガンダムの生みの親と私

 日本アニメ業界において世界レベルの監督でいえば、宮崎駿監督だ。一方、男ならば誰もか愛したガンダムにおいて、その生みの親である富野由悠季監督の名前は、必ずしも誰も知っている名前ではない。しかし、その作品『機動戦士ガンダム』は30年以上の歴史を経っている今でも、その巨大おもちゃ会社の生きる看板だけでなく、エンターテイメント業界・デザイン業界あるいはゲーム業界にとっての目指す目標だ。さらに、日本のお台場に立っている1/1ガンダムを見れば、ガンダムがまさに日本の国民的象徴と言っても過言ではないだろう。

 1991年、当時の私は安楽映画会社でアニメ作品宣伝部の所属でした。会社が5作目のガンダム映画『機動戦士ガンダムF91』の放映権を取った際、社長の江志強氏はある重大な決断をした。ガンダム1作分のチケット料金で、『F91』と『ふしぎ海のナディア』(監督:庵野秀明)を同時上映にすることだった。その後、400万強元(香港ドル)の興行収入という大成功ぶり※1を記録したことからも、江氏の慧眼を賛嘆せざるを得なかった。

 一方、当時では日本とほぼ同時上映する海外市場が珍しかったことから、日本サンライズ側も今回の宣伝を非常に重視していたため、なんとガンダム原作者・監督の富野由悠季氏本人を香港に派遣することを決めた! 監督本人が遠路はるばる香港へ来ると知ると、会社一同はますます緊張を強いられた。最後、我々は富野監督が香港における宣伝活動を「公開初日の舞台挨拶」、「記者会」、それから「黄埔(Whampoa)のジャスコに開かれたガンプラコンテスト」という三つのパブリックイベントと決めた。



 富野監督が香港へいらっしゃったのは、今回(1991年)で二度目でしたが、監督にとって一番印象深いだったのは香港の高層ビル群のようでした。当時の安楽映画会社のオフィスがまだ中環(香港の中心商業地区)にいるが、会社の会議室からヴィクトリア・ハーバーの景色を眺めた富野監督はその景色に感動し、必ずこの香港の景色をガンダム作品の舞台にしたいと感想を漏らした。

 とはいえ、ガンダムファンならば分かると思うが、85年の『Zガンダム』や88年の『逆襲のシャア』では、富野監督はすでに香港をガンダムワールドに登場させた。ちょうど当時のHSBC銀行は新しいビルを落成したばかりで、そのユニークな外装を見かけた富野監督は、それを「ガンダムのようなビル※2だなぁ」と言った面白い小噺も、未だに記憶に新しかった。

 食事の時、我々映画会社のスタッフも富野監督やマネージャーさんと同席させてもらった。宿命論の色が強い作品作りとは裏腹に、富野監督はユーモア溢れる方で、ニコニコしてて場を賑わせてくれた。また、日本語上手でない私に対しても優しく、もっと日本語で話しかけるように励ましてくれた。

 黄埔のジャスコに開かれたガンプラコンテスト※3では、富野監督が直接受賞者に賞状を渡した。今と違って、90年代初頭の若者はまだシャイだったのにも関わらず、監督がステージに上がる瞬間、会場はたちまち沸騰し、その歓声の大きさがデパート側がクレームを付くほどだった。

 富野監督の作品は常に視聴者の度肝を抜き、たとえば『ダンバイン』でも『イデオン』でも、「死地に陥れて後生く」という描写が溢れている。しかし、富野監督は信じがたいほどユーモアで愉快な方だ。これもあるいは天才の成せる業というべきかな。



(訳者による注)
※1:20年前の香港では映画料金が1枚28香港ドルだったので、450万だと仮定する場合、動員人数が16万を越えることになる。また興行を当時のレートで換算すると7800万円に相当。当時香港の人口が582万人だったので、日本の20分の1以下の人口で日本での約6分の1の興行を記録したことから考えれば、大成功といっても疑う人はいないはずだ。

※2:確信はありませんが、おそらくこれのことだと思います→(画像検索)

※3:これに関する資料は持っています。確かに富野監督がF91について日本のどこのインタビューでも言及したことない話を発言したと記憶しております。機会があればまた紹介します。

井荻麟作詞論 第39回「STAND UP TO THE VICTORY 〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜」

2013/10/11 15:49|井荻麟関連TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 井荻麟作詞論 第39回「STAND UP TO THE VICTORY 〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜」
 井荻麟作詞論の記事は108回予定です。今日の第39回では、テレビアニメ『機動戦士Vガンダム』の1stオープニング「STAND UP TO THE VICTORY 〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜」について語りたいと思います。



STAND UP TO THE VICTORY
作詞:井荻麟、みかみ麗緒/作曲:川添智久/編曲:神長弘一、川添智久、井上龍仁/歌:川添智久/コーラス:田村直美

激しい雨が心を震わせる あの日のように
ただ走り抜けた昨日までの My dream 信じているのさ

 映画『機動戦士ガンダムF91』が終わった後、富野由悠季は直接的な続編を作ることがなかった。代わりに、その宇宙世紀第2期という枠を継承して作ったのは、2年後のTVアニメ『機動戦士Vガンダム』だった。テレビシリーズとしての復活は、実に7年ぶりだった。とはいえ、前にも言ったとおり、商業的な縛りを強く受けているガンダム主題歌において、富野は本作でもこの1stオープニングテーマの作詞のみを手がけた。

 作詞は井荻麟・みかみ麗緒と連名されている。歌手の川添智久氏によると、もともとの歌詞はより低年齢層を意識した内容であったため、富野に変えてもらった現在の歌詞とはかなりの差異があったらしい。それでも、井荻麟がクレジットの前に置かれたことからも、やはり井荻麟主体の詞であることが推測できる。



 この作品は今までのガンダム作品よりも子供をターゲットするために、全体のカラーは当初低く設定されていた。この「STAND UP TO THE VICTORY」の歌詞が表している比較的に素直で明るい内容などからも、今までのシリーズよりも低く構えている姿勢が随所に見られ、その影響を強くうかがえる。

STAND UP TO THE VICTORY
いくつもの朝をむかえ いつかきっとつかんでみせる


 また、歌詞全体を見ると、内容が「君」と「僕」にフォーカスして、『ガンダムF91』からの「少年と少女」という命題を継承していると感じられる。

君が僕を見つめつづけてくれるなら

かけがえのない君の優しい笑顔抱いて

 こうしてみると、今でこそ『クロスボーン』が『F91』の続編と見られるが、こうしてみると、『Vガンダム』こそが『F91』の正統的な続編であることを伺える。



 さらに、いつもの井荻の持ち味もある。

終わりの無い Defenceでもいいよ

 かなりマイルドされているが、「終わりの無いDefence」では、ポジティブながらほろ苦い味が出てくるなど、正直子供向けに似つかわしくない描写だが、富野が好んで使う手法だ。当時の富野が捨て身覚悟で『Vガンダム』を作った状態にダブらせると、このシンプルな歌詞からはその意気込みが強く感じられる

 この「苦しみのなかにもがきながらも前に進む」という方向性はこのオープニングテーマで提示され、ED1、OP2、ED2も全部この「STAND UP TO THE VICTORY」の延長の上にいる。そういう意味では、富野は井荻麟として書いたのはこの1曲のみだったが、実質的に残りの三曲の方向性をディレクトしたとは言える。

 また、いろんな問題意識および特色を継承しながらもバランスよく保っていたという意味では、この歌は井荻麟の作詞のなかでも非常によく出来ている一曲なのだ。



 ところで、歌詞の二番目にはもう一つ隠されている要素があると思われる。

感じているよ 生命(いのち)のRhythm
君が僕の心の中にいるかぎり

 一見「君」と「僕」だけに注目するかような歌詞のように見えるが、全曲に散りばめていく「時間」という要素を加味すると、「次の世代へ希望を託す」というメッセージがおのずと浮上してくる。

 男性と女性があれば、当たり前のようにセックスを連想させる。そしてセックスがあれば、セックスの先にあるものを連想させる
。富野作品の一貫にして不変のテーマなんだから、歌詞で表しても何もおかしくないのだが、ウッソやシャクティのような小さな雄と雌でも、そのあり方とメッセージの伝わり方が『Vガン』本編を見れば、自然に感じ取るのでしょう。

 この「世代交代」という要素はここではまだ軽く触れただけだったが、のちの挿入歌4曲では、強く打ち出されることになる。このことからも、やはりこの「STAND UP TO THE VICTORY」は『機動戦士Vガンダム』という作品を包括している作詞といわざるを得ない。

▽続きを読む▽

ブログしばらく休憩

2013/10/07 19:18|ブログ運営TRACKBACK:0COMMENT:3
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ブログしばらく休憩
 熱が出てもう丸一日寝込んだのに、未だに回復する見込みがないので、ブログはしばらく数日休憩させていただきます。みなさんもご体調に気をつけてくださいね。

誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 重篤な疾患を見極める!誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 重篤な疾患を見極める!
岸田 直樹

医学書院
売り上げランキング : 7730

Amazonで詳しく見る by AZlink

一生風邪をひかない体のつくり方 (知的生きかた文庫)一生風邪をひかない体のつくり方 (知的生きかた文庫)
村上 一裕

三笠書房
売り上げランキング : 35751

Amazonで詳しく見る by AZlink



今一度ヤマカンの富野由悠季評を洗いざらい読んでみる

2013/10/06 01:17|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:15
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 今一度ヤマカンの富野由悠季評を洗いざらい読んでみる
 山本寛。通称「ヤマカン」。いろんな意味で有名なアニメ監督である。

 『涼宮ハルヒの憂鬱』のダンスや『らき☆すた』の騒動劇で一躍して時の人となり、『かんなぎ』『フラタクル』などを監督したヤマカンですが、メディア露出するときで時折自慢げに振舞ったのに加えて、インターネット上での奔放すぎる言動から、アニメファンのなかでは彼のことを蛇蠍のごとく嫌っている人も多いようです。

 また、ヤマカンの辛口評論の対象は富野由悠季監督にも及びますので、一部の富野ファンにも嫌われていると思われます。

 しかし、私はとある原因から、富野ファンとして密かにヤマカンのことを感謝しています。その原因について、私は今までずっと心のなかに秘めていましたが、ヤマカンの評価もここ数年経てようやく落ち着きましたので、改めてみなさんにもお伝えしたいと思います。

 今日の記事は、ヤマカンが今まで発表した富野由悠季監督についての評価を紹介し、分析するものです。以下の内容はすべて出典付きの話で、ヤマカン本人がインターネット上での書き込みであったものの、インターネット上で発表したものでしたから、性質上どうしても消えてしまったものもあります。それらについて、他の方が保存したコピペで対応します。

 なお、ここで取り上げた10の話はあくまで「アニメ演出家・山本寛」の富野評で、アニメ評論家としての山本寛の意見はここで省略させていただきます。



1、「富野大僧正がアニメ演出チェックの5原則を説法!? ホエー」

2000.01.10

「GAZO」スペシャルは「ガンダムミレニアム」(なんかズッコケてしまうのは私だけ?)。
富野大僧正の勿体無い説法の中で、唯一もとい取り分け眼を奪われたのが、
彼が演出教育の為打ち立てた「アニメ演出チェックの5原則」!!?
ホエー、思わず読んじまったけど、

 一、「死に体のポーズは禁止」
 ニ、「アップ気味より引き気味で」
 三、「カメラ位置はアオリが原則」
 四、「つまったレイアウトでなく距離感を」
 五、「固定したポーズから動かさない」

一、二は大いに納得。キャラの芝居を見せるため、はたまた作品世界の拡がりを意識させるためにはこうした方が良いに決まってる。
しかし三には反論。そもそも「最近のアニメは俯瞰が多い」なんて事自体おかしい。逆である(経験上、言えるよ。ここでは言えないけど)。
理由は三点。一つ、富野自身も言ってる通り、アオリの方が「劇的」であり、これに広角レンズを加味して、ロボットや怪獣の巨大感やキャラクターの威風堂々としたカッコ良さを出すなんてのは、最早アニメの常套手段もイイところ(TVドラマも然り)。
一つ、アオるという事は、畢竟空にカメラを向ける事。
当然BGは空の比率が多くなり、レイアウト作業や背景作業の軽便化に繋がる(悪く言ったら、ラク)。
もう一つ、最近のアニメーターは多数がここ20数年来のアニメブームの洗礼を受けて業界に入って来ているが故、キャラ(特に顔)の描き込みに思い入れがあるのは当然、あるいは仕方のない事。
ならば、頭髪の面積が不必要に大きくなる俯瞰より、あごからキャラの御顔をガッチリ捉えてしまいがちになるのも、不思議ではない。

でも寧ろ、画をフラットからハイアングル気味にして、キャラの立つ世界ごとガッチリみせるべき、というのは私の意見。
その意見と関連しての四だが、アニメはそもそも二次元だから出来るだけ遠近感の表現をつけ、平板な構図は避けるべし、 というのは確かにあるのだが、でもそれってどうも、未だ日本のアニメがコンプレックス(勿論、ディズニーに対しての)を引きずっていてしょうがない、という印象を受ける。われわれは西洋遠近法以前の日本絵画を観て、 果たしてそのようなコンプレックスを感じるだろうか?
逆に絵巻物や浮世絵のパンフォーカス+パースペクティブ無視のフラットな構図こそが、海外に誇れるジャポネスクの一構成要因であり、日本人に連綿と伝わる感性的アイデンティティではなかったのか?

戦前の大藤信郎や村田安司等の作品が、今観ても根源的な力と構成美に満ち溢れているのは、そういう所なのだろう。
もっとアニメを体系的に観なきゃ。
五については、何を言っているのか解らん。

http://unkar.org/r/x3/1216583173

 そもそも山本寛という人はアニメにおいて宮崎駿、庵野秀明の2人しか認めない立場があり、また彼固有のアニメ観もあるのでしょうから、ここでは多く語りませんが、少しだけ彼の意見を見てみましょう(ちなみに、この5原則はネットの海のどこかで見れるらしいです。)

 一、二についてヤマカンは富野と同じ意見なので、あえて取り上げるまでもありません。三については、スタッフやスタジオ、作品などの作風の違いおよび観察者の見識と経験に左右する話なので、やはり別にどうこうではない話だと思います。

 四に関しては、別に富野監督の意見が真理ではないので、議論する余地は大いにあるのでしょう。とはいえ、富野監督が言っているのはあくまで視聴者から見る時の画面の見やすさの話だと思いますので、ディズニーコンプレックスとか、日本人のアイデンティティとは関係ないと思いますね。

 五は、作画節約と制作省力化の話ですね。ある意味枚数に気を付かねばならない立場でない限り、あまり気づく話ではないかもしれません。当時のヤマカンは演出話数10話未満の平演出だったんですが、今は多少分かるようになったのかな?

かんなぎ Blu-ray Boxかんなぎ Blu-ray Box
戸松遥,下野紘,山本 寛

アニプレックス
売り上げランキング : 35985

Amazonで詳しく見る by AZlink


2、「いやらしいアオリのカットが多いなと思ったら、絵コンテ富野喜幸。にゃーん」

2000.11.21

「母をたずねて三千里」久々に観ていて、いやらしいアオリのカットが多いなぁ、割り妙にダサいなぁと思ったら、 「絵コンテ 富野喜幸」

にゃーん。

http://unkar.org/r/x3/1216583173

 茶化す口調に不快を感じる人はいるかもしれませんが、実はこの書き込みこそが、私が一番ヤマカンに感謝を感じている話です。なぜならば、山本寛はアニメ演出家として、『母をたずねて三千里』の画面に富野喜幸のコンテのフィーリングが残っていると証言くれましたから

 実は、富野コンテについての考察は富野作品のなかでそれなり行われているものの、一コンテマンとして参加した他監督の作品に関しては、ほぼ皆無といっていい状態です。本格的なものでいえば、水民玉蘭氏が『富野由悠季全仕事』に寄せた『アルプスの少女ハイジ』に対する検証記事くらいでした。

 加えて、元アニメーターでアニメ研究家の五味洋子氏が「『母をたずねて三千里』の頃、絵コンテは高畑監督にとって叩き台の役割でしかなかった」という感想を言ったことがあります。私も恥ずかしいながら、検証をやる時間も度胸もなかなかありませんので、『ハイジ』『母三千里』『未来少年コナン』などに参加したことある五味氏の言葉だけに、高畑勲氏が演出家の富野を高く評価しているのを知りながらも、その言葉に半信半疑でした。

 しかし、このヤマカンの話が、逆説的に富野コンテの存在感を教えてくれました。これに対して、今でも思い出すたびに感謝の気持ちがいっぱい溢れています。

母をたずねて三千里 ファミリーセレクションDVDボックス母をたずねて三千里 ファミリーセレクションDVDボックス
松尾佳子,川久保潔,二階堂有希子,高畑勲

バンダイビジュアル
売り上げランキング : 7391

Amazonで詳しく見る by AZlink


3、「富野のコンテなんかやっぱり以下武士の情けで略」

2002.05

色々見て来て最近になって漸く気付いたのだが、
「良い作品で最も良いのはコンテ」
「駄目な作品で最も駄目なのはコンテ」
コンテが総てを決する。叩き台なんて悠長な事言ってるヤツは誰だ。

と思ったら鶴巻和哉がちゃんと「コンテが8割」って言ってるじゃないか。
だよなぁ。だって富野のコンテなんかやっぱり以下武士の情けで略。

http://unkar.org/r/x3/1230298492

 基本的にヤマカンという人間は庵野・ガイナックス好きで、富野監督の演出を評価しない人なので、別にどうでもいい話ですね。

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]
平野綾,杉田智和,茅原実里,後藤邑子,小野大輔

角川映画
売り上げランキング : 7287

Amazonで詳しく見る by AZlink



4、「富野由悠季も押井守も原恵一も水島努も、山本寛と同じように『アニメ作家』足り得る筈がない」

総ての絵に自分の手を入れられない人間がアニメーションと触感的に戯れる資格など持ち得る筈がなく、
よって富野由悠季も押井守も原恵一も水島努も、そして山本寛も「アニメ作家」足り得る筈がない。
一方で宮崎駿や山村浩二や、そして木上益治ら「アニメ作家」の絶対的優位がある訳だが、その中でやはり新海誠の存在が興味深い。

眼を失っても手は失いたくない、とはこれもゴダールの言葉。

http://nagisamalove.comyr.com/mousou-note/mousou-note.html

 彼なりに言及した人間を評価している…のですかね? 言いたいことは分かりますけどね。



5、「キンゲOPに些かながら昂奮したも、本編は凡庸なパンとズームばかり。惜しい守と同じく宙ぶらりんな放浪者。まあ「なんとかパニック」如きより遥かに刺激に富んだ作品に間違いないが」

2003.08

んでもって息抜きに富野由悠季「オーバーマン キングゲイナー」#1。やっと観る。

話題のOPには些かながらも昂奮。某所で「∀(モナーの口にしか見えん・・・)」批判をした際に 「ロボットアニメにおけるリアリティの希少さに抗って倒錯というフィルム的正当性に持って行くには、 余りにその希少なリアリティに甘え過ぎているのではないか」と言ってやったのだが、これなら納得が行く。
ロボットにゴーゴーくらいやらせないと彼の「狂気」は見えて来ない。それには勿論、彼が漸く見つけた悲願の「アニメーションディレクター」、吉田健一の確かな作画力に支えられての事であるのも忘れてはならない。

本編に入っても2コマ打ちを多用した安定したアニメート技術で安心して観ていられる。
思わず「富野という指揮者は漸く自分の表現をし切れるオケとコンマスを手に入れた!」とか書きたくなるのだが、そんな気分も束の間、凡庸なパンとズームにああ、しょうがねぇなぁと、説明なんかクソ食らえとばかりに観客を突き放す富野語録にああ、やっぱりなぁと、一本観終えた時には結局、このヒトって惜しい守同様、「画」にも「言葉」にも頼る事の出来ない宙ぶらりんな放浪者なのだなぁ、それはやっぱり多かれ少なかれ、「絵の描けない演出」という、実写とはまた違う演出の特異面をある種剥き出しにしているのだなぁ、と、そればかりが痛感として重く残った。

ただ言っておくが、れっきとしたアニメーターが監督した筈の「なんとかパニック」(二作どっちも!)如きよりかは遥かにアニメの刺激に富んだ作品である事は間違いない。
「ザンボット3」「ガンダム」「イデオン」の監督は、その有り余る欲望と精力で更なる高みを目指す。
かなり長くはあるが、今はまだまだその「過渡期」なのかも知れない。ならばわれわれは、あと数十年すればやってくる彼の「完成期」を今から心待ちにしておけば良いではないか。
そんな意味でワクワクさせる一作であります。

まぁしかし、二話以降を観たいとは思わないし(どうせ最後までこの調子・・・)、吉田健一はトミノの監禁から解放されてもっと自由に仕事して欲しい、とも同時に思いました。悲喜こもごも。

あ、それとあの雪をあれだけ多くのカットに(総てバンク素材ではあるだろうが)辛抱強く貼り付け、レンダリングして行ったデジタルのスタッフに最大限の敬意を。

http://unkar.org/r/x3/1216583173

 言葉は辛辣ですが、彼なりに褒めているように読めます(上から目線だけど)。凡庸だとか観客を突き放すとかの意見は人それぞれなので、こちらがどうこう言うつもりはないですが、ある意味ヤマカンが言ってた話は的を射る指摘だと思います。

 また、彼なりにフィルムから制作者の意欲を感じたこともGOODです。それは、当時のヤマカンは彼なりの志を持っていたと表していますから。

オーバーマン キングゲイナー BDメモリアルBOX [Blu-ray]オーバーマン キングゲイナー BDメモリアルBOX [Blu-ray]
野島裕史,かわのをとや,小林愛,富野由悠季

バンダイビジュアル
売り上げランキング : 2459

Amazonで詳しく見る by AZlink


6、「『ガンダムⅠ』は作画が辛い。でも「再会,母よ…」の話はやはり感動的」

2004.02.29

富野喜幸「機動戦士ガンダムⅠ」を観てみる(劇場版は未観)。
流石に作画が観ていて辛く、名場面集みたいな繋ぎ方が忙しない。
同じ作画レヴェルでも「ザンボット3」はぐいぐい引き込まれるのだが。
それでも「再会,母よ…」のシークェンスはやはり感動的だ。

http://unkar.org/r/x3/1216583173

 まあ個人の意見なので別にいいですが、『ガンダム』の作画が『ザンボット』並って意見はさすがにちょっとおかしいぞ(笑)。

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [マスターグレード版] <初回限定生産>ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [マスターグレード版] <初回限定生産>
小松未可子,國立幸,石川由依,長崎健司

バンダイビジュアル 2014-03-26
売り上げランキング : 144

Amazonで詳しく見る by AZlink


7、「『映像の原則』読んで、『もういらんわー』と後輩にあげた(笑)」

山本「こりゃいかんと思って、ちゃんと勉強するようになったんですね。だから 富野さんの映像の原則も読みはしましたがね(笑)。後輩に『もういらんわー』とあげましたが。」
更科「あげちゃまずいでしょう(笑)その人は真面目に読んでしまうかも知れないんだから。」

http://www.logsoku.com/r/x3/1230539232/

 まあ、ちゃんと勉強したならば良いことです。「1」で取り上げられたヤマカンが分からないという話は、『映像の原則』にはちゃんと指摘してあるからな。一方、『フラタクル』は(ry

 それにしても、更科修一郎(笑)は綺麗さっぱり消えましたな。

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)
富野由悠季

キネマ旬報社
売り上げランキング : 20227

Amazonで詳しく見る by AZlink


8、「ザンボットは学生時代にみといて良かった」

全スレの978です
最初の方はヤマカンが子供のころ超合金を集めてた話で、
そのあと内容はおぼえてないけどオープニングテーマは覚えてた
ロボットアニメは30分CMみたいなもんだから話のあらすじより出てくるロボが重要。みたいな話だった
中盤は富野さん誉めたりエヴァ破叩いたり
終盤は実写の経験とリアリズムの話だったりフラクタルの話だったりロボットと関係ない話してた

28:978:2010/11/28(日) 21:30:01 downup
>>20
ザンボットは学生時代にみといて良かったとかエヴァはセカイ系の開祖なんだから熱血路線はダメだとか
講演会自体が一時間半くらいだからあんまり詳しい話まではなかったな

http://2chnull.info/r/iga/1290945592/

 上の話を合せると分かるはずと思いますが、ヤマカン自体は『ザンボット』に対してかなりの思いいれがあるようです。ちなみに、彼が尊敬している庵野氏もザンボットが大好きでしたよね。

戦勇。 第1巻 [Blu-ray]戦勇。 第1巻 [Blu-ray]
下野紘,中村悠一,茅野愛衣,山本寛

バンダイビジュアル
売り上げランキング : 3802

Amazonで詳しく見る by AZlink


9、「富野さんよりも更にコンテ量の多い演出家がいらっしゃるが、誰かお解り?(笑)」

そもそも富野さんですら「足りている」のでしょうか?恣意的な「足りていない」という言説の根拠にはならないですよ(笑)。ちなみに富野さんよりも更にコンテ量の多い演出家がいらっしゃると言われています。誰かお解りですか?

https://twitter.com/yamacane_0901/statuses/94099789133774848

 ヤマカンはもったいぶって名前を出さなかったが、実はそのもう一人の絵コンテ千本切りは奥田誠治氏のことですよね。

 確かに、クレジット数だけ見れば、奥田氏は一見富野監督より多いです。でも、それは富野監督が監督した作品の数は多いからです。タイトル数は奥田氏が圧倒的に多いですが、実際関わってきたフィルム数に関しては、未だに富野監督が一歩リードしています。詳しくは以下の記事を参照。

富野由悠季監督とその作品に関するいくつかの数字

 ちなみに、『機動戦士ガンダム』までのコンテ数は、富野監督>奥田氏でしたよ。

戦勇。 第2巻 [Blu-ray]戦勇。 第2巻 [Blu-ray]
下野紘,中村悠一,茅野愛衣,山本寛

バンダイビジュアル
売り上げランキング : 10010

Amazonで詳しく見る by AZlink


終わりに
 以上の8つの話をまとめると、アニメ演出において、山本寛ことヤマカンは宮崎駿・庵野秀明派(彼が実際に出来たかどうかは別にして)であるため、富野由悠季監督の方法論と合わずに、徹底的にこき下ろします。

 一方、ヤマカンは彼なりに富野監督の志を感じ取っているようで、意欲的な作品に関しては皮肉混じりながら褒めています。そういう意味では、谷口悟朗氏を思い出すな。

 本文はヤマカン氏を貶すためのものではありません。むしろインターネット上のイメージ抜きで見ると、彼の話はマシのようにも読めます(言動が少々アレなのは疑いも無い事実だが)。少なく富野監督に対しては、ヤマカンなりにきちんと見つめていると思います。これだけでも、富野ファンとしては感謝しています。

▽続きを読む▽

ガンダム富野由悠季監督の「萌え」に対する言葉一覧

2013/10/03 01:02|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ガンダム富野由悠季監督の「萌え」に対する言葉一覧
 先日、富野由悠季監督が人生相談において、相談者の今のアニメに対する疑問を返答する内容は話題となっていましたが、その「今のアニメ」はどういうものかは明言されていないものの、富野監督の回答を聞いて、すぐ「萌えアニメ」と連想しちゃう人が大半の模様です。

 富野監督の「今のアニメ」発言に関して、実際はアニメ全般だと思うのですが、ここ10年くらいの萌えアニメブームを見れば、特化過ぎる仕様の萌え系アニメが槍玉に挙げられることもある意味仕方ないと思えます。

 なので、今日はこの場を借りて、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』を作ってきた富野由悠季監督本人が直接に「萌えアニメ」を言及した発言を一気に紹介したいと思います。全部に4つくらいがあり、実はすべてこのブログで紹介済みの話なのですが、せっかくなのでまとめた形で皆さんに披露させていただきます。



1、萌えてはいけない?(2005年)

 まずは、デジタルハリウッド大学大学院が2005年11月23日秋葉原にて開かれたシンポジウム「萌えてはいけない。」というイベントに発言したものです。

20年後のコンテンツビジネスでは“萌え”が当たり前のものに?! -萌えてはいけない。(前編)

少年誌系では学園ラブコメの元祖といえる『うる星やつら』に対して富野氏は、作り手側の立場として、この作品が登場した当時(70年代後半)、限りない衝撃を覚えたという。実際、この作品を契機にマンガ界もアニメ界もガラリと変わってしまったところがあり、未だにこの作品を超えるものは出てきていないとのこと。今後10年の間に、次の革新的な作品が出てくるのではないかと思うが、できればそれは東京から発信されてほしい、という富野氏であった。

(前略)その後、ピラミッドの頂点ということから、才能を持った人間の話へ。クリエイターとして最年長でいながら今も現役で作品を発表し続けている富野氏が発言。「ビジネスマンたちに、才能あるクリエーターを食い物にされないよう、がんばらないといけない」という言葉は、非常に重みがあった。そこで、岡田氏が少々暴走し、具体的に実名を出してそれをフォロー。「富野さんはあれだけ作品をヒットさせてるのに、未だにプールのある家に住んでない。でも、○○○○○○○○○の社長はプールをいくつも持ってますからね!」という、DVD化する際はカット間違いなしの発言が爆発。さらに、富野氏は、作品の作り手のスタンスとして、同業の某氏に対しても「多数の人間が関わって制作しているアニメにおいて、自分のセンスだけで方向付けするな、××!!」と吼えまくり。まさに、富野節炸裂である。

 実際に「萌えてはいけない」と言っていませんけれども、それでも「商売によって方向付けられた萌えに屈服してはいけない」と言わんばかりですね。なお、「xx」は誰に関して、一般的にO氏説が有力のようです。



2、「萌えアニメに対する不満があるなら、その熱い想いをモチベーションに変えて、あなたの力で変えていこう!」(2006年)

 次は、アニメージュ2006年7月号の「富野に訊け!」の相談に対する返答です。

富野に訊け!!第45回

美少女たちが賑やかに活躍するアニメ作品は、多くのファンに支持されていますが、中にはこんな風に感じている人もいるようです。それでは富野監督、よろしくお願いします!!

QUESTION 49
富野監督は「萌えアニメ」をどう思いますか?
福島県/クリームカレーさん

 富野さん、初めまして。
 悩みというより疑問に近いのですが、気になることがありハガキを送りました。
 私はアニメやマンガが大好きなのですが、どうも「萌えアニメ、萌えマンガ」 というものにあまり感心しないのです。萌えアニメなどにありがちな過激なお色気シーン、下ネタや、大人数の美少女キャラクター、あざとい脚本など、もはやオタクの人たちにしか受けないアニメなどが最近多いと感じました。なんだかそういうアニメは、オタクの人たちの人気をとるためだけに作品を作っているように思えます。もはや商品展開が見え見えな作品自体が、ただの「商品」に思えてきました。こんな風に言えるのは、僕自身が以前かなりの美少女オタクだったからです。18の若造が偉そうに言ってしまったのですが、富野さんはどう思いますか?
 ぜひ意見を頂きたいので、どうおぞよろしくお願い致します。


 まず最初に、僕が美少女アニメをどう思っているか?という答えからお話しましょう。 クリームカレーさんの文章には、正しい意見が書かれていますし、僕もまったく同じ思いを抱いています。そしていわゆる「萌えアニメ」の問題点も、この文章に書いてありますから、今更僕が何かを言う必要はありません。
 では、何故こういう風に「商品」しか作られないのだろうか、ということをお教えしましょう。こういった問題は、僕自身も幼い頃から考えていました。以前もお話ししましたが、僕は小学生の時『ゴジラ』(編集注:昭和29年公開の第1作)を観て、「せっかくの怪獣映画なのだから、もっと怪獣と人間を絡めたドラマを作るべきなのに、何故それをしないのか」と大変腹が立ちました。そして中学くらいの時に、その事について自分なりの内容を手に入れたのです。つまり、「この映画の作り手たちが、<子供が観る怪獣映画なのだから、この程度の内容でいいだろう>と考え、手を抜いたのではないか?」と。そうでなければ、あんな変な薬品ひとつで怪獣を消してしまうなんてラストを思いつくはずがありません。
 今の話と同じで、結局萌えアニメを制作している人たちは、クリームカレーさんの様に美少女オタクだった経験がないのではないでしょうか。そのために、「商売になる」という理由で作品を作ってるだけの話なのです。本当に「美少女アニメが好き」とか、そういう要素が自分の中にあると自覚している人は、それで商売をすることに恥や照れを感じたりするし、真性のオタクならばそれを隠すでしょう。オタクでないからこそ、商売として割り切って美少女を扱う作品を作ることができるのです。
 ここからの問題は、それを自覚した上でクリームカレーさんが未来に向けて、何をどうしていくかということです。18歳の若造……と自分で思っているかもしれませんが、あなたはもう立派な大人です。これからそういう大人たちに混じって仕事をすることになりますから、どうせなら自分が勝つことができる、もっと売れるものを作ろうという努力をすべきです。先の話の通り、『ゴジラ』に不満を持った僕は、「あのシーンはこうしたらいいんじゃないか?」とあれこれと考えましたが、思えばそれが今の仕事につながっていると思いますし、荒唐無稽なものと現実の人間を結びつけるドラマということを意識した結果が『ガンダム』であるということも言い切れます。
 さらに言うなら、もしあなたがこういったクリエイティブな仕事をしようとする時には、かつて自分が美少女オタクだったことを武器にすることができますので、それを活用することを考えてください。そういうセンスはとても大事なのです。例えば、バイセクシャル嗜好で考えてみましょう。「完璧に男性と女性は分離している」というのは、実は男性社会の迷信だと思います。一般のお客さんはバイセクシャル的の嗜好を誰でも持っていますので、中性的な――男性だったら女性的な面を持つ、女性だったら男性的な一面を持つ――キャラはかなり好きです。一世を風靡した『ベルサイユのばら』のオスカル。あれは男装の麗人という極めて中世的なキャラが受けているという要素があります。また、鉄腕アトムというキャラクターは一見少年ですが、実に女性的なキャラクターです。他にも、それに当てはまるようなキャラクターを、あなたもたくさん思い出せるでしょう。
 そして何より、バイセクシャルな視点を持つことができれば、男性なら自分の男らしさ、女性は自分の女らしさを客観視でき、より多角的に物を見たり考えることが可能なのです。そういう日常的なことも含めて、将来のことを考えるにあたって、あなたも自分の性癖を認めていって、それを日常の中に、仕事の中に、勉強の中に活用して頂きたいと思います。
 当然クリームカレーさんは自分が美少女オタクだった照れや恥があるでしょうし、その部分だけで仕事を進めたら、あなたが書いているとおりの狭い範囲のお客さん向きの商品しか作れないでしょう。しかし、あなたは「それは恥ずかしいぞ」と思っています。その感覚をベースにして100万人が喜ぶ作品を作ろうと考えればいいのです。
 クリームカレーさんの10年先、20年先を見通した企画や作品を是非見せて頂きたいと思います。

 これは相談者に対する返答なので、逆に「萌えを分かってることを武器にして、本当の萌えアニメを作ろう」と励ましたんですね。



3、「萌え系アニメよりも萌えさせる自信がある」(2007年初)

 三つ目は、『機動戦士ガンダム 連邦SIDE』という本に収録されているインタビューの内容です。

┃萌え系アニメよりも
┃萌えさせる自信がある



(前略)
――ロボットが登場する作品でなくとも面白い作品を作れる自負がおありということでしょうか?

 僕はファースト以前、スポ根からギャグアニメ、名作物など、いろいろな作品の演出をしていました。ガンダム以降は、今も申し上げた通り、たくさんのジャンルの仕事を手がけている訳ではありません。けれど、マニアに陥らないという努力は怠っていないつもりです。ですから、監督という大きな立場からの取りまとめ役になった時には、もしかしたら他の方よりは上手にこなせるのではないかと思っているのです。
 幼児向けの作品や、動物が活躍するような作品はもちろん、たとえば美少女物を作れと言われても、やれないことはないと思うんです。「パンチラを本気でやってください!」と言われれば、それをうまく見せる自信はあります。美少女物のオタクにならずに作るという手法を知っているからです。ですから、美少女マニアより面白い作品を作れるのではないかと思います。実際にやったことはないので、うぬぼれているんですけどね。

――美少女アニメ、いわゆる「萌え系アニメ」というものは、パターンを踏襲する作り方なんでしょうか?

 パターンではなく、「萌える」という視聴者の心に寄り添って作ってあげればいいだけのことなのです。先程例に挙げた「パンチラ」で言えば、そのシーンに行くまでに、ちゃんと視聴者の心の準備をさせてあげるのです。準備させて初めてパンツを覗くシーンをやり、場合によってはその先の場面を展開します。視聴者の性的欲求を満たすための、脈略あるシーンの積み重ね…その呼吸をきちんとやるだけでいいのです。
 一人だけの部屋で、こっそり見るものを作るノウハウだって知っているつもりです。萌え系アニメを、物凄くあからさまにもできるし、ほのかな雰囲気で作ることだってできます。パターンというより、すべて「タイミング」なんですよ。そのタイミングも、物語が作りやすいからという自分の都合のタイミングではないんです。「どうしてもそうならなければならない」という必然的な設定を物語の入り口に作り、物語の流れに脈略を持たせることが重要なのです。

――ちなみに、現存の萌え系アニメに関しては、どのようにお思いですか?

 僕は、文化庁メディア芸術祭などアニメに関するコンペの審査員も務めています。ですから、この1年の作品を大雑把にですが100本ほどは見てきました。それで強く感じたことがあるのですが…「僕が“萌え”を演出するなら、あんな声の声優さんは使いませんよ」。今主流になっている、癇に障るような声よりも、もう少し落ち着いた優しい声の方を探すことから着手するでしょうね。萌え系に癒しを求めている視聴者が、あんなにワンパターンな声とセリフで満足するわけがないのです。僕には、今の作り手が視聴者をナメているとしか思えません
 そのことは、演じる声優さんの側でも感じているようです。ある女性の声優さんから「セリフがいつも同じなんです」と相談されたことがありますから。同じような声、同じような演技、同じような話の展開、同じようなシチュエーション。3カットも見れば先がわかってしまうような作品は、面白くもなんともないでしょう。萌え系アニメの作り手には、「どうか、マニアになる前に人を楽しませてくれ」と言いたいですね。

――楽しい作品を作るには、具体的にどう作ることが重要なのでしょうか。

 プロフェッショナルに考えれば、思考がマニアックになっています。でも、マニアックになる前に、とても重要なことがあるのです。「萌え系」や「美少女アニメ」と呼ばれるものですら、バラエティーショーでなければならない…ということです。
 だから、チラッと覗くパンツのデザインや柄模様だけに意識を集中しているような美少女アニメを見ると、僕は「それは違うだろう」と思います。バラエティーショーの肝は、やはりキャラクターです。作り手の好みかもしれませんが、同じような美少女キャラばかりゾロゾロ出てきても、それはバラエティーショーにはなりません。違う性格を持つ様々なキャラクターがどう絡み合うかという構図を、きちんと作っていかなければいけないと思うのです。

 この話は富野が萌えに関する一番多く語った内容で、自分が実際に萌えアニメを手がけたらどう演出するかに関して、具体的に述べた話です。「萌え系アニメよりも萌えさせる自信がある」は一見大胆不敵な発言のようですが、実際の説明を読めばそのような自信を持っているのも頷けます。こんな萌えアニメは見たくないですか? 私は一度見てみたいです。



4、「『萌え』があったら、その先にあるものも描け」(2007年後半)

 4つ目は、「電撃PLAYSTATION」2007年9月14日号付録「Re:Play VOL.9」の特集、「ACEの証」に収録されている富野監督のインタビューです。

物語における少年は高いスペックを持っている


遊ばせてもらったという「キングゲイナー」の世界観

――まずは「オーバーマン キングゲイナー」についてお聞きしたいですが、どのような敬意で逃走劇という世界観が設定されたのですか?

富野由悠季監督(以下、敬称略)とにかくバカなことをやってみようという志の下、企画がスタートしました。途中、物語の方向性として間違ってしまったと思う部分もあったのですが、アニメ作品として遊ばせてもらうのもいいかなと思い、そのまま制作しました。
 ボクが思っていた「遊び」という要素を、ほかのスタッフにすごくマジメに考えられてしまって困ったこともありましたけどね。どうしてもシリアスな方向に引っ張られてしまって「戦闘メカ ザブングル」のときのように、物語のレールが意図的にはずれたような方向に進めなかったことで、若いスタッフとの軋轢(あつれき)や、自分のパワーの衰えみたいなものを強く感じました。
 実際、現在のアニメはマジメにつくりすぎていると思えるものが多いです。例えば、「ご主人様~」と迎えてくれるメイドが登場するアニメがあるとします。本当にメイドがいたら楽しいはずなのに、多くの作品がメイドを出したことで安心しきっているのが現状でしょう。「萌え」があったら、その先はどうなるのか? 人として成長するのかダメになるのかが描かれていない。たとえダメになるとしても、そこで堕落を究極的に描けるのなら、それは作品として成立するはずです。バニーガールな網タイツキャラがいたとしても、そんなキャラは40年前にすでに登場しています。そのキャラを物語のなかでどう特化させるかという部分に視点がいかないのは作り手として悲しいですよね。

 昔ブログでコメントを残してくださった方のお言葉を引用しますと、「萌えでも何でもいいから、やるならとことんまでやって、そこに小さいながらもテーマを見出す方が面白い」ということですね。



 以上の話は、富野由悠季監督本人が直接に「萌えアニメ」を言及した全部の発言でした。「目が大きいのは視聴者が視線に飢えている反映」など、ほかにも似たようなニュアンスの話はありますが、あえてこの4つだけをピックアップし、紹介させていただきました。これらの話を全体的に見ると、萌えアニメ批判よりも、萌えアニメの一歩先にあるものを期待しているように読めますよね。

45歳からのアニメ入門45歳からのアニメ入門
田口こくまろ

安田理央
売り上げランキング : 4659

Amazonで詳しく見る by AZlink


 余談ですが、『リングオブガンダム』においても、富野監督はビューティメモリーという非実在キャラクターに対して「あえて美少女として描く覚悟が出来ている」としています。実際のフィルムがわずか3分強であるのにも関わらず、ビューティメモリーちゃんは「真面目系空気読めないコスプレ二次元ながらタッチブルSFっ娘」という属性を付加された最高に萌える女の子です。

 富野監督の萌えアニメは激しく見たいですけど、まず新作の「Gレコ」にも萌える女の子が出ることを期待しています。すでに提示されたヒントだけでも、どうも「ツンデレ海賊っ子」「大胆不敵幼馴染」「クール天才なのにヘタレっ子」「カリスマ弟思いお姉さん」が存在していると思われますので、こりゃ期待せざるを得ないって感じですよね。

 富野由悠季監督に限らず、いろんな演出家による、より刺激的な萌えアニメが見れる世になることを祈ります。

▽続きを読む▽

【デマ解説】「ガンダム富野由悠季『アニメがレベル低い。絵画や演劇こそ本物』」は捏造コピペである

2013/10/01 14:22|未分類TRACKBACK:0COMMENT:10
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 【デマ解説】「ガンダム富野由悠季『アニメがレベル低い。絵画や演劇こそ本物』」は捏造コピペである
 ここ数日、『機動戦士ガンダム』などの富野由悠季監督の発言を称されるコピペがインターネット上に出回っています。これに対して、ご立腹の人がいっぱいいるそうです。

ソースは今月号のアニメージュの相談コーナー

アニヲタの男性(28)「十五年ほどアニヲタやってきたんだけど、最近のアニメがなんだか楽しめないんです。
どうしたらいいですか」
富野由悠季「今のアニメはレベルが低いから見ても仕方ないでしょう。
そういう暇あったら絵画や演劇など本物にどんどん触れたほうがいい。
とりあえず今のアニメを見るのをやめてアニメージュも買うのやめなさい」

 実は、この富野監督の発言とされているコピペは改変ネタです。実際のベースとなる発言は存在していますが、ニュアンスがそもそも違うので、このコピペは捏造デマといってもかまいません。

 元となるソースは、アニメージュ2010年9月号「富野に訊け!」の相談です。

AM 10年9月号 富野に訊け!! 第94回 - シャア専用ブログ@アクシズ

QUESTION97「アニメのキャラクターに魅力を感じなくなってしまいました」

埼玉県/TI(28)
富野監督こんにちは。私は15年ほどアニメファンをしている者です。
私の悩みは、最近のアニメのキャラクターが魅力的に感じないということです。20代前半まではもっとアニメのキャラクターを魅力的に感じていたのですが、ここ5年ぐらいのアニメのキャラクターには魂が感じられないと言いましょうか、セリフや仕草などに言い知れぬ軽さを感じて物足りないです。しかし物語全体を見るとバランスの良い物もあり、アニメ業界そのものがダメになっているとは思えません。ダメになってないとはいえ、やはり娯楽なのでキャラクターの魅力も楽しみたいと考えます。
私はアニメファンとしてこれからどのようにアニメを視聴すればよいのか、何かアドバイスをお願いします。


富野:
この指摘はとても正しくて、まずその通りだというふうに理解していただいて構いません。TIさんの場合は、相談者ではなくて評論者という呼び方ができます。この評論者について言えば、アニメ以外に自分がもっと楽しめるものを探す努力をすべきでしょう。そうしないと、あなた自身がこの評論にあるようなつまらないキャラクターになってしまいます。
(中略)
僕は30年以上前から言っているのですが、作品か作品でないかを見分けられるようになるための訓練方法が、ひとつだけあります。それは「本物を見ること」です。本物を見続けることによって、自分の中に確かな基準が生まれてくる。
(以下略)


A:今、流行っているようなアニメはもう見ないこと。「本物」を見続けることで、自分の中に自然と判断基準が生まれてくる!

 文章が長いので、全文はリンク先で読んでください。読めば分かるとおり、アニメ批判ではなく、普通に「個人の教養」に関する話で、アニメのレベルが低いとは言っていませんし、本物があらゆる媒体に存在していると言っているなど、ニュアンスはそもそもコピペと大きく異なるものです



 とまぁ、ネタだと判明した時点で、そもそもご立腹を感じる必要がありません。と言いたいところですが、実はこのネタは富野監督の本当の発言が掲載された直後から今日まで至っては、すでに何度も出回っている「アフィリエイトまとめサイト」による捏造コピペです。そしてその度「ネット上の声」を掲載されます。

 この話題がそもそも捏造であることと、それらのネット上の声に脊髄反射するような書き込みが多いので、それらのログをここで紹介するまでもありませんが、試しにここ数年間投下されたタイトルを見れば、そのネタっぶりを分かるはずです。

→ガンダム富野監督「今のアニメは全部クソすぎる」
→ガンダム富野監督「今のアニメは萌豚に媚びた屑作品ばかり。絵画や演劇の方がよっぽど素晴らしい」
→「今のアニメはぺド豚に媚びたゴミばかり。演劇など本物にどんどん触れたほうがいい」
→富野「アニメを見るのをやめて教養をつけなさい」ゆとり「萌えアニメを馬鹿にするなゴルアァ!」
→ガンダムの富野由悠季監督「今のアニメはレベルが低い。そういう暇あったら絵画や演劇など本物に触れたほうがいい。」

 ほかにもいくらでもありますが、とにかく全部がこの調子のタイトルです。

 元の発言を改変して、あえて罵詈雑言を誘導するようなコピペで人を釣る。そして反応が薄いと見れば、さらに過激のタイトルをつけて、人を引き寄せる。これが、アフィリエイトまとめサイトの常套です。これは、長い間にインターネットをやっている、もしくは賢明な方ならばわかりきったことはずです。

 なので、間違っている老害富野由悠季に、私はあえて一言申したい!とか怒りの書き込みをする人たちは、まず情報の真偽性を判明することもできず、なおかつアフィブログの思惑にまんまハメられている自分を反省するほうがいいではないでしょうか。ご自分が自発的だと思っているそのリアクションは、実は他人に操られているだけです。



 以上はアフィリエイトまとめサイトの手口について解説しました。と思ったら、こんな記事を見かけました。

「駄ニメ」ではない「これからのアニメ」を考える - 多田 純也(アゴラ) - 注目の記事
(10月2日追記:記事はすでに削除済み)

アニメ専門誌『アニメージュ』に富野由悠季総監督の人生相談的コーナーの連載があるが、今月号で実に興味深い内容のものがあった。以下に引用してみよう。
(中略)
いやはや実に痛快です。

アニメ専門誌で「今のアニメは見るな」と言ってしまったり、その掲載誌であるアニメージュも「買うのもやめなさい」と言ってしまうトコが流石、富野総監督と言わざるを得ない。

 この記事の作者自身の意見に対してあえてノーコメントですが、情報のソースを確認もせず、「コピペ」で根拠に自論を展開するなどは、言語道断である。

 インターネット時代以降、アマチュア・ライターという異なる発信源が存在して久しいのですが、他人に意見を伝える文章を書く以上、証拠がなければなりません。証拠がない言説は、しょせん砂上の楼閣に過ぎませんので、間違った話を引用して自論を展開する内容は、訂正でもしない限り、その内容を読む必要もないと感じます。

10月2日追記:この記事を作成以降、上の記事の作者である多田純也氏からお詫びと訂正の返事が来ました。また、掲載元のアゴラおよびBLOGOSでも、多田氏ご本人の要請により当該記事がすでに削除された状態です。まとめブログに比べて、非常に責任感がある措置だと思います。詳しい経緯は、この記事のブログ欄か、多田氏本人のブログで読めます。




まとめ

 以上の話をまとめると、4つの結論があります。

1、この富野監督の発言とされているコピペは捏造である
2、この捏造コピペはここ数年何回もリサイクルされているネタである
3、情報を確認せずに自論を展開することは軽率である
4、ネットの言説を精査せずに反応しちゃう人は、ただ他人の餌食になるだけということに気をつけてください


 富野監督の昔の発言に今更反応してもかまいませんが、アフィリエイトまとめサイトに釣られて、古いネタをありがたく食いつくことは決してスマートではありません。今、貴方たちが子供のように喚いてるその場所は、富野由悠季が数年前にとっくに通過した地点です。

 将来、このネタはきっと再びリサイクルされるのでしょう。それでも賢明な方々に言いたい。これ以上--そしてこれからも--このような信憑性のない捏造に反応しないでください。

Q:ネット上で怪しい内容を見て、信じそうになる時はどうしょう?
A:カイさん曰く、「こういう時は、臆病なくらいで丁度いいのよね」


▽続きを読む▽

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.