富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

さらに一週間休みます

2012/09/29 21:46|ブログ運営TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - さらに一週間休みます
 仕事はこれから1週間より一層大変になりますので、ブログもあわせて一週間くらい休ませていただきます。

 それから、今は詳しくいえませんが、秋に何があるらしいぞ。

1月開始で、4クールを放送したアニメってあるの?

2012/09/22 21:20|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:8
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 1月開始で、4クールを放送したアニメってあるの?
 突然ですが、アニメの放送に関しては、皆さんにお聞きしたいことがあります。

 第1クール(1月~3月)開始で、2クール以上を放送するアニメはかつてあったんでしょうか?

 たとえばTBS有名な土6、日5枠では、2クール・4クール問わずに、だいたい春(4月)か秋(10月)開始という作品がほとんどです。

 深夜アニメでもいいからと言いたかったんですが、残念ながら深夜枠は1クールがほとんどなので、おそらく例がないと思います。

 とにかくどんな古くてマイナーなアニメでもいいから、もし1月開始で、4クールを放送したアニメはあるかと知りたいです。

 あまりアニメに詳しくありませんので、もしご存知な方がいらしたら、どうか無知な私に教えてください。

ブログ1週間休み

2012/09/22 12:43|ブログ運営TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ブログ1週間休み
 月末にプライベートでの仕事を備えるため、本ブログは10月初までしばらく休みさせていただきます。この間、ブログの更新は一切せず、コメントの返事のみという予定です。

 まあ、気が向いたら、時間が出来たら、突発のネタがあれば、ちゃっかり更新するかもしれませんが。

【海外リーク?】実物大1/1ガンダム、マカオに立つ?【未確定情報】

2012/09/20 22:32|未分類TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 【海外リーク?】実物大1/1ガンダム、マカオに立つ?【未確定情報】
 かつて東京お台場に建てられて、400万人以上の観客を招いた実物大1/1ガンダム立像は、将来中国のマカオに建設することが決定されたと、マカオ最大手の新聞紙マカオディリーニュースが報じました。

 記事によりますと、この企画はマカオのあるギャンブル会社が提案したもので、製造費は億元(注:マカオの通貨マカオパタカか)を越える見込みであるものの、すでに日本方面の許諾を得たらしく、将来はマカオの繁華街「コタイ地区」(路氹城)に建設する予定とされています。

澳門日報電子版│1:1高達將登陸本澳
_MG_7856_zpsb086de69.jpg

要看1:1高達,將來不用去日本台場。
1:1高達將登陸本澳
筆者以前曾寫過BANDAI會推出六神合體的超合金魂,由於當時未有官方消息公佈,有熱心人把筆者文章送往香港玩具論壇討論,一度被人質疑及取笑,及後BANDAI眞的推出了六神合體超合金魂,可是至今仍未有人向筆者道歉。
筆者今次又再公佈未來消息了。1:1的高達將登陸本澳,大家不用再特意到日本台場了,據了解,今次計劃是由一澳門博彩公司提出,造作價過億元,日本方面已經答應,相信路氹區又有一新地標,高達迷可以天天去朝聖了。至於那位熱心人,你大可再將消息發送出去,但請出於善意,你不知道並不代表其他人不知道。
影 月

 マカオディリーニュースはマカオ最大手の新聞紙で、全マカオ新聞発行部数の7~8割にも占めるといわれていますが、この記事を読む限り、これといったソースはありませんし、公式の発表もあるわけではありません。

 また、この建設する予定とされているガンダム立像は日本の現物からの移転か、新たに作るものかに関しても、「製造費」という文面上では判断できません。

 さらに、製作費は「億元越え」としか書いておらず、その元はどういう通貨かも明示していません。一応マカオパタカだと、現在は1MOP=9.8517JPなので、10億円くらいになる話ですが、そもそも肝心の実物大1/1ガンダム立像の建設費も公表されていないので、比べようがありません。

 とはいえ、2009年お台場に立てられて、一度静岡に移転したものの、2012年9月の現在はまたお台場に戻った実物大1/1ガンダム立像は、今まで日本でしか展示されていませんでしたが、もしこの情報の内容が実現できたら、初めての海外展示となります。これをきっかけに、アジアへのさらなる前進が期待されています。



 マカオとガンダムを聞いていまいちピンと来ない人もいるかもしれませんが、ここ数年マカオには毎年バンダイ主催のガンダム商品展示会が開かれることなどのイベントが多くあって、バンダイにとっても馴染みがある地域でした。

 また、ご存知のとおり、観光地としても名高いマカオは今やアジア最大のギャンブル都市で、その規模はラスベガスをも越えています。なので、中国やホンコンのみならず、全アジアのギャンブル客と金を吸い取り、巨大の財を蓄えています。

 加えて、マカオとホンコンはゆかりある地区で、そのホンコンはバンダイと縁が深いところであるため(海外ーアジア方面からのリークはだいたいホンコンから流されたことが多い)、「繋がりがある」「金が転がっている」という条件のもとで、仮に今回の話はあっても、決して唐突ではありません。

 未確定情報というより、まだ噂レベルの話ですが、これに興味を持つ人もいるかと思い、記事にしました。


 リングオブガンダムの資料満載なボックス、現在新品はなんとたったの4000円! 定価買いの私が涙目。

▽続きを読む▽

10月24日発売『ラ・セーヌの星』DVDボックスに富野由悠季らインタビュー収録

2012/09/19 21:28|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 10月24日発売『ラ・セーヌの星』DVDボックスに富野由悠季らインタビュー収録
 2012年10月24日上下巻で発売されるDVD-BOX『ラ・セーヌの星』は、特典として3クール目の監督富野由悠季などのインタビューが収録されることが決めました。


DVD-BOX「ラ・セーヌの星」特典ブックレットに富野喜幸(現:由悠季)他 貴重なインタビュー収録! | EnterJam - エンタジャム - 映画・アニメ・ゲームの総合エンタメサイト

原作:金子満
フジテレビで最後に担当したドラマ『浮世絵女ねずみ小僧』みたいなものを
アニメでやったらいいんじゃないか。考え方はソコなんです。

大隅正秋(現:おおすみ正秋)
『ラ・セーヌの星』が作られた時代、そしてDVDになる今、共通するものがあるとしたら……。男性が強い時代から女性が強い時代に変わってきたこと。これから女性の時代が続くのかな。

出﨑哲
放送から37年、我々スタッフもそれなりの年を重ねているけど、そういう人たちが若い時に作った作品だから、今観てくれるみなさんも若い心で受け止めてください。

富野喜幸(現:由悠季)
今更こんなもの観るなと言いたいけれどひどい作画とひどい背景で、構成も乱雑でも映画を作ろうとしていたという志は見えるかもしれません。それは、アニメの可能性を示唆しているということです。

ラ・セーヌの星上巻【セルDVD4枚組】
価格:21,000円(税込)
”本編約600分(予定)“ / 収録内容#1~#19 特典ブックレット
原作:金子満
総監督:大隅正秋
チーフディレクター補佐:出﨑哲
インタビュー収録ほか

ラ・セーヌの星下巻【セルDVD4枚組】
価格:21,000円(税込) “本編約600分(予定)” / 収録内容#20~#39
特典ブックレット/監督:富野喜幸インタビュー収録+ 初だし設定資料集ほか



 また、DVDボックスのカバーイラストもいつのまにか更新しました。以下のようになっています。美麗なイラストが光っています。



 富野ファンとしては本命は言うまでもなく富野が監督する3クールとインタビューが収録されている下巻ですが、前半のおおすみ正秋氏などによる富野監督の言及もあるかもしれません。うーん、しかしこれが2巻分けってのはやっぱりちょっとひどくありません? 世界名作劇場はブルーレイでも2万台で手に入れるのにな。



▽続きを読む▽

富野由悠季監督のアイアンスカイ対談まとめ

2012/09/18 12:49|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季監督のアイアンスカイ対談まとめ
 ここ数日体調はあまりよくないので、軽く更新。先日、富野由悠季監督と9月28日上映の『アイアンスカイ』の監督の間に行われた対談及びニコニコ生放送のまとめです。

 放送は終了しましたが、ニコ生のタイムシフト経由なら、今でも見れます。プレミアム会員なんとかになるという前提なんですが…。

映画『アイアン・スカイ』公開記念!富野由悠季監督×ティモ・ヴオレンソラ監督特別対談 - ニコニコ生放送

 報道は今のところコレしかありませんが、まあ大した宣伝をした映画でもありませんしな。

「ナチス」映画に「ヤマト」がチラリ登場?ガンダムの富野由悠季、『アイアン・スカイ』監督とニコ生対談! - シネマトゥデイ

月に隠れていたナチスが地球を侵略するという奇抜なストーリーの本作を観た富野監督は、「本来のSF映画はこういうものだ。スターウォーズ以後SFをとても大作に仕上げすぎてしまった。ハリウッドにできないものをよく作った。B級のつくりをなめてもらっちゃ困る」と大絶賛。


 レポートとして、箇所書きなら最速のコレがあります。

たぶん最速? ニコ生に富野出演、主な発言内容ザックリと。『アイアン・スカイ』監督と対談│サイト2:So-netブログ

 全文起こしなら、これがオススメです。言い回しまで拾っていて、もっとも対談の雰囲気を出せるものではないかと。

「アイアン・スカイ」公開記念! 富野由悠季監督×ティモ・ヴオレンソラ監督特別対談 - シャア専用ブログ@アクシズ


 同じ文字起こしでも、公式が発表したものもある。ただし直しが入っていて、雰囲気はちょっと減ってるかな。

『アイアン・スカイ』ティモ・ヴオレンソラ監督×富野由悠季監督対談




 富野いわく「田舎のロック」っぽい音楽。全体的は悪くないが、OSTはどうなるのかな。

「富野が民主党に投票した」という噂に関して

2012/09/15 17:29|富野雑談TRACKBACK:1COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「富野が民主党に投票した」という噂に関して
 最近は、なぜかネット上では「富野由悠季監督が09年の衆議院選で民主党に投票した」という根も葉もない噂が囁かれています。曰く「富野監督が2011年出版の自著『ガンダムの家族論』の中で、民主党に投票したっぽいことをほのめかしていた」とかなんとか

 まあ、この噂は知らない人も多いと思いますが。本当にほんの一部のところでしか囁かれていない話ですから。そもそも誰かに投票するのかはその人の自由ですし、個人プライベートの一部ですので、他人がどやかく言うものではありません。

 しかし、twitterやブログなどでこれをさも真実のように言いふらしている人を見れば、やはりとても不快です。インターネット時代の悪い影響で、デマが知らないうちに一人歩きするというのはよくある話ですが、気にしなければなんともないはずです。人の噂も75日なんとやら。

 それでも、噂を放置し、真実のように扱われるのは、やはりとても良くないことですので、今回の記事を書きました。『ガンダムの家族論』などを根拠に、富野由悠季監督は一体民主党に投票したかどうかについて検証したいと思います。



 まず、『ガンダムの家族論』で、直接に「政権」「投票」「民主党」について言及した部分の文字起こしをしました。

 二〇〇九年に自民党から民主党に政権が交代し、あれだけ国民から期待されたものが、あっという間に瓦解してしまった。
 あのプロセスを見ていると、日本という国は十年や二十年では取り返しのつかない大きなダメージを負ったと思う。少子高齢化とエネルギー事情が日本を追いつめる前に、内政の失敗で、国が追いつめられ、3・11以後どうなるかと考えれば、今は祈るしかない。
 こんな状況の中で、子供を生き延びさせるためには何を考えたらいいだろう、と悩む人も多いだろう。
 結局、今までの日本はパラダイスだったのだ。
 戦後から高度成長による奇跡の復興、バブル経済。その後、失われた二十年とも言われているが、世界のどんな国よりも、緊張感がないまま時を過ごしてきた。
 民主党政権のていたらくも、そのツケでしかない。
(P180-181)

(前略)実はこの太平洋戦争開戦の時に、
「これでペリーの黒船の仇討ちができる!」
 と、快哉を叫んだインテリがかなりいた、と半藤(一利)さんは言った。
 つまり日本人は、幕末維新の時代からずっと「攘夷」を胸に秘めていて、「自分たちが一等国になった」と思ったところで、その永年の志向がドンと前面に出てきたのだ。
 それこそが、日本人のメンタリティだったというわけである。
 これはとてもよくわかる話だ。
 たとえば、野党だった民主党が与党となった瞬間に、想像を超える統治能力の低さを露呈してしまう。年来永田町の研究会に出席してきて日米安保条約に詳しいはずの鳩山由紀夫前首相が、普天間基地移転問題で驚くほど楽観的な憶測をして足をすくわれる。
 政治とは、徹頭徹尾、リアリズムの世界だ。
 野党時代の民主党は、そのリアリズムの縛りがあるなかで、自民党への対論を組み立てればそれでよかった。だが、与党になった民主党は、「これでやりたいことができる」と錯覚してしまい、そこでリアリズムを忘れて”夢”を語ってしまった。はしゃいでしまったと言っても良い。それが今の迷走の理由ではないか。
 ここには「一等国になったから」といって「尊皇攘夷」の夢を持ちだしたことと、そっくりの構図がある。
(P217-218)

 以上の二つが、富野監督が『ガンダムの家族論』で政治に言及した部分です(見落としたら教えてください)。

 どうしょうか。少ないですか? 少ないです。少ないですね。一部の人にとって言外の意味はあるかもしれませんが、少なく私はそうと読めません。これを根拠に、「民主党に投票した」、まして「後悔している」と断言できる証拠はどこにあるのでしょうか

 ですので曰く「富野監督が2011年出版の自著『ガンダムの家族論』の中で、民主党に投票したっぽいことをほのめかしていた」という噂は、富野監督を「民主党に投票してしまった人」と思い込みたい人間の妄想なのではないか、と思わず疑いたくなります



 それに忘れないでください。2009年選挙の数ヶ月前、富野監督は「みんなの党」代表の渡辺喜美氏と対談したばかりでした。民主党を支持しているならば、その政党の人と対談するのにも関わらず、だった。

 事実、2010年に富野監督はみんなの党を代表して出馬したパラリンピック金メダリストの河合純一氏へ、応援コメントを寄せました。「今の日本には、彼のような 眼差しこそ必須のものと信じて、ぼくは、かわい純一君を応援します」というものでした。

 とはいえ、渡辺氏の対談の内容から察して、ノンポリで「左も右もどっちに寄ってもヤバイ」と明言した富野監督はみんなの党そのものを支持するよりも、「第3のチョイス」を応援したいようにも見えます。事実、当時選挙後みんなの党の成長は著しかった(河合氏は高得票落選したが)。

 これらの事実を知れば、富野監督は民主党に投票したとか、少しでも判断力がある人ならば口を避けても言えないはずです。



 以上の話で簡単に検証しましたが、「富野が民主党に投票した」「そして後悔した」という噂は、デマに近いレベルの話だと分かるはずです。拡散元はまあインターネット検索でググればすぐ分かりますが、こういう自分の思い込みを真実のような語るのはやめてほしいものです。

 それでも信じないなら、せめて本を買って、自分の目で確かめてください。これ以上なにも言う話ないですから。




富野由悠季全監督作品の企画書・原案・構想メモが読める資料まとめリスト

2012/09/14 23:34|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季全監督作品の企画書・原案・構想メモが読める資料まとめリスト
 富野由悠季監督の今までの作品に関する企画書や原案、構成、メモなどが読める資料を収録された本などについて、現時点自分が調査していた範囲内のリストをまとめました。

 また、ここで言及した富野監督もしくはサンライズが作成した企画書、原案、構成、メモなどは、いわゆる現在放映・上映された作品の「プロトタイプ」的資料のことです。なので同じトミノメモでも、メカデザインラフなどはここで取り扱いません。あと脚本や絵コンテなどもこの際無視します。

 なお、これはあくまで資料の名称を示す記事で、それらの出版情報までカバーできていませんので(面倒くさいから)、気になる方は資料の名称を覚えて各自にお探しください。

 取り急ぎ書いた記事ですので、見づらいところもあるかと思います。いまのはあくまで暫定的な形で、将来はワークシートなどを導入するかもしれません。



勇者ライディーン
情報求む
☆原作は鈴木良武。富野は前半2クールのみ。



無敵超人ザンボット3

「ガンダム者」企画書
おそらく全掲載ではない。「企画意図」「本作品の特色」「物語の設定」「ザンボット3メカ設定」「基地について」「登場キャラクター紹介」のみ。



無敵鋼人ダイターン3

「ガンダム者」企画書
おそらく全掲載ではない。「企画意図」「物語は」「ドラマは」「登場人物」「メカニカル設定」「人間関係図」のみ。




機動戦士ガンダム

「機動戦士ガンダム記録全集」企画書、短縮前の原案プロットなど
企画名はまだ「フリーダムファイター」「ガンボーイ」であったときの企画書のほか、いわゆる「トミノメモ」という52話バージョンのライナーノートも収録。おそらく内容的は一番詳しい資料だと思います。
☆所持しているが、現在手元に無いので、詳細はのちに更新

「ガンダム世代への提言Ⅲ」企画書
「ガンボーイ」であったときの企画書。

「機動戦士ガンダム メモリアルボックス」(LD)企画書

☆ガンダムシリーズの金字塔だけあって、上掲資料のほかにも多数の本がこのような資料を収録していると思います。




伝説巨神イデオン

「伝説巨神イデオン記録全集」企画書、短縮前の原案プロットなど
「スペースランナウェイ・ガンドロワ」の時の企画書、いわゆる「トミノメモ」という43話バージョンのライナーノートも収録。
☆所持しているが、現在手元に無いので、詳細はのちに更新

「イデオンという伝説」企画書、各話ライナーノート
「スペースランナウェイ・ガンドロワ」の時の企画書や各話のライナーノート。
☆企画書のほか、初期設定や演出・会議メモなども収録。




戦闘メカ ザブングル

「戦闘メカ ザブングル記録全集」企画書
☆所持しているが、現在手元に無いので、詳細はのちに更新。

「戦闘メカザブングル大全」企画書




聖戦士ダンバイン

「新版リーンの翼第3巻」企画書
「マシーン・ザバン」という仮タイトルの企画書。
☆おそらくこれが初出。2010年が初公開っていうのは結構珍しい。




重戦機エルガイム

重戦機エルガイム大全:企画書
所持していないが、書籍紹介によると、「メインスタッフ&キャストの貴重な証言=インタビュー。永野護初期デザインラフ、宣伝用素材写真、企画書、キャラクター&メカニックの設定画等の貴重な資料の数々etc.―を網羅掲載。」とのこと。

重戦機エルガイム大全重戦機エルガイム大全
大久保 一光,バッドテイスト

双葉社
売り上げランキング : 247772

Amazonで詳しく見る by AZlink



機動戦士Zガンダム

「機動戦士Zガンダム メモリアルボックス」(LD)企画書
サブアタックタイトルはまだ「逆襲のシャア」のときの「ガンダム パート2」の企画書。有名な「ギャザースタイム」が出てくるのもこれ。

「機動戦士Zガンダムを10倍楽しむ本」企画書抜粋

「機動戦士Zガンダム大事典」企画書

☆以上の資料は全て所持していないので、これ以上の話は分かりませんし、ミスはあるかもしれません




機動戦士ガンダムZZ

「機動戦士ガンダムZZ ブルーレイBOX」企画書
「Zガンダム パート2」というストーリー初期案など。

「機動戦士ガンダム大全集」企画書
「Zガンダム パート2」というストーリー初期案など。




機動戦士ガンダム逆襲のシャア
情報求む
☆この作品の企画書を掲載した資料は無いらしいので、とりあえずシナリオ第1稿に基いて書いた富野監督の小説「逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」を暫定参考資料としてリストアップ。また情報によると、富野は「ハイストリーマー」や「ガイア・ギア」を準備稿と発言したことがある。




機動戦士ガンダムF91

「機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション」企画書?
ちなみにシナリオ決定稿から見れば、元のサブタイトルは「宇宙の子供たち」だったらしい。
☆所持しているが、現在手元に無いので、詳細はのちに更新。




機動戦士Vガンダム
情報求む



ガーゼィの翼
情報求む
☆おそらく無いと思います。



ブレンパワード

「ブレンパワード スパイラルブック」企画書、初期設定、構成案メモ、作品メモなど
映画バージョン「絢爛たるオルファン」の企画書、テレビシリーズの企画書、シリーズ構成、設定や演出などの富野メモ、構成案など多数。

ブレンパワード スパイラルブックブレンパワード スパイラルブック
氷川 竜介 藤津 亮太 編

復刊ドットコム 2015-05-23
売り上げランキング : 6966

Amazonで詳しく見る by AZlink



>∀ガンダム

「∀ガンダム〈Vol.2〉ニュータイプ100%コレクション」初期案、ストーリーメモ
ストーリーや設定を含めたキャラクター初期設定や放送前と放送中のストーリーメモなど。




OVERMANキングゲイナー

「オーバーマンキングゲイナー オフィシャルブック エクソダスガイド」企画書、作品メモ
短編映画だった企画よりさらに発展した「ゲイン・ゲイナー」の企画書、「OVERMANゲイング」ベースマテリアルと称するスタッフ向けの作品メモ。




機動戦士Zガンダム新訳三部作

「Z bible」構成案(1部のみ)
映画の構成案(3部×90分か2部×120~150分)および第1部のストーリー展開。




リーンの翼
情報求む



リングオブガンダム

「機動戦士ガンダム30周年ドキュメンタリー メモリアルボックス」原案
前身企画である「リアルGガンダム」の初期設定やストーリーなど。また本編のストーリー解説も。




ガンダム Gのレコンギスタ

また来てないから待ってろよ。



 以上は一応のまとめリストです。ご覧のとおり、またいろんな作品の情報が欠けています。またリストアップされた作品でも、まだまだ別の資料にもあると思いますので、もしよろしければ、どうかそれらの作品についての情報をコメントなりメールで教えてください。ありがとうございます。

 また、絵コンテについてはまた別記事で取り扱う予定ですが、何せ部分的な収録が多いので、記事が熟成するまではまだ大分時間がかかりそうです。まあ、そちらの記事は新しい情報が入る次第、随時に更新する形になると思いますので、そのときはまだよろしくお願いします。

▽続きを読む▽

富野由悠季、9月28日上映『アイアン・スカイ』の監督と対談

2012/09/10 15:18|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季、9月28日上映『アイアン・スカイ』の監督と対談
 9月28日公開予定の『アイアンスカイ』の日本上映を記念に、監督のティモ・ヴオレンソラと、本作にも応援コメントを寄せたほどのファンである富野由悠季監督の対談は、ニコニコ生放送にて放送されることが決めました。時間は9月15日(土)21時から始まる予定です。詳しくは以下をご覧ください。

映画『アイアン・スカイ』公開記念!富野由悠季監督×ティモ・ヴオレンソラ監督特別対談 - ニコニコ生放送

9月28日(金)より日本侵略を開始する映画『アイアン・スカイ』の公開を記念して、ガンダムシリーズで有名なアニメ監督の富野由悠季氏と『アイアン・スカイ』監督のティモ・ヴオレンソラ氏を招き、『アイアン・スカイ』に関しての特別対談を行う!!

そして、番組を見ている日本全国のプロパガンダ隊員の諸君に質問を募集する!!(#ニコ生鉄空)を付けて両監督へ聞いてみたいことを生放送中にTwitterにツイートせよ!

出演者:富野由悠季監督、ティモ・ヴオレンソラ監督、廣田恵介氏(MC)、竹内万理さん(通訳)

【映画のより詳しい情報はこちら】
映画公式HP:http://www.iron-sky.jp
Twitter:@ironsky_jp ニコ生用ハッシュタグ(#ニコ生鉄空)
Facebook:http://www.facebook.com/ironsky.jp
ニコニコ公式チャンネル:http://ch.nicovideo.jp/channel/ironsky


 圧倒的な知名度やキャリアを持つ富野監督に比べて、ヴオレンソラ氏をご存知する方はおそらくほとんどいませんので、ちょっと簡単なプロフィールを用意しました。

ティモ・ヴオレンソラ(Timo Vuorensola)
1979年フィンランド生まれ、代表作にパロディ映画『スターレック』シリーズや今回の『アイアンスカイ』。

 『スターレック』とは何ぞ? と思ってる人は、以下のトレーラーを見れば分かります。



 やはりこんな調子な映画だった。





 ちなみに残念ながら、この講演は海外だと「この番組はお客様の国・地域からの視聴はできません。」とのことですので、私は見ることができません(´・ω・`)ショボーン 代わりに録画してくれる人がいればありがたいですけど…。

雑談も雑談

2012/09/08 23:30|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 雑談も雑談
 週末仕事の連続につき、宇宙エレベーターの記事を準備できず。なので、小さい話題でお茶を濁すようなことをさせていただきます。ごめんなさい。記事はちゃんと考えています。


1、AGEガンダムとは一体何なのか

運命の出会い、傷を舐めあう道化芝居、三代に渡る家族関係。こんな美味しいシチュエーションがガンダム作品に揃ってるのに、何一つ表現できてなかったことを考えると、日野氏の罪は重いと言わざるを得なかった。富野監督でさえこんな贅沢なシチュエーションを作ってもらえなかったから。

まあ、これも一種の設定による掟破りだったので、これからのガンダム制作者(もちろん富野監督のこと!)がこのような設定をしても却下されることないであろうと考えれば、日野氏はグッジョブといわざるを得ない。AGEの失敗でようやくバンダイも多少危機感持つようになってるかもしれないし。

「やはり富野のおっさんにもう一度任せるか」とサンライズやバンダイに思わせた瞬間、誰が言おうと、日野氏とAGEはガンダムシリーズにとってもガンダムファンにとっても誰よりも大恩人だ。00じゃないけど、これまさに「破壊による再生」だw

 実はそんなにAGEが嫌いじゃないんだ。特に小説版は。







2、クロスボーンガンダムゴースト

今のクロスボーンゴーストの状態は、まさに昔長谷川が却下した富野の原案のようだ。「前作の主人公が主人公の位置を座り続ける」という。おおかた無印のダブル主人公を再現したいでしょうけれど、無印のトビアほど魅力的な新世代を作れなかったのは、今の長谷川ゴーストの限界としか。残念。

当たり前なんだが、主人公が世界のことを知りすぎるのは、やはりつまらないよな。宇宙世紀を大人目線で見せられてもな、っていう感じ。まあ、Vガンをベースにした世界観なので、こちらはあくまでも裏方という読み方もできるが、これじゃ新規は完全に望めないな。いや、そもそもダムエーが(ry

ゴーストはトビアの後継機が、V2の技術を汲んで(長谷川的にはレコードブレイカーなんとかだが)光の翼を実装したX4なら私キレます。いや、むしろ長谷川先生のリサイクルっぶりに尊敬する。X1フルクロスもしかりだしな。

 クロスボーンに対する感想の定番は「絵が下手」(作者自身も言ってるが)だが、個人的はそんなに気にしないんだ。ただ今回ののゴーストには閉口した。面白さはそりゃダムエーのなかでもダンチなのだが、全体的いえばちと微妙な気がする。少なく前のより面白さが減ってる感じ。







3、『キンゲ』『ザムド』宮地昌幸監督新作

宮地昌幸監督の新作。何この原作以外富野組って状態? いや、正確は半分のメインスタッフが富野作品に参加したことあるのだが→(監督宮地、脚本大河内、ビジュアルイメージOKAMA、人物設計橋本誠一) http://fuse-anime.com/

宮地昌幸監督のザムド小説まで買ったな。宮地監督の演出はキンゲで培ったノウハウと富野の教えを忠実にフォローしているいい感触だが、ザムドもさわりの部分がいいのに、ストーリーは弱い気が。ちょっと生意気いうと、もう一皮剥いてほしい。せっかく富野と宮崎両方をルーツに持つ演出家なんだから。

せっかくなのでこちらも宣伝・応援します。宮地昌幸監督のアニメ新作『伏 鉄砲娘の捕物帳』(原作桜庭一樹)は10月20日公開予定です。宮地氏は『亡念のザムド』の監督であり、富野由悠季監督の愛弟子でもあるアニメの俊英なです。皆さんも応援してね! http://fuse-anime.com/

どころで『千尋』で監督助手を勤めたのは周知のことだが、これは何をしている役職なんだろう。ジブリの『ジ アート オブ』シリーズの翻訳を担当させていただいた私が言うのもなんですが、ジブリって本当に絵一辺倒なのよね(本当はもうちょっと違うけど)。

 宮地昌幸『伏 鉄砲娘の捕物帳』、10月20日公開予定。皆も応援してね!

伏 鉄砲娘の捕物帳








4、富野超人

僕の考えた富野超人。Gレコアニメ準備しつつ、小説を連載。さらにリアルG、リングG、afterリングGをアニメ・小説企画として推進する。

 あーー富野は七人くらいいればよかったのに。

富野由悠季教室、二ヶ月間西日本にて三連発!

2012/09/06 01:14|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季教室、二ヶ月間西日本にて三連発!
 とっくにニュースじゃないですが、一応ブログでまとめます。来月から富野監督は西日本で連続に講演を開きます。10月13日に京都、10月20日に岐阜、そして11月17日に大阪で、それぞれ違うお題を掲げています。

 また、東京で開くのですが、11月28日にて開く講座「じぶん学」も合わせて紹介。詳しくは以下をご覧ください。



NHK文化センター京都教室:めぐりあい京都より(アニメーション監督 富野由悠季) | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー

めぐりあい京都より

アニメーション監督 富野由悠季

富野由悠季監督 上洛!
富野由悠季監督 京都に来る!「伝統」と「革新」の風土を持つ京都より、21世紀を生きるための新たな思考を導き出す力について熱く語ります。

20121013.png



10月公開例会|公益社団法人 岐阜青年会議所公式ホームページ

『第一部講演』      
演 題: 「日本の未来を担う若者に託した思い」
      ~ガンダムの生みの親が語るメッセージ~
講 師: 富野 由悠季 (とみの よしゆき)氏

『第二部対談』
テーマ:「アニメ界の常識を打ち破れ!」
     ~仲間の存在が成果を生み出す~
対 談: 富野 由悠季 (とみの よしゆき)氏
      【進行役】(公社)岐阜青年会議所 企業力向上室長 鈴木 博幸

10reikai.jpg



NHK文化センター梅田教室:アニメを通して得た人生観(アニメーション監督 富野 由悠季) | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー

アニメを通して得た人生観

アニメーション監督 富野 由悠季

ガンダム監督・富野 由悠季氏 梅田に来たる!!!
常に日本アニメの一歩先を歩んできた人生を振り返りながら、
これからの日本を背負っていく人々に向けて、熱いメッセージをお届けします。

20121117.png



じぶん学(後半分6回) 1231001

自分のなかに「非凡」を見つけるための連続講座
じぶん学(後半分6回)

11/28(水)
19:30~21:30
【外苑キャンパス】
講義
「『自分』が生かされているところを考える」 富野由悠季(アニメーション映画監督、原作者)
〔担当講師: 富野 由悠季・松永 光弘〕

img12071715-8768.jpg

 申し込みや問い合わせとかは上のリンクからお願いします。



 しかし、こうも講演や講座が多いと、ダブる内容もきっと出るんでしょうね…。見たところ梅田と岐阜、京都とじぶん学は話題がダブる気味ですかね?

 なにがともあれ、新作の準備に支障が出ない限り、楽しみです!

ガンダム世界における宇宙エレベーター設定

2012/09/05 01:42|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ガンダム世界における宇宙エレベーター設定
 2chの富野スレの話を受けて、twitterで書いた話です。次回はこの話に基いて、富野およびガンダム作品から出てくる宇宙エレベーターの話を洗いざらし紹介をしたいと思います。


∀の宇宙エレベーターはGレコに設定的に繋がらないと私も思う。まず、∀のは宇宙世紀末期に作られたものとされてるが、Gレコの前身的企画リアルGの宇宙エレベーターは、西暦末期のとされていた。ここ数年富野の発言から察すると、SEなしではスペースコロニーがそもそも有り得ないと分かる。


なので、富野にはSEの導入で宇宙世紀の成立を補完する意図があると考えられている(映像や作劇的にはちと無理かもしれないが、設定上では可能)。はじめたいGでは「前の世紀に三基建設されていた」としか書いていなかったが、次の文に「宇宙世紀」が出てきたから、前の世紀は西暦と指す可能性アリ。


つまり、少なく今の富野にとって成立する順番は「西暦→宇宙エレベーター→宇宙世紀→Gレコ(はじめたいG)→∀」のはずだ。これに沿って考えれば、∀の設定は忘れたか、上書きされたと考えるほうが妥当。


映像や作劇的には無理があると書いたが、∀だってディアナに指摘されるまで、ザックトレーガーが話のなかに出てこなかったどころか、その存在を認識できる登場人物すら無いから、やろうと思えば可能だ。要はアムロだってカミーユだってSEの存在知ってるけど、行ってないし口もしていないということ。


ではGレコは00と繋がっているか?という話に関して、以下発言引用。「『ガンダム00』で三基の宇宙エレベータを設定したものの延長にあります。歴史的にガンダム・ワールドを踏襲することで、宇宙エレベータ規模のものが、ひとつの物語世界だけで建設できるものではない、としたかったのです。」


GレコのSEデザインにおいては00モデルの踏襲だろうが、個人は黒歴史的に「それも含まれているかもしれない」というニュアンスとして捉えている。SEはすでに富野のいくつかの構想中世界に存在していたが(∀、リアルG、ROG、はじめたいG)、公式Gにおいては、今のところ00にしかいない。


どのみちGレコはまだ作品にさえなってないので憶測も早計だが、富野が言ったからといって00と(直接的に)繋がっていると言うのは、「シャイニングフィンガーと言ったからターンXは~」というのは同じ程度の話だと思う。


では何故か富野はそこで00を言及したのというと、宇宙エレベーター協会の人やイベントにも面と向かって00の話を言われたからな。どのみち繋がるも何も、ガンダムにおける宇宙エレベーターの話をするとき、00のことを避けられないよ、いくら富野でも(作劇上には完全に無視できるけど)。


2年前書いた、富野の構想を紹介する一連の記事。∀、リアルG、リングG、はじめたいGと新作の関係を紹介した話だが、宇宙エレベーターにフォーカスしてなかったな。改めて記事にしようか。いま自分の判読力の無さで恥をかいた真っ最中なんだが…。 http://kaito2198.blog43.fc2.com/blog-entry-870.html


 あくまで自分の考え方で、間違いや誤判もあるかと思いますが、次回はこれをベースに、さらに話を膨らませたいと思います。もし何かご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントしてください。よろしくお願いします。





∀ガンダム6話~11話裏話紹介

2012/09/02 17:25|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:3
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ∀ガンダム6話~11話裏話紹介
 前回の記事で予告したとおり、『∀ガンダム』フィルムブック第2巻の話を紹介します。以下はちょっとだけ自分の意見をします。

第5話 チェックポイントその1
戦闘機乗りは空を飛べる!わけではないが……


 メシェーがモビルリブに飛び移るシーン。普通に考えれば「無理だ!」と思いたくなるこんなシーンが自然に見える。というのも冒頭でロランが飛行船から飛行機に飛び移るという描写がなされているためである。∀の絵コンテには、こういう演出教室ノリの細かい書き込みが多数見られる。なかには、冒頭の装甲車から顔を出すヤーニ軍曹の対比の面白さには「人間の乗るものはでかいと信じている人はアホなんだよね」なんて意見も書かれていたりして。

 こういうメモ代りとして絵コンテに添付されている演出手法の書き込みこそが、富野由悠季監督のもう一つの『映像の原則』だといえますね。内容的には難しいかもしれないけど、どこかでまとめて出版できないものですかね。

第6話 チェックポイントその3
~削られたシーン~ 黒歴史をめぐり紛糾する会議


 シナリオでは、地球の領主が黒歴史をオカルトと断じ、月に住み着いた人が居ることを信じられず、ディアナたちをガリアの北に住むいかさま師とまで決め付ける。グエンはそれに賛同しないが、”月に人が住むことを領主が理解して大衆に伝えて欲しい”と語るディアナの問いには言葉を濁し、この千年間ラジオも新聞も普及率がほとんど変っていないと語る。そんな展開になるはずだった。

 この部分は結局削られたんですが、正解だと思います。今更6話になってもこれをやられても、ただでさえ遅い展開をさらに遅らすのですからね。

第7話 チェックポイントその2
絵コンテに見るワイプによる演出講座


 町でパンを売るキースのシーンで、カットの切り替わりにワイプという手法がつかわれている。これは画面を横に拭き取るようにして下に次のカットが現れる技法。この使用に際して、絵コンテにはこんな注意書きがされている。曰く「ワイプを使うということは、劇中のテンポを上げる感覚があります。(中略)切り込むようなタイミングで入れた方がいいと思います」また「ワイプすぐのアクションをつくらないとワイプだけの見せ絵になってしまう」のだとか。

 ∀の舞台はアメリカ大陸を想定しただけあって、人間ドラマになると、富野がほぼ本能的にワイプを多用しますよね。それにしても故星山博之氏もそうだったけど、やはりあの年代は、ある種「古き良き年代の映画≒青春の思い出的な映画」の臭いを忘れることができませんよね。

第7話 チェックポイントその3
ムーンレィスのパーティードレスは奇抜……ではない?


 ムーンレィス側のドレスにはびっくりした人も多いのでは? だが、これらのドレスを考えたキャラクター原案の安田朗は、そんなことはないのだと語る。たとえていうならば、現代のパリコレ。TVなどで見たことのある人はわかるだろうが、一体誰が着るのかと目を疑うようなデザインが続く。また映画祭のパーティなどでも奇抜なファッションは珍しくない。それを思えば、あのファッションは奇抜というよりモダンとでも捉える方が正解だろう。

 次回の記事で紹介したいですが、今のあきまんはともかく、この時期のあきまんのデザイン力とコンセプト力は間違いなくピークにいると思います。正直『∀』のキャラクターと比べれば、『キングゲイナー』のメカでさえ物足りないように感じます。

第8話 チェックポイントその4
~削られたシーン~ 嘘をつく人へのグエン様の一考察


 今期の話の冒頭、グエンとキエルの会話にはいくつか削られたシーンがある。たとえば人は戦いが好きなのかというキエルの問いに「黒歴史の中に人は戦う本能を持っていて嘘をつく動物だとかかれており、それは我々自身のこと」であると答える。また、自分に嘘をついていないかと問うキエルに、キエルは「わたしはご覧の通りですべてです」と答える。実に意味深い。

 「うそをつく人たち」! 当時富野監督が本からヒントを得た件ですが、実際のフィルムではこのコンセプトは後半で浮かび上がったわけですが、この話を見れば分かるとおり、前半ではすでにこのコンセプトが作品の一要素として存在していた。結局尺関係で削られたんだろうか。

第10話 チェックポイントその4
~削られたシーン~ ハイム夫人はディアナに気付いた?


 脚本の段階では、ラストシーンが少し違っていた。お墓の前で泣き崩れる一同。そのあとに場面はハイム夫人の寝室に。そのベッドで、ジェシカに看病されているハイム夫人がこう問いかけるのだ。「ソシエといっしょに来てれたお嬢さんは、どこの方なの?(中略)私を元気づけようと、あんなに固く手を握ってくれた……」その言葉にジェシカは実の娘の分からなくなったのかと涙するのだが……。入れ替わりに気付いていた?

 私見ですが、このシーンを削られたのは演出家GOOD JOBだと思います。なぜならばこの話があっても無くっても、ハイム夫人がモウロウ状態に陥っているのに変りませんので、このエピソードを入れても蛇足なだけです。なぜならば、ディアナを見て「あなた誰? キエルに似てるけど…」ではなく「どこの娘」と言ったのは、まさに判断力がまだ正常じゃない証しですから。

第11話 チェックポイントその4
少し不思議なコレン・ナンダーのガンダム観


 ノックスの町で暴れて「昔のガンダムっていうのはなぁ。こういうときにはダァーっとやって来て戦ったもんなんだぞ」と叫ぶかと思えば、シナリオ段階では「高性能なモビルスーツといやぁガンダムに決まっている」とか「地球で敵討ちができるんだぜえ!」なんていうセリフも考えられていた。そんなコレンにとってガンダムって一体何?
 もっとも、コレンのセリフに対するミリシャの反応は「敵はああいうものをそう呼ぶんだろう」とそっけない。

 これもいらないセリフだから削られたんでしょうね。

 以上の紹介とおり、このフィルムブックは各話ごとに4~5の要チェック!を取り上げるスタイルですが、実際こぼれ話を収録したのは以上の7箇所のみです。なので今回で一気に全部を紹介しました。次回は機会あれば安田朗氏の話を紹介したいと思います。もっともあきまんの絵に関する話はいろんなところで読めますので、あまり乗り気じゃないかも。






ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.