富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

映像の原則を検証する記事を書きたい

2011/09/29 02:57|ブログ運営TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映像の原則を検証する記事を書きたい
 先週から今日までは家族や仕事のことでいっぱいでしたので、とてもブログを更新するところではなかったのですが、ようやく一段落に落ち着きましたので、またブログの更新を再開したいと思います。

 ところで先月、富野由悠季監督による映像技術書『映像の原則 改訂版』の発売以来、その映像の原則を使って、作品を映像の原則に合ってるかどうかの記事は次から次へと生まれた。富野ファンとしては嬉しい限りです。



 まず、もっとも有名なものは、おそらくHIGHLANDVIEWさんの『逆シャア』に対する記事でしょう。

落ちるアクシズ、右から見るか?左から見るか?<『逆襲のシャア』にみる『映像の原則』> - HIGHLAND VIEW 【ハイランドビュー】

 いつも高度な分析をしているHIGHLANDVIEWさんですが、この記事もやはりその聡明ぶりを遺憾なく発揮しました。画像で説明しながら展開したその分析は、制作者が意図した演出とほぼ100%合っていると断言できます。

 映画の場合、制作の初めから結末を想定しなければ話にならないゆえ、その制作意図もテレビアニメ以上明確しなればいけません。なので、分析する上に比較的に簡単なものと言えるかもしれません。それでも、ここまできちんとした記事を上梓されては、とても敵わないと思いました。正直、嫉妬さえ覚えるほどの出来です。その故、皆さんにもとてもオススメです。



 次は、nuryougudaさんの記事です。この方の作風に似ているというか、今放送中の『輪るピングドラム』を対象に、映像の原則を検証したものです。なかなかの大胆さです。

輪るピングドラム第10話 だって好きだから輪る映像の原則を解析する - 玖足手帖

 普段のグダちんさんと違って、今回は映像のダイナミズムを説明するため、やはり大量のキャプチャを使いました。そのうえ、さらに自分の説明を載せたという爽快ぶりは、やはり私ごときでマネしようがないことです。



 最後は、坂井さんの記事ですが、なんと古典のなかの古典である『戦艦ポチョムキン』を取り上げました。

富野の『映像の原則』は合っているのか、「映画の教科書」を見て検証する:富野とかBLOGサイト2

 記事内容のボリュームは前の2人と比べて少なめですが、映画の該当シーンをそのまま見れますので、「動いている映像」で映像の原則を検証できます。生憎私はこの映画を見たことないので、まあいずれじっくり見たいと思いますが、それにしてもこのような大作を選ぶなど畏れ多いことは、私みたいなチキンはできません。もうただただ凄い。



 とまあ、そうはいっても、私は曲がりにも富野ファンの一員なので、やはり映像の原則の検証記事を書きたいと思います。というかもう書いています。私はチキンなので、しばらくは富野作品以外の映像作品を取り上げることはしませんから、とりあえずは前から暖めてきた『ガンダム』と『イデオン』を映像の原則で比較する内容を書くつもりです。というかもう書いている。上の三人の方にはとても敵いませんけれど、それでももしこれで映像の原則と富野演出を、一人でも多くの人に伝えるならば、記事を書いている身として何より満足なのです。


比一比!紀伊國屋還是淳久堂好?(2011年10月)

2011/09/26 00:50|給華文讀者TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 比一比!紀伊國屋還是淳久堂好?(2011年10月)
  一直以來,在台灣購買日文書籍不是一件太容易的事,不過日本書店直接進入台灣經營也小有時日(其實也蠻久了),這幾年來,在日本直營書店購買日文書籍,似乎也已慢慢蔚為風氣,或說成了一種習慣。而這些來台灣開店的日本書店,其中的佼佼者便是鼎鼎大名的「紀伊國屋書店」以及「淳久堂書店」了。

  不消說,這兩家書店在日本都是赫赫有名,來台灣也有一段時間了,兩邊也都各有其利用者。本文將以個人於兩家店消費的經驗,針對其提供的服務來作一個比較,也給想要購買書籍卻不知哪邊較好的迷途小羊們做一個指引(沒那麼偉大就是)。

  以下針對兩家書店各個部份進行比較,歡迎各位提供意見或是改予指正。


價格

  這一點大概是所有人都很關心的一點吧。以下是以2011年9月的匯率進行的比較。我分不清楚什麼海運、空運的,所以一律以空運價來算。

紀伊國屋書籍、雜誌:0.43
紀伊國屋書籍、雜誌 平時會員價:0.387(9折)
紀伊國屋書籍 會員日會員價:0.344(8折)
淳久堂書籍、雜誌:0.428
(紀伊國屋會費為1年500元,以前有終身制,現在沒了)

  以上來看,可以看到只要購買的價錢超過一定額度,紀伊國屋的價格是遠比淳久堂還要好上太多的。以漫畫來說,紀伊國屋8折價的時候就比淳久堂便宜30~40元。1000日元的書,更是可以便宜個快80元。對於書量多的人,可以說紀伊國屋是唯一選擇。
  關於到底要購買多少東西才會划算,簡單算一下,只要你一年購買書籍的金額在6000日元以上的話,紀伊國屋8折價將會是您最好的省錢夥伴,因為它比現在日幣的匯率還要低。現在還有很多人停留在淳久堂剛進來台灣時的友善價格,因此心中一味認定淳久堂較便宜,我可以說,這完完全全是錯的。沒錯,以前的紀伊國屋確實很(永不降價的0.495...),以前的淳久堂確實很友善,但現在已經完全倒過來了,只能說這是時代的眼淚吧...。


訂書方便度

  不過,價格雖是一個大考量,但未必就決定了一切。關於訂書方面,淳久堂是只要有人來訂,一切來者不拒,還幫你問個詳細,至於紀伊國屋,則是動不動就說要看書商有沒有單子,實在是煩得要死。最扯的是,紀伊國屋常常會跟顧客說他們不預定進這本書,所以要等到出版日之後再幫你下單,全天下的日本書店有哪一個不能預定的道理?簡直是胡來。
  當然,這一點是由於淳久堂直接透過其日本母公司的系統來對日本書商訂書,所以便捷又準確,而紀伊國屋則是又間接透過台灣的中盤商訂書進貨,所以要看他們的臉色(然後我們顧客又要看紀伊國屋的臉色)。以經驗來說,紀伊國屋能在出版日期以前訂到的書,大概只有話題書或是紅的漫畫,其它書或雜誌?乖乖咬手指等到發售日後再訂吧。


訂書速度

  訂書方便度如此,那麼訂書來的時間又如何呢?在我的經驗中,如果是出版日前確實訂到的書籍,或著是出版日後訂的書籍,其實紀伊國屋與淳久堂的速度都差不多。以台灣與日本的距離以及出刊的性質上來說,雖然兩家的運送都會在出版日之後才進行(如果碰到週末會更慢),不過牽扯到上一項目的訂書確切度的話,那麼比起發售日後再開始處理訂單的紀伊國屋,一開始就幫你訂好的淳久堂自然會是比較快


店內陳列

  這裡指的陳列不是擺書擺得好不好看,而是指書籍數量的多少以及種類。這一方面,淳久堂由於大刀闊斧拿了很大的空間,所以在書籍的數量與種類都勝過紀伊國屋,逛起來也較有在日本書店的感覺。不過,有些專門書紀伊國屋會進,但淳久堂就不一定會進。


員工水準

  依個人使用心得,每次到紀伊國屋訂書時,總是有那麼幾個員工似乎搞不太清楚狀況,即使對他客客氣氣,態度偶爾也帶點不太熱意的模樣,總感覺利用起來不是那麼愉快。反過來說,淳久堂我就沒有從來沒遇過這種狀況,利用起來也是乾乾脆脆。整體來說,淳久堂的員工素質實在算是比較好


網路服務
  
  以下是兩家的台灣官方網站。

Kinokuniya BookWeb
台灣淳久堂股份有限公司

  光是這麼一看,高下馬上分出來。紀伊國屋的網站有新書介紹、活動介紹,還可以網路訂書(但雜誌不可)。至於淳久堂則是進來2年,網站始終是那麼陽春,雖然其服務有與日本網站同步,但還是沒有前者好用。所以說,盡管不算盡善盡美,但紀伊國屋的網站可說是好得多了。


交通

 交通方面,其實兩家的分店在天母、台北忠孝商圈都有,也實在算不上有哪家比較近、比較遠,整體來說交通上可說是平分秋色。硬要說的話,兩家分店距離都離捷運比較近的淳久堂較有地利之便?


其它

 算不上誰優誰劣,不過淳久堂都躲在SOGO裡面,所以可以用HAPPY GO卡(雖然那回饋金少得可憐...)。至於紀伊國屋也都依各家百貨而有另外的特惠。


結論:划算的紀伊國屋、便捷的淳久堂

  比來比去沒給個結論,大家似乎也不會甘心。我的結論是:如果要買的書量多,而且不急著要馬上拿到書的話,那麼紀伊國屋是不二選項。但假如紀伊國屋不好訂的書,而且又急著想要一睹為快的話,那麼利用淳久堂會讓你的挫折感不是那麼大(當然要多花點錢就是)。以我來說,平常的書都是在紀伊國屋買,雜誌也只要忍耐第一次訂書時,到書的緩慢以及店員的白目,之後就都算一切順遂。只有這次為了快點看到NEWTYPE ACE的富野由悠季導演新企畫時,才特地跑到淳久堂去買。

▽続きを読む▽

ブログ更新しばらく中止

2011/09/21 00:54|ブログ運営TRACKBACK:0COMMENT:3
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ブログ更新しばらく中止
 家族の人が病気になり、その世話をしなければなりませんので、ここん一週間くらいブログの更新はしばらく中止させていただきます。富野由悠季監督関連話題を期待してくださっている皆さん、申し訳ございません。

明日ブログ更新します

2011/09/18 20:52|ブログ運営TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 明日ブログ更新します
 いまさらようやく富野由悠季監督の新企画を載っているニュータイプエース第1号をゲットしましたので、じっくり吟味させてもらいます。明日でブログを更新します。



 ところで、9月21日には富野監督が出てくる番組があるのですが、なかなか録画してくれる人を見つからなく、今とっても困っています。たとえ出番は5分くらいにしても、やはり見たいですな。

富野由悠季監督、9月21日Eテレ「デジタル・ティーンズ」に登場!

2011/09/16 13:03|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季監督、9月21日Eテレ「デジタル・ティーンズ」に登場!
 富野由悠季監督が今年7月24日で参加したNHK番組「デジスタ・ティーンズ」による一日ワークショップの公開収録は、要約放送されることになりました。チャンネルはNHK Eテレで、時間は2011年9月21日19時25分から50分までです。

NHK デジスタ・ティーンズ

デジスタ1DAYワークショップ アニメーション制作講座
 教授:富野 由悠季(アニメーション監督)
 京都精華大学でおこなわれた、
 デジスタ・ティーンズ1DAYワークショップの模様を
 2週にわたって紹介!
 第一回は、「機動戦士ガンダム」などの監督で有名な、
 泣く子も黙る、富野監督!

20110916115737273.png

 泣く子も黙るとかwww まあ、ある意味間違っていないかもしれませんね。

 それにしても、ちょっと前この番組の放送を見ましたが、フォーカスする相手は若い制作者たちということもあって、講師に割れる時間はあまりいません。加えて2週にわたる紹介というものの、CG畑の講師もあるため、富野監督の出番はおそらく今回だけです。まあ、とりあえず富野監督に映るのは2、3分しかないと思うほうがいいかもしれません。もっとも番組は富野のオーラに負けて、より多くの時間を割ってくれればいいですけどね…。

▽続きを読む▽

プロフィール欄のお知らせ変更

2011/09/14 22:02|ブログ運営TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - プロフィール欄のお知らせ変更
 富野由悠季監督が新企画「Gレコ」を発表したのに合わせて、本ブログのプロフィールに掲載されていたお知らせを変えました。

旧バージョンはこれで:

本ブログは富野監督最新小説『はじめたいキャピタルGの物語』(ガンダムエース2010年12月号掲載)を応援しています。いつもこのブログを読んでくださっている方々にお願いがあります。もしガンダムエースを購読していらっしゃったら、どうかアンケートハガキの「ガンダムエースへのご意見」欄に『はじめたいキャピタルGの物語』の連載希望をご記入ください。お願い致します。


新バージョンはこれです:

本ブログは富野由悠季監督の最新企画「Gレコ」(ニュータイプエース連載)を応援しています。いつもこのブログを読んでくださっている方々、もしニュータイプエースを購読していらっしゃったら、どうか「Gレコ」に対する応援をアンケート葉書を記入した上、郵送してください。

 とにかく、皆さんも富野由悠季監督と新企画「Gレコ」を応援するために、ニュータイプエースを買ったら、必ずアンケート葉書を送りましょう。海外の私でもできることなんですから、日本に住んでいるみなさんもきっとできるはず。たったの50円でキミの富野LOVEを編集部に伝えましょう。


 先日は誤って「Gレコ」を「Gコレ」に書きました。ここで訂正します。こんなミスをするだけでも十分アレなのに、連日でGコレ連発って……お恥ずかしいです…。

書くことがない

2011/09/13 18:02|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:3
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 書くことがない
 ニュータイプエース届いたら記事を書きますが、まだ届いてないので、どうにもなりません。

 せっかくだから、ついでに一つ情報書きます。今月15日発売の「Great Mechanics DX18」には「今、この時代だからこそ分かる∀ガンダム」と題し、富野由悠季監督のインタビューがあるそうです。∀ですよお客さん。こりゃ要チェックです。残念ながら円高で死にそうなので、私は買えませんが。



 それから、一応富野情報まとめを更新しましたので、9月10日の新企画発表から年末まで今年いっぱいの富野の活動を紹介させていただきます。

2011年富野由悠季総監督情報まとめ

9月10日 月刊ニュータイプエースvol.1 新企画「Gレコ」
9月15日 グレートメカニックDX18 インタビュー
9月23日 富士山静岡空港スペースポートイベント パネルディスカッション参加
9月26日 『ガンダム世代への提言 Ⅲ 富野由悠季対談集』
9月26日 月刊ガンダムエース2011年11月号 教えてください。富野です VOL.102(予定)
9月頃? NHK教育テレビ「デジタルティーンズ」ワークショップ(2~3回に分けて放送、収録は7月24日)
10月1日 東京スカイツリー関連イベントつくりてからの生の声 第3回「未来のまち」講演
10月8日 大塚ひかり『愛とまぐはひの古事記』文庫版 解説文
10月10日 月刊アニメージュ2011年11月号 富野に訊け!108回(予定)
10月10日 月刊ニュータイプエースvol.2 新企画「Gコレ」連載(予定)
10月26日 月刊ガンダムエース2011年12月号 教えてください。富野です VOL.103(予定)
11月10日 月刊アニメージュ2011年12月号 富野に訊け!109回(予定)
11月26日 月刊ガンダムエース2012年1月号 教えてください。富野です VOL.104(予定)
12月10日 月刊アニメージュ2012年1月号 富野に訊け!110回(予定)
12月26日 月刊ガンダムエース2012年2月号 教えてください。富野です VOL.105(予定)
?月?日 『????????』

 こうしてみれば、「教えてください。富野です」も100回以上になったのか。しかし新企画発表した以上、ガンダムエースも富野ファンにとって寂しい雑誌になったのね…。『ガンダム世代への提言』はもし第4巻が出るにしても、早くても2年後までだから、一応買う理由もあるが、新企画と二択なら、そりゃ新企画だからな…。

 というわけで、もし「教えてください。富野です」もニュータイプエースに移籍なら万事オーケーだよな。ララァちゃんや逆シャアの4コマ漫画も何故かニュータイプエースに移籍したからな。

富野新企画「Gレコ」はどこまで進んでるの?

2011/09/11 23:35|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野新企画「Gレコ」はどこまで進んでるの?
 さて、富野由悠季監督は新企画「Gレコ」を発表しました。新創刊された雑誌ニュータイプエースに収録されているこの企画について、内容と富野監督のインタビューはそれぞれシャア専用ニュースさんシャア専用ブログ@アクシズさんが書いてくださった記事を参考してくれればありがたいですが、ここでは現時点公開された話を基づいて、この「Gレコ」の進行状況について推測したいと思います。あくまで自分の考えなので、どうか気にせずに読んでください。



 それでは、今回使っている資料や発言のソースは以下の一覧です:

1、キャラホビ2011 富野トークショー
2、キャラホビ2011 大河原トークショー
3、大河原氏去年twitterでの発言
4、wowowノンフィクションW
5、映像の原則改訂版
6、ニュータイプエース第1号

 不確定な部分もありますが、一応自分が読んでで怪しいと思われる部分を全部取り上げてみました。あまり長く書いても読者をウンザリさせるだけなので、できるだけ簡単に書きます。また、他田引水で恐縮ですが、内容についての概要は、シャア専用ニュースさんから引用させていただきました。

<富野由悠季監督最新プロジェクト概要>
▽ニュータイプエースで独占連載
▽タイトルは未定
▽コードネームは「Gレコ」
▽月刊ガンダムエース2010年12月号に寄稿された「はじめたいキャピタルGの物語」は「Gレコ」の初期案
▽宇宙エレベータがメインの舞台
▽宇宙エレベータは「機動戦士ガンダム00」で3基の宇宙エレベータを設定したものの延長にある
▽2010年夏ごろからストーリを組み始める
▽宇宙エレベータは12本のケーブルで1基のゴンドラ昇降するシステム
▽2012年年明けくらいにはノベルスをスタートさせたい
▽物語のエネルギー問題は太陽光発電がメイン
▽太陽光発電以上のエネルギーも設定しているが、まだ秘密
▽バッテリー論を拡大解釈した設定も持ち込む予定
▽新情報は「ニュータイプエース Vol.2」にて公開
<公開されたイメージボード>
A「宇宙エレベータ基地周辺の全景」
B「都市中心部の風景」
C~F「都市内の生活空間」
G「ケーブル先端部・地球側」
H「分離する地上基地」
ほか無題4枚



一、1の富野トークショーはトークショーだけに、内容についてはあまり深く触れず、主に言及したのは企画の進行度

一、2と3の大河原氏関連の話は未確定だが、関係あるかもしれないので入れました。。詳しくは後で話す。

一、4の番組は『はじめたいキャピタルGの物語』の宇宙エレベーターについての話だが、宇宙エレベーターは今回とても重要な要素なので、ここで入れました。

一、5の映像の原則改訂版について妙に思っている人はいるかもしれないが、実は大いに関係あり。

一、6のNAはいうまでもなく今回の大本命なので、絶対買うべし。

一、1と5によると、今回の企画は数年使って暖めたもので、今の形になった以前にもアニメ企画やノベルズ企画としてまとめたことある。これが『リアルG』『リングオブガンダム』『はじめたいキャピタルGの物語』などすでに世に出たものの話かどうかは知らないが、少なくとも富野のなかでは「宇宙エレベーターありき」(4によると)なので、2010年以降のものという可能性が高い。(もっとも、「リアルG」も「リングG」も後付で宇宙EVの要素を入れたが)

一、1と4と6によると、今回の企画は今までの富野作品に比べて、リアルとフィクションの接点をもっと強くした作品になるらしい。これは「ノンフィクションw」や「教えてください。富野です」の取材を通しての成果ともいえる。そういう意味では、「Gコレ」はガンダム系で宇宙世紀のさらに未来の話だが、ひょっとしたら宇宙世紀よりも我々に現実との地続き感を感じさせてくれるかもしれない。

一、富野監督は今のところこの企画を小説として進行させつつ、将来はアニメとしても狙いたい模様。単に富野一人の作業だけじゃない証拠として、『はじめたいG』の設定協力にサンライズがクレジットされることや、シナリオライターなどのスタッフついていることから伺える。

一、1によると、この企画は雑誌の編集長はまだイェスを出さなかったらしい。一方6によると、富野自身も完全に準備を整ったわけじゃないそうだが、やる気があれば、来年明けでさっそく始まれるとのこと。

一、そうそう。ちなみに「教えてください。富野です」は対談集の広告を見る限り、やはりこれからも『ガンダムエース』で連載するらしい。私も一応熱烈な富野ファンの端くれだが、毎月二つの雑誌を買うのはさすがにできないので、おそらく本命の「ニュータイプエース」だけを買うだろう。

一、2と3の大河原氏絡みの発言だが、実はこれはどうも富野監督の今回の「仕事」に絡んでいるらしい。3の「……宇宙世紀?」という発言は一見「来年のガンダム」(つまりageのこと)についての返答だが、実は「富野さんの仕事」についての話とも読み取れる。だってオリジンは完全に宇宙世紀だし、AGEはまあ違うだろうだし、むしろこの「Gレコ」のような宇宙世紀と繋がっているけど宇宙世紀じゃない話だからこそ、このような微妙な言い方をするんだろう。もちろんこれは憶測だけれど。

一、しかし2では、富野監督は「今度の仕事を大河原さんに頼まない…」という話をした。ただ単に大河原氏との関係を形容する話もありうるが、額面とおり受け取れば、今回の企画について大河原氏はたとえノータッチにしても、やはり存在自体を知っている。

一、とにかく、大河原氏の話を信じると、この企画のメカデザインは一定の進展があるということになる。

一、5についてだが、実は『映像の原則改訂版』の第2章にはシナリオについての書き下ろしがあるが、その部分は例としてシナリオ用紙のサンプルを掲載した。しかしよくよく読んでみると、その用紙に書かれているシナリオはなんと『はじめたいキャピタルGの物語』の続きと思われるストーリーだ。詳しく知りたい方は富野監督の応援もかねて、『映像の原則改訂版』を買うのをオススメですが、主人公ベルリィ(ベリルから改名)、ノレドなどのほか、新しいキャラや地名なども登場。

一、ここであえて皆さんを釣りますが、このシナリオで書かれているわずか1ページのストーリーはとても萌え萌えです。70歳に近い富野監督がこれほど可笑しく萌え萌えな話を書けると思えば、恐るべしです。

一、6によると、『はじめたいキャピタルGの物語』は今回の企画「Gコレ」の練習作。実際、5のシナリオではすでに一部のキャラが改名された。この『はじめたいG』はニュータイプエース第1号にも再録されているので、前読み損ねた方でも安心に読める。

一、宇宙エレベーターについての設定はやはり『はじめたいG』とまったく同じなので、そのへんの設定はすでに確定稿になると思われる。

一、6のインタビューで『ガンダム00』を言及したが、見方によっては、これは「黒歴史の拡大」ともいえるかもしれない。つまり『00』をも黒歴史に取り組むこと。

一、今のところ、ストーリーは全体の1/3くらいまで進んだらしい。しかし、全体の話はまだ出来ていない。また、キャラもすべて決定になっているわけではない。しかし、シナリオライターも参加していることならば、やはり企画としてはそれなりの規模があると思われる。

一、6ではイメージボードが何枚も収録されているが、つまり富野監督は構想をかなり固めていたともいえる。

一、雑誌の告知を信じる限り、たとえ作品自体が来月始まらなくてもプロジェクトそのものは連載する。これは朗報だ。

一、太陽光発電以上のエネルギーも設定されているが秘密という話について、自分はだいたい見当がつくが、あえてここで言わない。もっとも、この世界はやはりミノフスキー粒子(旧世紀の技術だが)があるからな…。

一、これはシャア専用ブログさんが気づいた話だが、今のところまだ著作権表記はない。『はじめたいG』にあった企画協力表記もない。

一、「マン・マシーン」はつまり「人型兵器」。これはただ著作権が通ってないときの権宜だが、場合によっては平気に「モビルスーツ」になると思う。



 以上は今日まで判明できる「Gコレ」に関する話のまとめです。結局長くなりましたな。というわけで、皆さんは雑誌を買いましょう。アンケートも送りましょう。富野監督を支援しましょう。


 本当は旧版も改訂版もオススメですが、今回の記事はあくまでも「Gコレ」の話なので、改訂版だけを紹介します。



 今回富野新企画の大本命雑誌。ぜひ買わなければなりません。

ニュータイプエースの富野新企画フラゲが来たわけですが

2011/09/09 22:46|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ニュータイプエースの富野新企画フラゲが来たわけですが
 自分は予約済みだったんですが、例によって海外にいるため、どんなに速くても来週末くらいまで待たなければなりませんので、ここでしばらく静かに見守りたいです。twitter2chの富野スレにはすでに一部な情報が入ってきましたが、他人のふんどしで相撲を取るのはアレなので、気になる方は上のリンクから自力で探してみてください。

 一応、公開できる範囲内の話でいえば、今回富野監督の関連内容でいえば、「見開き2ページ+インタビュー5ページ(イメージボード)+再録小説6ページ」というものです。また、『海のトリトン』のときの話を漫画化した読みきり「トミノ伝」も掲載されています。

ニュータイプエース | 連載作品紹介

富野監督の新作に繋がる幻の未完小説
はじめたいキャピタルGの物語
富野由悠季
ニュータイプエース初号では、富野由悠季監督の新プロジェクトが発表された。それに伴い、以前ガンダムエースに掲載され話題を呼んだ、新作の元となった小説を一挙掲載!

特別読み切り
爆笑偉人伝「ガンダム創世」特別編!
トミノ伝
大和田秀樹
ガンダムを生んだ伝説の男・富野ヨシユキの爆笑歴史漫画。富野監督の初作品である「海のトリトン」映画化の秘話を描いた特別版。




 また本誌見てませんので、第2号以降はどうなるかはまだ分かりませんけれど、とりあえずアンケートハガキを送って、富野監督を支持する意向だけを編集部に伝えなければなりません。というわけで、皆さんもよろしくお願いします。海外のバカでさえ送るんだから、日本の皆さんにとってはなおさらケーキひと切れ…ではなく、朝飯前みたいなものですよね。

富野由悠季情報をまとめてお送りします

2011/09/08 20:01|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季情報をまとめてお送りします
 ここ数日珍しく富野由悠季監督に関する情報を複数で掴みましたので、ここでまとめて報告します。しかし今年に入って、昨年や一昨年みたいにこんな贅沢な記事が減っているのは、たぶん富野監督もだんだん創作モードに切り替えたためと思いたいな。



1、小田原映画祭シネマトピアに富野作品上映
 小田原の地域興しイベント「小田原映画祭シネマトピア」は9月24日より開催だが、小田原ゆかりの監督の映画を上映するということで、富野監督の『ガンダム』三部作も映画館にかかることになる。時間は10月1日。また、小説家夢枕獏氏もゲストとして参加するという。

「小田原映画祭シネマトピア」開催へ-ゲストに夢枕獏さんら - 小田原箱根経済新聞

 期間中、富野由悠季監督のガンダムシリーズや小津安二郎監督作品など、小田原ゆかりの監督作品の上映も予定している。2008年に福島県でロケを行った作品「春色のスープ」の上映では、入場料の全額を義援金として福島県に寄付する。


小田原映画祭について│小田原映画祭

小田原ゆかりの映画人
富野由悠季監督『機動戦士ガンダム』特集 10月1日(土)
『機動戦士ガンダム』『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』
 ■会場:小田原コロナシネマワールド



2、大槍葦人(NOCCHI)氏の「密会」イラスト公開展示
 尻の伝道師として有名な大槍葦人氏が、東京・秋葉原の秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」で個展を開くことになるが、個展で挿絵を担当された『密会 -アムロとララァ-』(当時NOCCHI名義)の本文イラストも公開ということ。時間は9月10日から23日。

大槍葦人さんの個展が秋葉原・シャッツキステで開催 « [pixiv] ピクシブ通信(ピク通)

 さらに挿絵を担当された『密会 -アムロとララァ-』(著:富野由悠季 角川スニーカー文庫)の本文イラストが初公開! おそらく今後二度と一般公開されることはないであろう貴重な作品が展示されます。

【大槍葦人個展「ribbon」】
 開催期間:2011年9月10日(土)~9月23日(金)
 開館時間:12時~22時
 会場:秋葉原カルチャーカフェ シャッツキステ
 料金:平日 通常カフェスタイル 30分/500円 お紅茶はご自由にお飲みいただけます。
    土日祝日 ギャラリースタイル 入場料500円 
    ※時間制限なし。(混雑時は1時間での入れ替えのご協力をお願いいたします)

 ちなみに『密会 アムロとララァ』は富野監督の小説のなかでも特に傑出の一作なので、まだ読んだことない方はぜひ読んでください。富野監督の短編に対する詩心はここで存分に味わえる。



3、富士山静岡空港スペースポートイベントのパネルディスカッションに富野監督登場
 空港ティーガーデンシティ構想(?)の一環として開かれる「富士山静岡空港の将来を描く -スペースポート-」というイベントで、富野監督はパネリストとしてパネルディスカッションに参加することになる。時間は9月23日(金)の14時から16時まで。

富士山静岡空港スペースポートイベント開催のご案内:富士山静岡空港

第2部 パネルディスカッション(午後2時から午後4時)
コーディネーター
高野 忠氏(日本大学教授、JAXA名誉教授)
パネリスト
パトリック・コリンズ氏
富野 由悠季氏(アニメーション監督(機動戦士ガンダム 他))
秋山 雅弘氏(株式会社アルモニコス代表取締役、SAT代表幹事)
稲谷 芳文氏(JAXA教授)

 ちょっと地元すぎる手作り感を感じないこともないが、見たところそれなり真面目なイベントだと思う。富野監督はあくまでパネリストとして参加することなので、空気読めないファンは粗相のないように(まあ、公式の告知でもやっぱり富野で参加者を釣っているから、ある意味仕方ないともいえるが)。


4、大塚ひかり氏の『愛とまぐはひの古事記』文庫版に富野解説
 「教えてください。富野です」でも対談した大塚ひかり氏の『愛とまぐはひの古事記』は10月にちくま文庫版として出版されるが、文庫版の解説に富野監督が担当。

愛とまぐはひの古事記 ちくま文庫/大塚ひかり 本 : オンライン書店e-hon

最古の記録文学は現代人に癒しをもたらす。奔放なエロスと糞尿譚に満ちた破天荒な物語の不思議な清浄感。痛快古典エッセイ。解説 富野由悠季





5、ニュータイプエースの告知で富野監督の新企画発表を「大型オリジナル企画」と告知
 前回盛大にやらかしたが、とりあえずニュータイプエースは9月10日で出版することになる。内容について、角川書店は以下の発表をしたが、そのうち富野監督の新プロジェクト(新作、新作プロジェクト、新企画…ええい、ややこしい)は「大型オリジナル企画」として書かれている。

注目リリース:角川書店、月刊コミック誌「ニュータイプエース」を発売 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

・大型オリジナル企画

 富野由悠季監督・新プロジェクト発表&インタビュー掲載!


 また、雑誌の表紙でもこういう宣伝文句がある。

20110908174824990.png
 
 前回角川の針小棒大の発表で怒りを覚えている方も多いだろうけど、今回の創刊号1号はとりあえず「買い」と思う。同じ値段なら富野対談だけ載っているガンダムエースより断然にお得だし、なにより新企画はどの形であれ、雑誌掲載の資料ならとりあえず確保することがいいだろう。しかもインタビューまであるから。
 なにより、この号を買ってニュータイプ編集部に富野監督を支持する声を届けるほうが、これから富野監督の企画展開の助けにもなる。だから無理とは言わないが、この企画に注目する方は絶対この号を買って、富野監督の企画を応援するアンケートハガキを送ってください。


『映像の原則』旧版と改訂版目次及び内容比較

2011/09/07 02:09|レビューTRACKBACK:1COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『映像の原則』旧版と改訂版目次及び内容比較
 富野由悠季監督が書いた映像技術指南書『映像の原則』はこのたび新たに改訂版として出版されました。旧版より読みやすく、分かりやすくなった新版に全米が泣いた。この修正により、この本は万人にオススメできるタメになる本と胸を張って言えるようになりました。

 しかし一方、その内容は大きく修正されたことによって、どこから読めばいいのか分からなくなる旧版からの読者もいます。そこでこんな困っている皆さんのために、今回は『映像の原則』の旧版と改訂版の目次を使って、両者を読み比べして、その差異について大まかでまとめたいと思います。

 まず、先にここでお断りしますが、旧版と改訂版を一字一句で比較したわけではないので、あくまで目次の修正にそって、改訂された部分をリストしただけです。とはいえ、リストだけでも膨大な量があるため、以下の【続きを読む】に収納して、先に簡単な結論をここでまとめさせていただきます。



1、今回の改訂は主にデジタル技術に対応するためのものです。なお、デジタル技術はデジタル制作、2D・3DCGに指します。

2、ほぼ全文に修正が入り、文章全体は簡単にまとめられて、言い回しが省略されている。また読みやすさ優先のため、段落間隔は前より大きく設定されている。全部読み比べてはしていないけど、全体的は文字数がそれなりの量が減ったと思うが、文章の意義は9割5分変わらない上、新しく書き下ろされている内容も結構ある。

3、修正が入ることにより、読みやすさはもちろん、分かりやすさも以前と比べられないほど上った。

4、書き下ろしや大幅書き直しはすべての章にある。あくまで節単位の追加だが、旧版で読めない話や結論も多々ある。

5、対して、削除された節や記述もそれなりある。重複した内容は主な削除対象だが、一部のコンテや演出についての記述も削除された。作者の判断でそれほど重要じゃない箇所かもしれないが、ちょっともったいない気もする。

6、一般の演出志望者、アニメーター、視聴者、読者ならば、新たに出版された改訂版を読めばいい。しかし、何せ削除された小節もありますゆえ、もし富野監督のアニメに対する考え方などまで全部知りたいならば、旧版も一緒に買うことがオススメです。




 以下は、旧版と改訂版目次の一覧および主な修正対象についての説明です。ワーッと出てきますよ。単に記事として読んでも大して面白くないものなので、興味ない方は上の結論だけを読んでいただければいいと思います。

▽続きを読む▽

映像の原則改訂版届いた

2011/09/04 00:40|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映像の原則改訂版届いた
 1週間くらい経って、『映像の原則 改訂版』もようやくうちに届きました。最近忙しくてなかなか時間を割れませんが、近いうちに読み比べの感想と修正・追加箇所のリストを記事にしたいと思います。

 パッと読んだ感想ですが、すでにいろいろなところで言及されたのですが、富野由悠季監督特有の同じ意味の言葉の繰り返しなどが削除され、本当に読みやすくなっている。そのうえ、ちょくちょく書き直されてる部分や追加した記述もあるなど、前のより気軽にオススメな一冊として仕上げられています。

 ほかにも絵コンテで話の流れを作ることより演出処理にしか目がない演出家に苦言を呈するなどと、読んでで思わず「おいヤマカン、読み直してろ」という部分もありますから、実務を携わる演出家にも単なる視聴者にも大変刺激になる本であることは間違いありません。




 しかし、新版はいよいよ教科書、指南書らしくなった今、前の説教的言い回しをしている旧版もなんだか恋しくなりますな。というわけで、内容的にアップデートされた新版のほうがオススメですが、ちょっぴり富野ファンな人は旧版も併せて買いましょう。将来は絶版するかもよ?

SEED REMASTER計劃與近年的GUNDAM

2011/09/01 23:15|給華文讀者TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - SEED REMASTER計劃與近年的GUNDAM
  在富野由悠季監督新企畫的消息傳出的同時,其實官方也放出了「SEED REMASTER計劃」開始的消息。對於喜好SEED的愛好者們,可說是一大福音。

  此消息一公布的同時,也傳出了許多反種派的冷嘲熱諷。「沒新作的傢伙...」「劇場版呢?(笑)」「又在炒冷飯了www」「東西丟光光的無能導演(爆笑)」「不過就是笨呆的騙錢商法嘛」等等,這些都是確實出現在網路上的言論。不過,這些人雖然小看SEED REMASTER計劃,然而事實或許與這些人的想法是正好相反。



  這裡有一段福田己津央導演在去年底在twitter上的發言,當時引來了許多反種人士的哄笑。

昨日のサンライズでの打ち合わせのついでに、SEEDのデジタルリマスターについて話した。
そうしたら、SEEDの撮影素材がかなり無くなっているらしく、作画をし直さないと出来ない事が判明。
相当の金額と手間が掛かるようなのですぐには無理かも。でも、何とか実現したいな。

 原來,因為Sunrise管理隨便,再加上SEED的兼用卡用得太兇,所以很多素材都不見了,要REMASTER化的話,必須花上不少錢。

  可是,現在卻成形了。這意味著,公司現在準備投入一定的資金在SEED REMASTER計劃上。



  本人並非SEED迷,所以並未把所有的資訊都搜集起來,在這裡僅舉兩個福田在最近的發言來做佐證:

OP楽曲に関しては特に変えるつもりはありません。しかし、絵は少し変えようと思っています。あの時はオープニングを十分に作れる体力がスタジオに無かったので、今回は良い機会です。

リマスターは細かい所をとちょこちょこ直しております。エンディングもリミックスバージョンにしたり、新曲を頼んだり。作画的な手直しも少しですがしてます。制作予算がないなりに、出来る限り手を入れてます>^_^<あと総話数が48本になります。

  從此可以看到,除了重新作畫之外,還有新曲子、新編曲的片尾曲。新作畫代表了會有新的鏡頭、場景,那麼隨之而來的則是新錄音。再來,總話數變成48話應該是把總集編去掉(大概),可是這麼一來又會有新剪輯。也就是說,雖然是舊作的REMASTER化,但整個工程可說是相當浩大。

  對了對了,SEED REMASTER計劃不只是種鋼,連種死都包含在內。也就是說作業量單純計算的話是兩倍。以這種處理方式的話,可想而知也會動員到不小的人員編組,因而作為一個工作室編組來運作。

  也就是說,目前SEED系列是AGE、UNICORN、ORIGIN以外,正在進行的四部GUNDAM系列之一。單憑這一點,就可以看出SEED的...不死精神。而且SEED雖然比不上AGE,但在模型推出的騙錢度...潛力依然可與UNICORN拼,並且贏過ORIGIN,因此搞不好視此次計劃的成功度,SEED會再有鹹魚翻身的機會也說不定。當然,導演若是一直那麼樣子的話可能性實在不高就是。



  以下為SEED REMASTER計劃下的藍光BOX。雖然還沒開始預約,不過已經被作為商品登錄了。此外,閃電霹靂車的BD-BOX也正在製作中。所以說雖然福田還是做不了新作,但至少生產出來的舊作品仍有商品的價值。




 不過呢,富野作品之中,除了已BD化的鋼彈電影版以外,《TURN A》、《聖戰士丹拜因》、《KING GAINER》的BD-BOX也都已經被登錄在AMAZON上了。

▽続きを読む▽

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.