富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

「富野小説の世界へようこそ ~富野由悠季全小説案内~」を書く前の前置き

2011/03/31 00:03|富野作品感想TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「富野小説の世界へようこそ ~富野由悠季全小説案内~」を書く前の前置き
 皆さんのご存知のとおり、私はいま富野由悠季監督の小説に関する記事を書いています。

 書くきっかけはいろいろありますが、やはり一言でいえば、富野監督の小説がすごいからということに尽きるでしょう。これは別に何もファンとして褒め言葉ではなく、全作品を読んだ上の本当の感想です。事実、欠点はあるものの、富野監督の小説はアニメにも劣らない魅力が秘めています。富野監督の作品に惹かれるものは大勢いますが、小説のなかに秘めている作劇と物語を力を知らずに過ごしたのは、あまりにも惜しいと感じます。

 ですから、その魅力をできるだけ一人だけでも多くの人に伝えたくて、今回の記事を始めた次第です。


 それから、むかし惑星開発委員会というところは「富野小説黒歴史」という記事がありました。富野小説をほぼ網羅してる上で、それらの内容を紹介、解説したものです。当時は富野小説をフォローする人はまだ少なかったので、あちこちで読まれて、長い間、私を含めて多くの人はそれに啓蒙されたと言っても過言ではありません。

 しかし、今振り返すと、ネタになる部分だけ取り上げる書き方のせいか、作者の性質のせいか、その記事のなかでは小説と富野監督を茶化す部分が多くあって、かえって富野小説に対する正確な理解を妨げる節さえありました。それを読んで富野小説を知った気になるのは、正直よくないと思います。

 それに、2011年の現在は、惑星開発委員会が「富野小説黒歴史」を作成した当時と比べて、いくつか新しい富野小説が発表されました。当然、これらの作品はまだ紹介されたことはない。いや、そもそも今「富野小説黒歴史」自体は消滅してて、もう読むことすらできなくしまいました。

 なので、「富野小説黒歴史」を取って代わりするわけじゃないですけど、ネット上に富野小説に対する全般的な紹介がないなら、いっそ自分がそれを書こう、というのが今回の「富野小説の世界へようこそ ~富野由悠季全小説案内~」を始めたもう一つの理由です。


 今回の記事を書く際、私が常に「一般人向けの紹介&ガイド記事」という考えを念頭に置いています。書く内容は「その小説の存在すら知らない人」、「富野のアニメしか見たことない人」、「小説に興味がある人」というライトな人からディープな人まで幅広くカバーできるように工夫してあるつもりですが、このへんはまだ読者の皆さんのご意見ご指摘を聞かなければ分からないことです。もし何かご意見ありましたら、是非教えてください。

 一作一作についてはできるだけ丹念に書き上げたいですが、その代りに記事をアップするペースは少々遅れると思いますので、暖かく見守ってくだされれば嬉しいです。

 一応、以下は今回記事の予定ですが、変更の可能性もありますので、どうかご注意を。

富野小説の世界へようこそ ~富野由悠季全小説案内~ その1
対象作品:
『機動戦士ガンダム』
『伝説巨神イデオン』
『リーンの翼』
『機動戦士Zガンダム』
『ファウ・ファウ物語』


■富野小説の世界へようこそ ~富野由悠季全小説案内~ その2
対象作品:
『「イデオン」ライナー・ノート―アニメの作り方教えます』
『破嵐万丈シリーズ』
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』
『機動戦士ガンダムハイストリーマー』
『シーマ・シーマ』

■富野小説の世界へようこそ ~富野由悠季全小説案内~ その3
『ガイア・ギア』
『オーラバトラー戦記』
『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』
『機動戦士ガンダムF91 クロスボーンバンガード』
『機動戦士Vガンダム』

■富野小説の世界へようこそ ~富野由悠季全小説案内~ その4
『アベニールをさがして』
『ガーゼィの翼』
『王の心』
『密会 アムロとララァ』

■富野小説の世界へようこそ ~富野由悠季全小説案内~ その5
『ブレンパワード』(③記憶への旅立ち)
『OVERMANキングゲイナー』
『リーンの翼』(新版)
『はじめたいキャピタルGの物語』

 すでに本文を書き終わった第1回の記事は、これから「本の画像」と「作品の代表的セリフ」を追加するつもりです。また、本文の一部も変更する可能性もありますので、まだ完成型ではありません。

 また、今回の記事は別に商売などのためにやるものではないので、アマゾンのリンクなどは一切置きません(元々アフィリエイトやってないし)。その代わりに、自分手持ちの富野小説の画像をうpします(版権元への配慮として画像をダウンサイズします)。本文のなかで入手方法に関する説明はありますが、あくまで個人のアドバイスですので、まったく無視してもかまいません。

 ほかに何かアドバイスがありましたら、コメント欄なりtwitterなりで教えて下れればありがたいです。

▽続きを読む▽

富野小説の世界へようこそ ~富野由悠季全小説案内~ その1 『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』『リーンの翼』『機動戦士Zガンダム』『ファウ・ファウ物語』篇

2011/03/29 02:50|富野由悠季関連TRACKBACK:1COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野小説の世界へようこそ ~富野由悠季全小説案内~ その1 『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』『リーンの翼』『機動戦士Zガンダム』『ファウ・ファウ物語』篇
 ご存知のとおり、富野由悠季監督は本職のアニメ制作の傍ら、小説創作にも手がけています。事実、富野監督が書く小説は現時点では23作、75冊にも及び、小説家と言われても恥ずかしくない実績を残っています。また、小説の中にアニメにも負けないくらい面白い作品が多く、その内容はもっと評価されてもいいはずなのに、数があまりにも多いため、今日まで至って一部しか注目されてない現状に、個人的はいつも惜しいと思っています。

 なので、この回を含めて5回に分けて、富野監督が書いた23作を紹介したいと思います。

 今回は第1弾として、『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』『リーンの翼』『機動戦士Zガンダム』『ファウ・ファウ物語』の5作を紹介させていただきます。




機動戦士ガンダム 全3巻 1979~1981年 ソノラマ文庫書き下ろし

機動戦士ガンダム(ソノラマ文庫)ALLsmall(非スキャン)(ソノラマ文庫版)

機動戦士ガンダム(スニーカー文庫)small(スニーカー文庫版)

あらすじ
 宇宙世紀0079、地球から一番遠い宇宙植民地サイド3が「ジオン公国」と名乗り、地球連邦政府に独立戦争を仕掛けてきた。ジオン脅威の技術力によって作られた巨大な機動歩兵「ザク」圧倒された連邦だが、いま反撃に備えて、「V作戦」を発動しようとしており、少年アムロは候補パイロットとして戦争に身を投じることになる…。
 戦いに通じて、少年アムロはいろいろな人と出会い、アニメ以上の成長を遂げる。強敵シャア・アズナブル、愛しい金髪さんセイラ・マスの兄妹との愛憎。ララァ・スンに代ってアムロと交感する第2の女性クスコ・アルの登場。すべてを洞察するニュータイプ、シャリア・ブル。そして、衝撃のラストへ…。不朽の名作『機動戦士ガンダム』のもう一つの顔が、今あなたの目の前に。

作品解説
 最初のテレビシリーズが始まって今日に至るまで、ガンダムの小説はすでに100冊以上出版されたが、その基礎を作り上げたのは、まさにこの『機動戦士ガンダム』。しかも、この作品は単にノベライズに留まらず、原作者・総監督である富野由悠季(当時、富野喜幸)本人の筆により、後半は完全にオリジナルの構成になっている。当時のガンダムブームと相乗効果で大ヒットして、今日までのライトノベルの流れを作ったこの作品は今でも読まれ続けて、まさにガンダム小説の原点にして頂点の一つといえるだろう。

アニメとの関連
 よく「富野由悠季監督は単なるノベライズを書かない」とされているが、これが正しい。この『機動戦士ガンダム』も第1巻こそ大まかテレビシリーズの流れに沿っているものの、第2巻からは同名の映像作品とかけ離れている展開になっている。
 とはいえ、まったくの無関係ではありません。後半のオリジナル部分は実際打ち切られた第4クールに関する原案(通称「トミノメモ」)の一部を流用したものなので、テレビシリーズや劇場版をより詳しく知りたい人は読むといいだろう。また、この作品に出る多くの設定は後にガンダムシリーズやゲームにも取り入れられ、ガンダム世界の深化に大きな役割も果たした(たとえばレビル将軍の「ジオンに兵なし」演説やシャアの第2の名前)。そういう意味でも、必読書といっていい。

トミノ的必見ポイント!
 この作品は富野監督が始めて出版した小説で、そして「小説家・富野喜幸」の華やかなデビューでもあった。これより以前も、富野監督は『無敵超人ザンボット3』の小説を書いたことがあったが、初めて出版を遂げたという意味では、富野の処女作といえる必読の書だろう。
 たが、この本の価値はそれだけではない。富野喜幸による始めての「文芸」に対する挑戦でもあった。富野の文芸的エッセンスが映像作品に発揮されるのは『イデオン発動編』まで待たなければならないことから考えれば、この小説はまさにエポックメイキングと言っても過言ではない。ラストの裸身で海に飛び込むセイラさんは美しい。

連載と各版本の比較
 朝日ソノラマ版はもともと第1巻しか予定されていないため、第1巻と第2、3巻のカバーデザインはまったく違う。これに対し、角川スニーカー版の表紙は一貫として美樹本晴彦氏が担当。
 中身に関して、スニーカー版はソノラマ版に比べて多少加筆補正がされてるほか、巻頭に人物紹介や口絵、巻末に解説が追加される。充実度でいえばスニーカー版だが、オリジナルのトミノエッセンスを味わいたいなら、あえてソノラマ版を選ぶのもよし。

入手状況
 この作品は発売当時から大ヒットし、朝日ソノラマ版と今の角川スニーカー版を合わせて、売上げは100万冊、再版が100版に行っちゃうくらい超ベスト&ロングセラーです。今は角川書店よりスニーカー文庫のレーベルとして出版されていますので、入手は非常に簡単(KINDLE版も発売されています→)。
 また、朝日ソノラマ版も数量が非常に多いので、探せばすぐ中古本が見つかると思います。

イチオシのセリフ

「乳首って意外と小さいんだな……」




伝説巨神イデオン 全3巻 1981~1982年 ソノラマ文庫書き下ろし

伝説巨神イデオンsmall(ソノラマ文庫版)

伝説巨神イデオン(角川文庫)(非スキャン)ALLsmall(スニーカー文庫版)

あらすじ
 時ははるか未来。ソロ星。バッフ・クラン名はロゴ・ダウという惑星に、二つの文明、二つの種族はここで接触を果たした。そして、ほんの少しの行き違いと誤解で、交戦が始まった。戦闘のなか、古代文明の遺跡のなかに眠っている「イデオン」が自らの意志で発動し、覚醒をした。遺跡から3つのメカが突如起動し、巨大な人型に合体して立ち上がったのだ。イデオンの力を借りて一時敵を撃退した主人公コスモ・ユウキらだが、イデオンに執着しているバッフ・クランの追撃から逃げるために、果てしない逃亡を余儀なくされる。しかし、これが銀河の無限力「イデ」発動の序曲になることは、その時はまだ誰も知らなかった…。

作品解説
 ご存知のとおり、テレビアニメ『伝説巨神イデオン』の同名小説で、『機動戦士ガンダム』に続いて原作・総監督富野喜幸の2作目の小説。テレビ版や劇場版と微妙に展開が違いながらも、ベースとなる設定背景は同一のため、テレビ版ではドラマ展開のために語られなかった社会的背景、文化的背景などは、この小説を読めば存分に堪能できる。

アニメとの関連
 オリジナルの結末で展開された前作小説『機動戦士ガンダム』と違い、本作はテレビシリーズと近いベースで書かれたため、テレビ版では語られなかったイデの伝説やバッフ・クランの社会組織、さらに主人公コスモたちの背景などを分かるようになる。そういう意味では、正統なノベライズといえるかもしれない。
 さらに、実はこの小説版は『イデオン』の世界観に関する大きな秘密が秘めている。その秘密はいったい何なのか、ここではあえて伏せてるが、一つだけヒントを挙げると、「アニメ版も小説版もバッフ・クランの目線から導入される」ということの意味をじっくり考えてください。これを分かれば、「二つの地球」「母星」の深い意義も分かるはずだ。

トミノ的必見ポイント!
 『ガンダム』の小説版と比べていまいちマイナーだが、この作品にも見所が満載であることを忘れられない。いろいろあるが、もっとも特筆すべきなのは、これが富野監督が初めて「文化論」を作品に持ち込んだ挑戦である。
 『ガンダム』以前の富野作品の世界観は、あくまで設定の程度に留まっている。『イデオン』のアニメ版では一応バッフ・クランの社会について設定しておいたが、実際のドラマに全然反応できなかったため、実質的に無いにも等しい。しかしこの作品においては文化論に関する部分は大きな作用を発揮していて、物語のカギといっても良いだろう。これがのちの『戦闘メカ ザブングル』、『聖戦士ダンバイン』『重戦機エルガイム』といった異世界三部作の作り方にも繋がって、富野作品において文化論の嚆矢といえる。
 ちなみに、我らがヒロイン「キッチ・キッチン」は期待を裏切らず(?)に、この小説版ではテレビシリーズとも劇場版とも異なる死に方を遂げる。どう考えても嬉々と書いたな、富野さん(苦笑)。

連載と各版本の比較
 朝日ソノラマ版はテレビシリーズのキャラデザインの湖川友謙によるもの。角川スニーカー文庫版のキャライラストは後藤隆幸だが、話題はもっぱらメカイラストの小林誠のイデオンに取られるばかり。アフロじゃないコスモや美少女美少女してるカララもそれはそれで衝撃だと思うけどな…。
 スニーカー版は持っていないので、本文の加筆があるかどうかは分からない。ご存知の方はご情報を提供して頂けると嬉しい。

入手状況
 この作品は朝日ソノラマより出版され、のちに角川書店にて発売されたが、今はどちらも絶版。しかし古本市場ではソノラマ版の出荷量が絶対的に多いので、入手したいならソノラマ版が見つかりやすいだろう。

イチオシのセリフ

「あなたってどうしょうもないのねえ。どうしてカララに会う前に女の口説き方の一つも習わなかったの? 女っていうのは口説かれるのを待っているのよ。こんなことじゃ……もう私だって抱けやしなくてよ……フフ、……もっともこんな悲しい醜態をさらす女を口説く気にもならないでしょうがね……」




リーンの翼 バイストン・ウェル物語より 全6巻 1983~1985年 野性時代連載

リーンの翼 (カドカワノベルズ)ALL1small(カドカワノベルズ版)

リーンの翼(角川文庫)ALLsmall(スニーカー文庫版)

あらすじ
 時は1945年、太平洋戦争の末期。大日本帝国海軍の二飛曹、迫水真次郎が秘密兵器「桜花」で米軍のB-29へ特攻を仕掛けたが敵機に撃墜され、空中に投げ出された瞬間に、異世界バイストン・ウェルへと召喚される。
 異世界の地に落ちた迫水は、国おこしを目指す豪傑アマルガン・ルドルと盟友となり、さまざまな困難を乗り越え、女王リンレイ・メラディを始め、いろんな人との出会いを経て、一介の猪武者から自立する戦士にまで精神的に成長する。やがて、鍛えた直心陰流剣術と、伝説の勇者の証である「リーンの翼」を顕現したことにより、「聖戦士」と呼ばれることになり、戦雲渦巻くバイストン・ウェルの乱世を平定する英雄となるのだが…。

作品解説
 1983年から85年、角川書店の文芸誌「野生時代」にて連載された作品。富野由悠季による初のオリジナル小説である同時に、富野由悠季による始めてロボットが登場しない作品でもある。大日本帝国の特攻兵でありながら、異世界に落ちて剣一本で戦い抜いた主人公迫水真次郎のその姿とその物語は、戦記ものであり、SFであり、ロマン・ファンタジーでもある。日本人のバイタリティを真正面に描く傑作小説。

トミノ的必見ポイント!
 テレビシリーズの作品に頼らないオリジナルということは、「小説家・富野由悠季」の誕生を意味するものであろう。事実、この作品はアニメ監督、富野由悠季は小説においても優れる制作能力を発揮し、それをヒットさせられることを証明した。当時「野生時代」で連載されたこの作品は文芸作品と見なされ、著者の富野監督も「現代用語の基礎知識」にて赤川次郎らと並びに、代表的なノベルズ作家の一人として挙げられるほどだった。
 また、富野監督の文章は時々下手と挙げられるが、それが間違いである。『ガンダム』と『イデオン』の頃はまだ不慣れが見られるものの、この作品になると、すでに流暢に読めて魅せる文章となっている。

アニメとの関連
 『聖戦士ダンバイン』と同時に展開された「バイストン・ウェル物語」創生期の作品であり、アニメや小説に留まらず、ゲームや模型にも展開されたバイストン・ウェル物語の基礎を作った作品でもある。そのエッセンスは後に派生作品『オーラバトラー戦記』や『ガーゼィの翼』に継承され、2005年にはアニメ版が制作される。特に2005年のアニメ版『リーンの翼』(原題は『21世紀リーンの翼』)は、一部の話が繋がらないものの、重要キャラはそのまま継承される形となっているので、そういう意味でも必見の作品といえる。
 また、ちょっとウンチクとして、『ダンバイン』でゲスト登場を遂げるハロイ・ロイもこの作品の重要人物の一人だ。

連載と各版本の比較
 連載版は読んだことないのだが、加筆や修正がある模様。カドカワノベルズ版や角川スニーカー文庫版はどちらも文章が同じで、違いは挿絵はそれぞれ湖川友謙と大森英敏が担当くらい。
 内容に関しては単行本になった新版『リーンの翼』にもほとんど収録されているが、新版の迫水は敬語になったり謙虚になったりして雰囲気はやや違う上、結末も違うものになっているため、読むときは要注意。

入手状況
 旧版であるカドカワノベルズ版やスニーカー文庫版は共に絶版したが、最低でも10版以上が再版されるので、全巻揃うところも少なくない。古本屋で丹念に探しましょう。

イチオシのセリフ

“俺は、女のしょんべんの餌食かっ!”“ええい! 日本男児が、フェラリオごとき得体の知れない女の……”




機動戦士Zガンダム 全5巻 1985~1986年 講談社単行本書き下ろし

機動戦士Zガンダム (講談社)(非スキャン)ALLsmall(講談社版)

機動戦士ZガンダムALLsmall(スニーカー文庫版)

あらすじ
 宇宙世紀0087、1年戦争からすでに十年近いの歳月を過ぎたが、戦争の爪跡は未だに人々の心のなかに残っている…。ジオン残党狩りの名目で権力を振るって、地球連邦軍を私物化したエリート部隊「ティターンズ」に対して、反政府組織「エウーゴ」が武力をもって挑む。そのなかに、かつて「赤い彗星」と呼ばれる男、シャア・アズナブルの姿もあった。一度地球圏から離れた彼だが、時代を見極めるために、再び戻ってきた。
 やがて、両者が武力衝突する時が来た。そしてその戦火のなか、一つの少年が立ち上がる。昔のアムロ・レイのように…。彼の名はカミーユ・ビダン。

作品解説
 『機動戦士Zガンダム』の小説版。小説『機動戦士ガンダム』が後のガンダム小説シリーズと繋がらないオリジナル展開になっているのと違って、こちらは比較的に原作のテレビシリーズに忠実している展開なため、アニメのサブテキストと捉える人も多い。
 アニメ版と比べて、展開はよりマイルドになり、キャラクターは深く掘り下げられ、構成も丁寧で、こちらの物語がアニメ版より見やすいという評判もある。また、『ガンダム』世界に関する設定や描写の満載も見所の一つ。

アニメとの関連
 よくアニメ版との差異が分からないといわれるが、カミーユの家族に渇いてるフラストレーション、シャアの考え、シロッコの思想、ハマーンの描写など主要キャラに重さを置くことやエピソードの差し替え以外、一番違うのは、レコア・ロンドの中途退場だろう。これによりドラマがエマやレコア拡散されず、よりカミーユに集中することに。そのほか、「スィートウォーター」などアニメしか見ない人から見れば『逆襲のシャア』に突然に出る設定だが、実際はこの作品ではすでに決められたものだった。

トミノ的必見ポイント!
 ほかの富野監督によるガンダム小説と比べて、特徴らしい特徴(例えば『ハイスト』の前日談や『F91』の建国話)を持っていないため、知名度や普及度の割にいまいち話題に上がりにくい『Zガンダム』の小説だが、実際は戦闘シーンの描写は他の小説と比べて平坦だけれど、構成に関してはピカイチ。テレビシリーズのいくつかのエピソードを順番入れ替わりまとめた結果、実質的にアニメより丁寧な作りだった。
 また、後の作品と比べて粗が見えるものの、ガンダムの続編でガンダムシリーズの始まりということで、本格的な世界観に対する設定も始まる。この世界観は『逆襲のシャア』『ガイア・ギア』『閃光のハサウェイ』なども共通してるもので、『Zガンダム』のテレビシリーズは放送に追われてそれどころじゃないのを考えて、この作品は文化論をガンダムに導入する初めてのガンダム作品といえるかもしれない。
 さらに、この作品はアニメ版に比べて、「家族論」に比重を置いてるため、『逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』に繋がることを判明できる。言い換えれば、この作品は富野が構想しているガンダムがあるべき姿に近いということにもなる。

連載と各版本の比較
 最初の講談社版は、永野護が表紙と挿絵担当するのは何よりの特徴であろう。角川スニーカー版は共通として巻頭に人物やメカ紹介、巻末に解説や富野監督によるあとがきが挿入される。また、『ガンダム』に加筆修正があると同じように、こちらのスニーカー版も講談社版に比べて一部の修正がなされている。

入手状況
 『ガンダム』に次ぐガンダムシリーズのベストセラーで、25年を経って最低でも50版以上が再版されて、今でもスニーカー文庫で簡単に新品を買えるほどの人気作(KINDLE版も発売されています→)。また、永野カバーの講談社版は全巻揃っているのがそこそこ見かける。

イチオシのセリフ

『君の無謀さは、まるでアムロ・レイの再現だと思ってな……』




ファウ・ファウ物語(リストリー) 全2巻 1985~1986年 ニュータイプ連載

ファウ・ファウ物語(リストリー)small

あらすじ
 バイストン・ウェルを覚えていますか? 誰しも知っている、けれど生まれた瞬間に忘れてしまう、たとえて言えば母胎の羊水に包まれたような暖かい世界なのです。
 そんなバイストン・ウェルからひょんなことから、地上界に産声をあげた主人公ファウ・ファウは、少女エミコと出会い、さらに大人という別種族にも出会い、この世界をパニックに陥れた、天使ちゃんです。

作品解説
 1985年、月刊ニュータイプの創刊と同時に連載がはじまった作品。『聖戦士ダンバイン』などバイストン・ウェル物語でお馴染みのミ・フェラリオが主人公で、物語も一切殺伐なものはなく、童話風の御伽噺で展開されている。
 冒険を物語主体に置かずに、少女と妖精の触れ合いを描くストーリーは主な読者が青少年であるニュータイプにとっては新しい試し。この異色作の連載期間は『重戦機エルガイム』から『機動戦士Zガンダム』をまたにかけるものを考えれば、当時富野由悠季の創作のバイタリティを伺える。

アニメとの関連
 ご存知のとおり、「ミ・フェラリオ」という種族は『聖戦士ダンバイン』などバイストン・ウェル物語に出てくるチビの妖精のこと。しかしながら、『ダンバイン』にはチャム・ファウ、『エルガイム』にはリリス・ファウ、『ガーゼィの翼』にはファラン・ファ、『リーンの翼』にはエレボスが登場しているわりに、ミ・フェラリオはいったいどういう存在なのか、本当の意味で知っている人は少ないと思う。
 しかし、この『ファウ・ファウ物語』は全編ミ・フェラリオにフォーカスする分、それをより知ることができる。アニメ版では語られなかったミ・フェラリオの存在意義、そして地上界とバイストン・ウェルを繋ぐ使者的な役割はいったいどういうものなのか、そしてミ・フェラリオは決して耳元でうるさいだけの存在ではないこと、この作品を読めば分かる。

トミノ的必見ポイント!
 現時点、富野監督が書いた唯一の童話風小説。ちなみに、富野は1997~8年でも角川春樹事務所の依頼より『どろろんKAGUYA』というタイトルで女の子向けの童話を書こうとしたが、後に精神不調で挫折した。なので、この『ファウ・ファウ』は今日まで至って富野小説のなかでも格別といえるだろう。
 この物語の主人公であるファウ・ファウはバイストン・ウェルから突然落ちたミ・フェラリオで、そしてもう一人の主人公エミコはまだ小学生なので、当然ながら戦闘的な冒険は一切ない。しかし、チビちゃんのファウ・ファウにとって地上界での生活は他ならぬファンタジーそのものだし、不思議な存在であるファウ・ファウが地上界に侵入することによって、普段の生活もなんだかファンタジーになっている。ファウ・ファウの目線、少女エミコの目線から見た大人の世界は、たとえ可愛いらしくても、やはりどこか不条理でおかしいかもしれない。激しい展開と複雑な愛憎劇がない分、この作品はバイストン・ウェル物語の本質を示しているかもしれない。

連載と文庫版の比較
 連載版は持っていないので、よく分からないが、加筆修正はされてる模様。また、文庫化される際には口絵と語りが挿入される。

入手状況
 『ファウ・ファウ物語』は角川(スニーカー)文庫より出版されたが、今や絶版。しかしそこそこの数が出回っているため、古本屋かネットオークションをこまめにチェックすれば、そんなに見つからないものではない。
 しかし、ここでは一つ重要のポイントがあって、絶対に見落とさないでほしい。上巻は二版以後口絵がなぜか下巻と同じものに差し替えられて、そして下巻はなぜか初版だけが連載第11~13回(文庫の第17~22章に当る)が未収録になっているため、上巻を買いたいなら初版、下巻を買いたいなら初版以外。絶対です。詳細は私が書いた記事「『ファウ・ファウ物語』各章タイトル」を参照ください。

イチオシのセリフ

「でも、動くのって、命あるから動くのでしょう? この絵、命がないわ。動いてはいけないものが、動いているなんて、とても気持ちが悪くない?」




 以上は今回の内容でした。次回は『「イデオン」ライナー・ノート―アニメの作り方教えます』、『破嵐万丈シリーズ』、『機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』、『機動戦士ガンダム逆襲のシャア ハイストリーマー』、『シーマ・シーマ』の5作を紹介したいと思います。

▽続きを読む▽

テスト記事「富野小説の世界へようこそ ~富野全小説案内~ --『機動戦士ガンダム』」

2011/03/28 01:10|未分類TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - テスト記事「富野小説の世界へようこそ ~富野全小説案内~ --『機動戦士ガンダム』」
 最近書きたいものの練習として、テスト記事を載せます。長く書きましたが、この調子で富野由悠季監督の全部の小説を紹介したいと思います。


機動戦士ガンダム

 宇宙世紀0079、地球から一番遠い宇宙植民地サイド3が「ジオン公国」と名乗り、地球連邦政府に独立戦争を仕掛けてきた。ジオン脅威の技術力によって作られた巨大な機動歩兵『ザク』圧倒された連邦だが、いま反撃に備えて、「V作戦」を発動しろとしている。そして、少年アムロは候補パイロットとして戦争に身を投じたことになる…。
 戦いに通じて、少年アムロはいろんな人と出会い、アニメ以上の成長を遂げる。強敵シャア・アズナブル、愛しい金髪さんセイラ・マスの兄妹との愛憎。ララァ・スンに代ってアムロと交感する第2の女性、クスコ・アルの登場。すべてを洞察するニュータイプ、シャリア・ブル。そして、衝撃のラストへ…。不朽の名作『機動戦士ガンダム』のもう一つの顔を知りたい? この作品を読めば分かる。

 最初のテレビシリーズが始まって今日に至って、ガンダムの小説はすでに100冊以上出版されたが、その基礎を作り上げたのは、まさにこの『機動戦士ガンダム』。しかも、この作品は単にノベライズに留まらず、原作者・総監督である富野由悠季(当時、富野喜幸)本人の筆により、全体的はより大人っぽく仕上げられて、後半も完全にオリジナルの構成になっていた。当時のガンダムブームと相乗効果で大ヒットして、今日までのライトノベルの流れを作ったこの作品は今でも読まれ続けて、まさにガンダム小説の原点にして頂点の一つといえるだろう。

 この作品は富野監督が始めて出版した小説で、そして「小説家・富野喜幸」の華やかなデビューでもあった。これより以前も、富野監督は『無敵超人ザンボット3』の小説を書いたことがあったが、初めて出版を遂げた意味では、富野の処女作といえる必読の書だろう。
 たが、この本の価値はそれだけではない。富野喜幸による始めての「文芸」に対する挑戦でもあった。富野の文芸的エッセンスは映像作品に発揮するのは『イデオン発動編』まで待たなければならないことから見れば、この小説はまさにエポックメイキングと言っても過言ではない。

 よく「富野由悠季監督は単なるノベライズを書かない」とされているが、これが正しい。この『機動戦士ガンダム』も第1巻こそ大まかテレビシリーズの流れに沿っているものの、第2巻からは同名の映像作品とかけ離れている展開になっている。
 とはいえ、まったくの無関係ではありません。後半のオリジナル部分は実際打ち切られた第4クールに関する原案(通称「トミノメモ」)の一部を流用したものなので、テレビシリーズや劇場版をもっと知りたい人は読むといいだろう。また、この作品に出る多くの設定は後にガンダムシリーズやゲームにも取り入れられ、ガンダム世界の深化に大きな役割も果たした。

 この作品は発売当時から大ヒットし、ソノラマ版と今の角川スニーカー版を合わせて、売上げは100万冊、再版が100版に行っちゃうくらい超ベスト&ロングセラーです。今は角川書店よりスニーカー文庫のレーベルとして出版されていますので、入手も非常に簡単。


機動戦士ガンダム〈1〉 (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士ガンダム〈1〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
(1987/10)
富野 由悠季

商品詳細を見る

機動戦士ガンダム〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士ガンダム〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
(1987/11)
富野 由悠季

商品詳細を見る

機動戦士ガンダム〈3〉 (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士ガンダム〈3〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
(1987/11)
富野 由悠季

商品詳細を見る


 以上は「1、大まかの内容。2、作品概要。3、富野的な特色。4、アニメとの関連。5、売り上げ、入手状況など」に基づいて書かれたものです。記事の内容や構成について何かご建言ご助言ありましたら、どうか私に教えてください。ありがとうございます。

富野傑作『逆襲のシャア』『F91』『∀ガンダム』が特別プライズBlu-ray、6月発売!

2011/03/25 18:34|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:6
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野傑作『逆襲のシャア』『F91』『∀ガンダム』が特別プライズBlu-ray、6月発売!
 富野由悠季監督が制作したガンダム劇場版傑作が今度特別プライスのBlu-rayになって、2011年6月よりバンダイビジュアルから発売されることが決定されました。

 2008年すでに発売された『逆襲のシャア』『F91』がラインナップに入るほか、『∀ガンダム 地球光』『∀ガンダム 月光蝶』もリリースされるとのことです。『∀ガンダム』のソフトパッケージとして、初めてのBlu-ray化となっています。

 また、今回のリリースは通常版のほか、特製スリーブ・劇場パンフレット(縮刷版)・ポストカード・生フィルムコマなどの特典も追加される初回限定版も一緒に発売されます。


劇場版ガンダム6作品が特別プライスのBlu-rayで6月より発売決定! | 公式ガンダム情報ポータルサイト「GUNDAM.INFO」

発売日タイトル税込価格
2011年6月24日機動戦士ガンダム 逆襲のシャア6,300円
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア【初回限定版】7,350円
機動戦士ガンダムF916,300円
機動戦士ガンダムF91【初回限定版】7,350円
2011年7月22日∀ガンダム I 地球光6,300円
∀ガンダム II 月光蝶6,300円
∀ガンダム I 地球光&II 月光蝶【初回限定版】14,700円

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

【通常版】
発売日: 2011年06月24日
価 格 : 6,300円(税込)
品 番 : BCXA-0296
初回映像特典: 劇場予告編、特報1、特報2
毎回封入特典: 解説書(16P/オールカラー)

【初回限定版】
発売日: 2011年06月24日
価 格 : 7,350円(税込)
品 番 : BCXA-0339
初回映像特典: 劇場予告編、特報1、特報2
初回封入特典: 特製スリーブ、劇場パンフレット(縮刷版)、
ポストカード、生フィルムコマ、解説書(16P/オールカラー)

カラー/約125分(本編120分)/リニアPCM(ドルビーサラウンド)/AVC/BD50G/
16:9<1080p High Definition>/日本語字幕付(ON・OFF可能)

不朽の名作・ガンダム初の劇場オリジナル作品「逆襲のシャア」が特別価格BDで登場!
怨念の隕石が地球に迫る。アムロ対シャア 最終決戦の時きたる!!


機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (初回限定版) [Blu-ray]機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (初回限定版) [Blu-ray]
(2011/06/24)
古谷徹、池田秀一 他

商品詳細を見る

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [Blu-ray]機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [Blu-ray]
(2011/06/24)
古谷徹、池田秀一 他

商品詳細を見る

機動戦士ガンダムF91

【通常版】
発売日: 2011年06月24日
価 格 : 6,300円(税込)
品 番 : BCXA-0297
毎回映像特典: 劇場予告編、特報(日本語・英語)、
プロモーションフィルム
毎回封入特典: 解説書(16P/オールカラー)

【初回限定版】
発売日: 2011年06月24日
価 格 : 7,350円(税込)
品 番 : BCXA-0340
初回映像特典: 劇場予告編、特報(日本語・英語)、
プロモーションフィルム
初回封入特典: 特製スリーブ、劇場パンフレット(縮刷版)、
ポストカード、生フィルムコマ、解説書(16P/オールカラー)

カラー/約126分(本編120分)/リニアPCM(ドルビーサラウンド)/AVC/BD50G/
16:9<1080p High Definition>/日本語字幕付(ON・OFF可能)
他、仕様 劇場公開版と完全版が選択できるダブルフォーマット収録!(メニュー画面で選択)

ファーストガンダムのスタッフが再結集し、挑んだガンダム劇場オリジナル作品「F91」が特別価格BDで登場!宇宙世紀0123年。ガンダムF91、新たなる時代へ飛翔せよ!!


機動戦士ガンダムF91 (初回限定版) [Blu-ray]機動戦士ガンダムF91 (初回限定版) [Blu-ray]
(2011/06/24)
辻谷耕史、冬馬由美 他

商品詳細を見る

機動戦士ガンダムF91 [Blu-ray]機動戦士ガンダムF91 [Blu-ray]
(2011/06/24)
辻谷耕史、冬馬由美 他

商品詳細を見る

∀ガンダム I 地球光/II 月光蝶

【通常版】
発売日: 2011年07月22日
価 格 : 各6,300円(税込)
品 番 : [I 地球光] BCXA-0298、[II 月光蝶] BCXA-0299
毎回映像特典: [I 地球光] 劇場予告編、TVスポット(松竹版)/ [II 月光蝶] 劇場予告編、TVスポット(バンダイビジュアル版)
毎回封入特典: 解説書(16P/オールカラー)

【初回限定版】
発売日: 2011年07月22日
価 格 : 14,700円(税込)
品 番 : BCXA-0341
初回映像特典: 劇場予告編、TVスポット(松竹版、バンダイビジュアル版)
初回封入特典: 特製スリーブ、劇場パンフレット(縮刷版)×2、
ポストカード、生フィルムコマ×2、解説書(16P/オールカラー)×2

[I 地球光]
カラー/約130分(本編129分)/ドルビーTrueHD(5.1ch)・リニアPCM(ドルビーサラウンド)/AVC/
BD50G/16:9<1080p High Definition>・一部<1080i High Definition>/日本語字幕付(ON・OFF可能)
[II 月光蝶]
カラー/約130分(本編126分)/ドルビーTrueHD(5.1ch)・リニアPCM(ドルビーサラウンド)/AVC/
BD50G/16:9<1080p High Definition>/日本語字幕付(ON・OFF可能)

劇場版「ターンエーガンダム」がフィルムスキャン方式HDリマスターによる最高画質のBDでよみがえる!初回限定版は「I 地球光」と「II 月光蝶」二本組セット!人は癒され、ガンダムを呼ぶ!


∀ガンダム I 地球光 [Blu-ray]∀ガンダム I 地球光 [Blu-ray]
(2011/07/22)
朴ろ美、高橋理恵子 他

商品詳細を見る

∀ガンダム II 月光蝶 [Blu-ray]∀ガンダム II 月光蝶 [Blu-ray]
(2011/07/22)
朴ろ美、高橋理恵子 他

商品詳細を見る

∀ガンダム I 地球光& II 月光蝶 (初回限定版) [Blu-ray]∀ガンダム I 地球光& II 月光蝶 (初回限定版) [Blu-ray]
(2011/07/22)
朴ろ美、高橋理恵子 他

商品詳細を見る

 『∀ガンダム』の初めてのBlu-ray化はいいものの、初回限定版の特典は正直あまりほしくないな…。生フィルムコマをやたら欲しい人はいるらしいですが、残念ながらそれに興味持てない人間なので、今回自分はスルーと思います。

 通常版・初回限定版のほか、さらに絵コンテ付きの「完成受注生産版」を発売してくれれば、即買なのにな…。バンダイビジュアルさん、一回でいいから、どうか絵コンテ付きの企画をやってくださいよ。

今日は読書日

2011/03/24 23:25|日常話TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 今日は読書日
 久しぶりに暇な時間を作りましたので、『ブレンパワード スパイラルブック』と『NEWTYPE100% ∀ガンダム』の富野原案を読みます。温故知新だからな~。

 あと、最近アフィリエイトサイトのコピペに釣られて、やたらとイデオンと宇宙エレベーター企画に過剰な期待を抱いてる人いるらしいですが、それより『はじめたいキャピタルGの物語』を読んで、ガンダムエースに連載嘆願のアンケートハガキを送るほうがいいのでは?

 もちろん、富野監督の新作をいまだに期待している人が大勢いることはとてもいい。しかしただ富野作品と富野監督をネタ扱いしている人はノーウェルカムだ。

富野由悠季小説『はじめたいキャピタルGの物語』と宇宙エレベーター関連記事一覧

2011/03/22 22:15|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季小説『はじめたいキャピタルGの物語』と宇宙エレベーター関連記事一覧
 以下は富野由悠季監督が創作にあたって着眼している宇宙エレベーターおよびガンダムエース2010年12月号に掲載される短編小説『はじめたいキャピタルGの物語』の関連記事一覧です。よろしくお願いします。




『はじめたいキャピタルGの物語』掲載当時の速報:

富野由悠季監督最新作小説『はじめたいキャピタルGの物語』プロローグ公開!


富野監督の宇宙エレベーターに対する考え方の変遷と活動の軌跡:

UCガンダムは宇宙エレベーターの夢を見るのか ~富野由悠季の新たなる挑戦~


ガンダムエースが富野監督の小説を連載するメリットについて:

ガンダムエースに富野由悠季監督の新ガンダム小説を連載する提案【修正再掲】


宇宙世紀シリーズ以外の富野ガンダム作品総覧:

宇宙世紀以外の「G」の物語 ~富野新小説『はじめたいキャピタルGの物語』応援記事その1


実写ガンダム『仮題リアルGガンダム』の企画内容についての紹介:

『リアルG ガンダム』、それは戦乙女の物語 ~富野新小説『はじめたいキャピタルGの物語』応援記事その2


30周年記念作品『Ring of Gundam』と他の作品の関連性:

銀河旅行を目指す『Ring of Gundam』 ~富野新小説『はじめたいキャピタルGの物語』応援記事その3


『∀ガンダム』から見るガンダムサーガが紡ぎだした一大宇宙詩篇:

ガンダムを「火の鳥」化する作品『∀ガンダム』 ~富野新小説『はじめたいキャピタルGの物語』応援記事その4


『はじめたいキャピタルGの物語』キャラクター、メカニック、舞台設定の全ての紹介:

はじめさせたい『キャピタルG』を物語 ~富野新小説『はじめたいキャピタルGの物語』応援記事その5


ノンフィクションWの感想および富野監督の創作意図:

宇宙エレベーターで新作を作り、宇宙世紀をも再構築しようとする富野由悠季


ノンフィクションWの受賞情報:

祝!WOWOW「ノンフィクションW 富野由悠季 宇宙エレベーターが紡ぐ夢」、第52回科学技術映像祭【部門優秀賞】受賞!


 ついでに今日の新情報もここに。2010年12月11日の第三回宇宙エレベーター学会のパネルディスカッションの内容。

ASCII.jp:ガンダムの富野監督が語る宇宙エレベーターの未来



GUNDAM A (ガンダムエース) 2010年 12月号 [雑誌]GUNDAM A (ガンダムエース) 2010年 12月号 [雑誌]
(2010/10/26)
不明

商品詳細を見る

 本ブログは富野監督の『はじめたいキャピタルGの物語』(ガンダムエース2010年12月号掲載)を応援しています。いつもこのブログを読んでくださっている方々にお願いがあるのですが、もしガンダムエースを購読していらっしゃったら、どうかアンケートハガキの「ガンダムエースへのご意見」欄に『はじめたいキャピタルGの物語』の連載希望をご記入ください。お願い致します。

今ほしいもの

2011/03/21 23:09|未分類TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 今ほしいもの
 3時間に渡る『富野由悠季物語』。

 『富野由悠季全仕事』増補修正版。

 富野新作小説『はじめたいキャピタルGの物語』。

 『キングゲイナー』10周年記念作の2時間総集編。

 女主人公ものの『リアルGガンダム』。

 『F91』20周年の関連企画。

 あー、なんだかイライラする……。


「ガンダム」の家族論(仮) (ワニブックスPLUS新書)「ガンダム」の家族論(仮) (ワニブックスPLUS新書)
(2011/04/08)
富野 由悠季

商品詳細を見る


 あ、あとイデオン新作とかないから、一々転載しなくていいよ。疑ってるのなら、シャア専用ニュースさんかシャア専用ブログさんのところに行って見てみな。

富野監督、またまたドラッカーを語ります

2011/03/20 00:33|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野監督、またまたドラッカーを語ります
 先週NHKの「もっと「もしドラ!」~アニメでわかるドラッカー~」でピーター・ドラッカーについて語ったばかりの富野由悠季監督は、またドラッカーを語ることが決めました。チャンネルは先日と同じくNHK総合/デジタル総合で、時間は2011年3月24日(木)の午後11:20~午後11:25です。わずか5分ですが、本格的な発言が期待できるそうです。

私とドラッカー #9「富野由悠季」│NHK番組表

チャンネル :総合/デジタル総合
放送日 :2011年 3月24日(木)
放送時間 :午後11:20~午後11:25(5分)
ジャンル :情報/ワイドショー>番組紹介・お知らせ
アニメ/特撮>国内アニメ
ドキュメンタリー/教養>社会・時事

番組内容
アニメ「もしドラ」をより深く理解するためのミニ・ガイド。ドラッカーの魅力について、各界の著名人が熱く語る。今回は、機動戦士ガンダム総監督の富野由悠季さん。

詳細
アニメ「もしドラ」でも描かれている、ピーター・ドラッカーの「組織マネジメント」に関する理論を、より深く理解するためのミニガイド。「ドラッカーの洞察力を学びたい!」と語るのは、「機動戦士ガンダム」の総監督・富野由悠季さん。組織経営のみならず、歴史や時流を見通す洞察力を持っていたといわれるドラッカー。富野さんは、ドラッカーのどのような「洞察」に共感したのか?

 番組の公式サイトはまだ更新してませんけれど、更新される次第またご報告します。

NHKアニメワールド もしドラ「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

 また、先日の富野監督の発言について、以下のブログでご覧になれます。坂井さんありがとうございます。それから情報提供のヨルダさん、ありがとうございます。

もっと「もしドラ!」~アニメでわかるドラッカー、から富野発言文字起こし│富野とかBLOGサイト2

オトナファミに富野インタビュー「伝説巨神イデオンの持つ力」

2011/03/19 01:28|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - オトナファミに富野インタビュー「伝説巨神イデオンの持つ力」
 去年12月20日「富野由悠季、3Dを叱る」というインタビューを掲載したばかりのオトナファミは、今月発売の月刊でも富野由悠季監督のインタビューを掲載されました。そのなかでは、『イデオン』新作の具体的な演出プランとかを匂わせた発言もされました。


オトナファミ 2011年 05月号 [雑誌]オトナファミ 2011年 05月号 [雑誌]
(2011/03/19)
不明

商品詳細を見る


 ネットのあちこちでさも実現のようなこととして転載されるのが、正直見ててちょっと不愉快なものですが、それでも富野監督はそれだけに注目されていることなので、嬉しいべきかな? できればすぐ内容確認したいですが、今すぐ入手できるものではないからツライ。

祝!WOWOW「ノンフィクションW 富野由悠季 宇宙エレベーターが紡ぐ夢」、第52回科学技術映像祭【部門優秀賞】受賞!

2011/03/18 10:09|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:7
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 祝!WOWOW「ノンフィクションW 富野由悠季 宇宙エレベーターが紡ぐ夢」、第52回科学技術映像祭【部門優秀賞】受賞!
 WOWOWが1月24日放送した「ノンフィクションW 富野由悠季 宇宙エレベーターが紡ぐ夢」は、財団法人日本科学技術振興財団が設立した第52回科学技術映像祭の部門優秀賞受賞をしました! WOWOWさん、富野由悠季監督、宇宙エレベーターを愛する先達たち、関係者の方々、富野ファンの皆さん、そして日本の科学技術に関心を寄せている∀(すべて)の人、おめでとうございます。


科学技術映像祭
科学技術映像祭│「第52回科学技術映像祭」入選作品の決定について

「第52回科学技術映像祭」入選作品の決定について

財団法人 日本科学技術振興財団
公益社団法人 映 像 文 化 製 作 者 連 盟
財団法人 つくば科学万博記念財

 第52回科学技術映像祭について
 科学技術映像祭は、優れた科学技術に関する映像を選奨し、科学技術の普及と向上を図ることを目的として、昭和 35 年から始められ、昨年の第51回より、目的に優れた科学技術映像の普及・活用による科学技術教養の向上を加えるとともに表彰部門を見直し3部門といたしました。「自然・くらし部門」「研究開発部門」「科学技術教養部門」の3部門に、製作者、企画者(スポンサー)、テレビ局、および学術研究機関、73 機関から、2010 年 2 月 1 日から 2011 年 1 月 31 日までに完成または放映された67作品が出品され、別紙のとおり10作品が優秀作品に選定されました。
 優秀作品の製作者ならびに企画者に内閣総理大臣賞(1 作品)、文部科学大臣賞(3作品)、部門優秀賞(6作品)および特別奨励賞(1作品)が贈呈されます。

【科学教養部門】
TV ノンフィクションW 44 企画 (株)WOWOW
富野由悠季 宇宙エレベーターが紡ぐ夢 製作 (株)ドキュメンタリー ジャパン


 惜しいことに、内閣総理大臣賞と文部科学大臣賞では、それぞれ話題のクニマスとはやぶさに敗れてましたが、それでも何十作から勝ち抜け、部門優秀賞を受賞しました。WOWOWさんの番組制作能力を証明したほか、2007年制作された「クエスト~探求者たち~ 宇宙エレベーターで宇宙へ! 青木義男教授の挑戦」という同じく宇宙エレベーターを取り上げた作品も第40回科学放送高柳記念賞を受賞したのを見て、やはり宇宙エレベーターは注目集めている技術であることに違いません。いつもながら富野監督の慧眼に脱帽。サンライズさん、早く富野監督の新作アニメを作ってください。


科学技術映像祭│第52回科学技術映像祭入選作品

TV ノンフィクションW 富野由悠季 宇宙エレベーターが紡ぐ夢
【宇宙エレベーター】を考えると人類の未来が見えてくる!
(企画 (株)WOWOW、 製作 (株)ドキュメンタリー ジャパン)44 分

富野由悠希さん

 また、富野由悠希に間違ってる…。

木村紺の『からん』はすごい

2011/03/16 22:32|未分類TRACKBACK:0COMMENT:8
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 木村紺の『からん』はすごい
 ここ1年内、とても気に入る漫画があります。それは木村紺の『からん』という作品です。



からん(1) (アフタヌーンKC)からん(1) (アフタヌーンKC)
(2008/10/23)
木村 紺

商品詳細を見る


 珍しく、京都の高校を舞台にする、本格的な女子柔道漫画です。


からん(2) (アフタヌーンKC)からん(2) (アフタヌーンKC)
(2009/05/22)
木村 紺

商品詳細を見る


 一口柔道漫画といっても、それだけではない。柔道の練習と試合が一応ストーリーの主軸だが、主人公たちの高校生活、それから京都という地方の特性・人間関係・思惑を描く大河劇のような深いドラマも、バランスよく取れていて、読んでで味わい深い作品です。


からん(3) (アフタヌーンKC)からん(3) (アフタヌーンKC)
(2009/11/20)
木村 紺

商品詳細を見る


 こんな複合的な群像劇を支えるのは、なによりキャラクターです。この作品の主人公は二人あって、一人は黒帯で大胆不敵な女子と、もう一人はまったく素人だが不思議なくらい真っ直ぐな小柄の女子で、部員たちも個性派揃いで、1年から3年生までいろいろな人間がいる、とても愉快な作品です。
 機会があればいずれ紹介したいが、この作品に登場するキャラクターはみんな独特な個性を持ちながら、すべておいて理に叶っている描写がされているので、少ないページ数の積み重ねでここまでキャラクターを構築できるのは、脱帽するものです。本当に群像劇を描きたいなら、せめてこの程度の描写が望ましい、と言いたい。


からん(4) (アフタヌーンKC)からん(4) (アフタヌーンKC)
(2010/03/23)
木村 紺

商品詳細を見る


 富野監督の作品が好きという理由と同じく、自分が特に惹かれている部分はなにより「群像劇」です。それから、十人十色、個性溢れる女子生徒の姿は読んでで気持ちいい。極端的いえば、富野由悠季だろうと(主に群像劇的な意味で)、宮崎駿だろうと(主に女の子的な意味で)、読めばアニメしたくなるほどの作品といっても過言ではない。


からん(5) (アフタヌーンKC)からん(5) (アフタヌーンKC)
(2010/10/22)
木村 紺

商品詳細を見る


 最後、かつて『柔道部物語』『帯をギュッとね』『花マル伝』などの傑作があるものの、多少物足りないところもある。しかしこの『からん』は柔道経験者から見れば、この漫画の描写は実に理に叶っている。引き手一つの描写でも間違っていないその厳密さはこの作品の核心であり、この作品の説得力をさらに増やしたファクトでもある。
 自分は柔道においてはまったくの未熟者ですが、それでも「業師」と呼ばれる柔道の先生から柔道を学んだ身として、将来機会があればこの漫画に出てくる柔道の描写について話したいと思います。このブログの性質から逸れるネタだが、それでも応援していただけると嬉しいです。


からん(6) (アフタヌーンKC)からん(6) (アフタヌーンKC)
(2011/04/22)
木村 紺

商品詳細を見る


 最後のおまけとして、柔道と富野監督の関係を紹介しましょう。富野監督は高校のとき柔道部に所属した人間にもかかわらず、スポーツ苦手のためか、ほとんど柔道について言及したことありません。以下は富野監督がたった二つ柔道に関する発言で、ご興味ある方はぜひ読んでください。

富野VS佐竹雅昭│ひびのたわごと(自らの柔道経験とアニメのアクションについて)
最近の柔道を見て…(富野と天野安喜子氏の対談で、北京オリンピックの柔道について)

 下の記事には自分の柔道経験についての話もあります。かなり恥ずかしい内容ですが、自分の歩いてきた道です。

そろそろ日常生活に戻ります

2011/03/15 05:46|日常話TRACKBACK:0COMMENT:22
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - そろそろ日常生活に戻ります
 こんなことをいうと他人事に聞こえますが、事態はいまだに収まらないのですが、この三・四日間の過剰情報を受けすぎて、何もできなくなる状況に陥っていて、このままだと欝になりかねませんので、そろそろ普段のペースを取り戻し、日常生活に戻りたいと思います。ブログも明日から書きます。

 日本人の皆さんもきっと心配で心配で仕方ないでしょうけれども、被災地にいない方かたはもしニュースの内容に圧力を感じ始めたら、もうテレビを見るのをやめて、今自分できることに戻ってはいかがでしょうか。きっとこうするほうがいいですし、一人一人の力を合わせて、きっと日本をふたたび復興できると強く信じております。

東日本大震災について

2011/03/12 21:04|日常話TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 東日本大震災について
 日本に住んでいらっしゃっている方々のご安全に祈りを申し上げます。そして亡くなった方のご冥福を祈っております。




AT-X  4月から富野由悠季『リーンの翼』放送!

2011/03/10 22:54|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - AT-X  4月から富野由悠季『リーンの翼』放送!
 アニメ専門チャンネルAT-Xは、4月から富野由悠季監督『リーンの翼』を放送することが決めました。放送は4月3日から始まり、毎回2話ずつ放送するスケジュールとなっています。スカパーと契約している方は是非見てください。



ATX REAN


リーンの翼 AT-X ワンランク上のアニメ専門チャンネル

<ストーリー>
山口県の岩国市には海上自衛隊と在日米軍の基地がある。基地に近いアパートに住むエイサップ鈴木は、ある日、米軍と山口県警から追われる破目になってしまう。同じアパートに住む朗利と金本がロケット弾を米軍基地に打ち込んだのだ。エイサップは逃げるバイクの上で、海中から光が溢れ出すのを見た。光の中から現れたのは戦艦だった。しかも空を飛んでいて、虫の足が生えている戦艦だったのだ。

戦艦には美しい姫が乗っていた。バイストン・ウェルにあるホウジョウ国のリュクスと名乗った少女の足には、光る翼の靴があった。「私の父は日本人シンジロウ・サコミズである!手伝ってくれるな!エイサップ・鈴木!」初めて会うエイサップの名を言い当てたリュクスは異世界から来たのだと言う。

光の中から現れた戦艦は一隻だけではなかった。そして戦争が始まった。

<スタッフ>
原作/総監督:富野由悠季
脚本:高山治郎
アニメーション制作:サンライズ

<キャスト>
エイサップ・鈴木:福山 潤
矢藩朗利:土田 大
金本平次:田邉 真吾
サコミズ・シンジロウ:小山 力也
リュクス・サコミズ:嶋村 侑
コドール・サコミズ:林 真里花

2005年配信作品 全6話

放送スケジュール
#1、#2
2011年4月3日(日)
25:00~26:00
2011年4月9日(土)
19:00~20:00

#3、#4
2011年4月10日(日)
25:00~26:00
2011年4月16日(土)
19:00~20:00

#5、#6
2011年4月17日(日)
25:00~26:00
2011年4月23日(土)
19:00~20:00


リーンの翼 COMPLETE [DVD]リーンの翼 COMPLETE [DVD]
(2010/01/27)
福山 潤、嶋村 侑 他

商品詳細を見る

去年から今年にかけて発売される富野作品DVD及びBD一覧

2011/03/10 02:09|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 去年から今年にかけて発売される富野作品DVD及びBD一覧
 今日は、去年から今年にかけて発売される富野由悠季監督の作品BOXを並べたいと思います。去年末ひびのたわごとの子犬さんが一度紹介してくだいましたが、あれ以来やはり新しい情報が入りましたので、もう一度紹介されていただきます。



リーンの翼 COMPLETE [DVD]リーンの翼 COMPLETE [DVD]
(2010/01/27)
福山 潤、嶋村 侑 他

商品詳細を見る

 去年の『リーンの翼』新版小説の出版に合わせて発売。6090円で全話収録のうえ、富野監督の屋形船でのインタビュー映像特典も収録されており、とてもオススメです。発売当初は瞬殺され、3週間に渡った在庫切れだったほどのプチベストセラーです。


機動戦士ガンダム30周年ドキュメンタリー メモリアルボックス 【初回限定生産】[Blu-ray]機動戦士ガンダム30周年ドキュメンタリー メモリアルボックス 【初回限定生産】[Blu-ray]
(2010/07/23)
富野由悠季、安彦良和 他

商品詳細を見る

 ガンダム30周年記念映像、今の時点でもっとも新しいガンダム作品である『Ring of Gundam』(リング・オブ・ガンダム)が収録されています。設定資料集や映像特典も入ってますから、8000円くらいの値段で入手できるならば、絶対に買いです。


G-SELECTION 機動戦士Vガンダム DVD-BOX 【初回限定生産商品】G-SELECTION 機動戦士Vガンダム DVD-BOX 【初回限定生産商品】
(2010/09/24)
ウッソ:阪口大助、シャクティ:黒田由美(現:いちはらゆみ) 他

商品詳細を見る

 G-SELECTIONという名のガンダム廉価版シリーズ第1弾。世代的でいえば平成ガンダム世代はそろそろ消費力のある20代に入りますので、プラモやおもちゃなどが次から次へと発売され、この平成ガンダムシリーズのDVDboxもその一環といえます。昔の80000円もするバカ高いDVDboxより大幅プライズダウンなので、まだ見てない方はぜひ。でも、HDリマスターじゃないので、画質に気になる方にあまりオススメしないかも。


伝説巨神イデオン DVD-BOX伝説巨神イデオン DVD-BOX
(2010/12/15)
塩屋翼、田中秀幸 他

商品詳細を見る

伝説巨神イデオン DVD-BOX PART 2伝説巨神イデオン DVD-BOX PART 2
(2010/12/15)
塩屋翼、田中秀幸 他

商品詳細を見る

 タキコーポレーションが倒産した以降、発売元のビクターの子会社flyingdogから発売された富野喜幸の伝説作。仕様はタキコーポレーションから発売されたものはまったく同じですが、入手しやすくなり、かつ値段が大幅プライズダウンだけでオススメといえます。一般人だろうとアニメだろうと、SFファンだろうとエヴァファンだろうと、あらゆる人が見るべし一作。


G-SELECTION ∀ガンダム DVD-BOX 【初回限定生産商品】G-SELECTION ∀ガンダム DVD-BOX 【初回限定生産商品】
(2011/01/28)
朴王路美、高橋理恵子 他

商品詳細を見る

 放送当初こそ物議を呼んだが、今となってみんなに愛されるぼのぼのガンダム、『∀ガンダム』。近年はその評価を反応してか、何度もDVDBOX化される隠し名作です。値段は前と比べて半分以下になってますので、おそらくDVDとしての決定版だと思います。つか絵はきれいなので、おそらくBD化する候補の筆頭かも。


「伝説巨神イデオン」劇場版 Blu-ray(接触篇、発動篇)(初回限定版)「伝説巨神イデオン」劇場版 Blu-ray(接触篇、発動篇)(初回限定版)
(2011/03/23)
塩屋翼、田中秀幸 他

商品詳細を見る

 伝説の作品『イデオン発動編』(もちろん『接触編』も)。ニュースにもなってたほどの期待作。映像特典にイデオンナイトの動画だが、個人は絵コンテがほしいです。別の会社から企画されないかな。


EMOTION the Best ブレンパワードDVD-BOXEMOTION the Best ブレンパワードDVD-BOX
(2011/03/25)
白鳥 哲、村田秋乃 他

商品詳細を見る

 wowowの名作で、富野監督の復活作『ブレンパワード』。これも妙に何度もソフト化されてるロングセラーで(98年のテレビアニメとしては3番目に売れたもの。Wowowスクランブルアニメにも関わらず)、今回はEMOTION the Bestという正真正銘の廉価版です。1万ちょっとで手に入れるのは魅力ですが、やはり買いたい人ならばすでに買ったんじゃないですか。


戦闘メカ ザブングル DVD-BOX PART-1戦闘メカ ザブングル DVD-BOX PART-1
(2011/04/20)
TVアニメ

商品詳細を見る

戦闘メカ ザブングル DVD-BOX PART-2戦闘メカ ザブングル DVD-BOX PART-2
(2011/04/20)
TVアニメ

商品詳細を見る

 やはりビクターの商品ですが、発売はJVCエンタテインメントとなっています。何の宣伝もしてないうえに、タキコーポレーションのクソ画質仕様そのもののものらしいなので、値段が低くても、はっきりいってクソです。バンダイビジュアルのダンバインDVDboxの発売日を無視して直接ぶるかるため、こっちが売れないのが必至です。


EMOTION the Best 聖戦士ダンバイン DVD-BOX1EMOTION the Best 聖戦士ダンバイン DVD-BOX1
(2011/04/22)
中原茂、土井美加 他

商品詳細を見る

EMOTION the Best 聖戦士ダンバイン DVD-BOX2<最終巻>EMOTION the Best 聖戦士ダンバイン DVD-BOX2<最終巻>
(2011/05/27)
中原茂、土井美加 他

商品詳細を見る

 サンライズ3番目の息の長いシリーズで、バイストン・ウェル・サーガの金字塔。今見ても非常にユニークな作品なので、見たことない人はこの機を逃さずにゲットしよう。box2のボックス絵はまだ公開されてませんが、やはりブチ絵になる模様です。


EMOTION the Best 重戦機エルガイム DVD-BOX1EMOTION the Best 重戦機エルガイム DVD-BOX1
(2011/06/24)
平松広和、大塚芳忠 他

商品詳細を見る

EMOTION the Best 重戦機エルガイム DVD-BOX2<最終巻>EMOTION the Best 重戦機エルガイム DVD-BOX2<最終巻>
(2011/07/22)
平松広和、大塚芳忠 他

商品詳細を見る
 『エルガイム』。個人は見たことありませんので、コメントしようがありませんが、いつか見たい作品です。


G-SELECTION GUNDAM EVOLVE DVD-BOX (初回限定生産)G-SELECTION GUNDAM EVOLVE DVD-BOX (初回限定生産)
(2011/10/26)
古谷徹、井上瑤 他

商品詳細を見る

 実験映像『GUNDAM EVOLVE』のDVDbox。そのうち『GUNDAM EVOLVE 5 RX-93 ν GUNDAM』のプロットは富野監督の書き下ろしです。ほかにもいっぱい入ってますが、富野ファンはまず買わないでしょう。しかしいつも思うのですが、5の監督はまさか「プロット」の意味を分からないのですか? プロットをそのままシナリオにしてもなぁ…。


 それから、発売日未定ですが、以下のブルーレイ商品も控えてます。


聖戦士ダンバイン [Blu-ray]聖戦士ダンバイン [Blu-ray]
()
不明

商品詳細を見る

キングゲイナー [Blu-ray]キングゲイナー [Blu-ray]
()
不明

商品詳細を見る
 『ダンバイン』は富野異世界三部作もっとも傑作、バイストンウェルのはじまり、サンライズ3番目のシリーズですし、ブルーレイ化されてもおかしくないですし、キングゲイナーは2002年の高画質アニメで、サンライズ初のHD制作作品なので、やはりブルーレイ化するのに価値が高い作品です。


 また、去年ではないが、以下の商品もわりと最近のものです。

海のトリトン コンプリートBOX [DVD]海のトリトン コンプリートBOX [DVD]
(2009/09/11)
塩谷翼(トリトン)、北浜晴子(ルカー) 他

商品詳細を見る

 あと2008年の『逆シャア』『F91』のブルーレイ、2009年のガンダム劇場版10作のDVDを考えたら……バンダイビジュアルは商売においてどんだけ富野に頼るかよっての。

 というか、早く富野監督の新作撮れよ。ガンダムでもいいし、非ガンダムでもいいし、萌えアニメでもいいし、『リングオブガンダム』でも『はじめたいキャピタルGの物語』でもいいよ。

富野監督の新作、テレビ、DVD情報まとめて伝えます

2011/03/07 10:56|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野監督の新作、テレビ、DVD情報まとめて伝えます
 今日はいくつか新しい情報を紹介するとともに、今月・来月の富野由悠季監督の動向をまとめてお伝えします。すでに紹介した情報は簡単な紹介とリンクだけで済ませていただきます。


1.映画『日本のいちばん長い夏』特典

 富野監督は去年NHKドラマおよび映画『日本のいちばん長い夏』に今村均大将として出演されました。その映画は今年1月21日にDVDとしてリリースされましたが、その映像特典に原作者半藤一利と富野監督の対談が収録されています。

日本のいちばん長い夏

■完成発表記者会見・湯浅卓、中村伊知哉、立川らく朝、松平定知 各氏出演  「秘話公開!なぜ文化人が“俳優”に?」
■トークショー“歴史探偵”半藤一利VS“ガンダムの父”富野由悠季  「激論!昭和史最大の謎“終戦”に迫る!!」
■出演者紹介・データファイル

 富野監督は今月のガンダムエースでも半藤氏と日本の近代史について対談しましたが、終戦とはまたちょっと違うテーマとなっていますので、違う内容なはずです。富野監督は歴史にも造詣が深い方ですので、ご興味あれば是非探してみてください。


日本のいちばん長い夏【DVD】日本のいちばん長い夏【DVD】
(2011/01/21)
木場勝己、池内万作 他

商品詳細を見る


GUNDAM A (ガンダムエース) 2011年 04月号 [雑誌]GUNDAM A (ガンダムエース) 2011年 04月号 [雑誌]
(2011/02/26)
不明

商品詳細を見る


2.「THE LEGEND STORY of GUNDAM」インタビュー
 徳間書店は去年12月6日に発売された「グッズプレス」2011年1月号でガンダム特集を組みましたが、その特集をベースにさらに新たな内容を追加して、『別冊グッズプレス「THE LEGEND STORY of GUNDAM 『機動戦士ガンダム』全43話の裏側 不朽の名作の“真実”」』として発売しました。目次についてはシャア専用ニュースにてご覧ください。

▼スペシャルインタビュー② 富野由悠季監督 「機動戦士ガンダム」制作の裏に込められた思いとは? 当時、夢中になっていた子どもたちに贈る “ガンダムの父”からのメッセージ



THE LEGEND STORY of GUNDAMTHE LEGEND STORY of GUNDAM
(2011/03/03)
不明

商品詳細を見る


3.「もっと『もしドラ!』~アニメでわかるドラッカー~」に出演

富野由悠季、今回はドラッカーを語る!

 富野監督が「もしドラ」の特番でドラッカーについて語ります。時間は3月10日木曜日の午後10時55分~11時25分または12日土曜日の午前1時15分~1時45分で、チャンネルはNHK総合ならびにデジタル総合です。


4.「EARTHLING 2011」インタビュー&スペシャルトーク

「EARTHLING 2011」に、富野由悠季監督が登壇!

 富野監督が慶応大学が主催する「EARTHLING 2011」という地球を愛する?イベントに出てきます。時間は4月2日です。


5.新著『ガンダムの家族論(仮)』

富野由悠季監督久々新著 『「ガンダム」の家族論(仮)』4月8日発売!

 4月8日、ワニブックスから「ガンダムの家族論」という本が出ることですが、内容紹介を見る限り、富野監督の書き下ろしだそうです。

内容紹介
1980年代の「機動戦士ガンダム」に熱狂した通称「ガンダム」世代が結婚して親となった現在。
彼らが「家族」をどう支え、子供を育て、揺れ動く「社会」の変化にどう立ち向かうべきなのか。
アニメの巨匠・富野由悠季監督が、「ガンダム」「伝説巨神イデオン」「ブレンパワード」など自作に描いた親と子、父と子、母と子の姿から、共同社会の在り方、30年後から5,000年、1万年後の日本の進む道までを、ミクロとマクロの視点を縦横に駆使して語ります。


「ガンダム」の家族論(仮) (ワニブックスPLUS新書)「ガンダム」の家族論(仮) (ワニブックスPLUS新書)
(2011/04/08)
富野 由悠季

商品詳細を見る


▽続きを読む▽

富野由悠季監督久々新著 『「ガンダム」の家族論(仮)』4月8日発売!

2011/03/06 02:35|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季監督久々新著 『「ガンダム」の家族論(仮)』4月8日発売!
 4月8日、ワニブックスが「ワニブックスPLUS新書」というレーベルで『「ガンダム」の家族論(仮)』という本を出版することが決めましたが、著者はなぜか富野由悠季監督となっています。内容についてはまだ不明ですが、詳細は以下をご覧ください。


「ガンダム」の家族論(仮) (ワニブックスPLUS新書) [新書]│アマゾン

「ガンダム」の家族論(仮) (ワニブックスPLUS新書) [新書]
富野 由悠季 (著)
価格: ¥ 840

新書
出版社: ワニブックス (2011/4/8)
言語 日本語
ISBN-10: 4847060334
ISBN-13: 978-4847060335
発売日: 2011/4/8


内容紹介
1980年代の「機動戦士ガンダム」に熱狂した通称「ガンダム」世代が結婚して親となった現在。

彼らが「家族」をどう支え、子供を育て、揺れ動く「社会」の変化にどう立ち向かうべきなのか。

アニメの巨匠・富野由悠季監督が、「ガンダム」「伝説巨神イデオン」「ブレンパワード」など自作に描いた親と子、父と子、母と子の姿から、共同社会の在り方、30年後から5,000年、1万年後の日本の進む道までを、ミクロとマクロの視点を縦横に駆使して語ります。

 普通に考えたら、富野監督はこんなタイトルのこんな内容の本を出すわけがないのだが、著作者ははっきりと「富野由悠季」に記されたので、ミスでなければ、おそらく本物だと思う。
 一方、ラポート出版の『富野語録』はインタビュー集にもかかわらず、著者が「富野由悠季」になるため、『富野語録』みたいインタビューを集めたものかと思ったが、自分が知っている限り、富野監督は単行本になるほどの家族論を書いていないので、たぶんこれも違うと思う。とにかく、ワニブックスの公式ページはまだ4月出版のスケージュルを更新しないので、詳細はまだわからない。情報が入る次第、またブログでご報告する。


 しかし、思えばまだ(仮)がつくとはいえ、このタイトルは絶妙だよな。富野監督はこんなタイトルがお嫌いだと思ったが、ここ数年「ガンダムの生みの親」とか「ガンダムの父」という呼ばれ方に開きなおした今の富野監督なら、たぶん許容すると思う。
 それに、こんなタイトルのほうがヒットしやすいよね。たとえば押井守が『勝つために戦え!』を書いても、一般人にとって「誰だよ、てめえ?」としか思わないけど(笑)、このタイトルならばまず読者の目を引くし、「お、ガンダムの原作者/監督が書いたものじゃん。読んでみよう」と思わせれば、もう大勝利だよね(犬監督ファンすみません)。


富野に訊け!! (アニメージュ文庫)富野に訊け!! (アニメージュ文庫)
(2010/02)
富野 由悠季

商品詳細を見る


教えてください。富野です教えてください。富野です
(2005/05/23)
富野 由悠季

商品詳細を見る
(今回の話はシャア専用ニュースさんから仕入れた情報です。ありがとうございます。)

富野由悠季、今回はドラッカーを語る!

2011/03/05 01:25|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季、今回はドラッカーを語る!
 いつも勉強熱心の富野由悠季監督ですが、今度はNHKのドラッカーについての番組に出ることが決めました。時間は3月10日木曜日の午後10時55分~11時25分または12日土曜日の午前1時15分~1時45分で、チャンネルはNHK総合ならびにデジタル総合です。詳細は以下をご覧ください。


NHK番組表│もっと「もしドラ!」~アニメでわかるドラッカー~

もっと「もしドラ!」~アニメでわかるドラッカー~

番組HP: http://www.nhk.or.jp/anime/moshidora/

チャンネル :総合/デジタル総合
放送日 :2011年 3月10日(木)
放送時間 :午後10:55~午後11:25(30分)

番組内容
「もしドラ」の“ドラ”は経営学の大家ピーター・ドラッカーのこと。ドラッカーって誰?何が凄い?その神髄にちょっと触れて「もしドラ」がより面白くなるスペシャル番組

出演者ほか
【ゲスト】上田惇生, 飯島延浩, 志村なるみ, 為末大, 堀田力, 西本智実, 長谷川滋利, 富野由悠季, 岩崎夏海

NHK番組表│もっと「もしドラ!」~アニメでわかるドラッカー~

もっと「もしドラ!」~アニメでわかるドラッカー~

番組HP: http://www.nhk.or.jp/anime/moshidora/

チャンネル :総合/デジタル総合
放送日 :2011年 3月12日(土)
放送時間 :午前1:15~午前1:45(30分)

番組内容
「もしドラ」の“ドラ”は経営学の大家ピーター・ドラッカーのこと。ドラッカーって誰?何が凄い?その神髄にちょっと触れて「もしドラ」がより面白くなるスペシャル番組

出演者ほか
【ゲスト】上田惇生, 飯島延浩, 志村なるみ, 為末大, 堀田力, 西本智実, 長谷川滋利, 富野由悠季, 岩崎夏海


 よく見ればこれは実際「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のアニメ作品の宣伝的番組で、ゲスト人数を見れば、たぶん一人あたりは3分しかないなので、内容的に大して期待できないかもしれませんけれど、それでも富野監督がドラッカーについて何をいうのか興味深いです。
 いままでニュータイプ2010年9月号の対談と中央公論の2010年9月号のインタビューで二度に渡ってドラッカーについて発言した富野監督は、今回また何を言い出すのか、NHKを見ながら期待しましょう! アーレントの次はドラッカー! 


マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]
(2001/12/14)
P・F. ドラッカー、上田 惇生 他

商品詳細を見る

ドラッカー名著集9 「経済人」の終わりドラッカー名著集9 「経済人」の終わり
(2007/11/16)
P・F・ドラッカー

商品詳細を見る

 ちなみに、富野監督が読んでたのは『マネジメント』と『経済人の終わり』らしい。

富野ファミリーの人々 その1「亜阿子さん」

2011/03/03 16:57|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:6
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野ファミリーの人々 その1「亜阿子さん」
 いつも富野由悠季監督のことばかり語ってるこのブログですが、今日はちょっと趣旨を変えて、富野監督のご家族について簡単に紹介したいと思います。富野監督のプライベートを詮索したいわけではない。ただ富野作品を見ればわかるとおり、主人公らの家族に対し、富野監督は必ずといっていいほどなんらか非常に凝ってる描写をするものなので、実際の富野監督の家族事情とそのメンバーを知れば、こういった側面から富野監督とその作品をもう一度見直すこともできるかもしれないだろう。もちろんさっきも言ったとおり、富野監督個人のプライベートを詮索するつもりは毛頭ありませんので、一部の情報は略させていただきます。




 さて、今回は第1回として、まず富野由悠季監督の女房「亜阿子さん」について話したいと思います。

「亜阿子さん」もしくは「阿々子さん」というのは、富野監督が文章などで奥さんを言及したとき使う呼称で、もちろん仮名です。しかし、あえて実名で書かないのは富野監督が非常に家族を思ってる人間で、そしてファンも富野監督のその気持ちを汲んでいるから、それ以上詮索することをせず、富野監督の書き方に倣って、奥さんを「亜阿子さん」と呼んで今日まで至った。
 富野監督と違って、亜阿子さんはまったくアニメ界と関係ない人間※なので、その正体を知る人は少ないですが、見た人は必ずその姿にインパクトを食うという。なぜならば、亜阿子さんは常に頭の天辺から足の爪先まで真っ黒に飾っています。そのメルヘンチックな模様から、富野監督のファンから「黒いララァ」と呼ばれることもしばしばあったのです。一部の関係者のリークっぽい情報によると、亜阿子さんはファッション関係の仕事をやってる人らしいですが、よく分かりません。

※とはいうものの、『ガンダム』制作中、人手不足の後半では、亜阿子さんもアルバイトとして仕上げ(セルの色塗り)をやってたらしい。

 では、亜阿子さんの性格はどんなのかというと、富野監督がエッセイなどで言及した亜阿子像を見る限り、女らしくも根気と胆力あって、ときに従順、ときに大胆。非常に俗なところがあると思いきや、男を上回る鋭い感性を持ち、まるで掴みところがないときもある。そう、まるで富野作品に出てくる女性キャラクターのようです。このことから見ても、亜阿子さんが富野監督の女性像に絶大な影響を与えたことが伺えます。

 また、亜阿子さんは湖川友謙さんとも一時的にプライベートな付き合いがあって、今でも仲がいいとか。また、湖川さんも『無敵鋼人ダイターン3』のコロスのモデルが亜阿子さんだという(ここらへんは記憶頼りです。間違ったらどうか教えてください)。




 …おっと、いつまでも皆さんとっくに知ってるような話をしてもつまらないので、ここからちょっと刺激的な話をしよう。

 亜阿子さんの名前は秘密だと冒頭で言いましたが、実は去年富野監督が亜阿子さんの故郷である鳥取県でワークショップを行われたとき、富野監督本人の口から出したのです(その内容は今でもUSTREAMでご覧になれますよ! こちらから→)。奥さんの本当の名前は守見子(すみこ)です。非常に特殊な名前ですが、富野監督も最初に聞いたとき、その響きに惹かれて交際を申し込んだそうです。

 亜阿子さんの本名は去年でようやく判明されたものですが、実はその旧姓もはっきりしていて、ズバリ斧谷です。これは富野監督から公開されたことではないですが、有力な根拠があります。詳しくは以下の記事を参照したい:

富野由悠季のペンネームと亜阿子さんの謎
斧谷亜阿子説の理由

 リンク先に行くのも面倒な方のために簡単にまとめると、理由は以下のとおりです:

1:「斧谷」関連のペンネーム(斧谷喜幸と斧谷稔二つあります)は富野監督が今まで使ってきたペンネームのなか、唯一アニメ制作関連の地名ではないもの。
2:「斧谷」を使い始める頃は、富野監督が亜阿子さんと交際を始める時期とほぼ同じ(『だから僕は…』を参照)。
3:あらゆるペンネームのなか、「斧谷」は富野監督長年唯一その元ネタを公開したがらなかったもの。富野監督が家族のプライベートを守る姿勢にも共通。
4:「斧谷」というのは日本全国でもほとんど見かけない珍しい苗字だが、鳥取県郷土人物文献データベースによりますと、鳥取にかつてには斧谷姓の人間が複数います。

 なので、基本的は間違いないと思います。




 最後、亜阿子さんが登場する作品を紹介します。

 エッセイ『だから僕は…』や『∀の癒し』をはじめ、亜阿子さんはいろんな富野インタビューやトークなどでよく出てきますが、創作物の範囲に限れば、『イデオン・ライナーノート』だけです。これが一部事実で一部フィクションという形をとっているフィクション小説ですが、基本的書かれた性格はほかのメディアで見られたのがまったく同じです。以下はこの本から一部の抜粋ですので、ご興味ある方はどうぞ。

『イデオン・ライナーノート』から見る富野喜幸、亜阿子さん、井荻麟、斧谷稔、湖川友謙
『イデオン・ライナーノート』から見る決してカリスマになれない富野喜幸
『イデオン・ライナーノート』から見る芸能と亜阿子さん
『イデオン・ライナーノート』から見る亜阿子さんと社会にアニメを認めてもらいたかった富野喜幸の心意

0001 -



 次は、『聖戦士ダンバイン』の第17話「地上人たち」に出てくるスクーターに載っている女性。クレジットでは当然載ってないが、その外見も格好も亜阿子さんまんまです。さらに、「サンライズデジタルクロニクル Vol.3 聖戦士ダンバイン」では、その設定画も載っている!

aako.jpg
(画像はひびのたわごとさんから拝借したものです。ありがとう!)


 また、スミコさんという表記で、『ファウ・ファウ物語』のもう一つの主人公であるエミコちゃんのお母さんとして登場。ただし、こっちのスミコさんは本物の守見子さんと違って、わりと常識人であるゆえ(失礼)、ファウファウに翻弄されることもしばしば。本物のあの胆力ある亜阿子さんならば、ミ・フェラリオを見てもきっと驚かないと思います(笑)。残念ながら、文庫の挿絵にスミコさんの絵がないので、ここで紹介できません。エミコちゃんもお父さんもおじいちゃんもおばあちゃんもあるのに、ママ一人だけいないなんて、ちょっとひどい。

「EARTHLING 2011」に、富野由悠季監督が登壇!

2011/03/01 23:06|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「EARTHLING 2011」に、富野由悠季監督が登壇!
 富野由悠季監督は、慶応大学が主催する「EARTHLING 2011」というイベントに登壇することが決めました。日程は4月2日で、詳細の時間は未定です。先日すでに伝えましたが、本格的な情報が入りましたので、もう一度ここで告知します。


Think the Earthプロジェクト | EARTHLING 2011 アースリング=地球人 |EARTHLING 2011に参加しませんか?

日時:2011年4月2日(土)、3日(日) 開場:9:15 開会:10:00
場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス 協生館 藤原洋記念ホール
→アクセス  →チケットのご案内
主催 : Think the Earthプロジェクト + イベント実行委員会
共催 : 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科/メディアデザイン(KMD)研究科
twitter: @EARTHLING2011

今を生きる70億人、すべての人が地球人として、自分ごととして人間の未来を考え行動する。そんな日を夢見るイベントがEARTHLING 2011です! 2日間のイベントを軸に多彩な企画が進行中。ぜひご参加をお待ちしています。

◆前売券
4月2日 1日券:3,000円
4月3日 1日券:3,000円
2日通し券:5,000円 (2日間有効)
学生券:3,000円 (2日間有効)※ 学生券を購入された方は、4月3日の入場の際に学生証のご呈示をお願いいたします。
学生証をお持ちでない場合、一般2日通し券との差額(2,000円)を頂戴いたします。◆お求めは
・チケットぴあ、サークルK、サンクス、セブン-イレブンでお求めいただけます。
 チケットぴあ系列の店頭の端末操作を簡単にする「Pコード」ナンバーは
「618-716」
です。※ご来場者全員にガンダムの富野由悠希さん、宇宙飛行士の山崎直子さん、写真家の石川直樹さんなどのインタビューを掲載したEARTHLING特別号のフリーペーパーを差し上げます。
※巨大スクリーンで大型映像「いきものがたり」も上映します。みなさんのご参加、お待ちしております!

 高い! 後とりあえず富野監督の名前を正しく書いてから言え。


Think the Earthプロジェクト | EARTHLING 2011 | ガンダムの富野由悠季監督にお話を伺いました!

2011.02.01
機動戦士ガンダムの生みの親、富野監督にインタビューの機会を頂きました。
学生実行委員も参加して、とても刺激的な2時間でした。
その内容は、イベント当日に配布されるThink the Earthペーパー EARTHLING特集号に掲載予定。お楽しみに!


Think the Earthプロジェクト | EARTHLING 2011 | ガンダムの富野由悠季監督の登壇が決定しました!

2011.03.01
4月2日の最後に機動戦士ガンダムの生みの親、富野由悠季監督のスペシャルトークが決定しました!
当日配布のThink the Earthペーパーにもロングインタービューを掲載します!
お楽しみに!

 プログラムを見る限り、他の面子が4~5人で一つのセッションに詰め込まれたのに対し、富野監督一人だけが「スペシャルトーク」というプログラムで単独登壇。どう考えても富野監督の話が長くて大変なので……といういつものパターンです。本当にありがとうございます。

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.