富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野由悠季を知る上の必読書10冊(募集中)

2011/01/30 14:06|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:5
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季を知る上の必読書10冊(募集中)
 みなさんご無沙汰です。引越しは済んで、ネットもようやく繋げましたし、あとは荷物の整理のみなので、今日はここ数日考えているものを書きます。それは、富野由悠季/喜幸を知る上の必読書15冊です。あくまで本に限定しますから、アニメ作品は念頭に置きません。さらに、小説も除外します。

 発言量がとつてもなく膨大な富野監督のことですから、挙げたければ15冊どころか、20、30冊も足りないと思ったら、これぞ決定版のやつは以外に決められませんので、ここで自分が考えたリストを一旦上げて、皆さんのご意見を募集したいと思います。




1.『だから僕は…』

だから僕は…―ガンダムへの道 (角川スニーカー文庫)だから僕は…―ガンダムへの道 (角川スニーカー文庫)
(2002/11)
富野 由悠季

商品詳細を見る

【紹介】富野由悠季監督が書いたガンダムまでの人生を振り返る自伝。
【理由】富野由悠季監督が書いた自伝。富野のガンダムまでの半生を知る上の最重要な本。
【入手状況】アマゾンでは在庫切れ、角川書店でも在庫無しで、今じゃプチ絶版らしい。角川は「弊社のガンダム小説は一冊も絶版してない!(キリッ」だというのに、ガンダム原作者の自伝なんだから、いいから再販しろよ…。


2.『ターンエーの癒し』

ターンエーの癒しターンエーの癒し
(2002/03)
富野 由悠季

商品詳細を見る

【紹介】『∀ガンダム』にまつわる富野由悠季監督の心境の変化を綴るエッセイ。
【理由】『Vガンダム』終わったあと心身不調に陥った富野監督がどう立ち直って『∀ガンダム』を完成したくだりを知ることができる一冊。『だから僕は…』と並ぶ双璧。
【入手状況】アマゾンは在庫切れだが、角川春樹事務所の公式ページではまだ買えます。


3.映像の原則

映像の原則―ビギナーからプロまでのコンテ主義 (キネ旬ムック)映像の原則―ビギナーからプロまでのコンテ主義 (キネ旬ムック)
(2002/02)
富野 由悠季

商品詳細を見る

【紹介】富野監督が書いた映像原則本。「これを何度読んでもわからないという人は、映像業界に就くことは勧められない」ということ。
【理由】富野の映像に対する考え方を分かる本。また、この本を読めば自分の映像を見るセンスも磨ける。故・首藤剛志氏や福田己津央氏などをはじめ、アニメ業界にも好評を得る一冊。
【入手状況】いまだに好評発売中。キネマ旬報社のなかでも相当売れる本だそうだ。


4.富野由悠季全仕事

富野由悠季全仕事―1964-1999 (キネ旬ムック)富野由悠季全仕事―1964-1999 (キネ旬ムック)
(1999/06)
富野 由悠季

商品詳細を見る

【紹介】タイトルのとおり、映画書籍の老舗キネマ旬報社が製作した富野由悠季監督のデータベース本。安心のクォリティ。
【理由】富野監督本人が書いたものではないが、膨大なインタビュー、関係者証言、世界いちばん詳細なデータベース、さまざまな資料などを収録した本。
【入手状況】すでに絶版なので、まんだ○けあたりで探すがいい。つかキネマ旬報社さん、早く増補版を出してくれー。


5.『RING OF GUNDAM設定資料集』

機動戦士ガンダム30周年ドキュメンタリー メモリアルボックス 【初回限定生産】[Blu-ray]機動戦士ガンダム30周年ドキュメンタリー メモリアルボックス 【初回限定生産】[Blu-ray]
(2010/07/23)
富野由悠季、安彦良和 他

商品詳細を見る

【紹介】富野由悠季監督が2009年に制作した短編映画『RING OF GUNDAM』の設定資料集。
【理由】アニメ『リーンの翼』以降数年の富野監督の方向性を示したもの。それ以外には絵コンテや設定資料など貴重なものも。
【入手状況】金さえあればすぐにも手に入れるが、まさにその金額がな。


6.『それがVガンダムだ』

それがVガンダムだ―機動戦士Vガンダム徹底ガイドブックそれがVガンダムだ―機動戦士Vガンダム徹底ガイドブック
(2004/01)
ササキバラ ゴウ

商品詳細を見る

【紹介】ササキバラ・ゴウが作った『Vガンダム』に関する力作。前半はササキバラ氏の各話解説で、後半は富野監督のインタビュー。
【理由】39ページにわたる超ロングインタビューで富野監督はあまり言及しない『Vガンダム』と2004年くらいの富野監督の映画や映像に対する考え方をまとめたもの。
【入手状況】アマゾンではまだ買えますよ。ちょっと時間かかりますが。


7.
【紹介】
【理由】
【入手状況】


8.
【紹介】
【理由】
【入手状況】


9.
【紹介】
【理由】
【入手状況】


10.
【紹介】
【理由】
【入手状況】


 パッと思ってもなかなか浮かばいませんね…。好事家の皆さんのご意見待ってます(笑)。

▽続きを読む▽

引越しは大忙しい

2011/01/25 19:24|日常話TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 引越しは大忙しい
 おハロー、皆さん元気? もう昨日の富野由悠季監督を見ましたか? 見れなかった人はとりあえず大富野うpローダーに言ってみてはいかがでしょうか。私も見なかったのですが、噂によれば富野抜きで凄く面白い番組になってたらしいので、29日の再放送で見るのもいいのよー。

 閑話休題。最近ブログの更新を滞ってしまってすみません。実は最近引越しするんで、最近は荷物を整理するだけで手一杯です。加えて台湾の新年は正月一日ではなく旧暦の新年(2/3)なので、来週まで新居に引っ越さなければいけません。なので、更新はもう少し遅れるかもしれません。ごめんなさい。


 まあ、とりあえず左カラムの富野情報を2011年バージョンに置き換えました。

2011年富野由悠季総監督情報まとめ

 そういや今月のダムエーも出ましたが、やはり『はじめたいキャピタルGの物語』の続報ねえな。アンケートハガキを送り続けるしかないな。

明日、富野監督はWOWOWに出るよ!

2011/01/23 20:48|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 明日、富野監督はWOWOWに出るよ!
 新しい情報じゃないですけど、明日のことなので、改めてここでご報告します。明日いよいよWOWOW「ノンフィクションW」の富野由悠季監督回「富野由悠季 宇宙エレベーターが紡ぐ夢」です。WOWOW見れる人は明日夜10時になったら、ぜひテレビをつけましょう。私は見れませんけれど、とりあえず明日は2chとTWITTERの実況を覗くつもりです。

ノンフィクションW|WOWOWオンライン

富野由悠季 宇宙エレベーターが紡ぐ夢「機動戦士ガンダム」の富野由悠季氏が挑む最新作の構想、それは“宇宙エレベーター”だった。その裏にある熱き思いとは。

「機動戦士ガンダム」の生みの親でもある日本アニメ界の巨匠、富野由悠季氏。富野氏は今、新作の構想を練っているという。「幼少の頃から宇宙旅行に憧れていた」という彼が、新作の世界観を創り出すにあたって重要視しているのが、なんと“宇宙エレベーター(=Space Elevator/以下SE)”だというのだ。

SEは、「ライト兄弟初飛行」や「アポロ月面着陸」を凌ぐ、人類の歴史が大きく変わる夢の技術システムと言われ、現在その開発にあたっては、多方面から注目を集めている。自身の新作を「ガンダム」と同様に宇宙をベースとした作品にしたいと語る富野氏はまさに今、大学教授や学生、専門家たちと議論を交わしながら、SE競技会や日本宇宙エレベーター会議などにも参加し、SEが持つ可能性や夢、あるいは課題や問題も含め、リアルな姿に迫っている。

しかし富野氏は、以前はSEに対しては否定的な考えを持っていたという。番組では、富野氏の新企画成立に向けた活動に密着。SEに対する考え方の変化の裏には何があったのか? そして、果たして彼は、どんな物語を描こうとしているのか? 「人類が10万年後までも生き延びることを願う」という彼の熱き気持ちや夢の過程に迫る必見プログラム。


富野小説感想のためのメモ

2011/01/20 16:18|富野作品感想TRACKBACK:0COMMENT:1
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野小説感想のためのメモ
関連記事
富野小説感想メモ


 感想のためのメモ。これから作品を列挙して説明するつもりです。

(1)アイデアとコンセプト
 →『はじめたいキャピタルGの物語』:宇宙エレベーターを絵にする
 →『新版リーンの翼』:サコミズの70年を越える建国物語

(2)スピードある語り口
 →『アベニールをさがして』:第1巻の一気に宇宙に上がる展開
 →『リーンの翼』:サコミズの戦いぶり

(3)人の心性と社会性の描写
 →『閃光のハサウェイ』:自分の限界を知りつつなお頑張る(=無理する)ハサウェイ
 →『シーマ・シーマ』:頑張る娼婦少女セン・セート

(4)ストーリーの面白さ(一部限定)
 →『ガーゼィの翼』:現代っ子が部落で四苦八苦する奮闘壇
 →『万丈シリーズ』:ユーモアミステリ「憂鬱ミュージアム」

(5)短編での鋭さと詩心
 →『王の心』:「アカイアーの復讐」「アジャリ・ビィ」「乳首」など
 →『密会』:情熱の温度を感じさせる稀有作

(6)富野作品と系譜を読る
 →『オーラバトラー戦記』から見るカテジナの誕生
 →『ガイア・ギア』:富野中期の最重要作品

富野由悠季監督、モテモテさが2月号登場

2011/01/17 20:32|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:8
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季監督、モテモテさが2月号登場
 佐賀県発で発行部数10万部を誇るフリーマガジン「モテモテさが」が発刊以来、ずっとガンダム立像の話題をスクープしていますが、1月末発行の「VOL.7 2月号」では、富野由悠季監督のインタビューを取り上げたそうです。ソースは編集長のTWITTERです。


mmsaga01│モテモテさが編集長

富野監督独占インタ終了。佐賀への熱いコメントはモテモテさが二月号で!

しっかし富野監督の言葉はビンビンきますね!ついついトーク全部メモってしまった。まとめるの大変だ…

2月号のモテモテさがは、とにかくテキスト多いです。過去最高量じゃないかな?富野監督のレア話も泣く泣く切ってしまった…。

いやいやほぼ全文掲載ですよ! RT@GabaiKUBO えーっΣ(・□・;)富野監督カットですかぁ?がーーん( ̄◇ ̄;)

 ほうう、これは興味深い。地域話になるのはいいものの、オラ、都民・府民・道民や四国に住む友達があっても、九州に住んでいる富野ファンのお友持っていないよ。どうしょうどうしょう。
 とにかく、貴重なインタビューにちがいませんので、みんな期待しましょう。


 ちなみに、「モテモテさが」はこういうフリーマガジンです。なかなか愉快そうな紙面とデザインですね。佐賀市全域92000世代に配布してるらしいですが、すごいですね。

モテモテさが

 しかし、地方発のフリーペーパーで富野監督……これはもしや鳥取ワークショップ+西町文庫だよりの波及効果なのかな? だとしたら嬉しいですね。

2011年富野由悠季総監督情報まとめ

2011/01/14 17:03|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:1
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2011年富野由悠季総監督情報まとめ
 今年の富野由悠季監督情報まとめリストを作りました。よろしくお願い致します。また、更新に合わせて2010年のまとめも修正しました。

1月1日 TBS調査情報498号 インタビュー
1月初 西町文庫だよりVOL.2
1月10日 月刊アニメージュ2011年2月号 富野に訊け!99回
1月21日 映画『日本のいちばん長い夏』映像特典対談
1月24日 WOWOW「ノンフィクションW」出演(宇宙エレベーター関連)
1月26日 月刊ガンダムエース2011年3月号 教えてください。富野です VOL.94
1月末 フリーペーパー「モテモテさが」インタビュー
2月9日 『心に響く あの人のことば』第2期第1巻「大きな目標を持つ。」富野回→
2月10日 月刊アニメージュ2011年3月号 富野に訊け!100回
2月26日 月刊ガンダムエース2011年4月号 教えてください。富野です VOL.95
3月3日 「THE LEGEND STORY of GUNDAM」インタビュー
3月6日 豊島公会堂講演
3月10日 月刊アニメージュ2011年4月号 富野に訊け!101回
3月10日 「もっと『もしドラ!』~アニメでわかるドラッカー~」出演
3月19日 オトナファミ2011年05月号インタビュー
3月26日 月刊ガンダムエース2011年5月号 教えてください。富野です VOL.96
4月2日 EARTHLING2011フリーペーパー インタビュー
4月10日 月刊アニメージュ2011年5月号 富野に訊け!102回
4月15日 ガンダムの家族論
4月20日 NHKの出崎統監督逝去のニュースにインタビュー
4月26日 月刊ガンダムエース2011年6月号 教えてください。富野です VOL.97
5月1日 中国文化誌「知日:制服」 2010年北京大学講演レポート&質問応答
5月5日 私とドラッカー#9
5月10日 月刊アニメージュ2011年6月号 富野に訊け!103回
5月18日 サイゾー2011年06月号 インタビュー
5月25日 東京大学講義
5月26日 月刊ガンダムエース2011年7月号 教えてください。富野です VOL.98
6月10日 月刊アニメージュ2011年7月号 富野に訊け!104回
6月11日~10月2日 メイキング・オブ・東京スカイツリー展示
6月26日 月刊ガンダムエース2011年8月号 教えてください。富野です VOL.99
7月10日 月刊アニメージュ2011年8月号 富野に訊け!105回
7月12日 ファミリー劇場特別番組「アニメーション監督:出 統 その軌跡」インタビュー
7月26日 『ガンダム世代への提言 Ⅰ 富野由悠季対談集』
7月26日 月刊ガンダムエース2011年9月号 教えてください。富野です VOL.100
7月30日 EARTHLING2011スペシャルトーク→
8月10日 月刊アニメージュ2011年9月号 富野に訊け!106回(予定)
8月26日 『ガンダム世代への提言 Ⅱ 富野由悠季対談集』
8月28日 「ガンダム世代への提言 富野由悠季対談集」発売記念サイン会&トークイベント
8月29日 『映像の原則』改訂版
9月10日 月刊アニメージュ2011年10月号 富野に訊け!107回
9月10日 月刊ニュータイプエースvol.1 新企画「Gコレ」
9月15日 グレートメカニックDX18 インタビュー
9月21日 NHK Eテレ「デジタルティーンズ」公開収録ワークショップ放送
9月23日 富士山静岡空港スペースポートイベント パネルディスカッション参加
9月26日 『ガンダム世代への提言 Ⅲ 富野由悠季対談集』
9月26日 月刊ガンダムエース2011年11月号 教えてください。富野です VOL.102(予定)
9月頃? NHK教育テレビ「デジタルティーンズ」ワークショップ(2~3回に分けて放送、収録は7月24日)
10月1日 東京スカイツリー関連イベントつくりてからの生の声 第3回「未来のまち」講演
10月8日 大塚ひかり『愛とまぐはひの古事記』文庫版 解説文
10月10日 月刊アニメージュ2011年11月号 富野に訊け!108回
10月10日 月刊ニュータイプエースvol.2 新企画「Gコレ」インタビュー
10月11日 『平和のエネルギー トリウム原子力2』推薦辞
10月26日 月刊ガンダムエース2011年12月号 教えてください。富野です VOL.103
11月?日 映画『アンダーコントロール』感想
11月5日 早稲田大学で講演
11月10日 月刊アニメージュ2011年12月号 富野に訊け!109回
11月26日 月刊ガンダムエース2012年1月号 教えてください。富野です VOL.104
12月4日 御厨貴『「戦後」が終わり、「災後」が始まる』対談(ダムエーの再録)
12月10日 月刊アニメージュ2012年1月号 富野に訊け!110回
12月22日 『EARTHLING 地球人(アースリング)として生きるためのガイドブック』7月30日の講演収録
12月26日 月刊ガンダムエース2012年2月号 教えてください。富野です VOL.105(予定)
?月?日 『????????』
以下続く…

▽続きを読む▽

富野小説感想メモ

2011/01/08 13:33|富野作品感想TRACKBACK:0COMMENT:3
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野小説感想メモ
 これから富野小説を語る準備のため、2年前の「はてなハイク」から昔書いた富野由悠季監督の小説についての感想を発掘して、一部加筆する。あくまでメモレベルの話なので、反論したい人はどうか突っ込んでください。

 よく富野小説を読む人がマゾと聞くが、自分は本気で面白いと思うけどね。特にアイデアとコンセプトの半端ない出し方は、小説だとはっきり見えるので、このへんに関して素直に作家として尊敬できる自負があります。

 とりあえず箇条書きすると:

(1)アイデアとコンセプト
(2)スピードある語り口
(3)人の心性と社会性の描写
(4)ストーリーの面白さ(一部限定)
(5)短編での鋭さと詩心
(6)富野作品と系譜を読る

以上、まともな読み方。以下、まともじゃない読み方。

(7)エログロを楽しむ
(8)唐突な終わりにツッコミ
(9)ダメダメな富野にハアハアする

 ややマイナー系の富野小説から攻めたいが、最初は例として『リーンの翼』やガンダムシリーズなど一般読者にも馴染み深い作品から挙げようか。

富野監督、豊島公会堂に立つ!

2011/01/06 09:36|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:1
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野監督、豊島公会堂に立つ!
 富野由悠季監督が3月6日に池袋の豊島公会堂でガンダム劇場版3部作上映会とともに講演会を開くことが決めました。詳しい内容は以下のとおりです。


【文化芸術のご案内】 財団法人としま未来文化財団
富野由悠季監督 講演会 & 「機動戦士ガンダム」劇場版3部作上映会(35mm)

申し込み 友の会 1/12(水曜)~
     一般 1/19(水曜)~
日時 平成23年3月5日(土曜)・3月6日(日曜)
会場 みらい座いけぶくろ(豊島公会堂)
料金 全席自由 ※2日間1セット
   学生・一般 1,000円
   高校生まで 800円

3月5日(土曜)
午後1時~
「機動戦士ガンダム」  -139分- (1981年公開)
- 休憩20分 -
午後3時40分~
「機動戦士ガンダム Ⅱ 哀・戦士」 -134分- (1981年公開)

3月6日(日曜)
午後1時~
「機動戦士ガンダム Ⅲ めぐりあい宇宙(そら)」 -141分- (1982年公開)
― 休憩20分 ―
午後3時40分~
5時

☆富野由悠季監督 講演会(講義)☆
  講義+質疑応答 (80分)

テーマ: 「機動戦士ガンダム」から考える未来の地球
――未来にむけて考えるべきことは――

 1000円でこれじゃ安すぎるくらいお得なので、関東在住の皆さんは躊躇わずに申し込みましょう。


 しかし、最近富野監督はやたらと未来に関する講演テーマが多いじゃないの…講演で口いうぐらいなら、せめて未来くらいを示して見せろよ、作品で。最近『閃光のハサウェイ』と『オーラバトラー戦記』の物語以外の素晴らしさを発見しましたので、富野監督の小説も期待したいな。

思わぬところから富野インタビュー

2011/01/04 21:48|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:1
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 思わぬところから富野インタビュー
 去年の情報の補足ですが、一応ここで報告します。


 まずは、2010年11月1日発行、TBSメディア総合研究所のもとで出版される「調査情報 2010 11・12 NO497」があります。「70年代から見えてくるもの」という特集記事のなか、富野監督がこんなインタビューを受けました。

●『機動戦士ガンダム』の監督は何を見ていたのか
 …富野 由悠季

若いクリエーターたちは意地と美学を持って“技芸”を磨いてほしい
富野 由悠季

 また、シャア専用ニュースさんがひびのたわごとさんのところに残したコメントによりますと、内容は4ページ程度で『ザンボット3』から『ガンダム劇場版』までの思い出話とのことなので、買うのも買わないのも皆さん次第ということらしいです。




 それから、こんな情報も掴んだのですが、三才ブックスより出版される「自転車×アニメ×埼玉県」的なムック『サイクルクリップ』に富野監督のインタビューがあるそうです。内容は埼玉県にあった虫プロダクションに属していたことや、新座市の話をしたそうです。本屋に行って確認する時間がありませんので、誰か確認してくれる人がいればありがたいです。

シャア専用ニュースさんのご情報より、ガセだとわかりました。ごめんなさい。


今年書きたいネタ

2011/01/03 19:41|未分類TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 今年書きたいネタ
 2011年になりましたが、皆さん元気ー? 一年の初め(もう3日だけど)ですし、これから1年の目標を設定するぞ~。




1.新版『リーンの翼』の感想
 なんかもうひどく昔の作品という気がしますが、『新版リーンの翼』は去年3月24日出版されたばかりの作品である。前もいくつか記事を書きましたが、やはりまともな記事書きたいな。

リーンの翼 1リーンの翼 1
(2010/03/20)
富野 由悠季

商品詳細を見る

リーンの翼 2リーンの翼 2
(2010/03/20)
富野 由悠季

商品詳細を見る

リーンの翼 3リーンの翼 3
(2010/03/20)
富野 由悠季

商品詳細を見る

リーンの翼 4リーンの翼 4
(2010/03/20)
富野 由悠季

商品詳細を見る



2.富野小説の妙
 昔一度まとめましたが、今回はもう少し本格的に富野由悠季の小説家としての一面を取り上げたい。富野アニメと比べて比較的に反響も薄いのですが、頑張ります。
 

3.『シーマ・シーマ』を紹介
 おそらく『ガイア・ギア』以上知られていない作品。でも、この作品はいろんなアイデアを秘めている素晴らしいもので、この作品でしか見れない富野節もたくさんあります。『ガイア・ギア』はすでにガイア・ギア様のご加護があるから、今度は私が『シーマ・シーマ』を取り上げる。


4.『闇夜の時代劇 正体を見る』
 ova『ガーゼィの翼』以上知られていない富野作品。それは『闇夜の時代劇 正体を見る』です。しかし、この作品は単なる隠された富野作品である同時に、「演出家・富野由悠季」の短編を作る才能をこれ以上ないぐらい濃縮した作品でもある。病気時代の一作ではあるが、富野を語る上に絶対避けられない一作で、いずれ語らないといけない作品だと思います。


5.富野作品系譜の整理と論述
 ついでに、これまで書いた富野作品の系譜をもっと詳しく書けたらいいなぁ。

富野由悠季作品系譜Ver.0.1
富野由悠季作品系譜Ver.0.2


6.オーラバトラー戦記の感想
 いまさら気づいたが、まだ完走してない…。9、10、11巻の感想書いてないや。

オーラバトラー戦記〈10〉重層の刻 (角川スニーカー文庫)オーラバトラー戦記〈10〉重層の刻 (角川スニーカー文庫)
(2001/07)
富野 由悠季

商品詳細を見る

オーラバトラー戦記〈11〉ハイパー・ホリゾン (角川スニーカー文庫)オーラバトラー戦記〈11〉ハイパー・ホリゾン (角川スニーカー文庫)
(2001/08)
富野 由悠季

商品詳細を見る



7.『閃光のハサウェイ』の運命の女神というアイデア
 『逆襲のシャア』の正当なる続編『閃光のハサウェイ』(はい、アレへのあてつけです)。この珠玉なる作品こそ本当のオリジナリティが溢れている「作品」です。しかし、ニュータイプの代りに、運命の女神ギギ・アンダルシアというギミックを導入した富野監督は、もうすごいとしかいいようがない。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈上〉 (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈上〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
(1989/02)
富野 由悠季

商品詳細を見る

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈中〉 (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈中〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
(1990/03)
富野 由悠季

商品詳細を見る

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈下〉 (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈下〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
(1990/04)
富野 由悠季

商品詳細を見る



はげましておめでとうございます!

2011/01/01 00:19|日常話TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - はげましておめでとうございます!
 皆さん、はげましておめでとうございます! 去年はいろいろバカをやっちゃって、さらに後半はスタミナ切れで更新も遅くなりまして、皆さんにさんざんご迷惑をかけました。2009年終わりの時みたいに、富野監督の一年分の活動またはブログ一年分の更新を振り返る記事を書けなかったのは残念ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

 今年の個人の願望でいえば、今年こそ井荻麟作詞の幻のLPレコード「ザ・ロンゲスト ロード イン 破嵐万丈・鈴置洋孝」をゲットしたいと思います。つい4年前くらいまではヤフオクで見かけたんですが、ここ数年は全然見かけませんでした。ブログの左カラムで募集し続けますので、もしご情報がある方は、どうか教えてください。

幻のLPレコード「ザ・ロンゲスト ロード イン 破嵐万丈・鈴置洋孝」を探します


 今年…というかこれからも富野由悠季監督の動向について追い続けたいですので、これからも読んでくださいね。2011年は富野監督、このブログの読者、そしてすべての富野好きの良い年になるように心から祈っております。

2009年富野由悠季監督情報まとめ
2010年富野由悠季監督情報まとめ




とーしーをー越せ よーるーをー越せ♪ とーしーをー越せ よーるーをー越せ♪
とーしーをー越せ よーるーをー越せ♪ とーしーをー越せ よーるーをー越せ♪

オハゲドールのご加護のもとに オハゲドールのご加護のもとに♪
オハゲドールのご加護のもとに オハゲドールのご加護のもとに♪




★       ∵∴∴☆※☆∴∵∴        ☆
  \  ※∵☆☆★☆★☆★☆☆∵※   ./
     *∵☆★☆☆*☆*☆☆★☆∴*
   ※∴★☆☆*°°|°°*☆☆★∴※
  *.∴☆☆☆°°°°|°°°°☆☆☆∴ *
 *∴☆★☆°\°☆☆★☆☆°/°☆★☆∴
.. ※☆☆*°°★°°癒し   ★°°*☆☆※  *
∴☆★☆°°☆  ;≡==、 ,≡、☆°°☆★☆∴
∴☆☆*°°☆llil.-=・=-ナ=|=・=| ☆°°*☆☆∴
※☆★☆― ★   `ー ,(__づ、。‐| ★ ―☆★☆※
∵☆☆*°°☆ .  ´ : : : : 、ノ ☆°°*☆☆∵ *
∵☆★☆°°☆ 、  _;==、; | ☆°°☆★☆∵
※☆☆☆*°°★ヽ、  ̄ ̄` ノ★°°*☆☆☆※ *
*∵☆★☆°/°☆☆★☆☆°\°☆★☆∵
   ∵☆☆☆°°°°|°°°°☆☆☆∵
   ※∵★☆☆*°°|°°*☆☆★∵※
   *...☆∵☆★☆☆*☆*☆☆★☆∵☆
      ※∴∵☆★☆★☆★☆∵∴※
  /      ∴∵∴☆※☆∴∴∵      \
☆                            ★




ついでに再利用ですが、富野神宮の初詣もお忘れなく。

 ┳━┳
 ╋━╋
 ┃  ┃
  ∧_∧
 ( ´∀`) 今年こそ富野監督の完全新作が見られますように
 (___つ ミ_
  |\\[一諭吉] \
  |  \\\\\\\
  |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      |  富野御大 |


 一昨年は「富野新作がありますように」、そして昨年は「富野完全新作がありますように」と願っていましたが、その結果はそれぞれ『リング・オブ・ガンダム』、『はじめたいキャピタルGの物語』なので、一応実現したのかな? でも、私は欲張りなので、本格的な作品でないとそろそろ満足できなくなる身です。眠ったままで、死ねると思うなよ!

▽続きを読む▽

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.